さくらんぼのアメリカ日記 2008年03月

月別アーカイブ

 2008年03月 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塩大根のアマランサス揚げ 

izumimirunさんの塩大根のアマランサス揚げ作りました。

DaikonAmaransus_22.jpg


最初は、カロリーを抑えたくて、少なめの油で揚げ焼きにしてみました。私、揚げ焼きとかって上手にできなくって、思いのほか油を吸ってしまう割りにアマランサスがどうもカリカリっとなってくれませんでした。といっても大根が甘くってとってもおいしかったのですが。どうせならフライにしてしまえと残りはオイルの量をふやして揚げ物にしたのがこちら。少しこげてしまったのですが。(あれ、なぜ写真の大きさが違う?ま、いいかっていい加減なやつ。その辺にあったお皿を使ったからお皿も違うし(汗)
DaikonAge2.jpg

大変、これ、癖になってとまりません。外側のアマランサスがカリカリの揚げ煎風になっていて、中の塩大根がもっちりと甘くって。

ちゃんと一人前だけ作ったのでなんとかなりましたが、大量に作っていたら全部私のお腹におさまって大変なことになっていたかと思います。え、十分二人前はありますって?

izumimirunさん、いつもごちそうさまです。

スポンサーサイト

現実逃避のフモスとタブレ 

ここ数年、比較的時間がたっぷりある生活をしている。
そうすると、あれもやんなきゃ、これもやんなきゃ、あれもやりたいし、これもやりたい!
ということがたくさんあるのに、何一つ手がつかない。必要最小限のことを締切りギリギリにやるのが精一杯。

忙しい生活をしていた時も実際は同じなのだけれど、この場合は「忙しいから」の一言で言い訳ができるし、現実に、「やんなきゃなあ~」と思いつつほっぽっておく時間はなくって、時間に追われてあたふたと片付けているといつのまにか終わってしまう。体力的には少々きついけれど、精神安定上はこのほうがいいかも。

ということで、相変わらず何もせずに...

Tabouleh.jpg


ピタパンはfirstsnowsさんのレシピです。
今回は、粉の配合を少し変えて、オールパーパス粉1カップ、ブレッドフラワー1カップ、全粒粉1/2カップ(カップはアメリカサイズー236cc)、ドライイースト小匙1杯、塩、小匙1杯、オリーブオイル小匙2杯、水200CCで作りました。

お砂糖は入っていない訳は...

材料を量って片端からフープロに放り込んでいる最中に電話がかかってきました。この時間の電話はどうせセールスだし、ここで出ると手元が狂って材料をひとつふたつ忘れるに違いないと思ったのですが、見慣れない番号だったのでふと気が向いて出て見ました。
ものの見事に録音したセールスの電話だったのですぐ切って続けたのですが、一次発酵させようと生地をあたためたオーブンに放り込んだ時点でお砂糖を入れ忘れたことに気が付きました。

この時点で生地を取り出して砂糖を混ぜ込んでもよかったのですが、ピタパンは甘くなくてもおいしいし、発酵時間を少し長めにとれば問題はないでしょうと勝手に解釈、お砂糖抜きとなりました。

ちなみに、今回は、水とオリーブオイル以外の材料をフープロに入れた後、上の注ぎ口から水とオリーブオイルのミックスを少しずつ注入したらうまく行きました。湿気が多い地域に住んでいるせいと思いますが、最終的に水200CCのうち大匙一杯くらいは入れませんでした。

一次発酵の時間は、う~ん、忘れちゃったんですよね。ほどよく3倍近くに膨らんだ頃(多分、50分後くらい)に終わらせました。この後、生地を少し乱暴にあつかったので、少し厚めのキメの荒いピタパンになってしまったのですが、薄くしすぎてぱりぱりしるぎるのもなんだし...(って、言い訳)

で、昨日苦労して(?)買ってきたレモンでフモスとタブレを作りました。
フモスの作り方はこちらをどうぞ。基本的に、材料をすべてフープロで混ぜ合わせるだけ。材料の配合もすべてお好みでお味見しながら変えてくださいね。

タブレの作り方はこちらをどうぞ。

カートが行方不明に 

週末の昼間はスーパーなんかいくものではないとわかってはいるのだけれど...

タブレサラダにレモンとトマトが使いたくって、お隣の中華系のスーパーに行ってみた。どうせならいろいろとまとめて買ってしまおう。そうなると荷物が重いからと車で行ったのだけれど...

かなり人が多くて早くもげっそり。やっぱ、時間のかかるお魚とかは買えそうもないなあと思いつつ、野菜用のビニール袋がなかったのでカートをおいたまま、ビニール袋を探しに少し離れた売り場に。戻って見るとかなり人がたくさんいたので、あらあら、私のカートが邪魔になってないといいけれど、と探したのだけれど、なぜか私のカートが消えている!

私が止めたあたりに別の人のカートがおいてあるから、大方私のカートを自分のと間違えてもってっちゃったに違いないのだけれど。 私の手にはビニール袋に入った大根が一本握られているし、この大根持ったまんまお店に外までカートを取りに戻る勇気はないし、だいいちこの予想外の混雑、今日はレモンとトマト(あと大根)だけ買って帰ることにしようと、セールのお野菜にちょっと後ろ髪を引かれつつ、お野菜だけ買って帰ってきた。週末にまとめて野菜を買うと、結局使い切れなくて古くしちゃうしね。お隣なんだから平日に毎日くればいいんだし。

袋一個なら、込んだ駐車場で苦労して車止めたりせずに、歩いてくればよかったんだけどね。
でも、私のカート持って行っちゃった人、レジのところで気が付いたのかなあ。

味噌豆腐作りました 

izumimirunさんの生姜たっぷり味噌豆腐作りました。

SshogaMisoTofu.jpg

あり合わせの野菜をきざんで、鍋にごま油と生姜を入れて炒めて、お豆腐とお野菜を入れて調味料を加えて...いつもの通り、あっと言う間に出来上がりました。生姜とお味噌とお酒の風味がよく効いていてとってもおいしい!
izumimiran さん、いつもご馳走様です。

お花よりもつい... 

ハーブとか、食べられるものに目がいってしまう。

Herbs_1.jpg


もともとブラウンサムを自認しているのだけれど...
数年前、ミシガンに住んだとき、春のお花があんまり見事で、どの家もきれいなお花を飾っているので、ガーデニングの上手なお友達に教えてもらって簡単な花をちょっとだけ育てて見た。要は、K-マート(当時はそこしかなかった)に一緒に行って、簡単に育てられるお花を数種類みつくろってもらって、大きな鉢と土を買って、K-マートの駐車場でそのまま植え替えてもらって、「あとは水遣りだけね。鉢の大きさは頭になる植物の3倍ないとだめなのよ」と教わっただけなのだけれど。

そのお花は無事に育ってくれて越冬もさせて大事にしていたのだけれど、カリフォルニアへの引越しが飛行機だったのであきらめた。それ以来、簡単に育つゼラニウムとかちょっとしたお花をもらって育てているのだけれど、どうも上手に花がつかない。日当たりの問題もあるみたいなんだけど。でも、不思議に紫蘇とバジルとミントは育った。バジルなんてたくさん育って、枯らしてしまったお友達のお友達の家にこっそり里子に出すほど。

結局、ガーデニングなんて、このあたりのきれいなお庭は、みんなその時期その時期できれいなお花に植え替えているわけだし、ま、お花はまた苗を買ってきて育てればいいやとオーチャードに行って見たのだけれど...どうも、日当たりを好む花しか見つけられなくって、なんか失敗しそうな予感が。

で、ふとお隣をみると、ハーブ類が並んでいる。そうそう、ハーブと香菜の苗も買いたかったんだっけ。ということで、ハーブだけ買ってきた。もっとも、表示をよく読まなかった私は、香菜だと思い込んで、おとなりにあったイタリアンパセリを買ってきてしまって...これは植え替えて数日後に「なんか香りがしない」と思って食べて見て発覚(涙)

なので、パセリ2種とオレガノを同じ鉢に植えたらとりあえず根付いてくれた模様(って例によって写真ないけど)。

これとは別に、紫蘇(私のは出張が長引いたので人にさしあげてしまってそれっきり)とパセリと香菜とお花の種を頂いたので、鉢と土を買いたそうとガーデンセンターに行って、やっぱりお花には目をくれずに今度はローズマリーを買ってきた。キッチンの窓辺にハーブがたくさんあるのっていいなあ。あ、あとはセージとタイムとタラゴンもほしいかなあ...

カリフォルニアの食事はヘルシー 

お昼に、Palo AltoのRosso Bianco (だったかな)というイタリア料理のお店に行きました。
例によって写真がないのが残念なのですが...

おしゃれな街のおしゃれなランチ、おいしくいただきました。
イタリアンのお店なので、最初に見たメニューのメインディッシュはパスタとピザしかなくて、野菜が食べたかった私は単品のサラダにすべきか、パスタにするべきか迷ったのですが、注文する段階で私のところだけランチスペシャルのメニューがないことが判明、そちらに、ステーキサラダとかいうのがあったので、これを頼んで見ました。

内容から、サラダの上にどーんと脂ぎった大きなステーキが載っているお料理を想像していたのですが、きたのはベビースピナッチサラダの上にステーキの薄切り(ロースとビーフみたいな感じでした)が乗っているヘルシー感このうえないサラダでした。

昨日の記事の記憶が新しいだけに、「う~ん、ヘルシーなおいしい食事、幸せ」と思って食べました。ピザもトマトソースとチーズの量が少ない、イタリア風の感じでした。

これでたっぷりのデザートがあったら最高だったのですが、あいにく乳製品たっぷりのデザートしかなかったので食後はお茶だけ(最近、恒例の、日本から戻ってきて一ヶ月後になぜか睡眠時間が狂う!という珍現象出現中のため午後はカフェインゼロを目指してます)

っていってもカフェイン入りのお茶を頼んでしまったのですが、お茶はMighty LeafのGreen Tea Tropical. このお茶、紫色の花(ラベンダーかな)みたいなのが入っています。袋にはグァバとパイナップル入りと書いてあるのですが、大学生の頃作ってとっても気に入っていたバラとラベンダーとフルーツのポプリにそっくりの香りで、しばし酔いしれていました。自分で買いたいんだけど、原則、カフェイン禁止なんだっけ。あ、でも、緑茶は平気だからこれなら大丈夫かな?

ちなみに睡眠時間ですが、一昨日の夜はほぼゼロ!、昨日は10時から7時まで爆睡、さて今日は???
とりあえず、寝てみることにします。
おやすみなさい。

アメリカの外食、ワースト20 

友人が面白いニュースをメールしてくれたのでちょっとご紹介。
もとの英文記事はこちらです。
http://www.msnbc.msn.com/id/21838237/?pg=13#TDY_20WorstFoods

どうも、男性が好きなメニューを中心に書いているような気もしますが、記事全部は読んでないので勘違いがあったらごめんなさい。

10位のワーストブレックファストはBob Evans のカラメルバナナ...パンケーキ
Bob Evans Caramel Banana Pecan Cream Stacked and Stuffed Hotcakes
1,540 カロリー
脂質77 g
炭水化物198 g 砂糖(109 g )

続きを読む

フープロで作るちぎりパン 

カメラは壊れたままです。
ということで、この写真は前回のものですが、ま、ほとんど同じ焼き上がりなので。

Chigiripan_FO_2.jpg

最近、おとなりのチャイニーズ系スーパーのタダ券をよくもらうので、ベーカリーのパンをよく買って(ただ券と交換して)いたのですが、いろいろ買ってみて、食パンを除くとやっぱりあんまりおいしくないという結論。(日本風の生地だし、見かけおいしそうだし、期待していたのだけれど) ならば自分で焼くしかないと焼いて見ました。もう少し粉の種類とか捏ね方とか発酵時間とか研究しないと、日本で買えるおいしいベーカリーのパンには足元にも及ばないのだけれど、ま、おとなりのチャイニーズベーカリーには勝てるかな(ってすごいうぬぼれ?)

前回、粉300グラムくらいでフープロで作ったピタパンがうまくいったので、味をしめて今回もフープロを使いました。ホームベーカリーは場所を取るし、手捏ねでもおいしくできるからとずっと買っていないのですが、フープロに捏ねてもらうとすごい楽ですね。今回は、無謀にも打ち粉も省略(あ、これはお勧めしません)したので、手を汚すことも粉まみれになることもなく、全体重かけて(身長がないので、男性に比べるとはるかに軽い)20分パンを捏ねる必要もなく、すご~く楽にできました。

前に、アメリカのレシピのパンをフープロで捏ねて作った時はあまりうまくいかなかったのですが、こつは、フープロの大きさにあった分量にすることと、水分を少しずつ、様子を見ながら加えていくこと、あとは、生地が熱くなりすぎないように気をつけることでしょうか。フープロで一気に捏ね上げてしまってから、水の量が少なすぎたなんてことになると手の施しようがないので。

詳しい作り方は
こちらをどうぞ。

今回は、一次発酵のあとで、軽く湯通しして水気を切ったレーズンを2/3カップほど混ぜ込みました。少し甘めの仕上がりで、焼きたてにバターをつけて食べると止まりません。すごい危険。

グラノーラミックス 

相変わらず、故障したデジカメはほっぽってあるのですが...
少し前に作ったグラノーラミックスです。オートミールが中途半端に残っていたので使い切ってしまいました。

GranolaMix1.jpg

レシピは、ずっと前にアメリカ人の友人から教えて頂いた物を使いました。
このレシピ通り(ってこの分量は作ったことありませんが)に作るとアメリカ風の味になります。
今回は、ひまわりの種、シナモン、小麦胚芽はなし、モラセスはメープルシロップに変えて作りましたのでちょっとさらっとした感じに仕上がりました。
詳しくはこちらからどうぞ。

セントパトリックスデー(過ぎちゃいましたね) 

カメラがないの、風邪引いたのとバタバタしているうちに、あっと言う間に過ぎちゃいました。
今週の月曜日がセントパトリックス デーだったのですが、うっかりと、緑のものを身につけていくのを忘れてしまいました。

もともとはアイルランドのお祭りだそうですが、この日はみんな緑色のものを身につけて、あと、キャベツとコーンビーフ(塩漬けの牛肉ってとこでしょうか)とキャベツの煮込みを食べるので、この日が近づくとキャベツが一斉に店頭に並ぶのですが、アメリカ系のスーパーにしばらく行っていなかったのでコーンビーフも買い忘れました。

このコーンビーフは、たいてい一緒に煮るシーズニングも袋に入ってついてくるので、キャベツと一緒に煮るだけなので圧力釜とかがあると簡単にお料理できるのですが...

↑のごとくの状況だったので、今回はなにもなしでした。幸い、ウォーキング用のジャケットの裏地がグリーンでしたので、会社では午前中はこれをはおっていたのですが、今度の職場は緑のものを身につけている人の人数も少なくて、別に、「あ、緑をつけてないからつねっちゃうぞ」という人もいなくって、ほっとするような、さびしいような...

色の抜けるように薄い白い肌と赤褐色の髪の毛、大酒のみのイメージ(←ええ、ステレオタイプです。もちろん。そうじゃない人もたくさんいます。ただ、もと同僚の大酒のみと出張先で車をシェアしていた時に、二日酔いでアイルランド人の運転手の彼が信号待ちの間に寝てしまったことも事実です)があるアイルランド系の人達が少ないからでしょうか。

それにしても、毎年、まだ冬の雰囲気が色濃い中での春を呼ぶお祭りというイメージがあったのですが、カリフォルニア、すっかり春です。

私は花粉症の季節恒例のかぜっぴき(多分、これは風邪です)が。

いろいろ焼いて見たのですが 

デジカメ故障中で画像なし(涙)

焼いたのは、Firsnowsさんのピタパンとクッキーを少し。

ピタパンは材料を全部フープロに入れて、こねて...
二次発酵がいらないし、フープロにおまかせできるのですごっく楽でした。
Firstsnowsさん、ご馳走様でした。

クッキーは、写真がないから意味ないですね。
時々作るアイスボックスタイプのクッキーで、筒状にしてから冷蔵庫で一晩寝かせてから切って焼きました。中に入れたのは、オレンジピールを入れたものと、ローストしたくるみを刻んで入れたもの。オレンジピールはざくざくと刻んだら少し歯ざわりが気になりました。くるみのほうは、焼きたてのうちに粉砂糖をまぶして。

分量と作り方のメモがきです。...
バター 1ステック (約110グラム)
粉砂糖 1/2カップ
小麦粉 1 1/3カップ
卵黄 2個分
バニラエッセンス(お好みで)

普通のアイスボックスクッキーの作り方で生地を混ぜて、小麦粉を混ぜたらいくつかにわけて好みのフレーバー(バニラ、コーヒー、ココア、オレンジピール、胡桃などなど)を入れて、棒状にぎゅっとまとめて、ワックスペーパーにつつんで冷蔵庫で2時間から一晩寝かせ、切り分けてから320℉くらいのオーブンで約20分焼きます。(クッキーの厚さで変わってきますので調整してください。

英語と日本語って両立するの? 

ずっと作りたかったスパム結びを作ってみたのだけれど、デジカメが故障中で画像なし。この間のように自然に直ってくれるといいのだけれど、そうじゃないと、私のことだから当分直さないだろうな。どうもカメラとは相性が悪くて...

で、全然、関係のない話題。ヨーロッパから来て、「英語が流暢に話せます」という西欧(死語?)諸国の人間は、ごく一部を除き、実にきれいなアクセントで英語を話すし、日本人がよく間違えるような冠詞や前置詞の間違いもほとんどない。中国から来た人達も、大学や大学院レベルの教育を受けている人だと、アクセントこそ強いものの、とても正確な英語を話す。私みたいに、口にしてしまってから、あ、いまの、is じゃなくて are だったよな。なんてことはまずしない。いえね、別に、is と are の違いくらい知ってるけどさ、何しろ頭で考えてから話すってことはしないので、There のあとに単数系を持ってくるつもりだったのがしゃべっている途中で気が変わって複数の単語を持ってきちゃったなんてことが多いのだけれど。

アメリカ人の友人に、「ね、アメリカ人だって話してる途中で気が変わるってことあるでしょ。A ... ではじめておいて、あとから複数形にしたくなったりすることないの?」と聞くと、「ま、みんな通ってくる道ではあるけれどね、大人になる頃にはそういう間違えはあまりしなくなるよ」とのこと。まあねえ、私の語学の才能が十分じゃないって言っちゃえばそれまでなのだけれど。

でも、外国語が上達する条件の中に、母国語がその外国語に近いことっていうのが入っているんだよねえ。

日常会話ではそれほど気を使わないとはいえ、英語の冠詞や単数、複数を正しく使おうとすると、話す時点で単数複数の捉え方、見方を英語にしておかないといけない。で、器用じゃないから、日本語を話していて、「えっと、この言葉、The をつけて表現したいんだけど、日本語だと...ちぇっ、日本語には冠詞ないから言えないじゃん」なんてことになる。

ま、ブログの誤字脱字は気が付いても直すのが面倒でほっといているところはあるけれど、英語がちょっとでも上達する頃には、その数倍の早さで日本語が変になっている気がするし...

日本語も英語もペラペラという帰国子女の中には、日本語の「さしすせそ」の発音が英語のSの音になっている人が多い。で、私の知る限り、彼ら・彼女らは、大抵、育った場所と年齢に応じて、日本語か英語かどちらかに対して苦手意識を持っている。日常会話は問題なくても会社レベルで使う敬語が苦手とか、実は、漢字があまり読めないとか、やっぱり英語は母国語じゃないから書くのは苦手とか...

結論、日本語と英語って違いすぎると思う。

ショッピングモールで 

私、まわりの良識ある方々を嘆かせる着た切りスズメとすっぴんで通している割には、実は、コスメと洋服にかける金額(お金だけ)はかなり高いと思う。

原因は超敏感肌と敏感な嗅覚。悲しいことなのだけれど、コスメや石鹸の香りと値段って微妙に比例すると思う。スーパーの棚のちょっと他のものより1ドルくらいお安い石鹸とか買おうとすると匂いがどうしてもだめで、泣く泣くかなり高いほうのブランドを選ぶし、お化粧品なんていったらアレルギーがあるからいつも使っている同じ銘柄じゃないとダメだし、それで無香料(無香料でも安いと微妙に嫌な匂がするのですが...)となると近くのスーパーや量販店では売ってないのでデパートまで行くことになる。

洋服も、着心地がよくないと絶対にだめなので、何回も試着してやっと気に入ったものとなると、結局限られてくる。しかし...

数日前、2年くらい前に友達に見立ててもらったスラックスをはじめてはいた。友人がすそ直しもしてくれたからいつでも着れる状態だったんだけどね、なんか、着る機会がなくて。(正確には合わせる服がなかったって話もあるけど)

秋に「高いなあ。でも、冬物の最近のデザインの一枚もなかったから」と思ってアンテーラーで買ったスラックスはお直しもせずにクロゼットにほうりこんだまま、冬が終わろうとしている(涙)。着れたら便利な時はあったんだけど、お直ししてなかったから。

数日前に買ったブラウス類は、一緒に買った食器やキッチン小物に夢中になっている間、ソファーにほっぽりだされてそのまんま...

続きを読む

ケーキフラワーの代用 

正確にはレシピではないのだけれど、いいカテゴリがなかったので...

ずっとみつからなかった薄力粉(ケーキフラワー)を中力粉(オールパーパス)で代用する場合の方法を書いた紙が戸棚の隅っこから出てきたのでメモしておきます。カップはアメリカサイズ、約236CCです...って思っていたのですが(で、実際に量って見てもそうなのですが、下記の換算表では、グラムへの換算から考えて、1カップ=250CCで計算しているようです。

1カップのケーキフラワー=7/8カップのオールパーパス粉+コーンスターチ大匙2杯
= 1 カップのセルフライジングフラワー(塩とベーキングパウダーを省くこと_
= 7/8 カップ ブレッドフラワー

1カップのオールパーパス粉 = 1カップ と大匙2杯のケーキフラワー

ってことは私のアメリカのレシピを日本の薄力粉で作る場合は、小麦粉の量を若干増やしてもらったほうがいいし、日本のレシピをこちらのオールパーパスに置き換える時はやっぱ、量を減らして、コーンスターチを混ぜるべきだったのね。普段、あまり気にせず同じ量で作っちゃっているけれど。

でも、いくらなんでもケーキフラワーをブレッドフラワーで代用するのは、デリケートなレシピの場合は無理と思うんですが...

ちなみに、この本によると、ケーキフラワー1カップは125グラムなのに対して、オールパーパス粉1カップは155グラムとなっています。日本でずっと使っていた換算表だと、200CCのカップで強力粉と薄力粉の重量の違いは5グラムくらいだったので、計算が面倒な私は最後の5グラムの分ははしょって、200ccの小麦粉=100グラムで計算していたのですが、多分、↑にもかきましたが、1カップ=250CCで小麦粉の重量を計算しているのではないかとは思いますが。

秤を買って計量してみればいいのでしょうけれど、このあたりどうもずぼらで...

引っ越しても引っ越しても追いかけてくる郵便物 

まあ、クレジットカードを作ってくださいといった類のジャンクメールはどこに行っても来るのだけれど、いろんなお店のカタログとかは、住所変更の通知を出さない限り勝手にストップしてくれるから助かるのだけれど...

形だけ卒業していて、卒業生の連絡先とかそういった登録は一切していないとある学校から、毎月だったか数ヶ月に一度の割りできれいな紙に印刷した立派な冊子が送られてくる。裏表紙に私の住所氏名が印刷されているからそのまま捨てることもできない。住所変更の通知なんて出してないのに、転送依頼を郵便局に出しているからそれでわかっちゃうのかなあ? 別に授業料滞納してたわけでもないからたいしたことではないのだけれど。

他の学校は、ま、引っ越して数年すれば、なんらかの連絡をとる必要が生じて母校に連絡、それ以降、「寄付金を送ってください」なんて手紙が来ることはよくある。

だけど、この学校の場合はしつこすぎる!あて先人不明で送り返されてきた郵便物なんてそのまんまにしといてくれればいいのに、母校に住所の連絡もしてない、形だけの卒業生にこんな立派な冊子を送りつけてくるのは紙の無駄だって。せめて電子メールの配信に切り替えてくれたら全部ジャンクメール行きの処理ができるのに。(って、だから送らないのか)

実際、あの学校の先生方にはさんざんお世話になったのだけれど、働いている時に毎学期、仕事に関係のある科目を数科目ずつとっていただけなので、正規の学生だったという意識がほとんどないし、グループプロジェクトとかで宿題を一緒にやる時を除くとクラスメートとの交流も少なかった。昼間のイベントなんて出れるわけないしね。オリエンテーションも昼間だったからパスしてるし、式典が嫌いな私は卒業式も出てないし(だって、必要な単位数とったらところてん式にもう一個学位もらっちゃっただけだし)

で、せっかく新しい学位ももらったことだし、転職でもしますかね~と就職活動したけれど、この卒業証書が私の場合、まったく役に立たなくて、レジュメを送った先に片端からふられた。いわく、「オーバークォリファイ(ほめてるように聞こえるけれど、要は、あなたの要求しているお給料の水準は高すぎますって意味)です。すばらしい(ちっともすばらしくないけれど、断る時の常套文句)お仕事についてらっしゃるのですから、今のお仕事を続けられてはいかがですか」と何度言われたことか。

なので、あの学校からの郵便物を見るたびにあの苦い思い出が甦る。そう、あんなに夢中になって取った授業で、いい思い出もたくさんあるのに、なんであの郵便物があんなに嫌かって言うと、「結局、あのクラスは私にとってまったく無駄だったの?勤務先の授業料補助プログラムを利用していたから、自己負担額はごく僅かとはいえ、いったい授業料に何百万円!使ったことか」という思い出がよぎるからなんだろうなあ。

あとは、なんとなくしっくり来なかった雰囲気を思い出すからかなあ。学校のレベルの割にプライドばっかし高い学生や先生方、地元の有力者からの寄付金で全室コンピュータに接続できる新しいビジネススクールの校舎建てちゃって、学生全員に授業へのラップトップ持参を義務付けて、印刷物の配布はなし。すべてオンラインからのダウンロード。(もっとも、ラップトップひろげて内職のし放題ではあったのだけれど)。ブランド品をさりげなく持ち歩く20台前半の学生(あ、日本だったら気にならないけれど...

あと、オンライン化に伴って、教室内への飲食料の持ち込みが水以外禁止になったことも原因かも。おやつが食べられないとなると私のその場所への評価はとたんに低くなるし...

あ、レポートが書けないって大騒ぎして私の宿題を手伝ってくださったお友達のみなさん、これ読んでたらごめんね。卒業できたこと自体は嬉しかったんだけどね。

Shalizaarでランチ 

お友達の婚約をお祝いして、内輪だけのささやかな昼食会。以前行ったことがあるベルモントのShalizarというペルシャ料理のお店です。
同じような写真、前にものせてますね。

Shalizaar_2_1.jpg

中はこんな感じ、以前とは別のアングルかな。
Shalizaar_2_2.jpg

続きを読む

レモンピールを使ってバターケーキ 

以前、レモンピールがなかったのでレモンの皮だけ使って焼いて見たお菓子のレーズンとレモンの香りがすごっくおいしかったので、今度はレモンピールを入れてちゃんと焼いて見ました。

LemonRaisinPound_44.jpg

ケーキの名前はなんとよぶべきなのか...クグロフ型で焼いてるけれど、イーストを使ったクグロフではないし、使ったレシピは、3分クッキングのサイトにあったガトー デュ ロア
http://www.ntv.co.jp/3min/old/9710/1025.html
なのですけど、型変えちゃってるし...でも、王冠のお菓子をクグロフ型で焼いてるからガトーデュロアでいいのかな?

とりあえず、レモンピールとレーズンのバターケーキ(って、材料そのまんま)。

韓国風セロリの混ぜご飯トロリとキャベツのオイル煮 

どちらもizumimirunさんのレシピです。
韓国風セロリの混ぜご飯は昨日のチャプチェのお供に

Serorigohan2.jpg


izumimirun" target="_blank" title="トロリキャベツのオイル煮">トロリキャベツのオイル煮は少し前に作ったものです。ちょっと、アングルが悪すぎて何がなんだかわからない写真ですが...

kyabetsuOIlMushi2nd.jpg


どちらもとってもおいしかったです。ごちそうさまでした。

P.S.写真に枠をつけてみたのだけれど、なんか、文字をいれてなくてこういうアングルだとちょっと変。でもやり直すのも面倒だし、そのままにしてしまうずぼらな私。

ソーダクラッカー焼きました 

おやつが減らせないのなら、せめて甘いものをへらそうと...



ずっと前にKingArthurのサイトで偶然みつけたレシピです。
詳しくはこちらをご覧ください。(英語ですが)
http://www.kingarthurflour.com/shop/recipe.jsp?recipe_id=R666
作り方自体は簡単なのですが、前日に種を用意して一晩冷蔵庫で発酵させないといけないため、日曜日とかにすぐ思い立っても作るのが難しくて(ま、月曜日に焼けばいいだけの話ですが)しばらく作っていませんでした。

続きを読む

チャプチェ作りました 

一年以上前に韓国人の友人から教わったお料理です。レシピアップしますとか書いたような記憶があるのですが、ブルゴキの作り方を書いたところで力尽きてそのままに。だって、私が普段作るお料理とは比べ物にならないくらいいろんな種類の材料と手間がかかるのですもの。

CHapchae.jpg

別の韓国人の子が、「よくお母さんに作ってもらったけれど、自分で作ろうと思うとすごい手間だから大変なの」と言っていたのを思い出します。
いつか作ろうと思いつつ、最初はチャプチェ用のヌードルの入手の段階で、教わったパッケージのものは袋が巨大すぎて買う気になれず、他のはどれを使ったらよいのかわからないし...ととまっていました。先日、ふと目にとまったSweet Poteto Noodle とか言うのを買ってみたのですが、こんどはお料理をしたいときと、必要な材料が全部そろっているときがなくって(って、家にあるもので食事を作るタイプなので、作るものを決めて材料をメモしてお店に買いに行くということができないのです)

今回、たまたま一通りの材料が揃ったので作ってみました。とってもおいしい(自画自賛)のですが、大量にできてしまって...

友人は冷凍しても大丈夫というのですが、ちょっと食感が変わりますので、やっぱできたてがおいしいですよねえ。(って、この量全部食べるわけにもいかないか)

作り方はこちらをどうぞ。

作りおわってからレシピを見直して、しっかり間違えていたことに気が付きました。つい、日本の春雨サラダの感覚であえてしまったのですが、これって、水で戻した麺をスープの中で軽く煮るのですね。

彼女の家でこのお料理を教わったとき、彼女はフープロでニンニクと生姜のすりおろしを大量生産中で、小分けしてフリーザーバッグに入れて冷凍しておくと言っていました。ブルゴキもこちらもお肉の味付けには生姜とニンニクのすりおろし、あとすり胡麻(だったか普通のかわすれました)を使って、量は少量焼いたお肉を食べながら調整していました。しょうがのすりおろし、フリーザーバッグにいれておけば便利なのでしょうけれど...

デイライト・セービング・タイム 

2007年から夏時間のタイミングが変わったので、この間時計を遅らせたと思ったら、明日の土曜日の夜(正確には日曜日の午前2時)に一時間時計を進ませておかなくてはいけない。

何回も書いているけれど、朝早く起きる習慣に戻すのが大変な体質(おそらく、Circadian rhythm sleep disorder(概日リズム睡眠障害)のうちの睡眠相後退症候群: (Delayed sleep phase syndrome, DSPS) のごくごく軽いのにかかっているか、あるいはかかりやすい体質かと)なので、大晦日だってみんながパーティーだ除夜の鐘だ、紅白だ、って言っている中、一人でさっさといつもの時間に寝てしまう。だって、そうしないと、また、明け方まで眠れなくなってもとに戻るまでの間、平均睡眠時間が二日で3時間とかいう生活になっちゃうから。

なので、この夏時間への以降は大嫌い。毎年調整するのがすごい大変だから、夏時間と冬時間の差がないアリゾナに引っ越したいと思うくらいなのだけれど...

で、2007年から夏時間の開始が3月になると聞いたときは、冬が長く厳しい土地に住んでいたので、また共和党の陰謀!(このニュースを伝えてくれた友人情報によると、共和党の政権下で毎回夏時間が伸びていったらしい)と怒ったのだけれど、3月にはすっかり暖かく春らしくなるカリフォルニアに戻ってきて見ると、夏時間が早くなるのってそんなに悪くないかもっていう気がしてくる。

早起きして4時くらいに会社を抜け出せば話は別だけれど、最近朝寝坊で、会社を出るのが5時半過ぎ、ラッシュの中を家に帰る頃にはあっという間に暗くなっちゃうのだけれど、これが一時間早まると、帰宅しても一時間くらいは十分明るくって、お散歩とかも十分楽しめる暖かさということになる。

さ、8時に会社に行き着ける時間に起きられればいいのですけれど、いったい調整に何日かかることやら。

ここまで書いて投稿したら、友人から電話がかかってきました。「まだアメリカの大部分は冬だよ、テネシーで雪が降ったしね。」と。夏時間ではなくデイライト・セービングタイムと書くべきだったようですね、

さいきんのおやつ 

おいしいものがなかったと文句を言っている割には、日本で食べたおでん(伯母の手作り)とか最中(伯母の家にいとこが持ってきてくれて)とかおいしかったよなあ。ああいうのってやっぱりこっちではないよなあとかあっと言う間に日本の食生活が恋しくなっているのですが...

最近食べたお土産とかアジア系のお店で入手できるお菓子類です。ようかんとか手作りのケーキとかもあったのですが写真をとりそびれて...

日本で買ってきた薄焼きクッキー
JPOmiyageCookies1.jpg

日本のおみやげの五家ボ(最後の字、漢字がわかりません。
Gokabo.jpg

京都のお土産の生八橋
NamaYatsuhashi.jpg

黄な粉餅入りの(ホワイト?)チョコレート
KinakoMochiCHoco.jpg

ご馳走様でした。
この他にもいろいろあったのですが、写真をとる前にお腹の中に消えました。

HOTARUでランチ 

サンマテオのHOTARUという和食レストランに行きました。
頼んだのはランチセットのミニちらし寿司。サラダがついてきます。

HotalSalada.jpg

ちらし寿司は...すり鉢が器になってました。
Hotaru_Chirashi.jpg

続きを読む

オバマ氏のキャンペーン 

アメリカの市民権もなし、日本の選挙にも投票しないし、政治とは無縁の生活を送っているのだけれど...

オバマ氏とヒラリークリントン氏と接戦を演じている今回の民主党の大統領候補選びはすごいですね。かなり身近な人達がいろいろ参加していて、「いやあ、僕もオバマ氏のキャンペーンに20ドル寄付しちゃったよ」とか、「オバマ氏のキャンペーン用にボランティアの人達が歌を作ったんだよ。日系人用に歌詞を翻訳して字幕をつけたから日本語ちょっと見て見てよ。」とかいろいろ。

基本的には、民主党が選挙に勝ってくれるのなら、オバマ氏が候補になってもヒラリー氏が候補になってもかまわないし、私達レベルのびんぽう人の(って、共和党関係の人達はみんな大金持ちだから)税金が安くなるのなら(基本的に、中間層に減税措置がとられる場合、お金持ち層はもっと優遇されるのが共和党政策の常ですが)、ま、共和党が勝っても仕方ないか、どっちに転んでも大差ないよなあ。シングルだから税金はたっぷり払っているのに選挙権ないからどうでもいいか。という程度なのだけれど、オバマ氏は嫌いではない。ヒラリーさんも一度演説を聞いて以来大好きだけれど。

このキャンペーンソングの歌詞については、必ずしも英語と日本語が一致しているわけではありませんが、政治のキャンペーンだと言葉は若干かわってくるようですね。

それにしても、アメリカの歴史を知らないとこういう歌は難しいですね。「Kingが山の上で...」ってキング牧師のことと旧約聖書の話をかけているのね。

30分以内でできる簡単なラーメンのおかずって??? 

時々もらってくるNobHill すーパーマーケットのSomething Extra おいしそうなレシピがたくさん載っていて嬉しいのだけれど、どうもアジア系のお料理って不思議なものが多いみたい。前にも、巻き寿司を野菜と混ぜたお寿司とかの話をブログで書いた気がするけれど...

TopNotchRamen.jpg


今回のはそんなにひどくないし、ま、それなりに食べられるのかもしれないのだけれど。

これは、インスタントのチキンラーメンを使って、まず粉末のスープと水を混ぜて玉ねぎをゆでて、細かくくだいたラーメン、トマト、調理済みの鶏肉などを角切りにして加えてもう10分煮ると言うもの。

う~ん、ふやけたパスタが入ったヌードルスープの感覚で食べれば食べられるかもしれないけれど。

でも、これ、忙しい時に30分以内で準備できるお料理になっている。インスタントラーメンって3分ゆでれば出来上がりで、そこに冷凍のお野菜とか出来合いのお肉とかハムとか加えればすぐ食べられるとおもうんですけれど。

ミニ茶巾寿司 

ひな祭りって言っても特になんにもしないのですが、せっかくなのでたミニ茶巾寿司を作ってみました。

MiniHinaChakinZushi1.jpg


よく、「お菓子が作れるからお料理も得意でしょう」と勘違いされるのですが、お料理はあんまり得意ではありません。特に、毎日の晩御飯を作ったりとかいうのはやりつけないので手順が悪いし、きれいに盛り付けるのが苦手です。

でも、今回、日本に少し滞在して、期待したほどにはおいしい食べ物にめぐり合わなかったので、結局、おいしくって安全(で、お手軽価格)な食事って自分で作るしかないのかなあと思いました。しゃれたお店のお料理って盛り付けがきれいですよね。なので、日本から戻ってきてから晩御飯を作る回数が増えたのですが、なかなかきれいにできなくて写真をとってもそのまま没に。で、結局、お菓子が主食の食生活なので毎日晩御飯を作っても食べきれないので、また、週に数回しかお料理をしない生活に戻りつつあるのですが...今回はなんとか上手(自画自賛)に出来たので、ブログにのせてみました。

ひな祭りのふくさ寿司とかはずっと作ってみたかったのですが、カリフォルニア以外だと三つ葉とかの入手が結構大変(売ってないか、売っていても高い!)で作ったことがなかったのです。今回は2わで2ドル弱のものを見つけて買ってきました。

薄焼き卵を焼いて、丸くまとめたちらし寿司をつつんで、さっと塩ゆでした三つ葉で結んで、これも塩ゆでした大根とニンジンを飾ります。

卵焼きは、卵6個で12枚できるらしいのですが、今回は卵を3個使って5枚しか焼けませんでした。ちょっと玉子焼きが分厚すぎたのでしょうか。で、そのうち二枚は包むときに少し破けてしまったのでふくさ型にまとめてお弁当ゆきに。写真の分はなんとか完成した3個です。こんなの4人家族分(=12個)ちゃんと作るお母さんたちってすごいと思います。

オレンジページに載っていたお寿司のまねっこですが、薄焼き卵は、卵3個に水大匙1杯、片栗粉小匙1杯、塩小匙1/4杯、砂糖大匙1.5杯を加えてかき混ぜ、一度万能こし器でこしたものを薄焼きにしました。

ノンオイルお豆腐スコーン ココア入り 

かごしま食楽彩菜のレイコさんのところで見た豆腐パンと豆腐スコーンがとってもおいしそうだったので、先日作ったオレンジピールを入れて丸いスコーンを作る予定だったのですが...

TofuCocoaScorn2.jpg

途中で気が変わったのでこのような仕上がりに。スコーンというより、パンに近いふわっとした食感です。

続きを読む

郵便物の整理とアイデンティティーセフト対策と 

何がきらいって、郵便物とか書類の整理がどういうわけか苦手。で、つい、数週間分の郵便物をためてしまって、公共料金の支払いがぎりぎりになってあわてることがある。

大量にやってくるジャンクメールやクレジットカードの案内その他、個人情報が載っている部分はシュレッダーにかけてからじゃないと捨てられないから結構手間だし、年に一度くらいおくられてくるわけのわからない書類やお知らせをとっておくべきなのか、とっておくとしたらどこにどうやって保管したらいいのか頭が痛い。

こ、今回もらった頭の痛い書類は郵便局(United State Postal Service) からのアイデンティティーの盗難に注意しましょうというパンフレット。IDセフトからの身の守り方と重要な連絡先その他が書いた小冊子が入っているっていうのだけれど...

基本的な内容は、普段から聞かされていることで、別に目新しいものはない、曰く

続きを読む

YUZUでディナー 

ごく内輪の送別会があって、日本食レストランに行きました。
場所はサンマテオのゆずというお店。
送別会だからちょっと寂しいのだけれど、そういう時はお酒を飲んで(飲めないけど)おいしいものを食べましょうということで。

お料理はシェフの方におまかせしたので適当にみつくろっておいしいものを出してもらいました。

まずは突き出しから

Yuzu2.jpg

このあと、生牡蠣が出てきたのですが写真を撮り忘れて...

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。