さくらんぼのアメリカ日記 2007年11月

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はりはり漬け 

日本にいたら自分で作ろうなんて気にはならないと思いますが、おいしいお漬物の入手が難しいので、新鮮な大根が手に入った時に、時々作ります。フープロで大根を薄切りに、あっと言う間に出来たのはいいのですがちょっと厚めになってしまいました。

Hariharizuke3JPG.jpg

白いご飯のお供に最適です。
作り方は↓

続きを読む

スポンサーサイト

カタカナ用語は苦手(2) 

学生時代にきちんと机に座って英語のスペルとか発音とかお勉強してたら少しは違っていたかもしれないのだけれど...あいかわらずカタカナ用語は苦手。

「な~んとなく中学校で教わったまま話すと伝わるからそのまんま中学校時代の英語を話しています」が口癖の私は、意外に簡単な言葉のスペルがわからなかったり、LとRの区別がつかないことがある。 (前に書いたかもしれないけれど)一度、Accelerated depreciation (車のアクセルと語源は一緒だから頭の中でアクセル、アクセラレーション、アクセラレーティッドとなんとなく思い込んでいて辞書なんか確認したことがなかった)と言おうとして、緊張のあまり、「Acceralated depleciation」と言ってしまって、私のことをからかうのが好きだった教授に大笑いされたことがある。 いつもの通り、言ったとたんに間違えに気が付くのだけれど、時すでに遅し。LとRをすべてひっくり返して言うのってなかなか難しいと思うんですけれど...

で、本題、リキュールは果物の甘い香りがするお酒でお菓子とかによく使うもの、多分、フランス語あたりから日本に入ってきていて、それが英語になると、お酒の意味でリカーになるんだと勝手に思い込んでいた。で、ある日、キルシュか何かの話をしていたら、それはリカー(Liquor)じゃなくてliqueur(リキュールとリクーアを足して2で割ったみたいな発音)って言いたいんだろって言われた。え、LiqurとLiqueurって、違うものだったのね。

そんな会話の後で、メキシコ育ちの別の男性が別の質問、「レモンとライムの違いは何」と。
確かに、スペイン語では(たぶん)どちらもLimon これが黄色くなると日本語ではレモンだし、青くて丸っこいとライムになる。英語も同じ。でも、スーパーとかにいくとライムそっくりでレモンそっくりの形の(たぶん)ライムとか売られているのでこのあたりの区別は曖昧。日本語と英語のレモンとライムの区別は一緒だから困らないけれど、スペイン語から英語とか日本語に訳すときは悩むのかな? 私のスペイン語の知識は限られているから、あるいは区別があるのかもしれないけれど...

ペルシャンランチ 

ペルシャ料理のお店でランチをしました。
場所はベルモントにあるShalizaarというお店。駐車場が完備しているので便利です。

Shalizaar10.jpg

中はこんな感じ。
Shalizaar2.jpg

奥のほうの暖炉みたいなところで火が燃えていてパンを焼いていたみたいなのですが、「写真撮らせて」という勇気はありませんでした。お店の中も素敵な丁度とかいっぱいあったのですが、これも写真をとりそびれて...

続きを読む

英語の冠詞って許せない! 

ほんとは、許せないのは冠詞だけじゃなくて、前置詞も単数・複数も分詞形も過去完了もすべてなんだけれど・・・

かなり特別な専門教育を受けた人や英文ライターやエディターという職業の人を除くと、アメリカ人に英語の添削を頼んでまともに直してもらえる確率はかなり低い。「どうしてここがAじゃなくてTHEになるの」とか、「なんでこれはinじゃなくてonなのよ」なんて質問になると答えてくれる人は皆無に近い。(あ、彼らに言わせると、英語は自己表現の一つだから、間違えなんて気にしなくていいのって言うんだけれど、作文の授業ならともかく、英文契約書とか書いたときはちゃんと添削してほしいんだけどね)

カリフォルニアに戻ってきて事情は変わったけれど、過去に私の英文を真っ赤っ赤になるほど添削した(してくれた?)のは、高校と大学教育をアメリカで受けた超頭の良い(おまけに仕事もできる)ブラジル人と、ケベックで育って、「アメリカ人の英語はなっとらん」が口癖のフランス系カナダ人、語学が得意で何カ国話せるか数えて見ないとすぐにはいえなくってもうアメリカ英語のアクセントを忘れかけているアメリカ人、もう一人(いこれは最悪だった)は学生の8割に落第点をつけることで有名なイギリス生まれのアメリカの大学教授。

って、アメリカに10年以上住んでいて、合計4人だけ???

もちろん、頼めばみんなあちこち直してくださるのだけれど、自分で見直して見て、「あ、ここ間違えてた、あ、ここもタイプミス、あ、これも、あれも.・・・って全然見てくれてないじゃない!」というケースが多い。

なので、上記友人達に言われるまでもなく、ほとんどのアメリカ人は冠詞なんて気にも留めていないらしいってことは頭ではわかってつもりなんだけど...だいたい、(私の書き忘れで)文章に冠詞が書いてなくったって音読するときは無意識に補って読んでるしね。

人に聞いても教えてもらえないから、それなら英文を読もうと思っても、やっぱ、内容に夢中になると冠詞なんてすっとばして読んじゃうからあんまりわからないし...

文法の本と辞書には一応、Countableとuncountableの区別があることがほとんどなのだけれど、???という言葉に限ってCとUの表示がないことが多い。
少しは勉強しようっと数年に一回くらい冠詞に注意して英文を見ることがあるのだけれど...

下記は日本への入国規則が変わってことをアメリカ人に連絡した文章の一部。PhDを持つアメリカ人が書いて会社のイントラネットにのせていた。

続きを読む

最近のおやつライフ 

最近、頂き物がおおくて、幸せなおやつライフを送っています(って、こんな日本語はないか)
甘いものの食べ過ぎその他でウエストラインが気にかかるところなのですけど...

Daifuku.jpg

こちらは日本のお土産のお茶の味の大福、挽き茶大福だtったか抹茶大福だったか...
中はこんな感じです。
Daifuku2.jpg

こちらは大好きな東京バナナ、東京に帰ると意外に買いそびれるのですが、お気に入りです。
TokyoBanana.jpg

続きを読む

ラズベリーハートサンドウィッチクッキー 

久しぶりに型抜きクッキーを焼いて見ました。

LJSandwitchKookies1.jpg


いつもは菊の花形っていうのかな、丸い型で作っていたのですが、先日ハート型のセットを見つけて購入したので、今回はハート型で焼きました。ただ、真ん中の型抜きに使ったハートの型が思ったよりも大きくって、もう一サイズ小さなハート型を探さないといけないみたい。

最近は型抜きクッキーなんてほとんど焼かないので、型もいつも使うのが一つ二つあればって感じだったのですが...以前、たくさんたくさん集めていたキティーちゃんとかその他いろいろの日本のクッキー型、実家の引越しとかに紛れてきっとなくなっちゃったんだろうなあ。私以外に誰もクッキーなんか焼かないし。

型なんて場所を取るから極力買わないようにと思っていたし、ほしくなったら買えばいいとも考えていたのだけれど、やっぱりいろいろとほしくなってしまう。ここ数年、機会あるごとに探しているのだけれど巨大な焼き型ばかりが目について、いまいち気に入った型に出会えない。中学生の頃、クラスメートが焼いてくれた胡桃とシナモンのクッキーなんてこの真ん中のハートの穴より小さなハート型だったのだけど...

材料と作り方は↓

続きを読む

ご馳走様報告  

最近作って見たお料理です。ほんとどizumimiran さんのレシピばっかって話がありますが...
izumimirunさんの人参の☆あったか白和え
あったかくってほわほわでとってもおいしかったです。

NinjinShiraae_20071125162033.jpg

分量は適当だったのですが、アメリカの大きなサイズのお豆腐を一丁使って、気が付いたらぺロッと全部食べてしまっていた自分んがこわいです。izumimirnさんのレシピだと軽く4人前に相当する気がする...

続きを読む

ターキーディナー 

大きさを比較するものを一緒に写せばよかったのですが...
19ポンド(約9Kg)のターキーの丸焼きです。ターキーディナーにお呼ばれしてご馳走をたくさん頂いてきました。あ、ベジタリアンの方にはごめんなさい。

ThanksGiving2007_2_T.jpg

この丸々としたお腹の中にはもち米で作ったスタッフィングがぎっしりと詰まっています。もち米3合分がターキーさんのお腹におさまったとか。

お家も食器も家具も(ついでに美男美女のお嬢さんと息子さんも)何もかもステキで、片端から写真に取りたかったのですが、よそ様のお宅のお呼ばれして片端から写真をとりまくるわけにも行かず... あと、私のカメラだと夜は食べ物の色とかきれいにとれなかったりして...

続きを読む

タルトタタン 

タルトタタンを焼きました。

TarteTatin1.jpg

週末に卵を買いに行ったら、前回買ったときと同じ有効期限のしかなかったので、翌日、例の騒ぎを知らずにTraderJoe'sまで足を伸ばしたのだけれど、卵は売り場から一掃されていた。Trader Joe'sブランドの卵の鶏達がBatteryCageと呼ばれるせま~いカゴの中で飼われているということが発覚して、動物愛護協会その他からたたかれたらしい。値段から考えて安いほうの卵は普通の大量生産だったてわかるから今更騒ぐことではないと思うんだけれど...

で、それでも卵が二個残っていたはずとレシピを見たら、18cmの丸型でクッキー生地(パートシュクレっていうの?)だと卵黄を二個使っている。今回は倍量にしたいからちょっと足りなめだけど、ま、いいかと思ってみれば、卵の一個は細かなひびが入っていて使えない。レシピを倍量にして卵を一個というのもなんだし、卵だけ買いに行く気にもなれず、急遽、パイ生地(パートプリゼ)に変更して作って見た。今回は、卵の予備もないし、冷凍のパイシートの買い置きもないし、新しいレシピで失敗したら困るななあとは思いつつ。

でも、とりあえず、なんとかなったみたい。
分量と作り方は↓

続きを読む

秘密のブログ 

最近、「ブログを書いているの」じゃなくて、「これ、ブログに書いているの」といろいろな人に話していたので、そろそろ職場のお友達とかにも私のブログアドレスを見つけられちゃった気がする。ブログに書いた内容そのまんまコピーしてレシピを配ったりしたら簡単に検索できちゃうしね。

別に秘密にしているわけではないし、遠方で近況報告代わりにアドレスを教えている日本の知り合いは別にすれば、「こんなブログを書いているの。読んでね」とわざわざ身近な人に教えるのも気恥ずかしいから言っていないだけなので、こっそり見つけてこっそり読んでいただく分にはかまわないのだけれど。

で、ブログの存在を日本の家族に伝えた辺りから、いわゆる鍵付きの日記帳につけるような内容は、誰にもわからないように秘密のブログを開設してそっちに書いたほうがいいんだろうなあと思い始めた。

友人に聞いた話では、匿名のブログアドレス(正確にはオンラインで匿名を維持するには)その他を作るには、まず、自分が所属する国とは非友好的な関係にある国の住人になりすました、まず、架空の口座を一つ入手、次に、その口座を使って、無料で開けるメールアドレスを次々に開設して行って、最終的にどこかに本命の口座を開設。コンピュータへのアクセスには自宅や会社のコンピュータは使わず、また、同じ場所からのアクセスは避けること...

と教わったけど、別に爆弾作るわけじゃないし、そんな面倒なことをする気はさらさらなく、無料のメールアドレスをたどって行った先にひとつふたつ口座を開設して、ちっぽけなエントリーを書いて見た...が、使い方がよくわからないままほっとくこと半年(一年かな)。ユーザー名とパスワード、あと、メールアドレスどれ使ったんだっけ?

誰ですか、さくらんぼが日記書いてるとこなんて見たことないもんねって納得してる人は。

キャベツの芯のほっこりスープ、作って見ました。 

残ったキャベツ、どうやって食べようかなって思っていたら、ちょうど>izumimirunさんのところでタイミングよく見つけたスープ、さっそく作って見ました。

SoupCB1.jpg

本当に、お野菜のおだしと月桂樹の葉っぱ、オリーブオイルだけなのにおいしいです。ごちそうさまでした。あたたまります!

フロランタン 

たまにはちゃんとしたお菓子を焼こうかと...
フロランタンを焼きました。

Florentines1.jpg

いくら、「ケーキなんてたいてい粉と水とお砂糖を混ぜれば出来上がるわよ」が口癖だとはいえ、先日の柿のケーキはあまりにも手を抜きすぎたので、気分を変えて、基本に忠実に(あ、でもやっぱり手は抜いてしまったけれど)作って見ました。

ずっと以前にクロワッサンに載っていた田沼厚子先生のレシピのアレンジです。本来のレシピは水の代わりに生クリーム、キャラメルに入れるバターの量は50グラムです。 13 X 9 インチの天板を使う場合は、クッキー生地の量をこの半分にすると、薄めのかりっとしたフロランタンになります。

分量と作り方は

続きを読む

角食パン 

パネトーネマザーを使って焼いて見ました。
レシピの分量は酵母の袋に書いてあった分量通り、前回よりも小麦粉の量は少なくしてあります。今回は二次発酵させすぎないように時間と高さにも十分気を配ったつもりだったのですが、やっぱりホワイトラインは出ていません。角食パンのレシピは一斤型の場合、小麦粉の量で270グラム前後のものが多いのですが、容積比を考えるともう少し少なくしたほうがいいみたいですね。ま、前回みたいな失敗をしてないからいいか。
Shokupan27.jpg

ただ、最近言われているホワイトラインですが、中学生の頃読んだ本では、角食パンがまるっぽくてホワイトラインがあるのは発行不足の証拠です。角食パンはふちがとんがっているものをえらびましょうって書いてあったんですよね。パンの配合と容積比や焼き方が変わったんでしょうかね? ホワイトラインなんて、生地の量を減らせば出るんじゃないかって気もするんですが。
(ってただの負け惜しみ?)
あまり上出来ではありませんが、とりあえず、レシピを書いておきますね。

続きを読む

柿のバターケーキ 

夜、ふとケーキが焼きたくなって、ものすご~くいい加減な作り方で作りました。
KakiCake2.jpg

お菓子の先生に知られたらものすご~く怒られそうな作り方だったので、キメも荒くってあんまりフォトジェニックには出来ていないのですが、意外に好評だったので忘れる前に分量と作り方を記録しておこうと思いまして...


続きを読む

フェリービルディングでランチ 

先日、すごくなつかしい旧友二人と再会して例のフェリービルディングでお昼を食べました。

FB_Lunch5.jpg


個人的には和食のお弁当とかおいてあるお店で食べたかったのですが、どこも混んでいて、「中国人とイタリア人と日本人の3人が満足できるサンフランシスコのお店」ということでシーフードのお店を選びました。カジュアルな内装なのですが、お値段は高めの設定?

続きを読む

胡麻ミルク(もどき)餅 

人気ブロガーさん達のブログを見ていたら、あゆさんのところでみつけた「ごま牛乳もち」、
手元にあったライスドリームとスプレンダを使って作って見ました。

Gomadango1.jpg



続きを読む

栗蒸し羊羹 

こしあんを作ったらなんか羊羹が作りたくなった。
秤を持っていない身で新しいレシピに挑戦するのはかなり無謀なんだけれど、どうせ手作りの漉し餡だから重さも砂糖の量も違うし、なんとかなるだろうと適当に...

KurimushiYOkan2.jpg


レシピによるとこし餡500グラムに対して小麦粉65グラム、葛粉20グラム、上白糖120グラム、水130グラムとなっている。だけれど、このこしあん、マクロビ風にしようと思ってお米のなんとかシロップとかいうやつがたっぷり入っているから砂糖の量もあてにならないし...

続きを読む

玉ねぎのみぞれサラダ 

ちょっとお腹がすいたので、前から作りたかったizumimirunさん/の玉ねぎのみぞれサラダを作ってみました。
TamanegiSalada1.jpg

簡単にできておいしくって幸せです。こちらは少し前に作った同じくizumimirunさんのあったか☆即席葱スープ
Negisoup.jpg

どちらも写真がうまくとれてないのですが...
こちらも簡単にできて暖まるのでまた作ろうと思います。
ごちそうさまでした。

栗の渋皮煮? 

のつもりなのですが...

KuriShibukawani1.jpg

近くのスーパーで大きな栗を見つけたので作って見ました。
ネットでいろいろ検索しても作り方がたくさんあっていまひとつよくわかりません。煮ているうちにどんどん渋皮がとれてくるみたいなのですが、最終的にどこまでとればよいのかわからなくて、とりあえず、渋皮煮もどきのできあがりです。

ちなにみ、鬼皮を剥く時にどうしても渋皮が傷ついてしまうのですが、
1.傷ついたところから柔らかくなった栗の中身がどんどん流れ出してしまうので、傷つけてしまったものは別のお料理に使いましょう(私の場合、これだと一つも作れない)
2.傷ついてしまうと栗が割れやすくなります。
3.傷ついてしまったら使えないなんていうのはまったく無意味です。気にせずにつくってください。
あと、傷つけてしまっても煮るときに栗が踊らないように注意すれば大丈夫というのもありました。

栗の種類によっても違うのかもしれませんが、本当のところはどうなのでしょうか?

イタリアンランチ 

今日はデザート付きのちょっと贅沢なイタリアンのお昼ご飯を食べました。行ったのはサンカルロス(だったかな)のSPASSOとかいうお店。
SPASSO6.jpg

この辺りはかわいいお店がたくさんあるらしくて、お店の前に狭いながら駐車場もあるのですが、私の運転技術(走れるけれど停められない)だと人に乗せて来てもらわない限りこれません。

続きを読む

食パンがあ~~~ 

前回の角食パン、失敗したにもかかわらず、カツサンドにしてあっと言う間に食べてしまった私。くやしかったので今度こそと思って細心の注意を払って作りました...と書く予定だったのですが、正確には、「細心の注意を払ってパンを捏ねました」でおしまいです。

Kakushokupan21.jpg

分量は前回と同じですが、お湯の量は225CC用意して40CCくらい余りました。卵1/2個の代わりに卵黄1個分、強力粉は約300グラム。本によっては270グラムくらいなのですが、前回全然高さが出なかったので少し多めのレシピを使いました。

で、二次発酵まではすご~くうまく行ったのです。これが、普通の山形パンだったらここまでうまく行けば、あとは多少焦げようがどうしようが絶対にステキに膨れる筈だったのに...

で、ちょっと色が薄いしふちもぎざぎざだけれど、不器用なサクランボさんが作ったにしては悪くないんじゃないって?

それはね、この姿をご存知ないから。

続きを読む

ミントティー 

firstsnowsさんのところでお見かけしたフレッシュミントティーがとてもおいしそうだったので、ちょっと真似をして作って見ました。

MintTea.jpg

って、ただのミントの葉っぱにお湯を注いだだけですが。
乾燥したミントの葉っぱから作るミントティーは、体調が悪いときだけなぜか時々飲みたくなるのですが、普段はあの独特の香りは苦手です。

フレッシュなミントだと香りがずっと穏やかで、ほっとする味で。
癖になりそう。

最近食べたスィーツ 

最近、「おやつ持ってくるの忘れた!」と大騒ぎすることが多いのだけれど、その割に頂き物ばかりで充実したおやつライフを送っている。(あ、仕事に来てたんだっけ)
Geppei.jpg

こちらは期間限定販売の中村屋の月餅、お土産に頂きました。
PurinMashumaro.jpg

同じくお土産に頂いたプリンマシュマロ
MomijiManju.jpg

これは差し入れのもみじ饅頭。韓国系のスーパーで売っているもの。
Kaki.jpg

こちらはどなたかの家のお庭にできた柿。今年は当たり年だそうです。
画像は先週のもの。今日、また新たに7個ももらっちゃったのだけれど、どなたか、少し固めの柿のおいしい食べ方知りませんか?
おいとけば柔らかくなるのでしょうけれど、待ちきれなくって。

角食パンを焼いて見たのだけれど... 

前回日本の帰ったときに蓋付きの食パンの型を買って来たのだけれど、ずっと強力粉を買い忘れていて...

昨日やっと思い出して買って作って見たのだけれど、見事に失敗!
おまけに散らかったキッチンカウンターがそのまま映っているし(汗)
DSCN3664.jpg

原因ははっきりしている。手を抜いててきとーに作ったから。パンは正直ですね。

型を買うときにどの大きさにしようか迷ったのだけれど、大きな型で焼くとうまくできなかった時(つまり、お裾分けができないので一人で片付けないといけない)食べ切るのが大変だと思って一斤の型を選んだ。でも、ネットで検索するとレシピのほとんどが1.5か2斤型。注意深く探せば換算方法が書いてあったり1斤型のもあるのだけれど...

続きを読む

便利な体型? 

とあるホテルの地下で、見知らぬ人から突然声をかけられた。
「ちょっとこめんなさい...」と。
相手は何か私に用がある様子、あれ、私、こんな人知ってたっけ?別に前に会ったこともなさそうだし...と考えていたら
「あなたの体型、家の母にそっくりなのよ。ちょっとこのコート着てみてくれない?」と言われた。

みればとなりにペルーさん(だったかな)の手作りの暖かそうなコートがかかっている。私も着てみたいと思っていたコートだったので、着てみた。えんじ色でふかふかで、ホテルの冷房(?)で体が冷え切っているのでふかふか(カシミヤ???)の生地は着心地が最高。クロゼットに処分に困る大量のジャケットがかかっていなかったら衝動買いしたかもなあ。

で、聞いてきた南米系のカップルは、「あら、ちょうどいいわね、手の長さはどうかしら、すこし長いかもね。でも、よさそう。どうもありがとう」と満足して行ってしまった。別に、体型が見た目一緒だからって手の長さまで一緒のわけはないと思うんですけれど...

これは極端な例なのだけれど、実は、日本からいらした方のお買い物に付き合うと奥様(稀)とかお嬢様に体型がそっくりとかで、よく、「これ、ちょっとあててみて」とか「これ、ちょっと着てみて」とか言われることがある。大学生のお嬢様くらいは許せるんだけれど、「中学生の娘と体型がそっくりで」と言われるとちょっと複雑な気分。

そういえば、大学生の時に中学生と高校生の子供達と一緒にキャンプ場で3人ならんでとった写真があったのだけれど、それを見たサークル仲間一同、「3人とも同じ歳に見えるね」と言った。

「私、体のサイズって大学生の頃とほとんど変わってないの」というとほとんどの人にうらやましがられるけれど、真相は、「私の体型、ころんとした中学生の子供体型のまんま、女性らしく成長することもなくこの歳まで来ちゃったの」ってとこなんだろうか。

フェリービルディング in SF 

FB2.jpg
FB30.jpg

いえ、もう仕事には戻っている(筈)なのですが、ちょっとサンフランシスコに用事があったので仕事を抜け出して遊んできました。だってね、サンフランシスコ在住の上司が、「あそこに行ったらね、是非フェリービルディングに行ってくるといいよ」っていうんですもの。

バートのエンバカデーロの駅を降りて海側に数分歩いて行ったところにあります。上の写真右の地図の赤い○をつけた部分です。(クリックして拡大すれば多分見えるかと。ただのフェリーの発着場に見えるのですが...
FB10.jpg
FB9.jpg
FB8.jpg

なかにステキなお店やレストランがたくさん。
和風のお弁当を売っているお店なんかもありました。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。