さくらんぼのアメリカ日記 ひとりごと Musing

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログがストップしてます 

最近、いろいろな思いが頭の中をかけぬけていて、精神状態もハイだったり落ち込んでいたり、かなりのジェットコースター状態。なので、ブログを更新する気分になれず.。。
写真は11月のはじめの朝ごはん。
IMG_7712.jpg
過去のほとんどの出来事と今の感情は、かなりの部分、整理ができているのだけれど、二つだけ、未解決の問題がある。

ひとつは、自分の生き生きとした感情を解き放ってあげること。
私、多分、自分でも気がつかないくらい昔々に、子供らしい心を閉ざしたんだと思うんだが、この記憶はない。
覚えているのは、かなり大きくなってから、何度も、何度も、この誓いを新たにして、二度と感情なんぞは持つまいと固く心に誓ったこと。
解き放つべきだとはわかっている。でも、この封印をはずしたら、とんでもないお化けが出てきそうで、はずすことがでいない。
人を好きになりかけても必ず封印してしまった心の動きも、多分、根っこは一緒。
そして、手に入る人は決して好きにならずに、決して手の届かない人しにしかあこがれをいだかないのも一緒。あこがれの人だと思っていた人が、実は手の届く人になってしまって、万が一にも、お茶か何かにさそわれた日には、有頂天になってはみるものの一週間であきてしまうのが高校生の頃からのパターン…って、今は昔の話であるが、

まあ、これはこれでおいておこう。そのうち準備が出来たら、封印をはずすことができるかもしれないから。

もう一つ、とっても不思議なのは、私の中に住んでいる(住んでいた)男の子。
時々、男の子言葉で、「ふざけんじゃねえよ、この俺様に向って、女みたいな格好させるんじゃないよ」とのたまうのだが、まあ、これは、心の中の男の子の声をきくまでもなく、ほとんどの部分は私の本音である。

ふざけんなよ~、そんなちゃらちゃらした女みたいなこと、おいらにできるわけないだろうが…
と。

まあ、敏感肌でお化粧とストッキング、ブラジャーは大嫌いと来ているから、世の中のお姉さま方は小母様方が、私におしゃれを強いる場合には、かならず心の中でついていた悪態ではあるが。

ブラに関してはねえ、20代の後半からずっと、「これだから小母さんは…」とひんしゅくを買うのがいやで、薄着の夏場は(冬もほとんど)外出するときはつけてるけどさ、もともと胸が小さくて、ささえたり形を整える必要なんて皆無の体型なのに、どうして浮世の義理であんな窮屈なものつけないといけないんだろうか。

おまけに、敏感肌だから、合わないのつけるとかぶれてお医者様のお世話になる羽目になるしねえ。場所が場所だけに乳がんを疑われたこともある始末。まあ、検査する前に軟膏で様子を見ましょうっていわれておさまったが。この時、ストッキングについても相談したが、仕方ないですねえ、はかなきゃいけないときは、またきてください。お薬だしますから。でおしまい。
あの頃はストッキングだけじゃなくてデニムもだめだったんだよねえ。

とかくこの世は生きづらいのであるが…

大人の女性の知的なお洒落や、どちらかというとお色気を強調したおしゃれが無理だということは認めよう。お色気については、男性に興味がない以上、汚らわしいものという思いがついてまわってしまうゆえ、自分の体に女性らしいラインが見えるとぞっとして、骨ばった部分を強調する服を切る事が多いし、体が女性らしい体型になることを、ずっと拒否し続けていたという話はあるが…

しかし、私は、ニューハーフではない。ベビーピンクとレースと花柄が大好きな女性である。
趣味は料理とお菓子作りと編み物と刺繍と洋裁(だった)

だから、私の女性らしいふるまいを強制する他の女性からの言葉に抵抗するとき以外は、心のそこから
ふざけんじゃねえよ、おいらにむかって…

と男の子言葉になる必要はまるでないんだが…

時々なるんだよねえ。
私の中に住み着いている男の子、あんた、いったい誰?

と自問していたら、以外なところから答えが出てきた気がする。

んで、今、いきなり、ベビーピンクのお財布が買いたくなっている。
あれ、いったい、何が起きているの?

スポンサーサイト

生霊の正体は…私の場合 

昨日のひとりごとの続きです。
写真はABCさんのサイトからお借りしました。
私が車の中から見たものは炎が車の内側に見える程度だったけれど、で、横からこれ見ててっきりバスだと思い込みましたがRVだったというもの。
ABC.png
昨日同僚と話したのですが、私よりも5分後に会社を出た同僚は、なぜかハイウェーの入り口がすでに閉鎖されていたそうで、一般道の渋滞に3時間近くつかまったそうです。火事で危ないので、念のためにハイウェー101は全面通行止めになったらしいのですが、これ、あきらかに誰かが閉鎖する入り口を一箇所間違えましたね。私の場合、ハイウェーに入って、前方に煙を見て、反対車線で燃えている車のわきを通って南に抜けることができました。昨日も書きましたように、この北側は通行止めだったので、後からは車が一台もきませんでした。

で、昨日、生霊がなんだって書きましたが、本当にネットで検索した様々な現象のうち、「うつ状態になる」以外の身体症状と家の状況、ガーリック臭、その他、恐ろしすぎるほどにぴったりで、おまけにこれには後日談があって、翌日、とある場所で、また同じにおいをかいで...またちょっと肩がしくっとして、この時、同時進行で生霊と対象とおぼしき人物を刺激するできごとがおきていて…
ということがあって、おまけに、もうひとつ、「うひゃあっ」って感じの情報もあって、あれま、ほんと、「生霊のたたり」って書いてしまえばその一言で説明がつくわ!

という状況なのですが、はっきり言って、書いている本人は実はそういうことは信じていません。
いえ、まったく信じていないかっていえば、「あたらずといえども遠からずだし、対応策も対処法もすべてまっとうで、あるいは、深く信じ込んで、霊能者のところにいってお祓いしてもらっても、問題は解決するだろうなあ」とは思っています。

というのは、深遠な真実はあまりにも深くて複雑で、凡人の理解をはるかに超えているから、それを、心理学だ、深層心理だ、科学だ、量子力学だ(!)、波動の法則だとかで説明しようとするととっても大変なことになってしまうから、これを比喩的に簡潔に述べた「生霊のたたり」という言い方はそれなりに意味があるかと。

でもさ、この世の中はわが想念が生み出している幻であって、すべては空の空であるとか、人はすべてわが身の写し鏡であるとかいいう考え方からすれば、もし、この世の誰かが私に恨みを持っていて、生霊となって私のところに来ているということは、その生霊の行為からして、私自身の映し鏡であって、とどのつまり、私だって夜な夜な生霊になってさまよいあるいているかもしれないわけで(←冗談です)実に無意味な理屈だと思う。

ただ、急に肩が軽くなって、その後、急にいろいろなことがきちんと回り出して、住んでいる世界が一気に明るくなって、心が軽くうきうきなってきて(←ってことは軽いうつ状態ってのもあたっていたわけか!)、それで気がついた。

私、物心ついた3歳半の頃からこっちずっと…あるいは、誰にでもあるであろう怖い思いをした最初の記憶がある4歳くらいのころからずっと、ずっと、ずっと、「私」と「あの人達の世界」と垣根を作って、「あの人達の世界」から自分自身を完全に閉め出してきていたことに気がついた。よくエセ心理テストとかで、「壁を想像してください。どんな壁ですか」っていうのがあって、「壁の高さはあなたのプライドの高さです」とかいうのがあるけれど、私の壁は、いつも高くて逃げ出すことができないお城の城壁。天辺が見えないくらいに高い。これは、私のプライドの高さではなくて、「私」とうっかりすると家族すら含めた世間一般の人達を隔てているたか~いたか~い垣根。幼稚園の時にはもうこの垣根があったと記憶している。この垣根、私が自分自身で作り出して、他の人と私を完全にへだてて、ひとりで「あ、私って場違い」ってずぅっと思っていたのですね。日本人の私が日本でいつも場違いな思いをしているのはつらすぎるから、気がついたらいつもいつも場違いでも外国人だからゆるされるアメリカにきて、でも、長年住みつくとやっぱり場違いになるから、すぐに逃げ出して…

ああ、これが私にとりついていた生霊の正体か。ま、だれかさんの格好で現れてはいたがと思った次第。

RV 火災と肩の痛みと。。。 

イスラエルの記事は中断してここ数日の心理状態の変化の覚え書きを携帯から。

写真はありません。
ちょっとおどろおどろしい話しになりますが、、あくまでもののたとえです。このほうが手っ取り早く説明できると言うだけで、別に信じているわけではありませんのであしからず。

実は、4月か5月から続いている肩の痛みが,イスラエルにいる間に一気に悪化した。その前から少しずつ悪くなっているような気配はあったんだが。
もちろん、イスラエルに行く前にレントゲンと MRI で大きな異常はないことを確認している。俗に言う四十肩とか五十肩の急性期の痛みは通常3ヶ月程度とされているので、あ、6ヶ月続くケースもあるみたいですが、この炎症性の痛みはやっぱ仕事のストレスが原因かもとは前に書いたと思う。
火曜日の時点で、理学療法がまったく効果がなさそうな私に,セラピストが、困ったわねえ、簡単な処置(=手術)が必要かもね、とか言っていた。

が,水曜日の小さな出来事をきっかけに肩がものすごく軽くなった。半信半疑でセラピーに行くと、ずっとよくなっているという。
特に深く考えたわけではないんだが、え,心の底からとある人への感謝の気持ちが湧き上がってきたと思ったら肩が軽くなったの? これってまるでつきものが落ちたみたい! と思ってちょっと検索してみたら生霊のはなしがあった。やだこれ,身体症状3つとも去年の10月からの私の症状にぴったりじゃない。検査しても悪いところが見つからないのも一緒。急に運が悪くなったのも一緒。水回りのトラブルも一緒。出かける前にものがなくなるのも一緒。あ、昨日,真っ暗なガレージで鍵探し回っているときに、いかにも幽霊がでますっていう不思議なラップ音がしてた!渋滞に巻き込まれて目的地につかないこともよくあったよなあ。え,変な匂い???思い当たるぞ! ぎゃああ。ま、肩が軽くなったから、つきものはとれたってことか。と、忙しく考えていたのが今日の昼間のこと。

今日の夕方ちょっとお出かけしてきました。渋滞が予想されるので早めに会社を出て,,,それにしても今日はやたら車が多いと思ったら、前方に煙が,

え,あれ何と思ったらバスに見えたけどそうじゃなくて RVが火災で消防車2台で散水してました。反対車線だったのでそのままハイウェイの本線にのれたのですが、本線の後方からは車が一台もきません。手前のインターチェンジまで通行止めだったのですね。ああ恐ろしや。あんまり悪いものに引っかからないように,心清らかに明るく暮らそうっと。波動が一緒だと引き寄せちゃうからね


体調不良とストレスと私のパターンと口癖と 

ひとりごとです。適当にスルーしてください。その前に昨日アップしなかった写真を一枚。
20160722_121534.jpg
去年の10月くらいからこっち、ずっと、私的にはストレス起因の体調不良が続いていて体ボロボロなんだが...

体はどこといって大きな異常なし。
定期健康診断のお医者様の言葉は




続きを読む

夢日記というか覚書 

二回続けて似たような夢を見たので、携帯からの走り書き。最初の夢は数日前。夢の前半は以前から時々見るものににていて、東京でいつもと違うとこに行って,違う路線で帰ろうとしていて、電車がよくわからなくなって不安になる夢。今回違っている点は、よく知ってる路線のはずなのに、乗り過ごしたらしく、目的の駅に着けずに困っている夢。問題は,その後。仕方がないととぼとぼと街中を歩き出したら、カフェについて待ち合わせしていたお友達グループにちゃんと会えたという夢。いや,別に問題があるわけではないんだが、今までの不安夢のパターンと真逆なきがする。
んで、昨日の夢。どうも,渋谷駅みたいなとこにいるんだが、乗り換える電車がどれだかわからなくて、とても困っている。そしたら、これまた、待ち合わせ相手のお友達が向こうから出向いて迎えに来てくれたからなんの問題もなくなったと言うもの。うーん、二回もこのパターンを見るってことは,,,,,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。