さくらんぼのアメリカ日記 2008年07月

月別アーカイブ

 2008年07月 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうしてアメリカに来たの? 

最近、お友達とこんな会話になりました。「さくらんぼさんは、どうしてアメリカに来たの?」って。

臆病で計画性がない私に壮大なアメリカ留学計画なんて立てられるわけないんだけれど...

で、結論から言えば、なんとなく日本にいづらくなって追い出されちゃったみたいなところはあるんだけれど...

海外留学というものに、ほんのちょっとあこがれていたことは事実なんだけれど。で、そういうものは、私がいつも指をくわえてみている、「背が高くって」「頭がよくって」「学芸会の主役とか学級委員とか」さらっとやっちゃうすてきなお姉さま方(お兄さま方)とか、ご両親のお金で海外に遊学できる裕福なご家庭のご子息・ご令嬢とか、奨学金がとれるような頭の良い人達がするものだと思っていた。

でも、なにかの折にふと気が向いて調べて見たら、「もしかして、2~3年かけて準備すれば私でもできるんじゃないの? TOEFL600点にはおよばないけれど、3年くらいかければそのくらいの点数になるだろうし...」と。

で、2年後を目標において、その他のカウンセリングとかしてくれるところに相談に言ったら、「これだったら次の秋からでも十分間に合いますから、願書出して見たらどうですか。推薦状の一通は大学の教授でかまいませんけれど、もう一通は絶対に職場の上司に書いてもらうのがいいですよ。あ、TOFLEの点数なんて、このくらい何回か試験うければなんかの弾みでそのくらいの点になっちゃいますよ」とのお話。

で、まあ、願書出すだけなら別にどうなるってわけでもないし、ほんならとりあえず、一番時間がかかりそうな推薦状のお願いだけでもしましょうかねえ。と、当時あまりそりが合わなかった新しい上司に「願書出すだけで、まだ行くかどうかなんてなんにも決めてないんですけれど、推薦状書いてもらえますか?と言ってしまった。「行くかどうか決め手ないのでこの件は内密にしてくださいね」と固く口止めして。いや、もちろん、本当に推薦状jを書いてもらうつもりだったら行く決心をしてからお願いしただろうけれど、あの当時、英語で推薦状書いてくれる人なんてまずいなかったから、普通は自分で適当に書いて、名前だけ貸してもらってサインしてもらうのが普通だったからさ、ちょっと気楽に聞いちゃったの。

あの上司、自分の英語力がすご~くご自慢で、私のことは煙たがってたから、いなくなってくれれば最高だったんだよね。渡り船とほいほい推薦状を書いてくれた! で、しつこくしつこく、「どう、合格通知は来たの?」と聞くので、ついうっかり、「はい、来ました」と言ったとたん、会社中に触れ回って歩いた。「僕の書いた推薦状でさくらんぼ君がアメリカの学校に合格して会社辞めてアメリカに留学するからね」と。

だれも会社辞めるなんて一言もいってねえだろうが...

で、いまだにアメリカにおります。

↓ ランキングに参加しました。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ こちらも参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ


スポンサーサイト

今度は香菜からサルモネラ~~ 

もう、アメリカの野菜はメキシコ並みだから生野菜は食べるなってことなんでしょうか???
今回大問題になっているセントポール型の菌ではありませんが、カリフォルニアのサリナスにある業者が販売している香菜(シラントロ)からサルモネラ菌が見つかったので、自主回収を始めたそうです。ただ、実際の食中毒の報告はないそうです。詳しい記事はこちら。こちら地元のモントレーのニュース以外は、なぜかカナダで大きくとりあげられているみたいです。全米20州とカナダに出荷されたからでしょうか。もっとも、この香菜、best before dates of July 26 and 27と書いてあるのだそうです。今頃リコールしても、お腹に入っちゃっているかしなびて捨てられているかどちらだだと思うのですが...

あと、大騒ぎになっているセントポール型のサルモネラの件ですが、あの後の報道で、Nuevo Leon
とはかなり距離があるTamaulipasのハラペーニョからもサルモネラ菌が見つかったそうです。こちらのAPの記事では、このハラペーニョはNuevo Leonに運ばれて梱包されたので、ここで汚染された可能性もあるのではないかと示唆していますが、今度はメキシコ側からクレームが出ているそうです。曰く、「灌漑用水からサルモネラ菌が見つかったのは、FDAが発表しているNuevo Leonではなく、Tamaulipasにある未使用の用水からであり、現時点ではサルモネラ菌の型など詳しい判定結果が出ておらず、結論が出ていないのに、FDAは秘密保持協定を破って勝手な発表をした」と。

ま、あと数日すればもう少しはっきりしたことがわかるのかもしれませんが、FDA当局も名誉回復に必死というところなのでしょうか?

で、ここからはガーデニングの話ですが...
育てていた香菜は時期が終わってしまって盛大に花が咲いたと思ったら、こんな感じで種が出来かかっています。この種、撒いたらまた芽が出て育ってくれるといいのですけれど

Cerantro_20080731_24.jpg


でも、香菜は収穫時期が短いので、いつも食べたかったら2週間置きに種を撒きましょうという忠告をすっかり無視していた私。だって、お店でいつでも買えると思っていたのだもの。
少し前に巻いた種は2本しか発芽せず、こ~んなひょろひょろの状態です。これ、育ってくれるかなあ。
Cerantro_20080731_29.jpg


↓ ランキングに参加しました。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ こちらも参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

オフィス用の文房具とマナー違反と... 

時々、識者と思しき方がおっしゃいますよね。「アメリカでちょっとしたスナックとかが供されたときに、周りの人のことを気にせず、まるでそれを食事代わりにするかのようにたっぷり持ってくる日本人がいるけれど、あれはみっともない」って。

...

そりゃあね、私だって、そんなことはわかっているし、目の前にスィーツを見せ付けられなければ自制もきくって言うもんなんだけどね。

SweetsDSCN6191.jpg


スィーツ並べられて、それがたっぷりあって、後ろに並んでいる人の数も少なかったりしたら、やっぱ全種類とっちゃいます。さすがにフルーツを山盛り取ることはしなかったしさ、あとで足りなくなったのはフルーツであってスィーツはたっぷり余ってカフェテリアにおいてあったからまたもらってきたんだけどさ。

で、お味のほうは...

う~ん、ジャムたっぷりのあま~いデニッシュと、ただ甘いだけのクッキー3種、フレーバーはほぼゼロかちょっと薬品っぽいお味。でも、粉砂糖を振ったサンドイッチクッキーなんて、とってもとってもおいしそうに見えて全部食べてみたくなりませんかあ?

デニッシュはそれなりにおいしかったし、マフィンとこのあともらってきたアメリカンタイプのクッキーは定番の味だったのだけれど、どうせならクッキーとらないでフルーツだけもらってくればよかった。どうりでフルーツはさっさとなくなっちゃったわけね。

あ、これは、会社に事務用品を取り扱っている業者さんがサンプル持っていらしてキャンペーンをしてくださった会場で出されたスナックです。「みなさん、一口ずつ召し上がってくださいね」ってな感じだったのですが、大皿一杯もらってきちゃいました。あ、でも、繰り返し言い訳しますが、マフィンとクッキーは終わってからもたっぷり余ってたんですよぉ~。

で、こちらが頂いてきたサンプル品。
Stationary_20080727_58.jpg


やっぱ今はエコがブームですね。リサイクルしたプラスチックから作られたボールペンとかノートとか。

↓ ランキングに参加しました。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ こちらも参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

今度はセラノペッパーからサルモネラ~~ 

もう、いい加減にしてくれって気分ですが...

FDAの発表によると、メキシコのNuevo Leonで栽培されているセラノペッパーと農地の灌漑用水からセントポール型のサルモネラ菌が発見されたそうです。ここの農場ではハラペーニョとセラノペッパーを栽培、トマトは栽培していないようです。

FDAは、アメリカ産および、安全が確認されている産地のペッパー類は安全と前置きした後で、メキシコで栽培、または梱包されたセラノペッパーおよびハラペーニョは生食しないようにと消費者に勧告しています。前回の勧告ではセラノペッパーは免疫機構が弱い人のみ対象だったのが、消費者全員への勧告に変ったようですね。

2日程前は、コロラド州の食中毒患者の家で、6月24日頃にWallMartで購入したと思われるハラペーニョからセントポール型のサルモネラ菌が見つかっていますので、ハラペーニョが汚染されていることは間違いなく、両方から同種のサルモネラ菌が見つかったことと灌漑用水が汚染されていたことで、複数の作物が汚染されているというFDAの仮説を証明するのではないかという憶測も流れているようですが...あと、梱包、流通の過程で汚染された可能性もあるとしてさらに調査中のようです。

で、例によって個人的な意見ですが...
コロラド州の例は、トマトがまだ原因と思われてい6月にハラペーニョを購入、発症が7月の上旬だったそうです。サルモネラは菌の数が少ない場合は摂取しても健康な人では食中毒を起こさないことも多いそうなので、知らないうちにサルモネラで汚染されたハラペーニョやセラノペッパーを食べてしまって、幸い食中毒には至らなかったケースはかなりあるのではないでしょうか。だって、ウォールマートに売ってたんですから。

このウォールマートですが、都市部に住んでいる時は、一ランク下の格安スーパーという位置づけだったのですが、田舎町に住むと、新鮮な野菜が買える唯一のスーパーが車で30分行った先のウォールマートだったりします。個人的にはセラノペッパーとハラペーニョの区別はつかないし、サルサとか作ることもほとんどないのですけど、これがもし逆で、ハラペーニョだと思ってたのが実はトマトとかだったら、引越す前の私だったら間違えなく買ってでしょうね。そのトマト。ちょっと恐ろしい気がします。

参考にした記事はこちらです。でも、数時間前に読んだのに7分前にアップに変っているので、もしかしたら情報が少し変っているかもしれませんが。

↓ ランキングに参加しました。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ こちらも参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

英語が通じないって? 

よく、在米歴が長く、ほぼ完璧な英語を話される方達が、「やっぱ、英語は母国語じゃないからねえ。で、相手も英語が母国語じゃなかったりするとどうしてもうまく通じないことがあって大変なのよ」と話されているのを耳にする。あ~、英語に自信がないのは私だけじゃないんだなあとは思いつつ...

私は、いつもどこにいっても冷ややかな冷静な観察者。顔でニコニコ笑って、「そうなんですかあ」(注:「そうですよねえ」なんて思ってもいないことは口にしないタイプ)といいつつ、心の中で、「そうなんですか。でも、それって日本語で話してても通じないんじゃないかと...」と思ってしまう。

ビジネスコミュニケーションとか、スピーチ、プレゼンテーションのやり方、なんてクラスに行くと、必ず言われるのが、「大体、普通の人は相手の言ってることなんて100%集中して聞いているわけないんですから、どっか必ず抜けてるんですよ。話を終わらせる前に要点は必ず繰り返して、相手が理解したことを確認することが大切なんですよ」と耳にタコができるほど言われる。これを怠ると...

人の話を聞かないA氏は会議中にずっと、「プランAでいきましょう。みなさん、いいですね。」と言い続け、同じく人の話を聞かないB譲は、「わかりました。(私が押している)プランBですね。さっそくその方向で準備します」なんてことになって収集がつかなくなるのだけれど、どういうわけかシッチャカメッチャカな職場が好きな私は、こういう状況に遭遇することが非常に多かった。なので、こういうコミュニケーションミスに人一倍気が付くようになったのかもしれないけれど。

先日のD氏とK氏の会話は、ランチの席での何気ないお話だったのだけれど、D氏は、はっきりと非常に聞き取りやすい英語で、「いやあ、これ入手が大変なんですよねえ。僕、クリスマスに息子に買ってもらうつもりでいるんですよ」とおっしゃった。息子さんにはつてがあるので比較的簡単に手に入るという話だった。それを聞いたアメリカ人のK氏、「ああ、息子さんに買ってあげるんですか。格好のクリスマスプレゼントですよね」と返した。そう。高級なおもちゃはいくつになっても親が子供に買ってあげるものって先入観があるんだろうけれど。もし、D氏が万が一にも英語にコンプレックスなんて持っているとしたら、「やっぱり僕の英語も通じないのかな」なんてことになりかねないけれど、これはあきらなにK氏の勘違い。

で、本日の日本語での会話。電子レンジからお弁当箱を取り出しながら、すぐお隣に立っていた日本人の方に、「今日、急ぎの仕事が入っていて早めに片付けたいので、お昼は自分の席で食べますね。みなさんごゆっくり」と言ってから、初めてその方のお顔を見たら、完全に何か考え事に夢中って気配。あわてて、「聞こえました?」って聞いたら、「え、なんの話だったっけ?」とのこと。

これで、私が確認せずに、「じゃあ」と立ち去っていたら、「あら、さくらんぼさん、さっきまでいたのにどこに消えちゃったのかしらね」ってなっていたこと間違いなし。やっぱ、英語の問題じゃないと思う。

って、私ってかなり意地悪???

↓ ランキングに参加しました。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ こちらも参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

味噌蒸しパンとなすの一口味噌カツ 

この間は塩がかぶったし、今回は味噌味が二つ、気が付いたら重なっていました。でもおいしく食べちゃったからいいのですけれど。昨日のおやつと晩御飯です。週末はパンかマフィンか何か焼かないと会社で食べるおやつがなくなるなあ、でも、焼く気になれないからおとなりの中華スーパーでパンでも買ってこようかなあとボーっと考えながらizumi さんのところにお邪魔したら、丁度タイムリーなふんわり味噌蒸しパンなんていうのがあるではないですか。おやつに最適っと思って早速作りました。豆乳がなかったのでライスドリームというお米が原料のミルクの代用品を使ったのですが、おいしくできました。

MisoPan20080727_50.jpg

蒸しケーキとか、パン種を使った蒸しパンは作ったことがあるのですが、ベーキングパウダーの蒸しパンは、以前、お菓子の本を見ながら作ってカチンカチンになってしまって以来、ずっと作っていませんでした。これ、豆乳(ライスドリーム)とお味噌とベーキングパウダーだけなのに、どうしてこんなにふかふかにできるのでしょうか。材料も作り方も超簡単で、定番おやつになりそうです。izumiさん、またまたご馳走様でした。

で、こちらは最近よくお世話になっているみるまゆさんのなすの一口味噌カツちょうど、大きな米茄子があって、なすと油揚のジューシー丼にしようかこちらにしようか迷ったのですが、メインに残っていたトマトピュレを使いたかったチキンのコックオーヴァンを作ってこちらはつけ合わせにしました。
MisoKatu20080727_64.jpg

オーブンに放り込んでから、ガーリックを忘れたことに気が付いたのですが(涙)、ガーリックなしでもお茄子がジューシーでとっておおいしかったです。ガーリックを入れてたらもっとおいしかっただろうな。次回はガーリック忘れずに入れて作ります。アメリカの茄子って皮が固いので、縞目に剥いても皮だけ残してしまうことが多いのですが、オーブンで焼くと柔らかくなるのですね。これだったら皮剥かなくてもよかったみたい。みるまゆさん、ご馳走様でした。

↓ ランキングに参加しました。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ こちらも参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

手作りのゆかりと紫蘇キムチ 

紫蘇が豊作の我が家、赤紫蘇と青紫蘇が数鉢ずつあるので食べ放題な筈なのですが、 なにしろ鳥さんとか虫さんとかいろいろ競争なので、五体満足の紫蘇の 葉を一度に収穫するのはちょっと難しい状況です。
Akashiso20080720_4.jpgAojiso_20080720_1.jpgちょびちょび摘まんではあしらいに使ったり、大葉にんにくに漬けたりしていたのですが、少しまとまってとれた分を紫蘇キムチとゆかりにしてみました。しそキムチはレイコさんの食卓からのレイコさんのところで拝見してからずっと作ってみたいと思っていたもの。少し収穫せずにためておいたのをまとめて取ったら40枚くらいになったので作ってみました。でも、たれ、レイコさんのは100枚分だったんですよね。ちょっと作りすぎてしまって、あと、作っている途中で韮がないことに気が付いて...少しあまったたれは翌日牛肉漬け込んだらおいしいブルゴキになりました。

たれにつけこんだのがこちら

20080720_40.jpg

これ、ご飯が進んじゃってとっても危険です。ほら。
ShisoKimuchi_20080720_41.jpg

こちらは赤紫蘇で作った即席のゆかり。
Yukari220080724_18.jpg

梅酢があればいいのですが、そんなものはないので、一晩塩漬けにした赤紫蘇にほんの少しだけ酢を加えて,から軽く洗って塩を落として、こんな風に一枚ずつ伸ばして
Yukari120080724_16.jpg

電子レンジで約2分、カリッカリになるまで乾燥させて、あとは手で揉みました。
YUkari220080724_17.jpg

オレガノの乾燥のところで書いたかもしれませんが、Food & Scienceによると、香りのエキスというのは揮発しやすいため、通常の空気乾燥だと、ハーブが乾燥する頃には香りも飛んでしまって、干草の匂いしか残らないそうなのですが、電子レンジだと、香りの成分が揮発を始める前に水分が飛んでくれるので、少量のハーブの乾燥には電子レンジが一番よいそうです。オレガノの時もそうでしたが、赤紫蘇もちゃんと香りが残っていてくれました。でも、これ、大きめにくだくと量があるように見えるのですが、粉々にするとほんのちょっとになっちゃうのですよね。一回2分で乾燥するとはいえ、何回にもわけて乾燥させるのはちょっと面倒でした。写真は一回目の乾燥が終わった時点の量です。
↓ ランキングに参加しました。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ こちらも参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ



サルモネラとハラペーニョその後 

昨日のニュースのようですがFDAが、生のハラペーニョを食べないようにという勧告の対象をメキシコ産のハラペーニョ(あと、セラノペッパー)に限定したようです。調査の結果、テキサスの配送センターは原因ではなく、同センターで見つかったハラペーニョがメキシコ産であったことと、米国産のハラペーニョからは同種のサルモネラが見つかっていないというのがその理由です。セラノペッパーによいては、(一部ハラペーニョと紛らわしいという報道もありますが)、同じ土壌で栽培しているケースがあるので、免疫機能が弱い人達は食べないようにとのこと。

ただ、AP伝でも言ってましたけれど、どうやったらメキシコ産かアメリカ産かわかるんでしょうねえ?FDAはレストランとかスーパーマーケットに、産地がわかるようにしてそれを消費者に伝えられるようにアドバイスしているとのことなのですけれど?

こちらとかその他のニュースによると、配送センターからさらにさかのぼって調べた結果、メキシコの農場にいきついたらしいのですが、で、ここでは同じ土地でトマトも作られていたので、あるいは、初期のサルモネラ中毒はやはりトマトが原因だったのかもしれないという憶測も出ているようですが、4月の時点でこの農場がトマトを出荷していたのかどうかは不明です。

FDAの勧告はざっと読んだだけなので見落としているのかもしれませんが、なぜメキシコ産に限定されてなぜアメリカ産が大丈夫なのかについての詳細は載っていないようです。いくつかのニュース記事を見ても、FDAが調査対象をメキシコの何箇所かの農場に絞ったというだけで詳しい記載とか、具体的に土壌その他からサルモネラが見つかったという報告はいまのところ見つかりません。

と思っていたら、一時間前に出されたこんな記事が。メキシコでの現地のメディアが政府筋からのニュースとして伝えたというぼかした書き方をしていますので、正式な政府による発表かどうかは不明ですが、科学的な証拠がどこにもないのにメキシコが原因で決め付けるのはおかしいの主張のようです。前回のような、「メキシコ産のトマトから一件もセントポール型のサルモネラ菌が検出されておらず、またセントポール型のサルモネラ食中毒の発生もない」とした政府の見解にくらべると根拠は弱そうで、何かみつかれば変わるかもしれませんね。

とにかく、調査対処を限定したのなら、早く汚染源を見つけてほしいものです。
↓ ランキングに参加しました。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ こちらも参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

資金集めのバーベキューパーティー 

ファンドレイジングバーベキューって書きたくなかったので、カタカナと漢字混ぜちゃいました。英語で言う、Fund Raising Barbecue。会社のボランティアの方達が主催して下さったバーベキューです。、今回は地元のFoodBankとかいう、低所得の家庭の方達(子供達かな?)がきちんとご飯を食べられるように(!)つまり、この食べ物が(高騰したとはいえ)有り余っているアメリカで飢えに悩む子供達(人達)をサポートしましょうという団体への寄付金集めが目的でした。特に、夏休み期間中は、普段は政府の援助か何かで無料かかなり安価で学校のランチが食べられる子供達のお昼がなくなってしまうので、特別の援助が必要なようです。ボランティアの方達が寄付をする人達用のランチを用意して、そこに寄付金分を上乗せした金額でチケットを販売、一般参加者は、ほんのちょっとだけ割高のチケットを購入すれば楽しいお昼がたべらるというもの。

以前にも書きましたが、お腹をすかせている子供達の援助のためにたらふくランチを食べるというのはちょっと釈然としませんが、食べ物を目の前に出されたら、お腹一杯食べてしまうさくらんぼです。
なので、難しい話はおいておいてっと

まずはチップス類とパン。

BreadDSCN6214.jpg

次にバーベキューにしたチキンのプレートがあったのですが、この写真はなし。代わりに

続きを読む

英語の発音 

これ、カテはひとりごとにすべきかとは思いつつ...

最近、時々人から「英語の発音がきれいですね」と言われて実にとまどうことが多い。以前に何度か書いたけれど、私の英語は、電話とかでアジア系の発音に慣れた人とかと話すと、「日本の人でしょ」とすぐばれてしまう発音なんだけど。

割りに幸運だったことに、中学校で初めて英語を習った時に学校にラボの設備があったので、基本的な発音については日本人の先生が割に丁寧に英語の発音を直してくださった。でも、劣等性の私はいつも先生の、「ほら、○○さんの英語の発音がとってもきれいだから、皆さんも○○さんの発音を聞いて勉強しなさい」なんていうのを「いいなあ」と思いながらボォ~ッと聞いている側だった。で、今思えば、知らないうちに間違った発音をたくさんしていたのだけれど、学校にいたアメリカ人の教師(注:ジェットプログラムとかのTAではありません)達は、「通じればいいのよ」という感じで、ぜ~んぜん直してくれなかった。中学生の頃のなんでも吸収できるうちにどうしてきちんと教えてくれなかったのか、あの時、もう少しきちんと指導してもらっていれば...と思うのだけれど。

この時、先生方は必死になって、アとエの中間の音(これはやさしかった)とか、eをひっくり返したみたいな発音記号の音とか、s とthやLとRの違いを教えてくださったのだけれど、L とRについては聞き取りはほぼお手上げ、聞き取りテストだと6勝4敗と言った状況だったけれど、この6勝も、Rの音そのものというよりも、前後の母音や子音の音が微妙に違って聞こえてかろうじて当たるという程度。SとTHは、耳をすませて聞けばわかるのだけれど、内容に気をとられた日常会話だったらどっちで言われたってわからないという状態だった。

で、大学の授業でもほぼ同じような内容のクラスがあって、中学校の内容と同じだったのでAを取るのは難しくなかったのだけれど、結果は一緒。ま、この時は合格しないといけないから少し気合を入れてがんばった試験の時に神経を集中させて聞いたおかげてLとRの聞き取りは7勝3敗くらいだったけれど、これも日常会話の中ではまず無理。

で、こんなに丁寧な先生方から教えていただいたにもかかわらず、音楽的センスとリズム感ゼロの私は、やっぱり、聞いた音を正確に繰り返すということが苦手で...

「あなた、その発音、なんとかしないとねえ」とか、{スピーチの試験とか受けなきゃいけない時は)、「落ち着いて、大きな口をあけてはっきりと話せば聞き取ってもらえるから大丈夫だよ」と何度言われたことか。

事実、大人になってアメリカに来てから、(ま、その前に夢中になったスペイン語の影響がかなりあったとはいえ)私のSの発音は日本語の「さしすせそ」の音になってしまうので、うっかりするとThと間違われること。特に、Zの音がきれいに発音できないことに気が付いた。LとRについても、音を出すときの舌の位置(これも、実は懇切丁寧に教えていただいたはずなのですが)が微妙に違っているらしい。例のeをひっくりかえした、HerとかGirlとかの音も、中学生の頃に間違えて変な風に覚えてしまったままだったらしい...

標準的なきれいな発音で、かつ、きれいな発声で話すアメリカ人の英語は、ThとかSのたびにかすかに空気が抜けたりSで詰まったりする音が聞こえてきて実にうらやましくなる。

あ、↑の問題に加えて、典型的な日本女性の私の声は少し甲高く、複式呼吸も苦手で、英語をしゃべりながら口の中で風量を調整してしゃべるみたいなあんなしゃべり方はとても無理。これは、日本人の男性は英語力に関係なくすらすらやってのける人達が多いので、実にうらやましいと思う。

舌の位置とか口の中で空気を転がすような感じっていうのかな、うまくいえないんだけれど、きれいな発音のアメリカ人の話し方、については、機会があるたびに人に教わったり、発音の本をひもといてみたり、CDを買ってみたりと悪戦苦闘してはいるのだけれど、あんまり上達している気配なし。

で、もうひとつ苦手なのが英語のイントネーション。日本語のカタカナ語の感覚があるので、つい間違えて英語でも「アクセント」と言ってしまうことが多いのだけれど、いわゆる音の抑揚。音楽的センスがある人だと、アメリカ人が言った発音を一回聞いただけで正確に繰り返せるのだけれど、私は、「音が違う」ということは自分でもわかるのだけれど、それだけだと、どうしたら直せるのかがわからない。発音の教本とかで、斜め上向きとか下向きのやじるしとかがついている本をみて、「あ、こうするんだ」と思って繰り返すと少しまともになる。

なので、英語を話すときは、もう頭じゃなくって、お口の体操プラス複式呼吸。Sの音を出したい時は、舌を思いっきり上の歯の後ろにくっつけて、Zの音の時はこれをそのまんまにした状態で音を出して、THの時は空気がすぅっと抜けるようにして、LとRは舌おき方を変えてっと...

私が車の運転をしながら英語を話すととたんに事故を起こしそうになるので、同乗者(めったにいないけど)に英語での会話を禁じている所以。

↓ ランキングに参加しました。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ こちらも参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

クッキー作りの新兵器 

って、別に目新しいものではないのですが...

以前のクッキーガン(クッキープレスって言うのかな)が壊れてしまってから、新しいのを買いそびれていた私、「ベーキングセールに何か焼いてくれない?」と頼まれたので、「うん、これは絶対必要よね」と新しいのを買うことにしました。

壊れてしまった古いのがこちら

20080724_12.jpg

新しく購入したのがこちら
Gun20080719_1.jpg

10ドルちょっとのと20ドルちょっとのと30ドルちょとのと3種類あったのですが、30数ドルのは、以前も使っていなかった筒状っていうのかな、プラスチックの口金がついていたのですが、これはいらないので真ん中の値段のを買ってきました。前回の金属製のよりも使い買ってはずっといいのですが、使いたい口金の(数はそんなに使わないのですが)が何種類か足りなくて、古いのをこちらで代用できるかなあと思ったのですが、微妙に大きさが違います。がんばれば使えるかもしれないので今度試して見ます。

で、こちらがお店で衝動買いしてしまった小さめのアイスクリーム用のスプーン、と思ったら、クッキースクープって書いてありますね。確か2ドルくらいでした。
Icecreamtissure20080724_21.jpg

さっそく
Cookies_20080724_22.jpg

カパッ、カパッと具合よく同じ大きさに落としていけます。焼く前に平らにしてから焼きました。この天板が一度に二枚焼けるので、一回で24枚焼けます。数さばきたい時はこういうスプーン(というか、アイスクリームティッシャーとかいうんでしたっけ)があると便利です。
Cookiesgun20080724_25.jpg

で、こちらも使ってみました。もともと、丸っこく焼きあがる口金を使ったのですが、生地が少し柔らかすぎたみたいです。でも、これもシュワッシュワッと絞れるのであっという間です。後ろにあるのは焼きあがったクッキー。
で、こちらが完成品。昨日焼いたものです。
Cookies20080724_31.jpg

でも、これ、一袋一ドルで売るんですって。そんなに安いとちょっと悲しい気もする。

↓ ランキングに参加しました。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ こちらも参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

長いもの塩焼とキャベツの塩だれステーキ 

塩料理が二つ重なっちゃったのですが...

ちょうど、長いもが余っていたので、みるまゆさんの塩でいただくこれぞ長いも作ってみました。

NagaimoShio20080724_3.jpg

焼き網、持ってないのでフライパンで焼いたのですが、ただ焼くだけなのにほくほくですごっくおいしいです。みるまゆさん、ご馳走様でした。↓と同様、こちらもリピートしたかったのですが、残っていた長いも全部使っちゃったので、またセールになってたら買ってきます。アメリカの長いもって異常に割高な気がするのですけど、これって日本でも高級なお芋さんなのでしょうか?

こちらはizumiさんのキャベツの塩だれステーキです。
Kyabetsu20080724_1.jpg

最初、たくさんキャベツを切ったのですが、ちょっと多すぎたので、残りは冷蔵庫に。で、翌日、まったくおんなじの作っちゃいました。キャベツがとろっとろに柔らかくって甘くってとってもおいしいです。izumiさん、いつもいつもご馳走様です。

↓ ランキングに参加しました。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ こちらも参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ


車のメンテでプチパニック 

いえ、パニックって言っても、最近は以前のように頭の中が真っ白になってなにもかもしどろもどろ、どっかに車をぶつけそうになりながらかろうじてなにかするっていうほどひどい状態ではなくなったので、正確には「大騒ぎ」くらいで済んだのだけれど...
大嫌いな車のディーラーに行ってきました。

Honda_DSCN6197.jpg


私が人並みにできないことの代表格に車の運転がある。アメリカにひとりで10年以上住んでて、その間サバイバル手段として車の運転だけは覚えたのだけれど、私にできることは直進と右折と、斜めになっている入れやすい駐車場か広々とした駐車場でのパーキングのみ。ちょっとでも狭くなるとパニックになる。よって、ガソリンスタンドは大嫌い。ガソリンを自分で入れるのも大嫌いだったのだけれど、フルサービスでお店の人がやってくれるガソリンスタンドがほとんどないので(あと、最近のガソリン価格の急騰で)、いやいや自分で入れている。なので、オイル交換とかディーラーでの定期点検とかいうと、その前1週間はパニック状態になる。考えるだけで膝が震えるのは今も同じだなあ。

で、白状すると、去年の9月にもらった自動車会社からのリコール通知、「明日こそディーラーに電話しなきゃ」と思いながらメールの束の中に隠しておいたら早一年近くたってしまった。もともと、ガスケットが不良の可能性があるので、その場合は交換しないと、冬場に雪対策で薬物を撒く地域だとなにかの劣化が少し早くなるので点検してください」ってな感じのどうでもよさそうなリコールだったのだけれど。で、もう一つ白状すると、3000マイルはとっくに超えているのにオイル交換もしてなかった。

続きを読む

インディアンランチで送別会 

大人数の送別会となるといつもここになります。レッドウッドシティーのSurajでランチをしました。
今回こそはお店正面の前景を撮ろうと思ったのですが、しっかり上が切れてます。

CurryDSCN6192.jpg

で、お料理の写真も、最初のレタスを撮ったあたりでくじけたので...
DSCN6194.jpg

どっちゃり持ってきた私のお皿の分だけです。タンドリーチキン、二切れも取って来てるし、ダイエットは明日からということで。
DSCN6195.jpg

ほぼ同じ量をとってきた隣の席のお友達は、「取り過ぎたわ、食べられない」なんていっているのに私は順調に片端から平らげてしまって、最近かなり胃が大きくなった気分なのだけれど、さすがに大皿一杯食べたらお腹が一杯になりました。なので、デザートのフルーツはあきらめて
DSCN6196.jpg

マンゴーアイス(ソフトクリームの溶けかけ?)とチャイ。あ、これはマサラティーと言うのかな、スパイス(多分、カルダモン)が利いててミルクもたっぷりでおいしいです。マンゴーアイスがかなり溶けかけだったのが残念なのですが、それでもおいしい!

あ~、午後から仕事に戻るんだっけ~~

↓ ランキングに参加しました。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ こちらも参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ


サルモネラ菌が見つかったそうです 

先日のノースカロライナの件は、今回全米で広がっているセントポール型とは違うタイプだったようなのですが、今回、テキサスの流通センター(Agricola Zaragosa in McAllen, Texas)が取り扱っている、メキシコ産のハラペーニョからセントポール型のサルモネラが見つかったそうです。参考にした記事はこちらです。

梱包過程で見つかったというだけですので、実際の汚染が、原産地からテキサスに到達するまでのどの時点で起きたのかはまだ現在調査中とのことです。また、この業者がトマトを扱っていたかどうかは不明です。トマティージョというトマトによく似た形の緑色の野菜はこの業者が扱っているようですが、今回の検査ではサルモネラ菌が検出されたのはハラペーニョだけだそうです。

ただ、比較的規模の小さな業者のようですので、この業者が取り扱った野菜が全米のどこまで広がっているのか、また、この業者以外で扱ってるハラペーニョその他が安全なのかどうかは現在調査中ということで、FDAは、パラペーニョとセラノペッパーを生で食べないようにと注意を呼びかけているとのこと。

で、こちらのFDAのサイトを見て見ると

7月21日付けで遺伝子的に一致するセントポール型のサルモネラ菌が見つかったと発表しています。また、配送センターは6月30日以降に配送されたハラペーニョの自主回収をはじめたそうです。FDAの消費者全員への勧告では、生のハラペーニョと生のハラペーニョが入っている食べ物は食べないように。ただし、加熱調理したものとピクルスはこの限りではないとしています。同時に、年配者は乳幼児、免疫システムが弱っている人に対しては通知があるまではセラノペッパーも食べないようにとしています。

で、例によってここからは個人的な意見ですが、アメリカの場合サルモネラによる食中毒はめずらしくないということで、現に、学校のカフェテリアの食事で食中毒になったなんて話はよく聞くのですが、そのほとんどは卵とか肉類などが原因で、(アメリカの)卵は加熱して食べるとか、生肉と野菜類は分けて調理するとかまな板を別にするとかの基本事項を守れば防げるものがほとんどでした。

今回のケースとか前回のほうれん草からO157のケースで困るのは、最近、生で食べることが当たり前の野菜類への汚染が広がっていることなんですよね。現に、この調査の過程で、今回の食中毒とは無関係のサルモネラ菌がカリフォルニアで一件、ノースカロライナで一件見つかっているわけで、そりゃあ、傷のないトマトとかの場合はよく洗浄すれば大丈夫と一応は言われているとはいえ、どこまで洗えばいいのかわからないし、消毒なんかしようものなら今度はそっちの害のほうがこわいし、O157の時には、洗うだけでは完全に落としきれないなんて話も出てましたし...

今回のケースは、初期の時点でのトマトが汚染されていたのかどうかは相変わらず不明ですが、初期の時点から、州政府の担当者が、FDAの「原因はトマト」という当初の判断に首をかしげている人達もいたようですね。事実はどうだったのか、これからわかるとよいのですが。

あと、最近、メキシコ産の野菜がかなり米国内に流通していて、時々食中毒のケースが問題になりますね。メキシコに短期滞在した際には、「生水は絶対に飲むな」とか、「葉っぱものの野菜は寄生虫がいるので絶対に食べるな」とか「肝炎に注意するように」とかいろいろ言われていたのですが、「アメリカ輸出用の野菜は一般家庭用とは別に栽培されているから安全」という理屈が成り立つんでしょうかねえ?それともメキシコの衛生状態はここ何年かで劇的に改善されたのでしょうか?

現在のシステムだと、別の国からの野菜が同じパッケージに入って売られていることもあるらしいのですが、果物と野菜の原産国表示、義務化してほしいもんです。

↓ ランキングに参加しました。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ こちらも参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

コーヒー風味の食パン 

いい加減、お隣のスーパーにパンかお菓子を買いに行かないと今月が期限のタダ券を消費できなくなると思いつつ、やっぱり今週もパン焼いちゃいました。

CoffeeBread20080720_50.jpg

これは、もうレシピの分量を暗記しているはずのパン種で、強力粉3カップにイーストと砂糖大匙1杯、塩小匙1杯と油脂大匙1杯くらいのはずなのだけれど、お水の量がどうも不安。フープロでまわすときは小麦粉2カップ半くらいのほうが作りやすいから、お水は200CCくらいのはずだけれど少し少なめにして...と前のレシピを確認もせずに、お水200CC全部入れちゃったらちょっと水分が多すぎたので、小麦粉を足して合計で3カップに。
本当はバタロールを作る予定でサラダオイルではなくバターを入れたのだけれど、強力粉がちょうどなくなって新しい袋を開けるのも面倒だったので、手で丸めるだけですむ食パンに変更することに。

だけど、一次発酵中に気が変わって、突然、上にアーモンドスライスを散らしたコーヒー風味のパンが食べたくなった。これだと、成型の時に生地を一度伸ばさないといけないんだけれど...と思いつつ捨てようと思っていた小麦粉の袋を見たら、底のほうにかすかに残っていたので、これで打ち粉をすることに。 インスタントコーヒーも気が付いたら底をつきかけているし、グラニュー糖も(確か、まだと菜だの中にあるとは思うのだけれど)容器の底は空っぽ。僅かに残っていたインスタントコーヒーと同量のお湯とこれも瓶の底にかすかに残っていたメープルシロップをインスタントコーヒーの瓶の中で混ぜ合わせてシロップ完成。

あとは、伸ばして、シロップ塗って、巻いて、発酵させて焼く前に上にもシロップを塗って焼きました。
写真は待ちきれずに熱々を切ってしまったところ。あれ、片側、一番下のすじが消えてるぞ。
CoffeeBread20080720_58.jpg


詳しい作り方はこちらをどうぞ。

ランキングに参加しました。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ


こちらも参加しています。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

電子レンジで3分のチョコレートバナナケーキ 

正確には、ケーキとプディングの間のようなしっとしした食感です。
混ぜるボールと電子レンジに入れるボールが一緒で、材料を全部計量スプーンで量って混ぜているだけのお手軽ケーキ、ひとり分のおやつの分量です。以前にレシピは載せていたのですが、写真がなかったのでもう一度。こんな怪しげなケーキ、写真がなければ誰も信じてくれないかと思って...

「日頃の私の口癖、ケーキなんてきと~な材料をてきと~に混ぜて焼けばできちゃうわよ」を証明してくれるいい加減レシピです。

20080719_29.jpg


バナナは、前回は小さめのを一本、今回は少し大きめのを使いました。しっとり感がお好きなら大きめのバナナ、少し乾いたケーキ風の食感がお好きなら小さめのものか大きめなら2/3本くらいお使いください。
BananaChoco0080719_13.jpg

このボールで作りました。後ろに小麦粉の袋と飲みかけのミントティー(すみません)が写っている理由は、これで大きさを想像していただけるかと思って。
くわしい作り方はこちらです。
基本的には、オイルを塗ったボールにバナナを入れて潰して、卵1個、砂糖、小麦粉、ココア、各大匙2杯ずつとベーキングパウダー小匙1/4杯と好みの洋酒を加えて泡だて器でなめらかになるまで混ぜて、縁と表面をならして電子レンジで3分チンしてひっくり返すとできあがりです。
BananaCHoko20080719_17.jpg

電子レンジの加熱時間は型の大きさやワット数で変ってきますので、様子を見ながら調整してくださいね。いい匂いがしてきて表面がかわいた感じになっていて弾力があればだいたい出来上がりです。

あ~っと、この時期に温かいケーキなんて季節外れですね。私の住んでるとこ、熱波がこない限り朝晩は寒いくらいで、部屋の中は長袖が必要なのです。

ランキングに参加しました。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ


こちらも参加しています。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ


ほうれん草と豚肉のペペロンチーノとパスタ 

Hourenso_20080718_12.jpg


最近、週1回の食料品の買出しもサボるくらい運転嫌いの私、いい加減に食料品以外の日用品でも買いたいものがたまっていたので、で、週末には絶対外に出そうもないので、会社の帰りにトレジョの入っているショッピングモールまで行って来ました。

以前、レイコさんの食卓からのレイコさんのところで見た小松菜と塩豚のペペロンチーノがとってもおいしかったので、いつか作ろうと思ってゴーヤを買い込んだ私、でも、そのお店では他に買いたいお野菜があんまりなかったのでそれっきり...だったので、「そうだ、あれは確か何か赤いものが入っていたぞ」、とトレジョによったついでに赤いパプリカを買ってきました。

あとは冷凍庫の中をゴソゴソと探して冷凍のほうれん草とずっと前に作ってそのままになっていたチャーシューの薄切りを見つけて塩豚の代用にすることに(すみません)。赤パプリカは皮が固いのでオーブントースターで黒焼きにして皮を剥きました。目を離した隙に乾煎りした松の実もこげちゃったけれど。

これ、すごっくおいしいです。お野菜がたっぷり食べられて、野菜好きの私にはたまりません。レイコさん、ご馳走様でした。

下は、昨日作ったトマトとツナのパスタ。育ちすぎたバジルがかぶさっているけれど...
TomatoPasta_20080718_2.jpg

全粒粉のスパゲティーなのでちょっと色は悪いのですが、な~んにも作る気がしないけれど何か食べたい時の私の非常食メニュー。スパゲティーを茹でている間に、ガーリックと缶詰のツナ缶と缶詰の角切りトマト缶と缶詰の薄切りオリーブを開けて、フライパンでさっと炒めるというか混ぜ合わせて、茹で上がったパスタをあえれば出来上がり。ゴミ箱が空き缶で一杯になっちゃうので、環境にやさしくないのかなあと思いつつ、ガーリック以外は包丁を使わずにできちゃうこの手軽さがたまりません。


↓ ランキングに参加しました。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ こちらも参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

アボガドとハラペーニョからサルモネラ~~ 

これもいまさらという感じですが、FDAがやっとトマトに対する警告を解除したようです。
初期の段階でのトマトが汚染されていたかどうかは不明らしいのですが、現段階で米国市場に出回っているトマトはすべて今回のサルモネラ騒動とは無関係とされる産地からのものであるというのが表向きの理由のようですが、メキシコと米国内のトマトの生産者からかなりの圧力があったみたいですね。

トマトは時期によって産地が異なりますので、ハラペーニョが疑われだした頃には最初に出荷されていたトマトの産地からの出荷は終わっていたらしく、どうせならこの時に警告を解除してくれてもよかったんじゃあないかと思うのですけれど...

と思っていたら、今度は、ノースカロライナでテキサスの食品供給会社から購入したハラペーニョとアボガドにサルモネラ菌がみつかったとかでリコールになっているようです。ただし、これが現在問題になっているセントポール型のものかは不明みたいで、今回のリコールはノースカロライナ州の命令によるみたいです。
リコールの記事はこちら、これがどこまで流通しているのかとサルモネラの型については現在調査中のようです。

はあ、今度はアボガドからサルモネラねえ。しかし、どれもみ~んな生で食べるメキシコ料理の材料ですね。割りに新しいニュースですので、後からきっともっと詳しい情報が出てくるとは思うのですけれど。

↓ ランキングに参加しました。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ こちらも参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

青菜とろとろトロロとじその他 

最近、ひところの料理熱がどっかに行ってしまった私、いつもなら作り置きの冷凍品とかですませるのだけれど、それも食べつくしてしまったので簡単なお料理をちょぼちょぼと

簡単なお料理といったらizumimiranさんですよね。青菜とろとろトロロとじ青菜は冷凍のほうれん草を使いました。

Torotoro_20080716_14.jpg

上に乗っているゴマみたいなものは、実は海苔なのです。もみのりでもかけようと思って海苔の缶を開けたら粉しか残ってなくって、「えい、ふりかけちゃえ」とどさっとかけたらこのような状態に(涙)
でも、ほんのり温まったとろろがおいしくって本当に、胃が疲れている時とかに最高ですね。izumimirunさん、ご馳走様でした。
で、お料理する気はないのだけれど、大量に買い込んだ野菜が冷蔵庫にたくさんあったので、こちらは白菜の卵とじ、かつお節のっけ。卵が少なかったので入り卵になっちゃいました(汗)
Hakusai_20080716_19.jpg

こちらは、なんと、生まれて初めてお料理してみた冬瓜。海老あんかけにしてみたのですが、冬瓜はいいのですが海老がかた~くなっちゃいました。(涙)
Togan_20080716_25.jpg

しょぼい箸が写っている理由は、食洗機をまわしていなくって箸がこれしかなかったから。なぜかこんな時に限って箸が写ってるし...

で、これも冷蔵庫の残り野菜整理で作った筑前煮。
20080716_3.jpg


これ全部で晩御飯だったらいいのですけれど、毎日一品ずつ、時に一日置きくらいに作りました。毎日ちゃんとご飯作るなんて、いったいどうやったらできるんだか...

↓ ランキングに参加しました。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ こちらも参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

アメリカのテーブルマナー 

テーブルマナーについてコメントが書けるほどお育ちが良い訳ではないし、正式なディナーにお呼ばれしたのなんていったい何年前だったかしら...って感じなけれど。で、本音は、(アメリカで)スープを飲むときに音を立てないで飲んでくれて、物をかむときに口を閉じて噛んでくれれば、人がどんな食べ方をしようとそれほど気にならないのだけれど...

アメリカ人やヨーロッパ系の人達を交えた食事の席で両親から教えられたテーブルマナーについて話題になることがある。曰く、「(ドイツ系の家系なのだけれど)ジャガイモだけはナイフは使わないでフォークで食べるのよね。昔からの習慣なの」とか「フォークで食べる時は左手は膝の上に置くのよねえ。親にそう躾られたから」とか、「基本的にナプキンをたたむってことはしないよね」とか「アスパラガスは手で食べていいのよね」などなど。

続きを読む

がんこ寿司でランチ 

久しぶりにがんこ寿司でお昼を食べました。私的には、ついこの間も来たよなあって感じなのですが、お店のお姉さんからは、「あら~、久しぶりねえ」とのご挨拶。お寿司なんて、そんなしょっちゅうは食べられないですよね。
DSCN6180.jpg

と、いつも同じ殺風景な写真なので
GankoMenuDSCN6181.jpg

本日のメニューなんぞを写して見ました。と思ったらしっかり人影が写っている!
Ganko_DSCN6182.jpg

今日はランチスペシャルを頼んで見ました。鮭の照り焼きとカリフォルニアロールとサラダ。
う~ん、悪くはないんだけれど、いつものお寿司とかすき焼のほうが好きかな。
でもこのお値段でこれが全部食べられるのは幸せ。

↓ ランキングに参加しました。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ こちらも参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

ゆがんだ世界 

ひとりごとです。適当にスルーしてください。

人の行動に対して感情移入することが少ない私は他人から見るとちょっと冷たい感じがする観察者になってしまうことが多い。で、よく思う。「人ってみんな自分のことが見えてないよなあ。過去の出来事とか記憶まで自分の都合のいいように書き換えてしまう人が多いし、どうして、起きたことをそのまんま受け止めて記憶することがそんなに難しいんだろう」って。

で、自分はどうかと言えば、人のことを批判するだけあって、過去の出来事を事実として記憶することは比較的得意なほうだと思う。「あの時、あなたはこれをしてこういう風に言ってたわよね」なんてことをよく言ってしまって怒られる。

だけど、ここに私の主観が入ってくると、結局、一番ゆがんでいるのは私が住んでいる世界だろうなあと思う。頭ではわかっているんだけどね。

最近、かなりひきこもり気味の生活をしている。そんな私をご心配してかいろいろなイベントに誘ってくださる方がいるのだけれど、いつもなんやかんや適当に理由をつけて断ってしまう。誘っていただくのは嬉しいし、行ったら行ったで楽しいんだろうなあと思う。行きたい気持ち70%、行きたくない気持ち30%ってとこかな。30%はね、休みの日に髪の毛とかしてまともな洋服(つまり、着心地の良いLLサイズのTシャツとぶかぶかのブラを脱いで、私のサイズの洋服(つまり、私にとっては体を締め付ける着心地の悪い服)を来て、日焼け止めを塗って(つまり、夜寝る前にクレンジングで落とさないといけない)外に出るのが億劫って気持ちはあるのだけれど、家で退屈してるよりずっといいのだから出かければいいんだけどね。

だってね、外の世界、特にベイエリアに住んでいる方々なんていうのは素晴らしい人達ばっかりだから、そこに何にもできない私がのこのこ出ていくっていうのはなんか気が引けちゃってね。

そう、私、人ができないことでなんとなく出来ちゃうことはあるけれど、普通の人がやってのけるまともなことは何ひとつできないから、「世間一般の人=素晴らしい人達」、「さくらんぼ=なんにもできない奴」、「さくらんぼができること=簡単なことのみ」という図式が出来上がっている。

最近、いろいろな方のブログを読んでいると、いつも「すごいなあ」とため息が出る。駐妻の方達のブログとか読むと、「すごいなあ、私にはできないよな」と思う。アメリカ人と結婚している方とか子育てして方とかのブログとか読むと、「すご~い、私には絶対に出来ない」と思う。アメリカに留学中なんて話を読むと、「アメリカの大学に留学しちゃうなんてすごいなあ。お勉強がんばっているんだろうなあ」と思う。大学院生のブログなんて読むと、「大学院に行っちゃうんだ。頭いいんだろうなあ」と思う。日本の方とお話していて、「○○の大学に行きたくてね、入れたときは嬉しかったわ」なんて話を聞くと、「え~、日本の大学受験ってすごく大変じゃないですか。すご~い」なんて言ってしまって、私が少なくとも大学卒だということを知っている方からは奇異の目で見られる。ま、日本の大学の受験勉強していないっていうのはずぅっとコンプレックスになってるんだけど...

本当に思うんだよね。「みんなすごいなあ」って。
なので今日も一日引きこもり。歩いて5分の中華系のスーパーにタダ券持ってパンを買いに行くなんてとっても億劫だから、代わりにパンを焼いてしまう奴。ま、お菓子作りとパン作りは大好きとはいえ、必要に迫られた結果、「歩いて5分+タダ券」よりもパンを焼くほうを選ぶなんて、いったいどういう性格をしているんだか...

で、こちらが本日のパン。

Bread_20080713_20.jpg





大失敗のモカチョコレートマフィン 

なんだけど...

ChokoM20080713_2.jpg


涼しい顔して、「フォンダンショコラよ」って言って出したら食べてもらえそう。
ほら

Shokola20080713_10.jpg

ヴィーガンバージョンのモカチョコレートマフィンのアレンジなのですが、ちょっと水分が多すぎて焼きあがったらぺしゃんこになってしまいました。でも、失敗の最大の原因は...

続きを読む

夏味ズッキーニバーベキュー作りました 

最近、平日にはりきってお菓子を焼いている割に、週末になるとなんにもやる気がしない。冷凍庫のパンもなくなりかけているから、今日こそパンを焼くか、歩いて5分のスーパーでパンを買う予定だったのだけれど、ま、明日でいいか...
とものぐさ気分の日は簡単にできるお昼ご飯。zumimirunさんの夏味ズッキーニバーベキューを作りました。

Sukki-ni20080712_9.jpg

カレー粉が切れていたのでケチャップを多めにしてターメリックを少々、オーブンで少し焼いてからたれをからめてもう少し焼きました。ブロイル機能を使ったのでちょっと焦げてますが(汗)

これ、本当にビールに合いそうですね。味的にはすご~く合いそうなのですが、私、飲めないんですよねえ。でも、ビールがなくってもすごっくおいしかったです。ご馳走様でした。

↓ ランキングに参加しました。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ こちらも参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

今度はバジルからサルモネラ~~~ 

本当に、なんとかしてくれって気分ですが、FDAからこんなリコールの通知(プレスリリース)が出ています。2008年7月9日付けで、カリフォルニア、ガーデングローブのLUCKY GREEN TRADING, INCがメキシコ産のタイバジルをリコールするようにFDAから命じられたというもの。バジルは、小売店を通じて(または直接)、南カリフォルニア、アリゾナ、ネバダに6月30日に配送されたもので、梱包されていた箱には16 DE SEPTIEMBRE S/N SANTA ROSA TAPACHULA NAYARIT, C.P. 63731" "Thai Basil" とかかれていて、あと運送会社のAirway Bill #027 1947 0861も貼ってあったそうなんですが、実際はばら売りだから消費者にはわからないですよね。箱は14ポンドのダンボール箱に、中に一袋約1.2ポンドの透明なラベルなしの袋に入ったバジルが12袋入っていたそうです。

でも、今頃リコールしたって、6月30日にお店に並んだフレッシュバジルなんてほとんどのお腹に入っちゃってるか萎びて捨てちゃっているかどちらかではないかと思うのですが...

もっとも、これはランダムに抽出したサンプルをテストした結果で、このバジルが原因のサルモネラ食中毒は報告されていない模様です。また、サルモネラ菌ということしか確認されていませんので、今、大騒ぎをしているサルモネラ セントポール型の株と同じかどうかは不明です。 FDAは、消費者に、バジルを購入している場合は小売店に連絡して問題のバジルかどうかを確認するようにとしています。また、リコールしている会社の電話番号は (714) 554-9293。

なんとかならないもんなんでしょうかねえ。
とりあえず、バジルはバルコニーで育っているけれど、いつもいつもあるわけじゃないし...ハーブの通年栽培でも始めるとしますかね。

↓ ランキングに参加しました。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ こちらも参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

食べ物がなくなるアメリカの会社の冷蔵庫 

今の職場の場合、基本的に、キッチンのテーブルの真ん中に食べ物を出しておくってことは、「みなさんどうぞご自由に召し上がれ」という意味になるので、ちょっと温めようと思って出したマフィンとか出しっぱなしにしたままコーヒーを作ったりすると、マフィンの行方が気になってしまう私(ま、トースターの前にマフィンがおいてあれば誰かが自分用に用意したってわかるはずだけど)。先日、コーヒーを作っている間にマフィンの周りに人が集まっていたのでちょっとドキっとした。「え、なぜ」と思ったら、「これどうやって作るの。とってもおいしそう」という話だったのでホッとしたのだけれど...

会社によって違うので必ずって訳ではないのだけれど、アメリカの場合、キッチンに社員用の冷蔵庫と電子レンジが完備している会社が多い。今の職場はトースターもあるから最高!

...なのだけれど、食べ物がなくなるという話をよく聞く。

アメリカに来てすぐの頃、「ねえ、聞いて、僕の職場でね、お弁当がなくなっちゃったの」なんて話を友人から聞いたときは、「ずいぶんと柄の悪い職場で働いてるんじゃないの?」と思ったのだけれど、基本的に、(ま、例外もあるのだろうけれど)アメリカのキッチンとか冷蔵庫とかいうのは食べ物がなくなる場所らしい。もちろん、そんな話が一度も出なかった職場おあるけれど...

かなり長く勤めた高地のとある会社は、「地元の優良企業で働いていることが誇りなの」というタイプの人が多かったのだけれど、これがまたすごい勢いで物がなくなる職場だった。建物への出入りがかなり自由だったので、クリスマスシーズンなどはその手のプロの方達が忍び込んでいるなんて話もあったのだけれど、実際に冷蔵庫から消えた食べ物と、「人のものを食べているのを見た」なんていう人の証言によると...

- 朝食を食べようとしてシリアルの箱をキッチンに出して、ちょっと外した隙に消えてしまった。
- あとで食べようと思って冷蔵庫に入れておいた食べかけのピザが箱ごと消えた(食べかけ!)
- S氏が他人のドギーバッグの箱を開けて海老だけ取り出して食べていた(!)
- イチゴを洗って、そのまま忘れておいておいたらあっと言う間に人が群がって食べていた(ま、これはおいてあれば食べていいの?って思うからおいとくほうが悪いのだけれど)
- みなさんで食べてくださいと、2ダースくらい入ったドーナッツの箱がおいてあったのだけれど、私の目の前にS氏が登場して箱ごと持ってどこかに消えてしまった。最初は、自分の部署の仲間に配ったのだろうと思っていたのだけれど、数分後に別の人がドーナッツを探しに来てがっかりして帰っていったからどうも違ったらしい。
- 大きなケーキを二ついただいたので、一つは翌日にチーム全員で食べようと冷蔵庫に入れておいたらよく朝には消えていた(私のいたチームの話)

まあねえ、最後のケーキの大箱は、夜遅く誰もいなかったらお家にもって帰りたくなっちゃう気持ちはわかるのだけれど、あとのはねえ...お給料もろくにもらえずお腹をすかせた貧しい社員がいっぱいいる職場としか思えないんですけれど...やっぱ、私達って貧しかったのかしら?

逆に、全米で下から数えたほうが早いくらいの貧しい州の職場で働いていた時は、自分のデスクがない人達用に個人ロッカーがあったのだけれど、ほとんどの人が会社支給の鍵を使っていなかった。聞くと、「盗難なんてほとんどないし、いいのよ、誰かが持って言っちゃったら、それはその人が必要だったからもってったんだから」とおおらかなものだった。↑の職場の人達のほうがずっと高級取りだと思うんですけどねえ。もっとも、ここの職場には社員で共有できる冷蔵庫はなかったので、食べ物がなくなる職場だったかどうかは不明。

今の職場は、具体的な話は聞かないし、被害にあったことはないのだけれど、噂によるとやっぱり食べ物がなくなる冷蔵庫らしい。冷蔵庫の中身は知らないけれど、紅茶とかはすごい勢いでなくなっていkので、お持ち帰りになる人がいるのかしらんって気分になるんですけど。

もっとも、「できすぎちゃったからどうぞご自由にお持ち帰りください」って感じで、よくハーブとか果物とかがテーブルの上にドーンと置いてあるから、差っぴきゼロなのかな。昨日のピーチトルテ、お裾分け用に会社に持っていって冷蔵庫に入れておいたのだけれど別になくなってなかったしね。

↓ ランキングに参加しました。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ こちらも参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

ピーチトルテ 

桃の季節なので...

PeachCake20080710_36.jpg

半分に切った黄桃をそのまま焼きこんだピーチトルテです。
もともとのレシピはバターを1スティック使ってクリーム状にしたバターに卵二個を混ぜ込むタイプのバターケーキで、これはこれでとってもおいしいのですが、今回はバターの量を半分にして卵3個をあわ立てて作りました。なのでちょっと乾いた感じになってますが...

バターケーキの種を型に流して、その上に種をとって半分に切った黄桃を並べてレモンジュースとグラニュー糖をかけてオーブンで焼きます。こんな風に並べて
PeachCake20080710_20.jpg

50分くらい焼くとこんな感じです。
PeachTorte20080710_30.jpg

レシピこちらです。

ランキングに参加しました。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ


こちらも参加しています。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

ハレペーニョについての警告 

しつこくサルモネラのニュースです。

予想されていた動きですので特に目新しいニュースではないのですが、CDCから消費者に対して、ハラペーニョとセラノペッパーについての勧告が出されたようです。安全が確認されるまでの間、お年寄りや乳幼児、免疫不全疾患がある人等、サルモネラ菌によって重篤な症状を起こす可能性のある人は、生のハラペーニョやセラノペッパーを食べないように、また、トマトについても従来どおり、FDAの安全リストにあるもの以外は、今回危険とされているタイプのトマトを生で食べたり、生のトマトが入っている製品は食べないようにとしています。今回のハラペーニョに対する勧告は、免疫機構が通常の大人よりも弱い人達を対象にしており、消費者全員を対象にしたものではありません。消費者全般への勧告は従来どおり、トマトについてのものです。CDCのサイトはこちらのCDCのサイトです。
セラノペッパーはハラペーニョとよく似ていてよく混同されるペッパーだそうです。

このサイトの情報によると、加熱処理すれば大丈夫のようですね。

今回の勧告も前回と同様、食中毒にかかった人の聞き取り調査が中心ですので、特に汚染されたハラペーニョが見つかったわけではないそうです。ニュースの記事はこちらです。現時点での患者数は1017人、軽い症状で病院に行かなかった人も含まれると考えると実際の件数はもっと多いのではないかとのこと。

今回のハラペーニョの勧告は、食中毒に罹った人達の何人かが生のペッパーを食べたしているからのようですが、同様にトマトを食べたとする人達も多く、単独で、ハラペーニョだけが原因だとかトマトだけが原因だとかは考えにくいようです。シラントロ(香菜)その他のサルサの材料についても引き続き調査中とのこと。

ハラペーニョは比較的高い位置に実をつけるので、土壌や水の汚染による食中毒は発生しにくいという声もあがっているようですが...

最新のサルモネラ患者の発生報告は6月26日だそうです。

ここからはまったく個人的な意見なのですけれど、先日買ったばら売りのサヤインゲンの中に韮みたいなものが混ざっていました。流通経路とか配送センター、パッケージングの工場とかが汚染されている可能性はないのでしょうかねえ。

昨日スーパーに行ったら、すごくよい匂いのするおいしそうなトマトが山積になっていたのですが、で、この時期のカリフォルニアのトマトはおそらく全部カリフォルニア産さとは思うのですが、産地の確認ができなかったので買わずに、チェリートマトを買ってきました。早く解決してほしいのですけれど...

↓ ランキングに参加しました。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ こちらも参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

最近のおやつ 

基本的に市販のお菓子は買わないことに決めているのだけれど、頂き物とタダ券で購入できるものは別(←新しいルール)ということで...

最近のおやつです。写真はクリックすると大きくなります。
DSCN6175.jpg

ハワイのお土産のマカデミアンナッツ
DSCN6174.jpg

塩味とチョコレート、あとガーリック味...食べだすと止まりません。危険です。
20080519_7.jpg
20080519_8.jpg

タダ券で買った中華系スーパーのティラミスとチョコレートムース。実はとっても大きいのですが、ぺロット食べちゃいました。
20080530_1.jpg
20080530_2.jpg

日本のお土産のクッキー。日本のクッキーってどうしてこんなにおいしいのでしょうか。
20080530_4.jpg

同じく日本のお土産のおかき。袋開けるとあっという間に食べてしまう自分が怖いです。

DSCN6115.jpg

同じくお土産のスィーツ、和みます。

DSCN6117.jpg

ボストン土産のハーバード大学のチョコレート、日本のミルクチョコレートの味でおいしいです。
DSCN6118.jpg

おやつのお裾分けの源氏パイ。こちらで買えます。一つだけにしておかないと止まらない。

DSCN6119.jpg

東京土産(ですよね)のクッキー、大好きなホワイトチョコレート入り。
DSCN6146.jpg

日本のお土産のおかき。これもあっという間に...
DSCN6148.jpg

お土産の文明堂のカステラ、抹茶味です。
DSCN6170.jpg

おやつのお裾分けのトレジョのビスコティー、これ、おいしいんですよえね。

他にもいくつかあったのですが、写真撮る前におなかに入っちゃいました。
皆様、いつもいつもご馳走様です。

↓ ランキングに参加しました。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ こちらも参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。