さくらんぼのアメリカ日記 レシピーパン Recipes for Bread

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月に焼いた捏ねないパンとモントレーで買ったバジルオリーブオイル 

はあ, 9月の出張中もブログアップができるようにとずっと前に下書きをしていたのに、それすらアップしてなかった。

以下,下書きで残っていた古い記事。

5~6月にはまっていた捏ねないパン。
IMG_7327.jpg
切って
IMG_7330.jpg
バジルオリーブオイルをつけて
IMG_7331.jpg
これはモントレーで買ったもの。フルーツフレーバーのホワイトバルサミクオイルと同じくフレーバー入りのオリーブオイル。あれ、横になってる。
IMG_7325.jpg
↑にあるよくわからないのはディスペンサーの部分。瓶につけるとこうなります。これも横だけど。
IMG_7332.jpg
こちらはサンドイッチにしたもの。
IMG_7334.jpg

スポンサーサイト

捏ねないパン 

いつもの、手抜きのフープロパンすら作るのが面倒なときに時々作ります。
IMG_7098.jpg
巨大なボールと冷蔵庫、キッチンエイドのあるアメリカのキッチンならでのパン作り

カップはアメリカサイズ=約236CCを使っています。

大きなボールにオールパーパス粉6.5カップと塩大匙1杯、イースト大匙1.5杯を入れてざっと混ぜたところに、人肌程度のぬるま湯3カップを入れて、スタンドミキサーのドウフックで1分ほど捏ねるか、木杓子かへらで全体がよく混ざるまでかき混ぜて、そのままボールにラップをして温かめの室温で約一時間放置、その後冷蔵庫で最低2時間、理想的には最低一晩寝かせます。

まぜるののに、ミキサーを使う必要はないのですが、量が多いので手だと大変です。生地はフランスパンのドウみたいな感じで、かなりゆるゆるで手にくっつきます。

焼成する約1、2時間前に生地を冷蔵庫から取り出して、焼きたい量だけ成型して、室温で45分から1.5時間(部屋の気温で変わる)二次発酵させて、この後、余熱したオーブンで20分~30分くらい焼く。私は450°Fで10分くらい、その後、焦げ目がついてから20分くらい焼くようにしてます。あ、今回は焼く前に小麦粉をふってからクープ用に切り込みをいれました。

生地は、冷蔵庫で1週間程度保存できるので、食べたいときに残りの生地を取り出して焼けるという、一見便利そうなレシピなのですが、室温に戻してから二次発酵させるのはかなり時間がかかるので、朝ごはんに焼きたてパンをというのは平日はかなりむつかしくなります。

きってみたとこ。
IMG_7102.jpg

ふかふかに焼けた食パン 

予約投稿です。
数日前にまた日本から戻ってきて、しばらく遠出の予定は入っていませんが、自分の時間に集中したいと思いますので、書き溜めていたブログと二回目の日本記録は当分、予約投稿とさせていただきます。
コメントのお返事と前後するかもしれませんが、ご容赦ください。

前回二回の失敗を踏まえて、きちんと細かい注意事項を守って作ったら、しっかり膨らんでくれました。
Pan1_IMG_6112.png
こつは、粉の配合にグルテン粉を混ぜること。
捏ねる時に生地の温度が上がり過ぎないようにすること。
生地を捏ねすぎないこと。薄く伸びて指が透けて見えるようになったら完成。
発酵温度は高くしすぎないこと。
二次発酵はしっかりさせること。
あたりでしょうか。
IMG_6117.jpg
切ってみたとこ
IMG_6124.jpg
トースト
IMG_6121.jpg
サンドイッチ

あっと、焼いたのは四月の末でした。

食パン失敗! 

1月だったかな、2月だったかな、立て続けに二回失敗して、しばらく焼かなくなった失敗作の一つ目。
IMG_5849.jpg
まあ、自分の記録のために書いておけば、この日は、グルテン粉がなかったので、強力粉で代用した。で、いつもどおりにこねて、いつもどおりに発酵させたのだけれど、例によって、二次発酵はしっかりと少し長めくらいに発酵させた。
グルテン粉を使ってしっかりこねているときは、いくらでも膨らんでくれるって感じでしっかり発酵して、このあとオーブンに入れると釜伸びもよいのだけれど、この日は、オーブンに入れるや、みごとにしぼんだ…ってほどでもないけど、まったく膨れてくれなかった。このしばらくあとに、同じように焼いたパン(まだアップしていないけれど)は、うっかり時間をわすれて二次発酵させすぎたにもかかわらず、で、コネ具合もほぼ同じだったにもかかわらず、ぷくぷくに膨れたから、違いは、1/4カップ分の粉をグルテン粉にするか強力粉にするかの違いだけ。
水分も、コネ具合も、温度も、気をつかったつもりだったのだけれど、ほんと、パン作りって奥が深いと思った日。

週末パン 

かなり久しぶりに焼いたパンです。
IMG_4347.jpg
日本から帰って来た時点で、出張前に大量に焼いて冷凍しておいたパンがたくさんあったので、せっせと在庫減らしに努めていたのですが、もういい加減に焼いてもいいかなと。

あ、↓の写真は冷凍庫の在庫減らしバージョン。今回焼いたものではありません。
IMG_4353.jpg
あ、型から出した写真はぼけぼけです。40分ちょっと焼いたのですが、少し焼き縮みしました。しっかりと焼き色はついているので、焼成時間が足りなかったというよりは、気持ち水分量が多かったのかもしれません。でも、水分多いほうがふかふかにできるし…
IMG_4350.jpg
本当は、表面に網目をつけて、卵を塗って焼く予定だったのですが、すっかり忘れてしまいました。
IMG_4355.jpg
この中身は今度アップします。
それにしても、今回は発酵時間にも気を使ったし、捏ね上がりにも気を使って、まああ、それなりにフカフカのパンにはなったのですが、上に向かってぐんぐん釜伸びしてくれるような会心の出来にはなりませんでした。あれって、成型方法が関係するんだろうか?
で、こんな風に、ただ丸めて平らに型に押し込んで焼くだけだとやっぱ手抜き過ぎて一味足りないパンになっちゃうんだろうか?


ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。