さくらんぼのアメリカ日記 2008年11月

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玄米で栗ご飯 

G_20081130_22.jpg

11月も終わりに近づいてから、やっと大粒の栗を見つけました。アメリカの「冬」が正式にいつから始まるかは知らないのですが、とりあえず12月の声を聞く前に(って、日本はもう12月だけれど)作った栗ご飯です。

後ろに見えているのは先日作ったのと同じ、izumimirunさんの肉じゃが味のブロッコリーの芯、紫玉ねぎで作ったらきれいな色になりました。お隣は残り物の鰯の生姜煮です。これが秋刀魚だったらしっかり秋の献立なんですけどね。この他にお弁当用に小さなおかずをいくつか作ったら力尽きたので、お吸い物はおぼろ昆布即席お澄ましです。

Kurigohan.jpg

こちらが自分で作って結構気に入ってしまった、玄米の栗ご飯。赤米(黒米だったかな?)をほんの少し入れたのでピンク色になりました。玄米2カップに水3カップの水加減で、圧力がかかってから5分加圧して、そのあと弱火にして20分くらい炊いたものです。実は、栗ご飯って栗がパサパサして喉につかえるような気がして、一年に一回食べればいいかなって感じだったのですが、圧力釜で炊いたら栗がしっとり甘くなってとってもおいしくできました。これならもう少したくさん登場してもいいのですが、問題は...

栗の皮ってとっても剥くのが大変なのですね。10個剥いて力尽きました。まだたくさん残っているのですけれど、どうしましょう。

↓ ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ こちらも参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

スポンサーサイト

Civics Test 

日本語に訳すと、「(高校の社会科の)公民、あるいは現代社会のテスト」ってとこでしょうか。アメリカの高校で教えられる内容を対象に2500人をテストしたところ、平均点が50%に達せず、また、公職についたことのある人達の平均点のほうがそうでない人達の平均点よりもさらに低かったというもの。友人のブログで、American Fails Civics Testという記事で紹介しています。(英語ですが)

実際のテストは(これも英語ですが)こちらで受けられます。「第二次大戦でアメリカの敵国だった国は?」とか、「人民の人民による人民のための政治」はだれの何のスピーチか?」とかいろいろ。確かに、利益はは○○マイナス○○とか、引っ掛け問題風なのとかいくつかあるんだけれど...友人の知り合いのフランス人の子が受けて69%だったというので、私も試しに受けてみました。

で、感想は
「だめだよ。この英語と質問、一般のアメリカ人には難しすぎるもの。平均点が49点(%)っていうのは妥当なとこなんじゃないの」
でした。

これ、多分、カリフォルニアやワシントン州とか、あと東海岸の都会に住むアメリカ人は除きます。すご~く偏見に満ち満ちた意見だけれど、私が過去に接した中西部の一部とか南部で一緒にお仕事をしたことがあるアメリカ人が対象。前々回の大統領選で、「ブッシュは偉いんだよ。強いアメリカを支持して戦争しかけてるんだからさ。僕は断然ブッシュ派だね」とか言っている人達なんだけどさ。

これが、日本人対象の日本語の同じような試験だったら、みんな昔のことだから忘れてしまっているとはいえ、60%か70%の正答率になるんじゃあないのかなあ。あ、でも、「日本国憲法に書かれている基本的人権とは何か?」なんて忘れちゃってるかしらん???

もっとも、このテスト自体、日本語だったら日本人でも軽く50~60%は正解になりそうだし...「スプートニクスってなんのこと?」とか「1962年にアメリカとソ連がもう少しで戦争を始めかねない状況になった原因は?」とかいろいろ。あ、モンキートライアルとかはアメリカに住んでないと無理かもしれないけれど...

私が友人に、「日本人向けの同じようなテストがあったらもう少し点数高いんじゃないかなあ。歴史とかは覚えてなくても大河ドラマとかでいろいろやっているから」と言ったら、友人曰く、「だって、第2次大戦ものの映画なんてアメリカだった毎年やってるじゃないか。どうして日本とドイツが敵国だったってすぐわからないんだよ~」と嘆いていました。

ちなみに、オンラインでテストを受ける人の成績はもっとずっと良いらしくって、11月の平均は、私が受けた時点で78%くらいでしたが、これは、一人で何回でも受けられるみたいなので、実際よりは高くなっているのかもしれません。最後に簡単なアンケートがあって、最終学歴と居住地を聞かれますが、国籍は聞かれなかったから、私のスコアもあの平均の中に紛れ込んじゃったみたい。

でもなあ、外国人の私でもほぼ合格点はとれるのに...
↑の、「この英語、普通の(都市部以外に住む)アメリカ人にはきっと難しすぎるよ」というのは、英会話は(母国語だから)完璧なのに、e-mail一つ満足に書けないアメリカ人多数とお仕事をしたことがある私の素直な感想。でも、やっぱこのスコアは悲しすぎるかもしれない。特に、公職についた経験のある人達の平均は45%っていうのがねえ。だって、基本的に政治家が知ってなきゃいけないことばっかりなんですけどねえ、これ。

あ、まってよ。ということは、この人達にアメリカ市民になるためのテスト受けさせたらみんな合格しないってこと?それとも市民権用のテストはもう少し簡単なのでしょうか???

↓ ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ こちらも参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

izumiさんのお料理3種 

普通、週に数回しかお料理しない私がなんでこんなにお料理を作っているのかというと、izumimirunさんのところに行くたびに食べたい作りたいおいしそうなお料理を見つけてしまうから。

中でも絶品だったのがこれ、焦がし葱の味噌ラーメン

N_20081128_5.jpg

これ、すごいです。どうしてお野菜だけでこんなにおいしい味噌ラーメンのスープになるのかと思ったのですけれど、しっかり昆布茶が入っているのですね。ごま油とにんにくと焦がし葱とお味噌。もうたまりません。これは他のお料理に群を抜いて一番...と書こうと思ったら、もうひとつ見つけてしまいました。
トロリえのきのジャージャーうどん
熱々だと湯気もうもうで上手に写真がとれないのですが、これもすごいです。ジャージャー麺は、以前テレビのお料理番組でレシピを見つけて作ったことがあるのですが、それなりにはできたものの手間を考えるともう作らなくていいかなあって感じでした。izumi さんのはほぼ手間なしで簡単にできちゃうのにとってもおいしくてすごいです。↑の葱味噌ラーメンと甲乙つけがたい味。
そういえば、この「甲乙」って、昔の通信簿とかから来てるんですよね?甲と乙はどっちが上かも知らずに使っている奴ですなんですが、どっちが上なんでしょうか?
J_20081129_34.jpg

こちらはizumiさん家の朝ごはんによく登場するというもやしと豆腐の炒めたの 、晩ご飯だったので冷凍鰯(涙)のフライと合わせました。アメリカだと秋刀魚とか鰯もうっかりすると冷凍品になっちゃうのですね。
M_20081129_8.jpg

これもおいしいです!こんなお料理を朝ごはんに食べたら一日元気いっぱいで過ごせそうです。izumiさん、今回もご馳走様でした。

↓ ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ こちらも参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

ジンジャーブレッドハウス 

今日はブラックフライデーだから本当はセール品をねらって朝早くからお買い物に繰り出す日なのだけれど...人ごみと込んだショッピングモールは苦手だから、12月はできるだけ買い物に行きたくないサクランボです。(日本に帰国したときとか、人ごみに出るととたんに風邪を引くので)
なので、少し早いのですが、ジンジャーブレッドハウスなんぞを作ってみました。

G_20081128_9.jpg

数年前にもっと四角いお家らしい形のものを焼いたことがあるのですが、思い切り膨れてしまって組み立てがとっても大変で...なので、次回作る時はちゃんと型を買って作ろうと思っていたのですが、アメリカのジンジャーブレッドハウスって色は派手なのですがあまり作りたい形のものがないのですね。
なので、今年はこちらのキューピー3分クッキングさんの型紙を使いました。
http://www.ntv.co.jp/3min/0712/1215.html
三角屋根の山小屋風のほうが組み立てやすいかなあと。ドアのところは変更しました。ツリーも適当に。本当は、今日はパーツを焼くだけで、あとはクッキーやらキャンディーやらを買ってきて飾ろうと思っていたのですが、お買い物に行きたくなかったのであるもので仕上げちゃいました。なので、茶色と白の地味な仕上がりに。初めはアイシングも着色してクリスマスカラーにって考えていたのですが、やっぱり最後は全部食べたいかなあと思うとあまり使う気になれず...
G_20081128_21.jpg

余った生地で丸形のクッキーをいっぱい作って屋根に貼り付ける予定だったのですが、途中で面倒になってしまって、あと、内側にも仕切りをして支えに使おうともう二枚3角形のを焼いたのですが、必要なさそうだったので、残りはすべて私のお腹に納まりました(汗)
生地は、前回のハロウィンクッキーの生地にもう少し小麦粉を足してつくろうかなあと思ったのですが、こちらの配合がよさそうだったので使わせていただきました。
http://ymomen.exblog.jp/4684943/
分量はこの半分なので、小麦粉は2 1/2カップ、ベーキングソーダの代わりにベーキングパウダーを使いました。私の手持ちのカップは、1カップ約236CCのものです。アメリカだと本によって、1カップ=250CCと表示しているものと236~240CCと表示しているものと両方あるようですが、手持ちの計量カップの目盛りだと、250CCと1カップは違うところにあるようです。
アイシングは粉砂糖にレモンジュースお水を混ぜて濃い目に仕上げました。分量は適当です。

焼くと少し膨れるので、焼きあがったらまだ柔らかいうちに型紙にあわせてふくれたところをカットするのが上手に組み立てるこつみたいです。

↓ ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

こちらも参加しています。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

タダ券消費の予定が~~~ 

普段は、「クーポン券とか目玉商品とかにつられて余分なお買い物はしないの!」と心に決めている筈(その割には余計なものいろいろ買ってくる)なのだけれど...

例によって中華スーパーのタダ券が少しだけあったのだけれど、「あそこのお菓子はそんなにおいしくないし、出来合いのお惣菜は体に悪そうだし、食パンと菓子パンでも買って(もらって?)きますかね」と寄ってみたのですが...

まず、それほどおいしくないと知っていても、きれいに陳列されているケーキをみたらくじけてしまって、食パンの予定がケーキに変更。で、そのままお店を出ようとしたらこんなものが目についてしまった。

R_20081127_4.jpg

そうだった。前回、このブランドのがおいてなくってトレジョで買った少し割安のブランデー、そろそろなくなりかけてるんだっけ。買っておこうかって。
なので、購入しました。グラスが二つついてるのですが、私お酒のまないんですよねえ。え、あっと、お酒はもちろんお菓子用です。
20081127_9.jpg

で、こちらがパンが化けたケーキ、昨日の夜食と今朝の朝ご飯。そう、風邪引いて食欲がないっていうのは、「お腹が空かない」という意味で、量は普段どおり食べてるの。
S_20081126_8.jpg
20081127_3.jpg

ちなみにこの銘柄のコニャック、新しい土地に行くと意外に見つけるのが大変で(って、方向音痴で人見知りの私は単に酒屋さんが見つけられないだけなのだけれど)、とある中西部の町では日曜日は酒屋さんが閉まってしまうので、平日か土曜日に買わないといけないので不便でした。近所の酒屋さんにとびこんで、「極上のブランデーを教えて、お菓子に使うから」というとたいてい出してきてくれたのですが、ご主人は、「なんでこんな高いのをお菓子に使うんだよ。飲まなきゃもったいないよ」とのコメント。脇でニコニコとしていた奥様とおぼしき方は、「だからお菓子に使うのよねえ。(まったく男っていうのは)」って言っていました。
本当にどうしようもない田舎町に住んでいた時は、少し大きな街に出ないと置いている酒屋さんがなくって、私があまりに着るものを持っていなかったので友人に連れられてショッピングに行って、きゃあ、Tシャツが3ドルだ、カーキのパンツが6ドルだ!と数枚買い込んで30ドルちょっと使った帰り道、酒屋さんをみつけて、あいにく大瓶しかなかったので40ドルちょっと払ってこの銘柄のコニャックを買いました。いえね、私だって、もっと気に入ったものがあって着ていくところがあれば洋服に100ドルとか200ドルくらいは普通に使うんだけどさ、あの頃はね、ちょっといろいろ...

ということで、友人にお尻を叩かれてやっと買ったお洋服よりもお酒のほうが高いって、みんなにあきれられました。レーズンを漬け込んだりお料理にたっぷり使ったりする時はこんなに上等のものじゃあんくても十分なのですが、ケーキの最後の仕上げとかにほんのちょっと使うと仕上がりが全然違うのです。一回買うと、普通は数年(?)持つので大瓶で買うこともありますが、ほんとは小瓶で少しずつがいいのですよね。「数年おいたら香りがとんじゃうじゃない」とよく言われるけど、みんな、数年もののコニャック入りのお菓子、「洋酒の香りがきいていておいしいねえ」って食べてくれるじゃないか。

実家にいた頃は、ほんとうにと~きどき、母用に1本、私のお菓子用に1本買っていたのですが、お菓子を焼こうと思って瓶を探す頃には、中身はいつの間にか母の手作りの梅酒にすり替わっていました。「このボトル、ステキだから梅酒入れるのにちょうどいいのよ」とのこと。中身はどこへ行ってしまったのでしょうか?

あ、キャンペーン中とかいうことでもらった時計を忘れてた。
時計とかアクセサリーのつけ心地が嫌いな私は出先で外してポケットにいれてそのままなくすから、いくつあってもいいレミマル印の腕時計。もっとも、使う前に電池が切れちゃいそうだけれど。
T_20081127_6.jpg



↓ ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ こちらも参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ




作ったものいろいろ 

最近作ったお料理とおやつです。まず最初は一番のお気に入りのizumimirunさんの肉じゃが味のブロッコリー。これ、ブロッコリーの芯が使えるエコ料理なんですけれど、しっかり肉じゃが味になっていてとってもおいしいのです。日本のブロッコリーよりもはるかに長い芯つきで売っているアメリカのブロッコリー、また一つおいしい食べ方を教えていただきました。izumimirun さん、ご馳走様でした。

B_20081115_40.jpg

こちらは朝ごはん用に作った蒸しパン。ちょっと背が低くなってしまったのですが、同じくizumi さんが以前にご紹介してらした味噌蒸しパンのレシピで、豆乳をオレンジジュースに変えて、味噌なしでお砂糖とレーズンをちょっと加えて作りました。幸せな蒸しパンの味!
M_20081115_52.jpg

こちらはオンラインでレシピをみつけて作ってみた、小麦粉と電子レンジで作れる胡桃ゆべし。胡桃がこりこりしていて甘党の私にはそれなりに食べられるのですが、期待していたのとはちょっと違った味かなあ。次回は上新粉かもちこで作ってみようと思います。
YU_20081119_3.jpg

こちらは冷蔵庫の残りもの総動員で作ったチキンと根菜入りのタイカレー。レシピも何もないです。お肉とお野菜を炒めたところに、レッドカレーとココナッツミルクを加えたもの。暖まります。
C_20081126_2.jpg


で、話は変りますが、サンクスギビングの週だというのに、なぜか仕事が立て込んでいるうちの部署。しかし...
マネージャは火曜・水曜と休暇中(もっとも彼は金曜日に一人で会社に出てきて働くとの噂もあるが)。私以外のみんなが青くなって仕事をしているところに、お昼頃、マネージャーの上のボスがやってきて、「やあやあみんなお疲れ様だねえ。明日はサンクスギビングなんだからね。仕事は適当に切り上げて(定時よりも)早く帰っちゃっていいからねえ」と言ってどこかに消えちゃいました。きっと帰ったに違いない!

消える前に別の子とやりとりがあって、「そうはいっても締め切りが立て込んでいるのにどうしろっていうの」「いや、そんなのは月曜日に夜中まで働けばいいじゃないか」「月曜日に夜中まで働くよりは今日の普通の時間まではたらくほうがいいわ」とかなんとか言ってたみたいですが。

ただ、ちょっと風邪気味で昨日の帰りが遅かった私は言われる前から今日は4時退社と決め込んでいました。みんな仕事してて申し訳なかったんだけど、「手伝うことある?」って聞いたら「大丈夫」って返事だったし、いいよね。昨日私が退社した時は若干一名を除いて全員いなかったし...

ということで、この4連休は、寝正月ならぬ寝サンクスギビングを決め込みま~す。

↓ ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ こちらも参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ


Yes you 缶(キャンベル・スープ)! 

YES YOU
Cambell.jpg

って書いたら、YES YOU CAN
以外に読みようがないじゃないかって思うのですが...

これが、缶(=英語のCAN)と出来ますのCanを掛けているとすぐピンと来るかどうかは、オバマ氏のキャンペーンソング、Yes you can! を知っているかどうかで変ってくるのかもしれません。

今朝、会社のドーネーション(寄付金集め)委員会の委員長が、「このポスターでみんな分かってくれるかな?」と数人に聞いて回っていて、中には、3分くらい悩んで 「え~って、Yes you canmbell??? あ~、わかった、Yes you can!か」と答えている人もいました。

毎年、サンクスギビングからクリスマスにかけて、どこでもFood Driveと言って、大きなケースに缶詰めや瓶詰めの食料品の寄付を募ります。だいたい、薄茶色の大きな容器で、地元のスーパーや図書館などにこの入れ物が置いてあることが多いのですが。寒い冬、特にクリスマスやサンクスギビングのこの時期にお金がなくって食べ物が買えずに飢えに悩む(!)人々を少しでも助けようというものです。

現金や真新しい缶詰めを寄付しても構わないのですが、普通の人は、非常食その他の目的で備蓄していて、まだ期限は来ていないけれど、そろそろ食べないと来年いっぱいはもちそうもないようなものを寄付して、代わりに自分の非常食は新しいものに買い換えたり、ついつい安い時に買いだめしてしまってあまってしまった缶詰なんかを寄付しているようです。

特に今年は不景気で、Food Bank(このキャンペーンを行っている団体)への企業からの寄付金がかなり少なくなっているとのことで、みんなに寄付を呼びかけています。

私も、この寄付用の大箱(?)を見つけた時はできるだけ缶詰とか寄付するように心がけているのですが...私の買い置きの缶詰なんて一缶66セントとかそんなのばっかりだし、何缶寄付しようとたかが知れています。

アメリカは、貧富の差が大きいので、ま、月々を月給をもらってなんとか暮らしている給与所得者は一応ミドルクラスに入るとはいえ、一番税金の負担が大きくて、免税や減税の恩恵は受けづらくてもちろん福祉の対象にもならない、わが身に何かあれば貧困層に転落しかねないしがないワーキングクラスで、数億円の家に住んでベンツやBMWを乗り回している(で、なぜかこの辺りはそういう人達が多い)人達を見るつどため息をついているのですが...それでも、一応不自由のない生活がおくれるのは、比較的人件費が安くて、2つくらいの仕事を掛け持ちで一日16時間くらい働いても生活がやっとと言った人達が安い労働力で働いてくれているおかげなのですよね。で、そういう人達には保険や補償もないことが多いから、何かあって、こういう不景気でレイオフの対象にでもなったら翌日から食べるものにも事欠く生活。福祉が充実していないこの国では、そういう人達の生活はほとんど民間のボランティアとか寄付で支えられています。

ささやかながら私にできること???ほんとにささやかな寄付しかできないですよねえ。

って書きながら、WE CANだったかYOU CANだったかとっても不安だった私。いつもの調子で確認せずにアップしてしまって、翌日確認してみたら、やっぱ、YES WE CANとなってました。

↓ ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ こちらも参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

モカ風味のパンプデンング 

これも週末に作ったおやつです。頂き物のGodivaのミルクココアがあったので、モカ風味のパンプディングを作ろうと試みたのですが...

C_20081122_25.jpg

こっちの写真なんてなにも言わなければ、「ミーとローフ作ったの?」と聞かれてしまいそう。後ろにチラッと写っているのがココアです。
C_20081122_24.jpg

余ったパンをココアとコーヒー入りの卵液に浸してオーブンで蒸し焼きにするだけなので、簡単にできる素朴なおやつなになるし、寒い冬の暖かい朝ごはんなんぞには最適ですが...

ミルクココアの味が表に出すぎてしまって、コーヒー風味がどっかに消えちゃったんですよね。次回はラムレーズンでも加えて、コーヒーの量ももう少し増やしてみます。でも、問題はココアが高級すぎたのかもしれない。こういう味にはネスレイかハーシーのココアのほうが合うのかしらん?

ちなみに、下のほうにちらっとだけ写っているキャラメルソースは、ブラウンシュガーとバターとコーンシロップをお砂糖とバターが溶けるまで火にかけたもので、すご~く簡単にできました。

↓ ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

こちらも参加しています。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ



パイ焼きました 

折りパイなんて夢中になっていたのは中学生か高校生の頃で、アメリカに来てからは一度しか作っていないから5年ぶりくらいでしょうか。基本的に、パイは冷凍の皮を買ってきたほうが簡単だし(失敗することもなく)安全と思っているのですが、なんとなく手作りで焼いてみたいなあとここ数ヶ月思っていたのです。

A_20081123_9.jpg

上の写真の奥に写っているのがこちらのアップルパイ。アップルパイが焼きたくて、固くて酸味の強い緑色のグラニースミスを袋入りで買ったのが数週間前。籠に入れてひとつずつおやつに食べていたら、気が付いた時には小さいのが5個しか残っていなくて(汗)、丸いアップルパイにするには微妙に足りなそうだったので、アリュメットパイというのでしょうか。長方形に形作ってみました。この大きさでもう一つくらいできそうだったのですが、ふと気が向いて残りは三角形のアップルターンオーバー風にしました。
A_20081123_14.jpg

こういう長細いパイやケーキが乗っけられるお皿がほしいなあとずっと探しているのですが、条件は、「白の長方形のお皿」でも、色だとか厚さだとかデザインだとかでどうも気に入ったものが見つからず...普段はかまわないのに、買おうとするとどうでもいいことにこだわる性格なんですよねえ。

上の写真の手前に写っているのは、漉し餡を包んで焼いたものです。日本だと観光地とかで時々見かける大好きな味なのですが、アメリカだとまず食べられないので自分で作れないかと試行錯誤しているのですが...
真ん中はほんとうは胡桃を乗っけたかったのですが、切らしていたのでアーモンドをのせました。
パイが幸せにサクッと焼きあがってとても美味しく出来たのですが、作りたかった味とは微妙に違うかなあ。さくさくではなくってしっとり薄いパイ生地に餡子が包まれているのが理想なのですが、あのパイ生地はバターを本格的に折り込むタイプではなくって、刻んだバターを大きめにして混ぜるインスタントの生地のほうがいいのかなあ。それとも、焼きあがったらすぐビニールか何かにいれてしっとりさせちゃうんだろうか?
A_20081123_25.jpg

餡子のほうでお茶にして、もちろんこれじゃあ足りなくってリンゴ入りのほうもしっかりお腹に納めました。パイ皮ってバターがものすご~くたくさん入っているんですよねえ。

レシピが後日アップする予定です。

↓ ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

こちらも参加しています。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

すき焼き味の混ぜうどんと桜色の梅ご飯 

izumimirunさんのすき焼き味の混ぜうどん桜色の梅ご飯です。カリフォルニアに引越してきて以来、「私って仕事が遅いんだよなあ」とぼやきつつ遅れた仕事を残業して片付けることはあっても、仕事がたくさんありすぎて遅くまで残るなんていうことはまずないのですが、諸般の事情により遅い帰りが数日続いた今週、izumi さんの簡単ご飯にすごく助けられました。

こちらはすき焼味の混ぜうどん。おうどんを茹でている間に大根入りの具を煮込んで、茹で上がったおうどんに混ぜるだけ。青葱がみじん切りの冷凍葱しかなかったので、玉ねぎを少し加えました。簡単にできるすきやき味のおうどん、おいしいです。この日も寒い夜だったので温まりました。あ、七味を切らしているので上のふったのは唐辛子のみじん切りです(ピザとかについてくる奴。

S_20081122_1.jpg

こちらは本日の晩御飯の桜色の梅ご飯あれ、何故か梅が全部かくれちゃっているけれど...
S_20081122_30.jpg

海苔をたっぷりふって食べるからどうせ見えないか。梅と海苔とご飯の組み合わせは大好きなのですが、蓮根とごま油という取り合わせがたまりません。調子にのって3杯も食べちゃいました。あ~あ。
S_20081122_34.jpg

あ~あなんて言っている場合ではありません。すご~くおいしいです。 izumiさん、いつもいつもご馳走様です。
ちなみに、カリフォルニアに住んでいると日本の食材は輸入禁止品の一部をのぞきほぼ100%手に入るのですが、場所によってはいわゆる日本食は手に入りづらい地域もあります。で、以外に思われるかもしれませんが、かなりの田舎でもWallMartがある程度のところだとほぼ必ず手に入るのはおうどんと大根、お醤油、豆腐、おかき等で、見つけるのに苦労するか、WholeFoods辺りに売っているけれどちょっと高くて手がでないのが蓮根と牛蒡。なので、蓮根とか牛蒡がお手軽に入手できるカリフォルニアの生活、堪能しています。

↓ ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ こちらも参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

コリアンランチ 

Foster CityにあるMarinaという韓国スーパーが入っているモールにある韓国料理のお店でランチをしました。なんでこんなまどろっこしい言い方をしてるかっていうと、お店の外観の写真を撮り忘れて名前がわからないから。中はこんな感じです。ってテーブルしか写ってませんが。

K_DSCN6430.jpg

こちらはお決まりのキムチセット。右奥にあるジャガイモは、ジャガイモをごま油で甘辛く煮付けたのかな。辛みは全然なくって肉じゃが風(ってお肉は入ってないけど)でおいしかったです。左手前に移っているのは韓国の麦湯っていうのかな、大好きな味です。
K_DSCN6432.jpg

こちらはお友達が頼んだ「白いスープ」とか呼んでた牛肉のスープ。お味見に一口もらいました。スープの味がしっかり出ていてとってもおいしいです。
K_DSCN6435.jpg

こちらもお味見用に一口わけてもらった餃子のスープ。ぷりぷりっとしていてお肉がしっかり詰まっていておいしいです。
K_DSCN6440.jpg

で、こちらが私が頼んだ石焼ビビンバ。おこげがしっかりついていてとっても幸せ。しかし...
すごい量なんですよね。お持ち帰りして晩御飯にしてもまだ余ってる!
K_DSCN6438.jpg

あと、チジミとかもあったのですが、写真撮りそびれました。一皿の分量が多いので、みんなで頼んで分けたほうがいろいろ食べられてよかったかもしれません。もっとも、一皿の量が多かったので、十分みんなでお味見できる量だったのですが。
名前もわからないのに恐縮ですが、ここのお味はお勧めできます。時々行くKayaは、誘われるからついていくって感じなのですが、ここは韓国人の子のお勧めだけあってどれもすごくおいしかったです。

↓ ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ こちらも参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ



医療費をめぐるトラブル 

例によってしょうもないアメリカのサービスの話しです。適当に読み飛ばしてください。

もう一年近くも前の話なのだけれど、保険会社から送られてくる明細と、病院から送られてくる明細の間に200ドル近くの開きがあった。普通、こういうのは、医療機関のほうが金額を大目に請求して却下されたケースが多く、数ヶ月のうちの残高がゼロになるものと思っていたのだけれど...

保険会社からの明細には、「これは保険会社から却下された分ですので、あなたは払う必要はありません」とはっきり書いてあったので半年近くほっておいたら、「未払いの金額がたまっていますので、支払いがなされるまで以後、当院での医療サービスは受けられません」みたいな手紙が送られてきた。

あわてて、まず保険会社に電話をかけて事情を説明すると、医療機関のほうから直接保険会社に連絡する必要があるけれども、明細に書いてある通り、私には支払い義務はないとのこと。で、連絡先とか担当者の名前とか細かく聞き出してから、医療機関の会計担当者に電話をかけた。保険会社とのやりとりを一通り説明すると、むすっとした感じで、「じゃあ、とりあえず電話をしてみるわ」との返事。

三日くらいしてから、「どうなりました?」と電話すると、「まだ電話してないわ。一週間ちょうだい」との返事だったので、2週間くらいたってから電話をしてみると、「いま保険会社からの新しい計算書を待っているところだからあと一月はかかるわ」とのこと。「その間、私が病気になったらどうしたらよいの?」と聞くと、「処理中ってしとくから大丈夫よ」とのこと。

で、しばらくこの件のことは忘れていた。数ヵ月後、ふと気になって、「あの件はどうなりました」と聞くと、「あのまんまよ。計算書が送られてこないんだもの。」との返事。仕方がないのでもう一度保険会社に電話すると前回と同じ返事だったのでその旨を伝えると、またしぶしぶ電話してくれることになった。

で、一週間後、電話をしてみたら、「保険会社から連絡があってあれはやっぱりあなたの責任で支払わないといけないのよ」との返事。実は、この医療機関、サービスを受ける前に、「保険会社が支払いを拒否した場合は患者が支払います」という条項のサインさせるのだけれど、サインした時は、当然、高額の医療費とかそういうものが対象になるのだと思っていた。第一、保険会社との契約で、通常の通院の場合の個人負担はいくら、入院の場合はいくらと決まっているのだから、ごくごく普通の健康診断とささいな指の怪我で受診した私の医療費がそんな差額医療の対象になるわけはない。でも、確か、健康診断でレントゲンを受けたあたりの費用が200ドルくらい違っていたから、「仕方ない。サインしちゃった私が悪い。今回は黙って支払って、もう二度とこんな病院にはこないことにしよう。」と思い始めていた。

しかし...

もう一度保険会社に電話して、「言ってることが違うじゃないの。いったいどうなっているのよ!」とたずねると、親切な担当者が細かく明細を調べてくれた。彼曰く、支払いを拒否されたのは、健康診断の日に医者の側から請求された『診断料』に該当するコードが間違えているために拒否されたので、医療機関のほうから正しい医療コードを提出し直す必要があるとのこと。いったいなんの診断料なんだときくと、帰ってきた答えはジェットラグ(時差ぼけ)!

そういえば、健康診断のついでに時差ぼけ防止にいいわよってすすめられて睡眠薬出してもらったんだけれど、あの時の診断名が「時差ぼけ」なの! 診断料請求するんだったらせめて「不眠症」とでもしてほしいと思うんですけれど。これで保険会社が支払い拒否したとしたらこれはあまりにも当たり前の話で、こんなのにお金を払うのは絶対嫌だって気分になったけれど、会計のお姉さんは箸にも棒にもかからないこの手の職種の典型みたいな人だし。(ま、おのあとのこのお姉さんとのしょうもないやりとりは長くなるから省くけれど、要は、保険会社が支払いを拒否したら支払い義務はあんたにあるんだからねと言われた)

で、保険会社とのやりとりをもう一度詳しく説明して、正しい診断コードを送ってもらうように依頼して、「結果は知らせてね」と頼んだのだけれど、例によってなしのつぶて。ま、これで解決しなかったら、暇なときに病院に文書で抗議でもしようと思っていた。で、保険会社のサイトで新しいクレームを見てみたのだけれど、支払われた形跡はないし、どうなったかなあと思ってまた電話してみた。

別の人が出て、「あ、残高ゼロでなんの問題もありません」とのこと。結局何がおきたのかは不明のまま。やっぱ、時差ぼけ用の睡眠薬出しただけで今更診断料を請求するのは無理と思ってあきらめてくれたのか、それともまた後日続きがあるのか、ちょっと気になるところです。

これで完結だといいなあ。

↓ ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ こちらも参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

最近作ったもの 

最近作ったもの、まとめてアップです。
最初の二つはizumimirunさんのえの切り干しのゴマ塩ラーメンにんにくダレで紫蘇納豆の汁なし煮麺です。おそうめんを一わ茹でて、最初にえの切り干しのゴマ塩ラーメンを作って、スープと具は全部食べちゃったのですが、まだお腹が空いていて、おそうめんが少し余っていました。量的にはどんぶりいっぱいあったから十分一人前だったとおもうのですけれど...

E_20081117_35.jpg

切り干し大根がこりころしていてとってもおいしかったのでもう少し食べたかったのですが、エノキを全部使っちゃったので作り足すわけにもいかず...なので、この時期なのにまだ青々としている遅植えの大葉を使って、紫蘇納豆の汁なし煮麺を作りました。つくづく、私って盛り付けが下手だなあって思うのですが、お味のほうは最高でした。大葉とにんにくってすご~く相性がよいのですね。この両方で私のお昼ご飯、一食分です。ダイエットの道のりは長そう。
N_20081117_40.jpg

こちらも盛り付けが下手なのですが、同じくizumimirunさんの万能ピリ辛ソースでレタス丼サニーレタスで作ってみました。夜になって少し肌寒くなってきて、サラダ風のご飯は大丈夫かなあと心配したのですが、これ、予想に反して、サラダじゃなくってしっかり丼もののお味でした。みりんの甘みがきいていて、温かくってとってもおいしかったです。izumimirunさん、いつもいつもご馳走様です。
L_20081117_57.jpg

で、お野菜ばっかり食べているとまた、「たんぱく質はいつ摂っているの?」なんて食生活になりかねないので、こちらは本日の晩御飯の冬瓜と鶏肉の炒め煮です。レイコさんのところでお見かけした冬瓜のお料理がとってもおいしそうで、冬瓜を買っておいたのですが、そのままお料理しないでほっぽってあって...レイコさんはシーフードミックスと合わせてらしてとってもおいしそうだったのですが、イカが食べられない私はこのメニューはあきらめて、鶏肉と合わせてごま油とお醤油で適当に炒め煮にしてみました。
T_20081119_7.jpg

急に寒くなってきたので、そろそろ大葉も終わりかなあと思いつつ、上にのっけて、あったかい丼物でしっかりと暖まりました。

ここのところ、なぜかお菓子じゃなくってお料理をたくさん作っている、指の生傷が絶えません。お菓子だったら粉と卵かき混ぜるだけでできちゃうのに、お料理は材料洗って包丁でらないといけなくって、大変ですね。

そういえば、不景気で食料品が安くなるのかなあと思っていたら、最近はスーパーで材料を買う人が増えたらしいです。レストランでの食事や出来合いのものをやめて、自分で材料買って作ったほうが安いからってことでしょうかね? アメリカって、小麦粉とかお砂糖とか生の野菜とかはすごく安いのに、出来合いのお惣菜とか冷凍食品(野菜の冷凍は除きますが)とかお菓子とかはかなり割高な気がします。

そうか、普段から材料勝手お料理している私は、不況になっても節約のしようがないね。あ、お昼のレストラン(時々)をやめればいいのか。

↓ ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ こちらも参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

図書館で 

新しい所に言ったり知らな人と話すことが苦手な私、なので、図書館は好きなのだけれど、重たい腰を上げて通い出すまでにしばらく時間がかかる。で、見つけても広い駐車スペースがなかったり、駐車場への出入りが難しかったりするとあまり通わない。

なので、住んでいた場所によって、毎週通ったところもあるし、長いこと住んだのに一度も通わなかった場所もある。そんなに長くは住まなかったけれど、雪道の運転が大変な土地だったりすると足が遠のくのだけれど、ここ数年は、割りに足しげく通っている。

引越す前に通っていた図書館は、家から車で15分(=15マイル)のところにあったこじんまりとした図書館。引越してすぐ、電話やインターネットがつながっていなかったので図書館でメールが読めるだろうかと言ってみた。「はじめてなんですけど、コンピュータ使えますか」と聞いたら居合わせた女性が丁寧に説明してくれて、ライブラリーカードも住所証明も何もない私にコンピュータを使わせてくれた。本の貸し出しは昔ながらにカウンターで行う。さすがに、カードはコンピュータ化されていたけれど。本の探し方もわからなかったのだけれど、人も少なめだったし、カウンターで聞くと親切にコンピュータを調べてから一緒に棚まで言って探してくれた。

カリフォルニアに越してきてからは、会社への通勤路の横に大きな近代的な建物があってアクセスはすごく便利。例によって、「初めてなんですけれど・・・」と言ってライブラリーカードを作ってもらうところまではうまく行った。が、本の借り方がよくわからない。ここは、みんなコンピュータを使ってセルフチェックアウトとかいうのをやっているらしいのだけれど、何回やってもコンピュータが私のカードのバーコードを読み取ってくれない。「うまくいかないんですけど...」と言ってカウンターの人に助けてもらうとすぐできるんだけれど。数回失敗した後で、どうも、カードを出す(置く?)位置が微妙にずれていたということがわかって一件落着...

と思ったら、今度は返却の仕方がわからない。「どうやって返すのですか?」と聞いたら、「あ、あそこの返却ポストに入れておいてくれればいいのよ」との返事。「へえ、図書館が開いている時間でもポストに入れちゃっていいんだ。ところかわれば...ってやつね。でも、こんなんで大丈夫なのかなあ」と一抹の不安がよぎったのだけれど。(あ、ここまではもしかして前に書いてたっけ?)

しばらくは何事もなかったのだけれど、ふとオンラインでアカウントを調べて見たら、一週間くらい前に返却した雑誌が未返却になってて課徴金(っていうの?)ペナルティーが課されている!あわてて帰りに寄って、図書館のカウンターのお姉さんに、「返却したと思うのですが...」って聞いたら、最初に書庫の中を調べて、「なかったわ」と言って次に本棚を調べてくれた。幸い本は棚に納まっていたので、「期限の一日前に返したことにしておいてあげるわね。そうしたらペナルティーはつかないから」と言われたのだけれど、これってそちらの間違えだと思うのですけれど。

それにしても、こういう時に本が出てこなかったらいったいどうなるのでしょうか?
↓ ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ こちらも参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

マヤのカレンダーによると 

ひとりごとです。適当に読み飛ばしてください。

世界の最後の日は2012年なんだそうです、大洪水が起こるんだとか...

それを聞いた私の最初の反応。あと4年かあ、あと何回食事が取れるかなあ...
何万回って書こうとしたのだけれど、365 x 3 x 4 x2
たいしたことないな。最後の2は何かって? 間食も入れると一日6食くらい食べてるから。

一人暮らしで子供もいない(当たり前か)お気楽な生活だから、心配事って言ったら老後の心配くらいなんですよね。なので、あと4年(正確には3年と何ヶ月か?)って期限が切られちゃって、み~んな同じ運命なら、老後の心配もいらないし、とりあえず、明日失業するとかいうことにならない限り、向こう3年分くらいの生活日はなんとかなるし、毎日おいしいものを食べて暮らしますかねって、私の頭の中は食べることだけなんだろうか???

でもなあ、「よく最後の晩餐は誰と食べたいですか?」とか、「あと○○日しか生きられないとしたら何をしますか」とかいう質問を耳にして考えるんだけど...

会いたい人は...ま、とりあえず、家族と親戚とお友達には出来るだけ会っておきたいかなあ。
遣り残したことは...まだ食べてないおいしいものは食べてみたいけれど。
あとは、できたら旅行をしてみるなんていうのもいいかもしれないけれど、別に特に謝らなければいけないとか仲直りしなきゃいけないような人達もいないし...
死ぬのが嫌とかこわいとかいう気持ちは、そういう状態になったら怖くなるのかもしれないけれど...

いつも、夢の中で「これで死ぬんだ」っていう立場になった時の気持ちって、なぜか「これで生きていくって重荷から開放される」っ気持ちのほうが強いんですよねえ。別に不幸な生活送っているわけじゃなくて、むしろ幸せなほうだと思っているのですけれど...

さて、2012年が最後だとしたら...
死ぬまでに、せめて家の中がまともに片付けられるようになりたいかなあ。もの片付けようとするとなぜか襲ってくるこのどうしようもない恐怖感...
なにもかもすっきり片付いた家にすんでなんでもきちんとできる人になれたらなあとは思うけれど、そんなこと思っているだけで4年なんてあっという間にすぎてしまいそう。

って、まったくの冗談の話題なのだけれど、こういうこと書くから、「あんたって変っているね」って言われるのですね。もう少し壮大なこととか夢のあることとか、大事なことを考えられればよいのだけれど...

とりあえずは、一回一回の食事を大切に、おいしいものを食べて暮らそうっと。別にマヤのカレンダーじゃなくったって、明日のことはわからぬはかない(?)わが身なのだしね。あ、まだ同じこと書いてる。

↓ ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ こちらも参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

プチパンで朝ごはん 

週末に焼いたパンです。先日、Firstsnowsさんのところでお見かけしたプチパンがとってもおいしそうだったので、真似して作っていました。

M_20081117_52.jpg

材料と作り方はいつものフープロ使う奴です。ブレッドフラワー2.5カップと水と卵(今回は卵も入れました)あわせて200CC程度、ドライイーストと砂糖各大匙1杯前後、塩小匙1杯をフープロでガーッとかき混ぜて、バターを55グラム(1ステックの半分)少しずつ加えてこねてから長めに1次発酵させて、小麦粉をたっぷりまぶして丸く成型して、軽く2次発酵させてから375℃のオーブンで12分ほど焼きました。水分量と発酵、焼成時間はパン生地とオーブンの状態で適当に調整する必要があると思いますが。
で、焼けたのがこちら。
M_20081117_46.jpg

バターをたっぷり入れたので、杏ジャムをつけて頂きました。

↓ ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

こちらも参加しています。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

ドラゴンフルーツで 

南カリフォルニアはサンタアナ風と山火事で大変なことになっているそうですが、サンタアナウィンドの影響なのか季節外れの暖かい陽気が続いている北カリフォルニアです。さすがに30℃を超えることはありませんが、日中外を歩くと汗ばむ程です。

D_20081115_4.jpg

なので、先日買ったドラゴンフルーツを使ってドラゴンフルーツのココナッツゼリーを作ってみました。レイコさんの食卓からのレイコさんがミナミールに掲載してらっしゃるレシピを使わせていただきました。沖縄や鹿児島のものと聞いていたのですが、こちらで出回っているのはきっと台湾産のものですね。
D_20081115_7.jpg

色鮮やかなピンク色を期待していたのですが、2つとも中は白いタイプでした。なので、真っ白い仕上がりになるのかなあと思っていたのですが、所詮はずぼらな性格な私のこと。果肉をくりぬく時に外側のピンク色の部分もちょっと入ってしまったので...
D_20081117_9.jpg

ほんのりピンク色の仕上がりになりました。
カボスの代わりにライムを使っています。ドラゴンフルーツとココナッツの味がよく合ってとってもおいしいです。レイコさん、ステキなレシピをどうもありがとうございました。

ちなみに、ゼリーは英語(米語?)ではJelloだよなあと思いつつ、スペルを確かめようと辞書を引いたらJellyもあったのでJellyの字で入れてみたのですが、なんかJelly Fish(くらげ)を連想してしまうのは私だけでしょうか? やっぱJelloにしとけばよかった。

...フルーツのスペルも違ってるし...

↓ ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

こちらも参加しています。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

ふんわり鶏からと焼きおにぎりの朝ごはん 

以前にizumimirunさんのところで拝見して、絶対に作ろうと思っていたふんわり鶏から、お豆腐を冷凍庫に入れてそれっきりになっていたのですが、やっと解凍して作って見ました。これ、大好きな味です。ちょっと焦げてしまってますが、割りに少なめのオイルで簡単に揚げ焼きできるのも魅力です。でも、おいしくっていっくらでも食べれてしまってかなり危険なのですが...
izumimirunさん、今回もご馳走様でした。

F_Torikara.jpg

こちらはなぜか突然食べたくなった焼きおにぎりの朝ごはん。実は、その前の日の朝も焼きおにぎりだったのです。もともと朝はパンかシリアルのことが多いので、ご飯は一口食べると、「やっぱパンのほうがよかったかな」という気分になります。
Y_20081115_34.jpg

特に、焼きおにぎりは外側のかりっとした部分はおいしいのですが、内側の部分は味がなくって、「すご~く食べたくなるのに一口食べるともういいやという気分になる食べ物の代表格」と思った筈なのに、生姜醤油とご飯が残っているのをみたらまた急に食べたくなってしまいました。今回はご飯にふりかけを混ぜて味をつけてから、お醤油もほんの少しご飯の中にも入るようにしたので、中までちゃんと味がついた焼きおにぎりになりました。

うしろにちらっと写っているのはドラゴンフルーツ、中華系のスーパーに行ったら売っていたので買って見ました。とりあえず、切ってそのまま食べて見たのですけど、生だと酸味も甘みもちょっと足りないという微妙なお味、種はプチプチしておいしいです。レモンかライムをかけたほうがよかったみたいです。どうも完熟してないのにあたったみたいですね。

↓ ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ こちらも参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

タパスの本を見つけたので 

ベジタブルパテとやらを作ってみました。いい加減な性格が災いして、あんまりきれいにできなかったので写真載せようかなあ、やめようかなあと迷いつつ、ま、話の種ということで...
完全に名前負けしてますが、要するに卵焼きをテリーヌ風に固めた感じの、野菜入たっぷりのカスタードみたいな感じ。

T_20081115_25.jpg

アメリカのお料理の本で困ることは、写真の数が少なくて作りたいお料理のイメージがわかないこと。グルメ雑誌とかはおいしそうなお料理の写真が盛りだくさんなのに、なぜ本になると写真の数が極端に少なくなるのでしょうか?

ま、これも写真がなかったからイメージがわかなかったと言ってしまえばそれまでなのだけれど、逆にアメリカのレシピのよいところは、きちんとレシピ通りに作ればそれなりのものが出来上がること。なので、本当は、細めの人参を半ポンド買ってきてm縦に二つに切って、スープ煮にしてバターとパン粉を塗った型の底に敷き詰め、同様に子房にわけてスープ煮にしたカリフラワー半個分をしきつめ、おなじく長いままスープ煮にしたいんげんを敷き詰め、マッシュルーム、最後に小さめのLeek葱6本も同様に敷詰めて、卵5個と生クリーム1/2カップとトマトピュレを混ぜたものを上から流しかけて、お湯を張った深めのオーブン皿に入れて350℉で45~1時間ほど焼けばもう少しまともなものができる筈だったのだけれど...

まず、パン粉を敷くのわすれたし、買い物には行ったのだけれど、そこは太い人参しか売っていないお店だったからベビーキャロットで代用しちゃったし、Leekもわけぎに変更しちゃったし、鞘インゲンは冷凍ので代用しちゃったし、てきと~に並べたからいんげんの層がきれいに出てないし...
なにも考えずにお皿の上においたら、包丁とまな板がないと下の層の葱が切れないし...

なので、切るとこんな感じになっちゃうのですが...
T_20081115_28.jpg

お野菜がたっぷり食べられるので、ゆで野菜が大好きな私には嬉しいレシピでした。

↓ ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ こちらも参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ


猫に小判、さくらんぼにブランド靴 

「イタリア製の靴、小さくてはけないからもらってくださらない?」と言われてハイヒールの靴をいただいたのが、かれこれ一年近く前のこと。名前を聞いたら「すご~い」(私にはね)というようなデザイナーブランドだったと思う。黒のパーティードレスとかに合いそうな靴なのだけれど、そんなものは持っていないし着る機会もないし。ちょっとドレスアップして会社にはいていって見ようかと...
K_20081112_13.jpg
実は、ハイヒールって大学一年生の時に中ヒールの靴で両足首捻挫して以来はいてないんだけど、なので、今回もうっかりすると転ぶか足を捻挫する可能性はあるのだけれど、え~いままよ、駐車場と建物の往復だけだしね。オフィスではなんなら履き替えていてもいいし、と合いそうな服を捜したんだけれど、タイツとスカートなんて考えはかすめもしなかった。

なので、黒のスラックスとブラウスとカーデガンでどこがおしゃれなんだって感じだけれど、とりあえず靴は浮かない。しかし...
スラックスはくとこのステキなバックルが隠れちゃって見えないの(涙)
K_20081112_11.jpg
しかたないのでとりあえず履いてみると、悪くないじゃない。この格好でバックパックもなんだから、バックパックの中に隠し持っているハンドバックだけ取り出して肩にかけて見た。オフィスの中をカツカツと音を立てて歩く気分も悪くない。

「あら~、さくらんぼちゃん、その靴ステキじゃない、チャコールグレーのブラウスとよく合ってるわ」なんていわれると気分は悪くない。もっともこのシルクのブラウス、あまりの着心地のよさにその昔普段着にして洗濯機と乾燥機でガンガン洗ってたからこういう色になっているだけで、もとは黒なんじゃないかと思うんだけどさ。

が、元気が良かったのは午前中だけ。別にウォーキングの時はスニーカーに履き替えたし、デスクとキッチンの往復しかしてないんだけれど、午後には「コツコツ」という音が「カランコロン」に変っていた。そう、足が痛くて引きずって歩いていたの。

「おめかししてどっかおでかけ?」と聞かれて、そんな気は全然なかったのだけれど、久しぶりに帰りにモールによって靴でも買ってきてもいいかなあという気分になってきた。いつものズタ靴とボロボロルックでいくよりも店員さんの応対も丁寧だろうし。で、「帰りは買い物だ!」って気分になっていたのだけれど、ふと、冷蔵庫に解凍した海老があることを思い出した。で、気分はいきなり天麩羅モードに。天麩羅を作る時は大根おろしがほしいのだけれど、大根ないから、そうだ、帰りにインディアンスーパーに寄って買っていこうっと。靴を買うのはまた今度ね。

ちなみにこの靴、ロゴが入っているのですが、ブランドに縁がない私は見てもさっぱりわからず、以前に聞いた名前はわすれちゃったんですよね。どこの靴だったんだっけ?
T_20081112_3.jpg

で、こちらがとっても食べたかった天麩羅、最近、揚げ物が続いています。
↓ ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ こちらも参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

エスニックさつま揚げ 

Elegance StyleのFistsnowsさんのところでお見かけしたエスニックさつま揚げがとってもおいしそうだったので作ってみました。えびせんがなかったのがちょっと残念ですが、お野菜は牛蒡を入れました。
レッドカレーペーストとナンブラーを入れるところがグッドアイデアで、とってもおいしいです。 Firstsnowsさん、ご馳走様でした。

E_20081113_1.jpg


話は全然変るのですが、今日は会社の帰りに変な車に出会いました。まず、一般道だったので35マイルで走っていたのですが、私の前にいきなり飛び出してきたので級ブレーキを踏んで、20マイルくらいにして後ろからついていくはめに...

「まったくもう!」と思いながらノロノロと運転していたら、前の車がスピードを上げたとたんに、その車の屋根から紙(多分、書類かいらない紙が50枚くらい重ねて車の上においてあったんじゃないかと思います)がバザッ、パラパラって感じで落ちてきました。一瞬ブレーキを踏んだのですが、前の車は先に進んじゃったし、相手が紙なら車が傷つくわけもないし、そのまま通り過ぎました。

で、その後も多分同じ車がずっと前を走っていたのですが、どういうわけか今日はハイウェーが異常に込んでいました。いつも、一区間だけ乗って、本線には入らずにそのまま次の出口で降りるのですが、今日は次の出口までのろのろ状態、隣の本線のほうが若干流れが速いです。で、例の前を走っていた車なのですが、どうも本線に入りたい様子で時々ウィンカーを出します。流れているとはいえノロノロなので、その車がウィンカーを出しているのを見て大抵の車は車間距離をあけて入れるようにしてくれているのですが、一向に入る様子がありません。ウィンカーを出しては止めて...というのをずぅっと繰り返して、このままだと出口にでちゃいますよ~って時にやっと本線に入って視界から消えてくれました。やれやれ。
それにしても、あの紙の束はいったい何だったのでしょうか?

↓ ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ こちらも参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

人参グリル 

izumimirunさんの鮭よりおいしい人参グリル作りました。

S_20081110_6.jpg

お野菜大好きな私としては、人参1本がたっぷり食べられてうれしいです。お味噌の味がきいていてとってもおいしかったです。ご馳走様でした。

オーブンに放り込んでおくだけで出来るのでとっても簡単なのですが、人参1本のために巨大なオーブンを使うのは結構不経済で気がとがめます。

なので気休めにアメリカのスィートポテトとかヤム(だったと思う)とかよばれるお芋も一緒に焼きました。
S_20081110_9.jpg

これ、外見はサツマイモそっくりなのに中身は人参そっくりの色で、日本人の方の中にはがっかりされる方もいらっしゃるようですが、これはこれでオーブン焼にすると甘くておいしいです。
S_20081110_10.jpg

皮を剥いたあとの写真も撮る予定だったのですが、気が付いたときは全部お腹にはいっちゃいました。よく見えないのですが、奥のオレンジ色が実物に近い色です。リンゴとあわせてデザートにしてもおいしいです。和風の炊き込みご飯も合いそうですが、これはまだ作ったことありません。
↓ ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ こちらも参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

話せるんだから書けるわよ 

英語の話です。あんまり偉そうなことを言える身ではないのですが...

お昼休みにちょっと仕事絡みの話をしていて、「ある日本人の方の仕事の内容が変わって、英文を書く仕事が増えたみたい」という話題になった。その時の私の反応は、「え、○○さんって今までそういうお仕事なさってなかったのに、なぜ急に?」というもの。これは、日本人の方についてのコメントというよりも、そんなに急に別の仕事を持ってきて、「さあやってごらんなさい。」と言ってきた彼女の部署の上司に対する暗黙の批判なのだけれど、一緒におしゃべりしていた方にそう受け取っていただけたどうかは不明。もしかしたら、「え~、彼女にできるのぉ?」というコメントに聞こえてしまったかもしれない。

で、今度はその女性の方も交えた三人の会話。「○○さん、英文書くお仕事に変ったんですって?」「そうなのよ。本当に大変なのよ」という会話になって、気が付いたら、「大丈夫、英語なんて毎日しゃべってらっしゃるのだから、その通りに書けば書けますよ」と言っていた私。

私、どっかで書いたかもしれないけれど、一時期は仕事で英文を書くことが嫌いで嫌いで逃げ回っていた。その当時の会社のプロジェクトの関係で、英語を書く仕事が本業になりそうだとわかって仕事を変ったこともある。よく知っていた勤め先のよく知っていた上司とよく知ってた仕事お内容だったからさ。で、そこで最初の話と全然違って、気が付いたら毎日英文を書く仕事をさせられた時は、本気で日本に帰ろうかと思った。でも、「さくらんぼさんなら日本に帰っても仕事くらい見つかるでしょ。日本語を英語に翻訳してほしいと思っている人はいっぱいいるからね」との一言であきらめた。英語が嫌いでアメリカから日本に逃げ帰ろうとしているのに、帰った先で英語翻訳の仕事なんかしたんじゃ全然意味がない!

その後、暇つぶし(というか、日本に逃げ帰らない理由作り)に通った学校のレポートその他で英文を書く機会が増えて気が付いたのだけれど、GetとかTakeとかを多用せずに、ま、それなりに気の利いた動詞とかを選べば、ふつ~に英語を話す感覚で紙に書いてしまえば結構まともな英文になってしまう。前置詞や冠詞は日本人の弱いところだから、この部分は英語に詳しいアメリカ人とかに添削してもらえると助かるけれど、アメリカ人の教授の大方は、内容さえあっていれば細かいことは気にしない人が多かった。これも前に書いたけれど、私のレポートを真っ赤になるまで直した唯一の教授は英国人で、他のアメリカ人のレポートもみんな真っ赤になって返ってきていたし。

って、横道にそれたけれど、英語をかなり流暢に話される日本人の方が、わざわざ日本語で原案を考えて、苦労して英語に直訳されている姿を見ると「???」と思う。日本語と英語は違いすぎるので、日本語を直訳してしまうと意味不明の英文になることが多い。もちろん、英語が苦手で、一言一言頭の中で翻訳しながら英語を話している方の場合は仕方ないのだけれど、日常会話に不自由しない方だったら、「普通に、英語しゃべるみたいにして紙の上に書いちゃえばいいのに」と思う次第。

もちろん、専門的な内容の文書を書く場合は、似たような文献を読み込んだりとかいろいろする必要があるけれど、これはアメリカ人も同じだしさ。

って、さくらんぼさん、そんな偉そうなこと書く暇があったらもう少し英語と日本語のお勉強して、その誤字脱字だらけのブログもなんとかしてねってか。ハイ、重々承知致しております。

↓ ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ こちらも参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

トレジョのアーティーチョークで 

イタリア風のチキンの煮込み(ソテー?)を作ってみました。

A_20081106_12.jpg

アメリカのレシピで、時々瓶詰めのアーティーチョークを使ったものを見かけるのですが、なんとなくいつも買いそびれてしまって、で、先日トレジョで見かけたので買ってみました。

そしたら、今度は肝心のレシピが見つからず、NobHillの冊子とかに載っていたはずなのに変だなあと思っていたら、The Complete Book of Italian Cookingというイタリア料理の本にいくつか載っていました。
A_20081110_88.jpg

これは、塩コショウしてバターとオリーブオイルでさっとソテーして白ワインで蒸し焼きにした鶏胸肉とソテーした紫玉ねぎにアーティーチョークを入れてスープで軽く煮込んで、小麦粉でとろみをつけたもの。レシピにはなかったのですが、ガーリックパウダーも加えました。

日本では割安の胸肉ですが、アメリカだとこちらのほうが腿肉よりも高いです。でも、骨付きの腿肉だとどうしても臭みが気になってしまって、かといって胸肉はぱさつくのが悩みの種...だったのですが、最近、胸肉をよく叩いて伸ばしてから強火でソテーして、あとは余熱で火を通すようにすると柔らかくなると覚えて、よく使うようになりました。これも(肉叩きを持ってないので)ワインの瓶の底でさんざん叩いて伸ばした胸肉を二つに切ってからソテーしました。ソテーする時はオリーブオイルだけで、その後、スープで伸ばした小麦粉を加える時にバターをほんのちょっとだけ加えました。レシピには、玉ねぎに火が通ってからチキンを戻して30分煮ると書いてあったのですが、玉ねぎとスープとアーティーチョークだけ煮込んで、チキンは先に火を通しておいたものを仕上げに加えました。

本当は、紫玉ねぎにレモンジュースをまぶしておくらしいのですが(色留めのため?)、面倒だったので変りに、アーティーチョークのマリネ液をほんのちょっとだけ加えたら気に入った味付けになりました。 全部は食べきれないので、残りはチアバタと一緒にサンドイッチにしてお弁当にしました。(あ、別べつに持っていってトーストしたパンにはさんだだけですけれど)

↓ ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ こちらも参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

イーストの発音 

チアバタのことを書いていて、以前にNeutritional yeastを探し回っていた時のことを思い出した。ドラッグストアやナチュラルフードストアなど数件回って、結局、Brewer's Yeastしかないと聞いてあきらめてこちらを買ったのだけれど、オンラインで調べると正確には別物らしい。

お豆腐にこれをあわせるとチーズ風味が出るし、ベジタリアンに不足しがちなビタミンやミネラル(だったかな)が補えるらしくって、ま、どうしてかは詳しく書くと食欲を減退されるかたがいらっしゃるかもしれないので省くけれど...

これ、どこに行っても、私がほしいものを分かってもらうのにちょっと苦労した。内容を説明すると、もしかしてBrewer's Yeastのことかなあってなるので、初めからBrewer's Yeastと聞けばよかったのかもしれないけれど、しかしまてよ、私の発音だと、Brの音よりもNeutritionalの発音のほうが確実な筈、やっぱ、みんなNeutritional Yeastを知らないだけなんだ!と思い込みたいんだけどさ。

問題はYeastのYの音。イーストは日本語でもイーストだから、いつもの例に漏れず、英語を話していてもこれは無意識にカタカナの「イースト」(日本の発音記号だとiに長音マークがついたやつ)と言ってしまう。確かに、あ、「I----stoじゃなくって、Yeastがほしいのね」と言われれば、自分の発音の間違いに気が付くし、たしかに、これはYの音だから、くちをもっと横にして、喉の奥の空気をイって止めるんじゃなくって横から流れるようにしないといけない(うまく説明できないのでこれで正確にYの音になるかは不明)って思うんだけど、「カタカナにしちゃえばどちらも「イースト」じゃないかあ、そんな細かいところにこだわらないですぐわかってよねえ」と思ってしまう。

逆に外人さんが日本語をしゃべる時は、四捨五入して日本語のアイウエオのどれかの母音になる音だったらなんとなくOKだし、母音と子音さえはっきり言えていれば、イントネーションなんてどうなっていても通じてしまうことが多い。日本語を聞かれて、「あ、それで大丈夫、通じるわよ」と言ってから「でも、君の発音と全然ちがうじゃないか」と怒られることがあったけれど、日本語のイントネーションは西と東で違うしさあ、日本人は気にしないんだってば。(あ、気にしないのはアバウトな性格の私だけ?)

そういえば、私の名前もよく聞かれて困るものの一つ。だいたい、日本でも珍しい名前だし、どこにイントネーションを置くのって聞かれてもねえ、母方の親戚と父方の親戚でイントネーション違うんだよね。フランス語読みしないでちゃんとローマ字読みしてくれればイントネーションはどっちでもいいの。

↓ ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ こちらも参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

巨大なチアバッタとふわふわ牛蒡クリーム 

週末に焼いたチアバッタとizumimirunさんのふわふわ☆牛蒡クリームです。
チアバッタは、前回のレシピを使えばよかったのですが、別のオンラインのレシピを使ったら量が多すぎてすごいことになってしまいました。とりあえず、切ってみたらなんとななったので、バジルとトマト、コールドミートをはさんでサンドイッチに。

C_20081110_74.jpg

こちらはizumimirunさんのふわふわ牛蒡クリームをつけてみました。牛蒡の風味がふんわり利いていてとってもおいしいです。
C_20081110_65.jpg

お醤油味とメープルシロップ味と二種類作ってみたのですが、甘党の私にしては珍しく、お醤油味がいいかなあなんて思いながらふと思いついて、メープル風味のほうに隠し味でお醤油をちょっと加えてみました。メープルシロップにお醤油一滴、不思議にマッチしてあっという間に食べてしまいました。
izumiさん、いつもいつもご馳走様です。

で、チアバッタなのですが、なんかこの分量だと多そうだなあとは思いつつ、1本分だったので何も考えずに作ってしまったら、発酵が終わった段階でこの通り、これ、10X14インチのかなり大きな天板なのです。あれ~、もしかしたてこのまま焼いたらまた爆発!って心配したのですが、案ずるほどのことはなく
C_20081110_34.jpg

若干発酵しすぎてたのでしょうね。あまり釜伸び(っていうのかな)しませんでした。
C_20081110_46.jpg

敗因のもう一つはシリコンのシート。こういうパンは金属製のよ~く熱した天板にのっけてそのまま焼かないとダメですね。底のほうの焼色がかなり薄くなってしまいました。
実は、前回も今回もKing Arthurのレシピなのですが、今、前のブログを見直してみたら、捏ね具合その他、全然違います。今回はポイント全部外してるし、レシピにも細かいところが書いてなかったので思い出しながら作ってみたのですけど...同じ会社のレシピでもいろいろとあるのですね。
以前に見つけたオンラインレシピ(フランスパンとチアバタについて詳しく書いてあった)が見つからないのですが、
http://www.kingarthurflour.com/shop/RecipeDisplay?RID=1167243141881
あたりが割りに詳しいみたいです(英語ですが)
Ciabatta King Arthurで検索かけてもいろいろ出てくると思います。

この巨大なパン、サンドイッチにするとあっという間に消費できることが判明しました。とりあえず一部は冷凍しましたが。また小麦粉買ってこようっと。

↓ ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

こちらも参加しています。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

ナッツレースクッキー オレンジピール入り 

昨日焼いてナッツレースクッキーです。

2L_0081108_22.jpg

焦がさないように注意することと、割らないように(って無理がありますが)取り扱いに気をつけることを除けば、あっと言う間にできてしまうクッキーです。

こちらは裏に溶かしたチョコレートを薄く塗ったもの。
L_20081108_27.jpg

これは、クッキングシートの代わりにシリコンシートを使ったのですが、こちらのほうはレース状になりませんでした。金属の天板にじかに落として焼いたほうが(多分)高熱になってぶつぶつと穴があくのですね。

チョコレートはWelintonのLight Cocoa Candy Meltを使いました。タブレット状になっていて、そのまま電子レンジで数分チン(途中でちょっとかき混ぜる)するとコーティングできてすごく便利です。

でも、これ、軽くって食べだしたら止まりません。果たして明日の朝まで残ってますでしょうか?

詳しい作り方はこちらからどうぞ。
↓ ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

こちらも参加しています。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

鯖の押し寿司と梅紫蘇巻き 

最近、食べ物のことしかブログに書いていない気がしますが...
先日、日系スーパーに行った時にしめ鯖を買ってきたので、押し寿司を作っていました。しめ鯖が意外に小さくって寿司飯が残ってしまったので、残りは梅干と大葉を入れて海苔巻きにしました。

S_20081108_4.jpg

本当は、お刺身とかいろいろ買って来たかったのですけれど、その日はあんまりお腹が空いてなくって、翌日までおいても大丈夫そうなものって考えたらしめ鯖になっちゃいました。やっぱ、日本食の買出しは週末じゃないとだめなのかなあ。でも、週末の込んだスーパーには行きたくないし...

なんか、久しぶりだったのですご~くたくさん食べちゃって(あ、この写真の分だけじゃなくってお代わりしました)、お寿司って、食べてしばらくしてからお腹がいっぱいになるのですね。

週末のスーパーと言えば、土日だけのセールで買いたいものがあったので、久しぶりに近所のスーパーに行きました。いつもは、買いたいものがあっても朝早起きできなくてあきらめるのですが、起きて、いろいろしていたらキッチンの時計が9時だったのであわてて身支度をしたら、実はこの時計は直してなかったのでまだ8時ということがわかって、朝早い時間に行けました。お目当てのもの以外にもいろいろセールになっていて嬉しかったのですが、これって景気が悪いのでスーパーが在庫一掃を計っているんですかねえ?

↓ ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ こちらも参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

吹雪饅頭? 

漉し餡が少し余っていたので、内記 進先生の「あこがれの和菓子をつくる」にのっていた「吹雪」というお菓子を作ってみました。この本によれば、暑いさなかに涼をとろうということで8月のお菓子となっているのですが、Webで和菓子を検索すると「花吹雪」がほとんどで、あとは白っぽい冬のお菓子が載っていました。なので、どんなのが正しい出来上がりなのかよくわからないのですが、本当は上白糖をたっぷりふりかけて吹雪に見立てるようです。

F_20081107_7.jpg

アメリカだと、上白糖は割高で洋菓子にはほとんど使わないので、粉末状のグラニュー糖を使いました。ちょっと多かなって思うくらいお醤油が入っているのですが、これがちょうどよい塩味になっていて香ばしくっておいしくできました。焼成時間は210℃で14分となっているところを、200℃で焼いてみたのですが、うちの電気のオーブンだと少し焼きすぎたみたいです。餡子には火が通っていることだし、うっすらキツネ色になった時点(10分くらいでした)で取り出しちゃってみよかったかもしれません。一晩容器に入れておいたら少ししっとりなったのですが、焼き上がりはカリッカリでした(汗)
F_20081107_5.jpg

皮のレシピは50個分で、ひとつに5グラムくらいのものを使うとありますので、かなり皮の薄いお饅頭になるのではないかと思うのですが、不器用な私のことですもの。同じ分量で14個しかできませんでした。

分量と概略だけメモっておきます。
水 大匙 1 1/3杯
醤油 大匙1杯
ベーキングソーダ 小匙1/4杯弱(レシピでは1グラム)
粉糖(グラニュー糖の細かいタイプ) 70CC(レシピは上白糖60グラム)

以上をボールに入れてよくとかしたところに小麦粉100グラム(オールパーパス粉200CC使いました)を加えて14等分(レシピは5g x 50個)して、丸め、うすくのばして丸めた漉し餡を包み、オイルをたっぷり入れた天板に並べ、表面にたっぷり霧を噴いてから200℃のオーブンで14分焼く。

レシピには、手に打ち粉をつけながらのばすとあったのですが、打ち粉なしでのばせましたので、この時期の北カリフォルニアで、オールパーパス粉を使って作る時は、水分の量をもう少しふやすべきだったのかもしれません。

で、仕事仲間とランチ仲間全員には数が足りないかなあと思いつつ、誘惑にまけて夜1個、朝2個もお味見してしまった私。仕事仲間は朝の早い時間にいる人だけに配って、お昼にランチ友達に分けて、一個だけ余りました。

席でサクランボちゃんが食べればいいじゃない(結局食べたのですが)という言葉に、「実は、私用にはもう一個とっておいてあるのです(注:余ったら別の人にあげてもよいなあと思ってとっておいたのですが)、あと、朝も二つ食べてきちゃったんですよねえ。」といったら一同絶句していました。昨夜も食べたことは内緒です。14個焼いて、結局、5個が私のお腹の中かあ。ダイエットの道は遠いなあ。

↓ ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

こちらも参加しています。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

クミン風味の大根味噌煮と鶏ハムと 

昨日作ったizumimirunさんのクミン風味の大根味噌煮です。

D_20081106_8.jpg

会社の帰りに久しぶりに日系スーパーとその他のお店に寄ってブラブラしながらお買い物をしていたらすっかり遅くなってしまって、ちょうど残っていた大根を使って作ってみました。20分くらい火を通すとあったのですが、すぐ食べたかったので圧力鍋を使ったらお味噌がほんのちょっとだけ焦げてしまったのですが、5分でできちゃうところが魅力です。いつも思うのですが、大根を切る以外は何もしなくてもお料理が出来上がってしまって、しかもとってもおいしいところがizumiさんのレシピのすごいところ。お味噌とごま油とクミンの取り合わせなんて普通ではちょっと考え付きません。でも、すご~くおいしかったです。ご馳走様でした。

こちらは作り置きしてあった鶏ハム。昨日のお昼のサンドイッチに使った残りです。
T_20081106_15.jpg

数年前(去年だっけ?)にすごく流行っていた気がするのですが、久しぶりに作ってみました。作り方は適当なのでレシピなしです。バジルの葉の塩漬けに使った塩がたっぷりあったので、鶏の胸肉2枚にバジルソルトをたっぷり刷り込んで、ローストして皮を剥いた赤ピーマンとバジルの葉の塩漬けを挟んでタコ糸で縛って一昼夜おいておいたものを、沸騰したお湯の中で茹でました。ぐらぐらしたお湯の中で数分ゆでてから一度火を止めて余熱で火を通して、10分くらい冷ましたらまた火にかけて...とする予定だったのですが、一度火をとめて他のことをやっていたら30分くらいたってしまって、また火にかけて、また冷まして...切ってみたら中まで火が通っていたのでよしとしました。ものの本には竹串をさしてみて血が混ざっていない透明な汁が出てくればいいって書いてあるのですけれど、どうしても感覚がつかめないんですよねえ。

ちなみに、お正月に母が作ってくれた焼豚の火の通り具合の確かめ方がわからんくて母に聞いてみたところ、「あ、あれね、半分に切ちゃうのよ」との返事でした。この母にしてこの娘ありです。母よりほんの少しはお料理上手になりたいなあと思っているのですが、ものぐさで手抜き大雑把な性格をしっかり受け継いじゃったようです。私の記憶が正しければ、姉はお料理教室で習ったとおりに大匙でお砂糖の分量とか量っていた筈なんですけれども...

↓ ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると嬉しいです。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ こちらも参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。