さくらんぼのアメリカ日記 2008年10月

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハロウィン・デコレーション 

いつものランチルームがハロウィン館に様変わりしました。

H_DSCN6416.jpg

入り口はこんな感じでございます。
H_DSCN6413.jpg

こちらがこの館の持ち主ですが...
H_DSCN6414.jpg

中の住人はいたって気さくでございます。
HH_DSCN6405.jpg

H_DSCN6406.jpg

H_DSCN6408.jpg

では、ハロウィンのお茶菓子などをお召し上がり頂きまして
H_DSCN6422.jpg

H_DSCN6423.jpg

お帰りはこちらからどうぞ。
H_DSCN6418.jpg


なんてね。
この最後の絵、写真だとうまく感じが出ないのですが、このまんまアニメーションの世界に入っていけちゃいそうでかなり好きなデコレーションです。

あっと、子供達用のお菓子は、ちゃんとチョコレートキャンディーを用意しておきました。クッキーも少し出しておいたのですけれど、子供はやっぱりチョコレートとかが好きですよね。って思ったら、チョコレートがたくさんありすぎて、ガムとかも結構人気だったようです。チョコレートが食べられない妹さん用にクッキーを探していたんだ、なんて子もいましたけれど。
↑のお菓子はちょっと食べる気になれません。チョコレートの食べすぎで頭の中まで甘いです。

↓ ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ こちらも参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ



スポンサーサイト

コスチュームが化けた! 

本当は、一日早い会社のハロウィンパーティー用に魔女のコスチュームを探す予定だった私、帽子を買って、マントと箒でもそろえればいいや、マントはなんだったら自分で縫ってもよいし...と会社を早めに出て、布地屋さんによって帰りに日系スーパーに寄るはずだった。

なのに、いつのも通り道を間違えたので車はTrader Joesに向かっている。近くのお店にちらっと寄ってみたのだけれど、コスチュームらしきものはなく、トレジョのお買い物のあとにマイケルズに寄ったら...

ハロウィン用のクッキー型がセールだったんですよねえ。もう、コスチュームなんかどうでもよくなっちゃって、気持ちはハロウィンクッキーに飛んでしまった。

デコレーション用のパーツや色付のお砂糖とかもいろいろ売っているのだけれど、色がきつすぎてあまり使いたくないし、確か、色粉は一式あるのでアイシングを作ればなんとななるし、この間作ったココナッツクッキーの種がまだ冷凍庫にあったし、と、そのまんま家に戻ってベーキングに予定変更。

美的センスがない(+不器用)だとお化粧やファッションだけじゃなくってデコレーションも下手だなあとは思いつつ、話の種にっていうことで...
これは、本当はカボチャ型のクッキーの上に、別に抜いて焼いた眼と口の部分に別の色のアイシングを塗って貼り付けるようなのですが、アイシングなしの手抜きです。一番下の茶色のは、ジンジャーマンクッキーの種なのですが、指示通り型抜き用に粉を増やしてもまだ柔らかかったらしく、焼いている間に広がってふくれちゃいました。ちなみに、これ、ジンジャーマンといいつつ、ジンジャーパウダーを入れ忘れたのでただのモラセスクッキーです。

C120081030_3.jpg

これはお月様の上のこうもり君のつもり。三日月にはせめて白のアイシングを塗ればきれいだったのでしょうけれど、巨大にクッキーにさらにアイシングを塗る気になれなかったのでそのまま。こうもりの羽がまだらなのは、打ち粉代わりに振ったココアのせいです。
C1_20081030_15.jpg

これはクモの巣の上のクモさんのつもりなのですが、クモの巣も膨れちゃって形が崩れています。
C1_20081030_10.jpg

途中から型抜きが面倒になったので適当に丸めて作った奴
C1_20081030_7.jpg

ココナッツクッキーの上にチョコレートをコーティングしたこうもり君たち(のつもり)
C1_20081030_17.jpg


で、コスチュームはどうしたのって? 着ませんでした。

↓ ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

こちらも参加しています。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

がんこ寿司のランチ 

最近、毎週行っているんじゃないかって話がありますが...
がんこ寿司のランチを食べました。
DSCN6396.jpg
今日は、ランチスペシャルの小さめなお寿司を頼みました。お味噌汁がついてきます。
本当は海老のにぎりが入っているのですが、ゆでた海老は嫌いなので鯖に変えてもらっています。
DSCN6399.jpg
お稲荷さんが多いかなあと思ったのですが、結局ぺロッと食べちゃいました。

で、こちらは全然関係ないけれど、かわいかったハロウィンのデコレーション。
DSCN6404.jpg

↓ ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ こちらも参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

Kayaでコリアンランチ 

最近、同じレストランにばっかり行っているような...
韓国レストランで食べたランチです。
ランチメニューだったので、お決まりの大根のスープと

DSCN6392.jpg

お決まりのキムチセット一式と
DSCN6393.jpg

豚肉のピリ辛焼肉(って正式名忘れました)でも、赤い割にそんなに辛くなくって助かりました。
ButaDSCN6395.jpg

スープを飲み終わったので、スープのボールと一緒にスプーンも下げてもらおうとしたら、「スプーンはいるでしょう。持ってなさい」と言われてしまいました。この細長~いスプーン、いったい何に使うのでしょうか?これでご飯食べるの、それともおかず???

↓ ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ こちらも参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ


知らない言葉 

英語とか日本語に関係なく、母国語、あるいはかなり得意としている外国語で知らない表現に出会った時の反応は二通り。「そんな言葉、英語(日本語)にないですよ。私が(僕が)知らないんですから」と自信たっぷりに言う人と、「私は(僕は)聞いたことありませんけれど、業界用語か何かで使うことはあるのかもしれませんねえ」という人と。

ま、どちらが良いとか悪いとかいう訳ではないのだけれど、私は性格的に後者。だって、大人になってアメリカに来てから覚えた日本語ってたくさんたくさんあるもの。

割に頻繁に聞くのだけれど日本で一度も聞いたことがなかったビジネス用語は、「(社内)展開する」という言葉。あるいは、製造業で使う言葉なのか、はたまた私が無知なだけなのか、初めて聞いた時はとまどってしまったけれど、慣れてしまうとなんでもない言葉ですね。

自動車をぶつけた(追突されるの?)時に使う「おかまをほる」という表現もアメリカに来て関西の人から初めて聞いた。これは、姉に確認しても反応は似たようなものだったのだけれど、関東出身の友人でも知っている人は知っていた。

先日友人から聞かれたのは、「支分権」という言葉。聞いた時は何がなんだかさっぱりわからず、文脈を聞いたら、何かの法的な権利らしいというところまでは検討がついたのだけれど、もう少しで、「そんな言葉、聞いたことないわよ。「私文権」(こんな言葉があるのかどうかしらないけれど)の間違えじゃないの」というところだった。でも、ふと気になってネットで調べたら...

著作権法で使う言葉なのですね。英語でなんていうのか検討もつかないけれど。友人はアメリカ人だから、わかりそうだったら今度また聞いてみようっと。

言葉で聞くととってもとまどうものに、「結束バンド」というのがあった。以前の勤め先でよく出てきた言葉で、「これはいったい何なのですか?」と聞いたら、よくドライヤーのコードとかをまとめるのに使うのによく似た、プラスチックのバンドみたいなのをみせてくれて、「これだよ、これ」と教えてくれた。そういえば、似たようなものは今の職場でも見かけるのだけれど、日本語が微妙に違っていたような...英語はCable TieだったりZip Tieだったり、商品名とごっちゃになっている。日本語でタイトンとかいうのもあったような。このCable Tie, 職場のアメリカ人(割りにこの業界はなれていない子)が、「これがタイトンなのかあ」と大喜びで見ていた。別に、見ればいまさら驚くようなものじゃないのだけれど、名前がわからない小物って意外にたくさんあるんですよね。

食べ物の名前とか調理法とか器具の表現なんてもっと大変。いつか引越し用のダンボールの中身を英語にしようと思ってたら、「穴杓子」というの英語が出てこなかった。Slotted spoonが一番近い気がするのでだけれど、これって縦に穴があいたやつを想像しちゃって、日本の穴杓子みたいに丸い穴があいたのって思い浮かばないのですけれど...

訳の分からない化学物質の名前を「これなあに?」と聞いたら5行くらいの意味不明な英文と化学式が返ってきた時には眩暈がした。全部略語だらけで解読不能なんだもの。化学式が唯一の手がかりってのもねえ。で、一緒に聞いた、「じゃあ、Buffはなあに?バッファの省略形?」って聞いた時の答えは実に単純明快でうれしかった。Buff=「淡黄褐色、バフ色」って辞書にも載ってる!
って、本道はどういう色かあんまり想像できないんだけどさ。

↓ ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ こちらも参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

あんこ入りのパンとアーモンドクッキー 

週末に焼いたパンとクッキーです。
本当は、ちょうどこし餡があったので、ずっと作りたかった餡デニッシュを作る予定だったのですが、先週いろいろと食べ過ぎてダイエットが思うように進んでいないので、カロリー控えめの食パン生地に餡子を包んで伸ばして、デニッシュ風にしてみました。ドリュールを塗らなかったので色が薄い焼き上がりです。

Ankopan20081026_18.jpg

結果は...
ふかふかしていてそれなりに食べられるんですけれど、やっぱ低カロリーのダイエットパン。甘さも控えめだし...
近くの中華スーパーで売っている、あんをたっぷり巻き込んだパンを想像していたのですが、これは餡をはさんでバターの時と同様に三つ折を3回くらい繰り返してしまったので、生地と餡がしっかり合体してしまっています。こし餡も甘さ控えめだったからアンパンとか餡デニッシュの甘さはないし、これはやっぱりバターの香りたっぷりのほうが合いそう。バターの量をこの倍くらいにして、餡はあまり織り込まずに仕上げにたっぷり巻き込んで焼くべきだったみたい。でも、カロリーも気になるし...
2AlmondCookies0081026_37.jpg

こちらは冷凍してあった卵白で作ったアーモンドクッキー。今回は少しココアを混ぜ込んでみたのですが、出来上がりも味も前回のプレーンのとほとんど変りなしですね。
グラニュー糖大匙1を加えてあわ立てた卵白一個分と、アーモンド粉1/2カップ、粉糖 1/4カップ、ココア大匙1杯(くらい)を加えてへらでさっと混ぜてから搾り出して、カリッとするまで焼きました。

↓ ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

こちらも参加しています。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ


ニラの油そば 

土曜日のお昼に作った、izumimirunさんの汁なしニラの油そばです。ちょっと、ゆですぎちゃったのでニラがクタッとしちゃってますが...

NiradareAburasoba20081026_1.jpg

これ、ゴマ油と豆板醤が利いていて大好きな味です。izumimirunさん、いつもいつもご馳走様です。
もっと早く作ろうと思ったのですが、少し前にニラを買ってきて作ろうと思ったら、乾物用の引き出しその他どこを探しても絶対ある筈の大袋入りの中華麺が見つからず、「変だなあ、確かに買った記憶はあるのに」と思っていたら、先日お砂糖の隣から出てきました。袋が大きすぎていつもの引き出しに入りきらなかったので、お菓子用の小麦粉とかお砂糖の棚に入れておいたの、すっかり忘れていました。こういうことするから物がなくなるのですね。

で、ニラさえ買ってくればすぐできる筈なのですが...
週末のスーパーってすご~く混んでいるんですよね。お隣の中華スーパーなら歩いてもいけるのですが、まとめて買おうとするとやっぱ手では持ちきれないので車で行きたいし、そうすると駐車スペースを確保するのが大変だし(駐車テクのない私は、人が出るのを待ってその後から入るなんてことは絶対できなくって、端っこのほうに3台分くらいまとめてあいているところをめがけて、3台のスペースの真ん中に止めるのです)、平日に買い物に行くと、それだけで精一杯でその日はお料理する気になれないから、うっかりすると食材冷蔵庫に入れたまんま一週間くらいすぐたってしまって。

このニラもそんなこんなで少し前に買ってあったのを、悪くなる前にと思ってあわてて使いました。これだったら、麺とニラをゆでるだけだから平日でもできそうなんですけれど、あの巨大なニラパックから出して洗うのって一苦労なんですよねえ。アメリカのニラって一束が巨大すぎるような気がするのですが、日本でニラ買ったことないからよくわかりません。私の手持ちのざるとボールには入りきらないんですけれど。

↓ ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ こちらも参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

薯蕷饅頭? 

ちゃんんとしたの作ってみたかったのですけれど、見事に失敗しました。
まあ、食べられない味じゃあないのだけれど、人様に差し上げられるほどの出来でもなかったので、8個作って、昨日と今日で全部私のお腹に入っちゃいました。あ~あ。

20081024_7.jpg

だいたい、てきと~に作ったフープロ製こしあんが柔らかすぎたので、電子レンジで水気飛ばそうとしたらくずくずになっちゃって、もう一回火にかけたのはいいのだけれど、冷たく冷めるまで待ちきれず、あんがやわらかいまんま。
で、秤もないのに、換算率を確かめもせずに、生まれて初めて作るお菓子を目分量で計ろうなって言うのが失敗のもと。
すりおろした大和芋45グラムに上新粉55グラム、砂糖(???)確認し忘れましたをよく混ぜて皮を作るはずなのだけれど、上白糖がないから粒子の細かい粉糖状のグラニュー糖を使ってみたのだけれど、量減らしすぎたみたい。大和芋も多すぎたらしくって、後から上新粉をたしまくったのだけれど、今度は練り方が足りなかったのか練りすぎたのか、なんか固めの仕上がりになってしまいました。で、餡がやわらかすぎてうまく成型できなかったので、底のほうの皮が厚くなっちゃって、お砂糖が少なすぎたものだからちょっと(?)なお味に。
実は、以前に会津かどっかで食べた薯蕷饅頭がとってもおいしかったので、あの味を再現したかったのですえけれど...
次回はもう少しちゃんと作ってみます。でも、ちゃんとできてもなんか一味違うような...
あれは上新粉じゃなくって小麦粉だったのかなあ?

↓ ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

こちらも参加しています。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

法律違反とサバイバルと(3) 

先日、会社の話になって、「あらまあ、会社ってよく見るといろいろあるのね。まさかあなたもそんな経験しているの?」という話になった。「そりゃあ、アメリカにずっといるのですからいろいろ経験していますけれど」と軽く流したけれど...

このテーマで前にも書いたけれど、アメリカでのバケーション生活○○年目の私にとっては、アメリカでの苦労話なんて苦労のうちには入らないのだけれど、まあ、身の処し方っていうか、アメリカ流の仕事のやり方に慣れていなかった昔むかしはいろいろとあった。

当時の部署は、かなり個性の強いマネージャが取り仕切っていて、彼女とそりが合わなかったスーパーバイザーが全員辞めた後、人事が後任を雇ってくれなかったものだから、そのマネージャが直属の上司になってしまった!

実は、この会社、入社前からいろいろあって、面接で「いやあ、君みたいな人を探していたんだよ。一緒に仕事をしようね。あ、こちらが君の前任者のA子さん、こちらが君と一緒に働くことになるB子さんだ」と紹介されたのに、ヴィザの取得に1ヶ月ほどかかり、1ヶ月後に入社したら、見慣れない女性が「あなたのスーパーバイザーよ」と言って現れた。聞けば、私の会った人達は全員辞めたという。ま、A子さんが辞めるっていうのは聞いてたんだけどさ。で、結局彼女ともう一人のスーパーバイザーも辞めちゃったんだけどさ、こういうのって事前に調べとくっていっても限界があるしねえ。

で、新しく上司になってしまったマネージャ、「手柄は自分のもの。仕事の失敗とミスは、たとえ自分の命令だったとしても責任は部下のもの」というアメリカ人マネージャの典型(あ、今の職場はそういう人はいなけれど)で、「ちょっと危ないんじゃないの」という指示は必ず口頭で与えて、仕事自体は部下にやらせた。何かあれば、「私はそんなことは言っていないわ」と逃げられるものね。

「え~、そんなあ、それじゃあ私はどうしたらいいんだ~」とおろおろしていたら、見かねた同僚がアドバイスをくれた。「あの人はね、ああいう性格だから絶対逆らっちゃだめよ。言うことは全部聞いておくの。でもね、危ない指示を口頭でされた場合はね、Let me summarize our short meeting today...で初めて、最後Please let me know if I misunderstand anythingで結んでメールを一本入れておけばいいのよ。そうしておけば、何かあってもあの人自分が指示してないなんていえないから」とのこと。なるほどねえ。

もちろん、このアドバイスもそのまま実行するのは不可能なこともあった。私がつい「うっかりと」偶然に見つけてしまったごくごく小さな表記ミス、もっと早い時点で見つけていたら手の打ちようもあったのだけれど、私はチェックの担当じゃなかったし、その仕事は私は触っていないし、今の時点で見つけたからって中止や修正ができる段階じゃあない。だって、表示ミス自体もごくささやかな表記ミスだしね。Except for tha fact that...厳密に言えば輸出入関係の法律違反になりかねないんだよねえ、これ。

で、すぐに上司に報告、上司から、見なかったことにしろって言われたから、素直に見なかったことにしました。こういう時はメールは使えないよね。

ただ、この件は、名目上は法律違反になりかねないと言っても実害はほとんどなかった筈、ま、よほどお役所のご機嫌が悪いときにたまたま見つかれば問題になる可能性は秘めていたけれど、軽微なうっかりミスだしさ。

以前に書いた、「部署ごと消えたレイオフ騒ぎ」でこの上司も消えてしまったのだけれど、それからしばらくしてから別の担当者(この人も新しいスーパーバイザーだったけれど、私の上司じゃなかったから気は楽)から、同じく口頭で、「さくらんぼ君、悪いんだけどさ、これ、ささっとチェックしてくれるかな。あ、ちなみに、これは今日中に出荷しないといけないから、くれぐれも間違いは見つけないようにね」という指示つきで。

そりゃあ、法律違反になるような間違えはなかったけどさ、これが客先に言ったらお客さんをかんかんの怒らせかねない記載を見つけちゃったんだよね。この時は止めました。「ダメです。これは絶対やり直させてください。この間違えをそのまま出したらお客さん失います。」って言ったらかなり機嫌は悪かったけれど、やり直しにまわしてくれたっけ。これが以前の上司だったら、そのまま出荷しちゃって、問題が発覚したら私のせいにしてただろうなあ、きっと。どうりでスーパーバイザー3人辞めたわけだ。

↓ ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ こちらも参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

和食ランチとハロウィンの妖怪デコレーション 

お昼はいつもの和食レストラン

DSCN6375.jpg

がんこ寿司で食べました。例によってものすご~くレトロなやかん。今日は香ばしい玄米茶が入っていました。
ComboDSCN6380.jpg

頼んだのはすき焼と巻き物のコンビネーション。
DSCN6381.jpg

お味噌汁とお漬物がつきます。
いつも同じ写真なので、今回は招き猫なんぞとってみました。
Maneki_DSCN6377.jpg

で、こちらは帰りに立ち寄ったパーティーグッズのお店。ちょっとおどろおどろしい写真が続きます。

続きを読む

洋梨のタルトと忘れていた気持ち 

なにかと物価高なカリフォルニアですが、果物とお野菜と和食材はやっぱりお買い得。約450グラムで39セントだったか49セントだったかの特売(要するに、1キロ買って120円くらい)の洋梨で週末に焼いた洋梨のタルトです。カロリーを気にしてずぅっと作らなかった、パートシュクレ生地を使ってアーモンドクリームをたっぷり入れて焼いた大好きなタルトです。

PearTart20081019_63.jpg

手持ちのタルト型がアメリカサイズの9インチの型なので、日本のレシピだと倍量作らなくてはいけなくいのが悩みです。自分のおやつ用にちょっとだけ取り分けて、残りは職場のお昼友達に食べてもらいました。ダイエット中に高カロリーのお菓子を焼く秘訣はこれっきゃないですよね。なんて思っていたら、今日、「あら、あなた、少し太った、さくらんぼちゃんの焼くお菓子を食べすぎなんじゃない」なんて話題になっていました。ドキッ!

でも、下手にノンオイルとかローカロリーのお菓子を焼くと食べ応えがなくってたくさん食べちゃうし、カロリーの高いお菓子をほんのちょっとだけっていうのも大切だと思うのですけれど。
PearTart20081019_71.jpg

カロリーダウンのもう一つの秘訣は、タルトやパイの生地をほんの気持ちだけ薄めにすること。3mm厚さの生地を2mmにして焼けば、それだけで皮の部分のカロリー1/3カットできます。あとはおタルト生地に入れるお砂糖をほんの少しだけ減らして、アーモンドクリームの生クリームはライスミルクに変えました。これはローファットミルクでもよいと思います。

レシピは、以前においしそうだなあと思ってチェックしていたWEBのレシピ2つくらいと、手元にあった稲田多佳子さんの本と、アメリカのレシピといろいろ比べてみたのですが、配合はみんな似たりよったりなのですね。なので、型の大きさに合わせて換算して、タルト生地にアーモンドパウダーを混ぜ込んで(で、これは皮なしのものが入手しづらいので、皮付きにして、皮のお砂糖の量を減らして、作り方は稲田多佳子さんの本のキャラメルアップルタルトのフープロ版を参考にして、アーモンドクリームは配合から生クリームを外して、秤なしでも計量しやすい量に換算して...とあちこちかなり変えたので、とりあえず、覚え書きとしてこちらに記載しました。

で、この稲田さんの本を見ていてすっかり忘れていた気持ちを思い出しました。おいしいお菓子って、作る過程を楽しみながら、愛情をたっぷり注いで作るもの。なんか、最近、「明日のおやつがない!」と「混ぜて15分でできます!」なおやつばっかり作っていたのだけれど、これは「おやつ」であって焼き菓子じゃない。お菓子作りって手はいくら抜いてもいいけれど(え、抜いちゃいけないってか)、心を込めて作らないとおいしくならないってすっかり忘れていました。

なので、ちょっぴり時間をかけて、大切に焼いて見た洋梨のタルト。みんなに気に入ってもらえたといいな。

↓ ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

こちらも参加しています。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

ドライトマトと葱の炒飯 

izumimirun さんのドライトマトと葱の炒飯作りました。

ずっと前にレシピを見てからずっと作りたかったのですが、冷蔵庫の底でひからびている(買った時からひからびてたので)筈のドライトマトが見つからず、そのままになっていました。で、先日、冷蔵庫の整理をしていたら、野菜室の片隅に眠っているのを見つけました。

ドライトマト、瓶詰めとかのもう少し高級なのもあるみたいですが、これはスーパーの片隅で売っている超お買い得品で、1ドルか2ドルくらいだったと思います。

DryTomatoChahan.jpg

雑穀米で作りましたので色がピンク色です。
ドライトマトが炒飯になってしまうなんて。オリーブオイルとお醤油の味がよく合ってとっておおいしくてリピ決定です。izumimirun さん、またまたご馳走様でした。

↓ ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ こちらも参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ


ロールパンとおかずパン 

いつもの食パンのレシピ、サラダ油をバターに代えて、半分はバターロール風に、残りはおかずパンにしてみました。普通のバターロールはバターの量がこの倍近くになると思いますので、正確にはバターロールじゃなくってただのロールパンですね。この黒っぽい天板にしてから、火の回りがよすぎるみたいで、少し焼きすぎました。なんか、成型もちょっと失敗気味...

Rolls20081019_13.jpg

下の左側は、生地に微塵切りにしたサラミを入れて焼きました。右側はコーンマヨパンのつもりです。2次発酵の前にコーンを載せるべきか、発酵後に乗せるべきか迷ったのですが、発酵させてからのせたら、なんかUFOみたいな形になっちゃいました。でもふかふかでおいしいです。
Okazupan_20081019_26.jpg


生地は、いつものフープロバージョンです。(カップはアメリカサイズ、約236ccです)
ブレッドフラワー 2.5カップ、パネトネマザー大匙1杯弱、グラニュー糖大匙1杯、塩小匙1杯をフープロに入れ、上から水約160~200CCを少しずつ加えて、水と粉類がだいたい混ざって耳たぶくらいのやわらかさ、こね始めは少しべたつくくらいの水分量になったら、フープロをまわしながら、室温のバター大匙1杯分を少しずつ加えて、もち肌状になるまでフープロをまわします。捏ね時間は2~3分くらいでしょうか。生地の温度が高くなりすぎないようにして回します。
水の量は、前回175CCだった気がするのですが、今回は200CC入れました。

で、普通に一次発酵させ、2.5~3杯くらいに膨らんだら上下を返して軽くガスを抜き、もう30分くらい、また同じくらい大きくなるまで発酵させました。

このあと、24分割する予定が、計算間違い(4x3=24だと思い込んだ)により、ロールパン生地は1/24の生地を12個分作って、残り6個は3個ずつ、サラミをまぜたものと、コーンマヨ用に平たくしたのを作って暖かいところで40分くらい2次発酵、ドリュールを塗って、400℉のオープンで20分焼きました。

コーンマヨの具は、コーンとマヨネーズとパセリをまぜててきと~に作りました。あ、ポテトサラダとかのせても合いそう。


↓ ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

こちらも参加しています。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

ふんわりチーズパンケーキ ベジ版 

久しぶりに韓国スーパーによって長芋を買ったので、izumimirunさんのふんわりチーズパンケーキを作ってみました。酒粕とレモンジュースでチーズ風味にするのって大好きな組み合わせです。

SakekasuCheeze20081018_20.jpg

izumiさんのレシピは、クッキングシートの上に丸くのばしてオーブンで焼いてらしたのですが、私、紙の上にパンケーキ種とか丸くのばすの苦手なんですよねえ。

なので、オイルを大目に塗ったマドレーヌ型で焼きました。ちょうど八個できました。
マドレーヌ型にした理由はもう一つ、小さめに作ればあまり食べないで済むかなあと。

...

ダメです。これ、軽くっておいしすぎて、お茶のお供に食べだしたら止まらず、いっきに5個食べちゃいました。意を決して残り3個は片付けて、ブログにリンクを貼ろうとしてもう一回レシピを見て見たのですが、なんとこれ、「一人分」と書いてあるではないですか。小麦粉1/2カップ使っていてるし、メープルシロップも少し多目にしちゃったのですけれど、大喜びで残りも全部たいらげちゃいました。あ~あ。

izumimirun さん、またまたステキなレシピをご馳走様でした。

↓ ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

こちらも参加しています。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

Ghirardelli.チョコレートの発音は 

私が自分の頭の出来具合に疑問を持つ原因のひとつは(ま、中身が足りなかったりとかいう決定的な理由はおいといて)、私の周りに物知りの人達がたくさんいすぎるせいだと思う。

初めてアメリカで暮らすようになって以来、サンフランシスコのGhirardelli.Squareはギラデリスクエアだし、チョコレートはギラデリチョコレートだと思ってなんの疑いも抱かなかった。以前にも、カタカナは鬼門と書いたけれど、こういう複雑な発音がしっかりカタカナでインプットされてしまったら最後、LとRなんてそっちのけ、ひたすら「ギラデリ」になってしまう。

なんだけれど、先日、友人が「ジラデリ」みたいな感じで最初のGをJの音で発音していた。で、昨日のおやつにGhiradeliのチョコレートを頂いたのでついでに聞いてみた。「ね、これって、ギラデリ、それともジラデリ?」と。

その場に居合わせた人達は全員、「ギラデリ」(正確にはGhiradeliと言ったのだろうけれど)という回答だった。M氏なんて、わざわざイタリア語の発音の基本を書いてくださって、「イタリア語はね、ghe、ghiというようにつづりにHがはいっている時はG、ge、giのように入っていない時はJになるんですよ。なのでGhiradeliの場合はギになりますね」とのこと。

へえ、イタリア語、よく聞くけどスペル習ったことないんだよね。と思って、この話をブログに載せる前にJの音で発音していた友人にお伺いを立てて見た。「この話、ブログにのっけてい~い?」と。

スペイン語とフランス語は話すけれど(なので、イタリア語も多少は解するはずだけれど)イタリア語はたしか習ったことがないはずの友人は言った。「へ~、そうなんだ。僕の友人はみんなジラデリって余分だけどなあ」と。

で、今度はGhiradelliのサイトに行って発音について書いてあるページを見つけ出してくれた。
正確な発音は、アメリカ風のスペルで GEAR-AR-DELLYになるのだそうです。舌噛みそう。

↓ ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

こちらも参加しています。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

ココナッツクッキー 

今朝の体重が95ポンドだったのを記念して...っていうのは嘘ですが...
おやつがパンとスコーンともらいもののチョコレートと果物だけという生活に耐えられなくなったので、久しぶりのクッキーを焼きました。アツさんが以前某サイトに載せていらしたレシピをちょっとだけアメリカ風にアレンジして使わせて頂きました。

CoconutCookies.jpg

焼く前にもう少したっぷりグラニュー糖を振るべきだったのですが、やっぱカロリーが気になってしまって。下の写真はちょっと遊んで見ました。
Coconut Cookies20081015_48

卵なしの普通のクッキーの作り方です。
使った分量は、バター1 3/4スティック、グラニュー糖 1/2カップ(+飾り用)、シュレッディッドココナッツ (フープロで細かくしました)、オールパーパス粉 2 1/2カップ (カップはアメリカサイズです)
焼成時間は340℉のオープンで約20分です。

↓ ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

こちらも参加しています。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ



トレジョのバルサミコビネガー 

バルサミコビネガーって、あまりこだわってなくって、ひたすら瓶のかわいさで選んでしまうのですが...

Barusamicosu.jpg

なので、先日トレジョのお買い物にいった時に、かわいい瓶入りでお手頃値段のものがあったので買ってみました。お味は...いつものバルサミコビネガーの味です。ずっと前にコンシューマレポートか何かで、一番消費者に評判がよかったのは、WHOLE FOODSで売っているお手軽値段のバルサミコビネガーだなんて話をしていましたが、当時は近くにWHOLE FOODSがなかったので試せませんでした。ま、お酢だけ飲む比べれば違いがわかるのかもしれませんが。

で、後ろにあるのは、これもたまたまトレジョで買ったSea SoltとチキンスープとRice Drinkという名前のライスミルクです。近くのスーパーで買うときはライスドリームという銘柄なのですが、トレジョで買うときはライスドリンクでしたね。チキンスープも特にトレジョには限らないのですが、ここ数年出回っている紙パッケージ入りのものは、缶入りと違って、ちょっとだけ使ってまた冷蔵庫に戻せるのでとっても便利です。

Sea Saltは...こんなもんでしょうか?
白状すると、お塩についてはあまり違いがわからないのです。嗅覚はかなり敏感なほうと自負しているのですが、なので(?)、塩分をかなり控えても昆布とかつおできちんとお出しをとればそれだけでおいしいし、逆に、忙しいからと市販のカツオだしとか入れちゃうと人工的な味になって嫌いって思うのですが、お塩は...味蕾のほうはあんまり発達してないみたいです。

少量をほんの少し使っていろいろ使い比べして味わえば、これもわかるのかもしれません。なので、天麩羅とかを塩で食べるんだったら上等の塩がいいのでしょうけれど、隠し味にお料理に入れちゃったりすると、もう全然わかりません。わかるのは入れすぎて辛くなりすぎたかなって時くらいです。あらびきの塩をがりがり削ってアクセントに使うのは好きなんですけれど。おうどんとかに入れると違いがわかるのでしょうか?それとも、トレジョのSeaSoltじゃなくってもっと良いのを試さないといけないんですかね?以前に実家で食べたすごく高級らしい頂物の塩も味わからなかったのですけど。

↓ ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

こちらも参加しています。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

青海苔パスタ 

izumimirunさんのとろり青海苔スパゲティーを作りました。
何も考えずにパスタを箱から取り出して、少し細めのスパゲティーをゆでたつもりだったのが...知らないうちにフェトチーネを茹でちゃいました。これ、茹で上がるまで時間がかかるんですよね。

AonoriPasta20081012_23.jpg

これ、青海苔の風味とパスタがよく合っておいしいです。一袋買うとすごい大量にある青海苔、少量ずつお好み焼きに振りかけても全然消費しきれなくって困ってたんですよね。これだと、青海苔もたくさん消費できるし、なんか体にもすごくよさそうで、簡単にすぐ作れて、いうことなしです。izumimirunさん、またまたステキなレシピをどうもありがとうございました。

後ろにあるのはトレジョで買ってきたサラダミックスをただ洗ってドレッシングをかけただけなんですけど、あらかじめいろんな野菜が入ってると便利ですね。日持ちしないので、一袋買ったら毎日食べ続けないといけないのですが。

ちなみに、アメリカ在住の皆様、こういう袋詰めのサラダミックスって使う前に洗いますか?人によっては洗わなくて大丈夫っていうのですけれど???

↓ ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ こちらも参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

アップルロール 

秋ですね。リンゴ、栗、お芋、かぼちゃ...やっぱ、食欲の秋です。少し前に買ったりんごが残っていたので、週末にアップルロールを焼きました。本当はアップルパイに心惹かれたのですが、先週のクロワッサンに続いて、今週もバターたっぷりのフィーユタージュを作るのは気が引けて...バター、お砂糖、控えめで作りました。でもねえ、焼きたてをいきなり二切れも食べちゃったら、カロリー控えめにしている意味がないですね。

AppleBread20081012_94.jpg

前回と同じく、E-工房さんのこちらのサイトを参考にさせていただいたのですが、型の大きさが違っていたのと、日曜日の午後に思いついたので冷蔵発酵だと間に合わなかったので、分量と作り方はてきと~です。ちゃんとした作り方はE-工房さんのサイトをご覧ください。
http://www001.upp.so-net.ne.jp/e-pan/appleroll2/appleroll.htm#apple
AppleBread20081012_76.jpg

私のやり方は、例によってフープロ使いの手抜きバージョン、蜜リンゴも、本当は一晩冷蔵庫で寝かすらしいのですが、少し冷蔵庫で冷やしてそのまま使っちゃいました。リンゴ3~4個とグラニュー糖大匙5杯くらい、水100CCを耐熱ガラスのボールn入れて8分くらいチンしてから冷やしたものです。このあたりも、ご本家さんの分量や作り方とはかなり違っています。

パンは、強力粉2.5カップ、パネトネマザー大匙1杯、砂糖大匙1.5杯(もう少し多くてもよかったです、きっと)、塩、小匙1杯をフープロに入れて軽く混ぜたところに、ときほぐした卵1個と水150CCを加えてフープロをまわし、生地がまとまったらクリーム状のバター25グラムくらいを加えて、もち肌状になるまでフープロを回します。この間、2~3分と思いますが、続けてフープロをまわすと生地の温度が高くなりすぎるので注意してください。

あとは、普通に一次発酵させてから少し冷蔵庫で休ませて、長方形に伸ばした生地によく水気を切った蜜リンゴをのせて海苔巻きの要領で巻き込んでいき、これを16等分して8インチの型に並べました。

で、普通に2次発酵させて400℉(約200℃)のオーブンで25分程焼きました。

繰り返しますが、ご本家のレシピのほうが絶対おいしくできると思います。でも、つい、性格で手を抜いちゃうんですよねえ。

アイシングは、土曜日のスコーンに使った残りをかけたので少し少なめです。甘い菓子パンにするならたっぷりかけたほうがおいしいかもしれません。

↓ ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

こちらも参加しています。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ



最後の赤紫蘇で 

今年は、紫蘇の葉っぱも種もみ~んな鳥さんに狙われてしまって...

青紫蘇のほうは、先日青い実を佃煮にした後、茶色くなるまでほっておいたら、どうも種はほとんど小鳥さん達に食べられてしまった模様。

なので、赤紫蘇は、少し早めに全部刈り込みました。あ、心なしか気が咎めて、鳥さん用に数本だけ残しておいたのですが、あんまり意味なかったみたい。

で、まず葉のほうで今年最後の紫蘇ジュースです。(正確には作ったのは一週間程前ですが)
これ、とっても気に入ってしまいました。来年も赤紫蘇がいっぱい育ったら作ってみます。

ShisoJuiceIMG_3878.jpg

紫蘇の実は、種用にちょっと取り分けて残りは佃煮に。これももう何度か作っていて、ご飯が進んじゃってとまりません。
ShisonomiTsukudaniIMG_3874.jpg


↓ ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ こちらも参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

フープロでスコーン 

フープロを購入してから、手抜きにますます拍車がかかっているのですが...

raisin SconeIMG_3891

パンと違って手捏ねだと体力を使うとかいうわけではないので、パイブレンダーを使ってバターを細かく刻んで小麦粉と混ぜ込んでいく作業は嫌いではないのですが、やっぱ、フープロだとあっと言う間に出来てしまうのが魅力です。

実は、前日クロワッサンを作った時に、「クロワッサンには折込用のバターを半ポンドの半分使う」という固定観念が頭にあって、150グラムのところを220グラムくらい使って小麦粉を混ぜた折込用のバターを作っちゃったのです。途中で気が付いて1/4ほど別にしておいたので、ショートブレッドでも焼こうと思っていたのですが、スコーンに化けました。アイシングでデコレーションなんぞしてみました。
RaisinScone20081011_3.jpg


レシピは、以前に読んだクッキングママシリーズのミステリー小説にあったもののアレンジです。日本語訳は読んだことがないので、レシピの部分がどこまで正確に翻訳されているのか不明ですが、DianMott Davidson(だったかな)が書いたミステリー、話の内容もさることながら、添えてあるレシピが即使えるものばかりで気に入っています。

スコーンをどこまで捏ねるかって、レシピによってそれぞれで、特に日本のレシピは捏ねるかたたんで伸ばす作業を繰り返す派、アメリカのはあまり捏ねないのが多いので迷います。今回は、レシピはあまり捏ねない作り方だったのですが、諸般の事情により(間違えて6個作ってしまって、大きすぎると気が付いてまた捏ね直して12個に作り直したため)しっかり捏ねましたが、逆にふんわりとした出来上がりになりました。水分の量はその時の気候で変ってくると思いますので、ぱさつくようなら大目に、手につくようなら、打ち粉をたっぷりふって調整するといいみたいです。

今回は、生クリームとミルクを同量のライスドリームに変えました。それそれ1/4カップずつです。
あとは、普通の作り方なので、材料と手順だけメモしておきますね。カップはアメリカサイズ(約236ccを使っています。)バターは冷たく冷えたものを使います。あとは冷蔵庫から出してすぐ使えば、夏場ではない限り、小麦粉まで冷やす必要はないかと。

レーズンかカレント1/2カップを耐熱ガラスの容器(計量カップそのままが便利)に入れて、熱湯を注ぐいでそのままおくか水を加えてレンジでお湯が沸騰するまで加熱、ペーパータオルで水気をふき取り、レーズンが大きい場合はきざんでおく。

オーブンは400℉(約200℃)に余熱する。

フープロにオールパーパス粉2カップ、グラニュー糖大匙2杯、塩、小匙1/2杯(有塩バターの時は減らしてください)、ベーキングパウダー大匙1杯を入れ、ここによく冷えたバター55gを6つくらいに切ったものを加えて、フープロのパルス機能を使って、バターと小麦粉がほぼ粉状(ほんの少しバターの粒があるくらいなら大丈夫ですが)になるまで混ぜ、フープロをまわした状態で卵1個とライスドリーム(またはミルクか豆乳)1/2カップを上からそそいで、ざっとまとまるまで回す。

打ち粉をした台の上に取り出してレーズンを加えて少し捏ねる。

種を二つに分け、直径15cmくらいの平らな丸形に伸ばし、それぉれ6個に切り分け、間をあけて天板に並べて400℉のオーブンで15分くらい焼く。

もとのレシピは、焼く前に好みでグラニュー糖をもう大匙2杯ほど振りかけるとあったのですが、今回はアイシングをかけたかったので省きました。

アイシングは例によっててきと~なんです。カスタードカップに粉砂糖を大匙3~4杯くらい入れたところにバニラエッセンス少々とライスドリームを小匙1~2杯加えてスプーンでなめらかになるまでかき混ぜてから、スナップバッグと呼ばれる小さなビニール袋に入れて、まるめて、端っこをほんの少しだけ切ったもので搾り出して飾りました。水分はミルクでもレモンジュースでもなんでもいいと思いますが、入れすぎると調節するのに粉砂糖が大量に入りますので、様子を見ながら少しずつ加えないととんでもないことになります。アイシングの隠し味に洋酒かバニラエッセンスで粉臭さを消すのがお気に入り。でも、レモンジュースを使えば必要ないと思いますが。

↓ ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

こちらも参加しています。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ



母国語が違うと(2) 

先日、日本人の方が話される英語を聞いていて、"I went to golf, went to cherry picking,..."と言われるのを聞いて、「あれっ」と思った。 "I went to Golf" は、もしかしたら別の文脈では使えることもあるのかもしれないけれど、お話の内容からすると、「いやあ、みんなとたくさんゴルフもして、楽しかったなあ」といったニュアンスだったので、"play" を使うほうが自然だと思う。「えっ、何故こんな普通の表現が...」と思った後、「あ、日本語だと、『ゴルフにも行きました』になるものなあ」と気が付いて納得した。

面白いことに、戦前からアメリカにいらしているかなり年配の日系1世や2世の方(多分、2世の方だと思う)の日本語で話題になる表現は(前にどっかで書いたかもしれないけれど)、「ゴルフを遊ぶ」という言い方。英語が第一言語の場合、ゴルフはプレイするものであって、「Play=遊ぶ」なので、ゴルフは遊ぶものとなってしまうらしい。ま、これは、車のこをとミシン(machine)と呼ぶような世代の方達のお話らしいけれど。

最初に書いたような英語を話されるのは、英作文(というか、正確には和文英訳)と英文和訳を中心の英語教育を受けた方が多いですね。大学2年か3年生になって生まれて初めて取らされた英作文の授業にまったくついていけなくって(←Cだった)あと、英検の勉強をした時も和文英訳がぜんぜんできなくって、なぜ、中学と高校でもう少し、普通の学校並みの英作文の授業がなかったんだろうと恨めしく思ったものですが、英作文が出来すぎて、普通に話す英語も頭の中で日本語で考えてから英訳して...となると英語が不自然になってしまうのですね。

なんて書いている私も実は人のことは言えません。「君の英語のいい間違え、実に日本人的だねえ」ってよく言われるんですけどね。

基本的に、日本語から英語への英作文はしないようにしても、耳で聞いた表現、本で読んだ表現、アメリカ(時々イギリス+カナダ)人の先生に教わった表現だけを使おうと思っても、ついつい、気が付かないうちに、知っている英語の単語をかき集めて、気が付かないうちに日本語の文法(というか、知っている日本語の表現の単語だけ置き換えて)言っちゃうことってありますよね。

もう少し、まじめに英語勉強しようっと(←って、私の場合は車の中で英語のミステリー本のCD聴くだけだけれど)

↓ ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ こちらも参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

なめ茸 

こういうものは、日系のスーパーで瓶詰めになっているのを買ってくるものとずっと思い込んでいたのですが...
Firstsnowsさんのところにおいしそうななめ茸がレシピ付でのっていたので、作ってみました。

なめ茸ってえのきでできるのだったのですね。

Nametake_20081005_6.jpg

雑穀ご飯にのっけてみました。これ、ご飯が進んじゃってとまりません。困ってしまいます。
Nametake_20081005_8.jpg

Firstsnows様、いつもステキなレシピをありがとうございます。
ご馳走様でした。

↓ ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ こちらも参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

爪跡 

一年に数回、多分、いつも秋口とか冬、皮膚が乾燥する頃に起こるような気がするのだけれど...

朝起きると、肩とか背中に悪魔の爪あとか、はたまたいけないお遊びの後かと思われるような真っ赤なみみずばれが出来ていることがある。そりゃあ、お行儀の悪い私はベッドの上に読みかけの本とかのっけたまま、そのまんま寝ちゃうこともあるけれど、本の角ではこれほど見事なみみずばれはできないと思う。

肩とか背中って言っても、一応自分で手が届く場所だし、だいたいいつも3本ついてるから、中指と人差し指と薬指あたりなのかなあ。

今朝は、肩ではなくて腕に大きなみみずばれができていました。朝はちょっと赤くなっている程度だったのですが、一日中ひりひりして...

毎日のことなら手袋でもして眠るのですが、それほど頻繁ではないのでつい...

だけど、小学校の頃からずっと同じ、短く刈り込んだ爪なのにどうしてこんなに見事な引っかき傷になるのだろうか...

これって、ロマンチックなものでも不吉なものでもなんでもなくって、モイスチャライジングシャワージェルとかいうのを買ってこなくちゃいけないサインなんですよね。多分。

↓ ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ こちらも参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

母国語の違いと言葉の感覚と... 

相手の方がアメリカ生まれアメリカ育ち(多分)の日系人なので、「母国語」というよりは、「第一言語」と書くべきなのかもしれませんが...でも、これも英語のFirst Languageの直訳ですね。

ふとしたことから、「『誤記修正』を英語で言うとなんになるの?という会話になりました。Error Correctionとしてしまうのが一番簡単なのですが、エラーという言葉が別の意味で使われる場合もあって、できたらこの言葉を避けたいなあなんていう時はどうしたらいいのでしょうか?

英語だと、 typographical error という表現がありますが、明らかな(で、かなり大きな)間違いの修正にはこの表現は使えないし...なんて話していたら、「え、誤記って、スペルミスとかの修正のことではないのですか?」と聞かれました。

すぐ、「そういう意味もありますけれど、要するに『誤りの修正』なので、タイポとかに限定する必要もないと思うのですけれど」と言ってから不安になって広辞苑を調べると、(いま、手元に辞書がなくってうろ覚えなのですが)『書き間違え」といった定義だったのでほっとしました。ただ、和英辞典を見てみると、英訳が『スペルミス』みたいなニュアンスになっていましたので、これを見ていたら勘違いされたかもしれません。

で、「じゃあ、英語ではError Correction以外になんていうんだろう」という話になって、(誤記の部分は、)「Misentryでどうですか?」と言われて、今度は私のほうが戸惑ってしまいました。よく考えれば、Entryという英語は、フォームの記入などに使いますので、書類の修正に使えない筈はないのですが、なんとなく、頭の中に、「試合参加者のエントリー」とか、「コンピュータの入力」とか言うイメージが浮かんじゃったんですよね。

あとから別のアメリカ人の友人に確認したら、「それってなんか古臭い表現だけれど、まあ、昔から使われていて、別にコンピュータから入ってきた言葉じゃあないよ」とのこと。

じゃあ、Errattaはどうかってことになったのだけれど、Errata sheetとかはなんとなく理解できるのだけれど、Errata correctionは使うのかなあ...Errataは、出版済みの本とかリリース済みのソフトとかの誤記をリストアップしたりするときに使うらしいのだけれど、そうすると、やっぱErrata sheetはわかるけれど...

なんて、どうでもよいことで悩んでいたのですが、母国語が違うと言葉の感覚も違ってくるんだなあと思った次第でした。

もっとも、これは母国語だけではなくって、育った環境や土地柄、勤めた会社とかでもかなり変りますよね。

以前勤めていた会社では、メカ的な話をしていて「部品を取り付ける」という意味で「mount」という言葉をよく使っていたのですが、この言葉には別のニュアンスもあるので、人によっては嫌がりますね。でも、mounting screw をinstallation screw にしちゃったらなんか???な英語になっちゃうし。

これは、放送禁止用語にひっかかるから「メクラ判」という言葉を使ってはいけないというのとおなじようなものでしょうか?

そういえば、↑で書いた、「タイポ」という言葉、オンラインで検索するとIT用語として載っているし...とつい使ってしまうのですが、日本語として市民権を得ているのでしょうか? 英語の typographical error の省略形ですが、「入力ミス」「スペルミス」「タイプミス」どれもしっくりこなくって、つい便利で使ってしまいます。

↓ ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ こちらも参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

チャイナヴィレッジでランチ 

チャイナヴィレッジで食べたお昼です。
例によって裏口から入って...

ChinaDSCN6345.jpg

人数が多かったのでおまかせメニューです。まずは春巻きと焼き餃子
DSCN6348.jpg

HarumakiDSCN6347.jpg

続いてスープが出てきました。
Soup1DSCN6349.jpg

あとはあんかけチャーハンと
DSCN6361.jpg

シーフードと野菜の炒め物
SeaFoodDSCN6354.jpg

お魚のフライ、コーンクリームソースがかかっています。
Sakana_DSCN6359.jpg

牛肉と青梗菜の炒め物
BeefDSCN6357.jpg

チキンのフライだったかな。
DSCN6363.jpg

お野菜がたっぷり食べられて幸せです。チップと税金込みで一人13ドルって話だったのですけれど、足りたのかなあ?
残念ながらデザートはなかったので...
DSCN6364.jpg

あとから食べた日本のお土産の東京バナナです。

↓ ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ こちらも参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

クロワッサン焼きました 

カロリーが気になってずっと作っていなかったクロワッサン、久しぶりに焼いて見ました。

Croissant__20081005_23.jpg

レシピはこちらのE-工房さんのレシピを使わせて頂きました。
http://www001.upp.so-net.ne.jp/e-pan/croissant/croissant-1.htm
こちらのレシピは、必要と思われるポイントが全部網羅されていてとっても作りやすいレシピです。
冷蔵発酵となっていましたが、冷蔵庫の温度がわからないので24時間もかかっては大変と、夜の間に1時間程発酵させてから一度ガス抜きして、一晩冷蔵庫で寝かせた生地を使いました。

後ろに写っているのは、切り落としの生地を丸めてデニッシュ風にしたもの。上からグラニュー糖をふってアーモンドを飾りました。
生地の半分はチョコレートを芯にして巻き込んだチョコレートクロワッサンにしました。薄い板チョコがなかったので、トレジョの分厚いチョコを使ったらちょっと不恰好になってしまいましたが...

上は、キッチンの窓辺で撮ったもの。下は、用事を片付けてすっかり暗くなってからリビングの電燈をつけてとったのですが...色、全然違いますね。
Croissant2_20081005_50.jpg


クロワッサン、がんばって生地を薄く伸ばしたのでとりあえず成功なのですが...

以前、何がうまくいったのか、ものすご~くさくさくのすごくおいしいクロワッサンが出来たことがあるのです。その辺のお店のよりもずっとおいしいわっていうくらい。その時は、オーブンの温度(最初に高温で焼く)が良いのかと思ったのですが、以来、何度やっても同じ結果にならず(泣)

今回は、イースト多目の配合で作りました。次回はイーストを少なめにしてもう一度トライしています(って、このバターの量を考えるといつになることやら...

↓ ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

こちらも参加しています。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ


冬瓜ステーキ 

izumimirunさんのとうがんトロトロ中華ステーキを作りました。

ToganStake20081004_34.jpg

これ、すごっくおいしいです。不器用な私は冬瓜の皮がもう少し簡単に剥けたらいいなあといつも思うのですが...
冬瓜を大きく切ったので、柔らかくなるまで少し時間がかかりましたが、出来上がりはトロトロで感激の味です。
izumimirun さん、ご馳走様でした。
↓ ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ こちらも参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ


アーモンドクッキー 

冷凍庫でほっぼっておいた卵白と、少しだけ残っていたアーモンドパウダーを使ってクッキーを焼いて見ました。これ、簡単にできて、軽くておいしいのですが、食べだすと止まらないのが難点です。

Cookies20080929_6.jpg

卵白二個にグラニュー糖大匙2杯を加えてしっかりしたメレンゲを作ったところに、、粉糖1/2カップとアーモンド粉1カップ弱を加えてさっくりと混ぜ合わせて、丸く搾り出すかスプーンで天板に落としていって、200℃に余熱したオーブンで3分くらい、焦げ目がついたら140℃くらいに下げてこんがりするまでもう5分くらい焼きます。
カップはアメリカサイズ、オーブンもアメリカの大型のオーブンで電気のものを使っています。薄いクッキーなので焼く温度と焼成時間はオーブンの種類によってかなり違ってくると思いますので、様子を見ながら調整してください。
この分量だと、いつも一人であっと言う間に食べちゃうんですよね。お裾分けしようと思いつつ、気が付くといつも全部お腹の中におさまっています。

↓ ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

こちらも参加しています。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

英語の音と日本語の発音と... 

正確には英語の発音なんだけれど、別に英語の発音について書くわけじゃないので、タイトルは「音」にしてみました。

私は、日本語も英語もかなりいい加減なので、特に英語を日本語読みのカタカナにする時には、ときどき「うっかり」いい間違えてしまうことが多いのだけれど...

なぜか私が正しい日本語と英語を話すと信じ込んでいる方とお話していると、その方が、ご自分の正しい発音を、私の間違えたカタカナ用語にあわせて直してしまうことがあって、あわてて正しく言い直さなければならないことがある。私もアメリカでの生活歴が長いのでカタカナとかいろろ、かなり怪しいです。さすがに、ガレージのことを「グラージ」とは呼ばないけれど(←こう呼ぶ日本人の方、いらっしゃいます)、「ガレージセール」を「ガラージセール」と言ってしまうことはよくあります。

アメリカに長年住んでいる日本人の方の英語や日本語は実にさまざまで、二ヶ国語を流暢に話し分ける方もいらっしゃれば、英語は日本語の文法と発音のまんまで話すのに、日本語には怪しげな英語のカタカナがたくさん混ざって、日本語まで怪しくなってしまう方とか、英語は完璧なのに、興奮すると日本語が出なくて全部英語になっちゃう方もいらっしゃれば、由緒正しき50年前(???年齢を考えればそんなことはありえないのですが)に日本語を話される方もいらっしゃいます。↑に書いたとおり、私も決して人のことは言えないのですが。

アメリカで暮らしているので、ついつい、日本語の中に怪しげなカタカナ英語が混ざってしまうのは仕方がないと言えば仕方がないのだけれど、個人的には、ごく当たり前の言葉は、日本語と英語を混ぜることなく、きちんとした日本語で話したいと思う。日本語を話していて、カタカナの部分だけいきなり英語になってしまう話し方は嫌い。「お料理をする」とか「ご飯を作る」とかいう普通の言葉を、「クックする」とかはあんまり言いたくないなあと思う。

なんてボーっと思っていたら、だれかが、英語で、Penalizeという言葉を「ぺ(-)ナライズ」と発音しているのが聞こえて来た。あれ、A氏はいつもピーナライズって言ってたと思うけれど...と思ってリーダーズをコンピュータで確認してみると、発音記号がEになっている。あれ、私、この単語、どうしてピーナライズって覚えていたんだろう?と思って、別の辞書を見て見ると、しっかり、ピーナライズに近いiを伸ばした音の発音記号になっている。これ、両方の発音が同じくらい一般的に使われているのでしょうね。きっと。

日本語の言葉もカタカナ語もそんなものなのかもしれないなあって気になってきました。
さてさて、「コンピュータをシャットダウンして、クックした後のキッチンをクリーニングして、シャワーして、スリープできるようにしますかねえ」って、まだ早すぎるけれど。

↓ ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ こちらも参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。