さくらんぼのアメリカ日記 2010年03月

月別アーカイブ

 2010年03月 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レモンバークッキー初挑戦 

昨日は疲れ果てていたので...

クッキーを焼きました。

って、矛盾してるように聞こえるかもしれませんが、適度に疲れている時にこういうお菓子を焼くとすごく気分が落ち着きます。

ショートブレッドの生地の上に甘酸っぱいレモンクリームが乗ったクッキーとケーキの中間のようなお菓子(と最初は思った)、アメリカに来てから覚えた味です。

IMG_7222.jpg

時々食べるとおいしいのですが(って、かなり甘いけど)、手元のレシピは生クリームやエバミルクを使ったものが多くて、乳製品を控えたい私には無理かなあって思っていて自分で焼いたことはありませんでした。そしたら、Good House Keeping Great Baking という本に、生クリームも何も使わない作り方が載っていて、マイヤーレモンをたくさんいただいたので作ってみました。

手順と材料は例によってフープロ利用の手抜き版に変えてしまったので、自分用のメモ書きということで載せておきますね。カップはアメリカサイズ(236CC)を使っています。

最初にオーブンを350℉(約180℃)に余熱して、13 x 9インチの天板にアルミ箔を敷いておきます。両サイドが3cmくらい余るようにしておくとあとで取り出しやすいです。

フープロにオールパーパス粉(薄力粉でも可)1 1/2カップと粉砂糖 1/2カップ、角切りにしたバター1 1/2スティック(約165グラム)分を入れて、パルス機能を利用して、そぼろ状になるまでフープロをまわします。

そぼろ状になったら、こんな風に天板に押し付けるようにして広げて、余熱したオーブンでふちがうっすらときつね色になるまで、15~17分ほど焼きます。
IMG_7210.jpg

焼いている間にクリームを用意します。レモン(今回は小さめのマイヤーレモンを3個使いました)の皮の黄色い部分のみをすりおろして、小匙1杯分使います。残りのレモンはジュースを絞って使います。今回は110CCくらい取れました。1/2カップ弱です。普通のレモンの場合はもう少し酸味が強いと思いますので、お砂糖の量その他、適宜調整してください。酸味が強すぎた場合は、出来上がりに粉砂糖をたっぷり振れば大丈夫と思います。

ボールに卵を3個割りいれ、ざっとほぐしてからグラニュー糖を3/4カップ加えて、電動のミキサーで3分くらい、レモン色になるまで泡立てます。ここに小麦粉 大匙3杯とベーキングパウダー 小匙 1/2杯、塩 1/2杯、レモンの皮のすりおろしとレモンジュースを加えて、ざっと泡だて器のスピードを落としてざっと混ぜて、クッキー生地の上に流しいれ、350℉のオーブンで15分くらい、ふちがうっすらとキツネ色になるまで焼きます。

IMG_7214.jpg

温かいうちに粉砂糖を大匙1杯ふりかけ、冷めるまで天板に入れた状態で冷まして、しっかり冷めてから36等分に切り分けます。冷蔵庫で冷たく冷やしてお召し上がりください。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

スポンサーサイト

チェリータルトレット 

これも週末に焼いたものですが...
クリームパイを作った時のパイ皮が少し残っていたので、タルトレットにしました。普通、タルトレットはパートシュクレっていうのかな、砂糖を入れたクッキーみたいな生地を薄く伸ばして焼いたものが多いのですが、これは中学生くらいの時に使っていたお菓子の本に載っていたもので、塩味のパイ生地を使っています。で、その上にカスタードクリームをのっけてジャムかフルーツを飾ったもの。

IMG_7190.jpg

まず、薄く伸ばした生地をタルトレット型に入れてから焼きして、皮がしめらないようにうす~くジャムを塗りました。今回もアップルジェリーを使用。何度も伸ばしなおした生地なので、重しはしなくてもそんなに膨らみません。底にフォークで空気穴をあけてから焼きました。400℉でこんがりキツネ色になってバターの泡が消えるくらいまでが目安です。
ちなみに、パイ生地はバナナクリームパイの残りです。カスタードも同じ作り方で、レモンジュースが入らない代わりにバニラエッセンスを入れました。量は1/3に減らして。
IMG_7167.jpg

で、その上にカスタードクリームを載せて、チェリーをのせました。シロップ煮にして瓶詰めにしてあったものに、コーンスターチを加えて煮詰めたものです。
0_IMG_7168.jpg

クリームの真ん中に一個なんていうのがかわいいかなあと思ったのですが、チェリーもまだあったし、たくさん載せたほうがおいしいと、どっちゃり載せちゃいました。
IMG_7183.jpg

ちなみに、この型は9x13インチの四角い焼き型で、上にプラスチックの蓋がついていて持ち運びが可能。ブラウニーとかを大きく焼いた時に便利なのですが、焼き型をかねているだけあって、(よく覚えていないのですが)多分、1900円くらいだったんじゃにかと思います。先日、丸い容器の話が出たので、ターゲットに行った時にちらっとみてみたら、大きなケーキが運べるようなタッパウェアの容器(普通の巨大なボールなのですが、上下が逆になっていて、上側がドーム型になっていてその上に持ち手がついています)は、600円くらいで売っていました。収納場所さえあれば迷わず買うのですけどねえ。

ちなみに、このタルトレットもあっという間に消えました。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

ピロシキ 

週末に作ったピロシキです。揚げ物はあまり作らないのですが、新しく買ったカノーラオイルのボトルが冷蔵庫のいつもの場所に収まらなくなってしまったので、残っていたオイルを使い切りたくって、ピロシキと、あと、冷凍保存用のミートボールを揚げておこうと、久しぶりに作りました。

IMG_7140.jpg

ピロシキは、多分、肉まんと一緒で、水分を少なめにした生地で作るのがいいんだろうなあと頭では思いつつ、普通のパンも焼きたかったので、いつものバタロールの生地です。なので、生地はちょっと薄めの仕上がり。切ったとこ、ピンボケですね。
IMG_7152.jpg

中身は挽肉と玉ねぎ、セロリのみじん切りを炒めて、ガーリックパウダーと塩、胡椒、ナツメグ、ケチャップで味付けしたもの。あ、あと、もどした春雨とゆで卵も細かく切って入れました。ケチャップ味は余分でした。その昔、渋谷のロゴスキーで食べたピロシキは、中身がもっとジューシーで大人の味だった気がする。味付けは改善の余地がありますね。二次発酵はさせてもさせなくてもいいみたいですが、バタロールくらいの大きさに生地を楕円形に延ばして、真ん中に挽肉のいためたものをのっけて、端っこをしっかりつまんでとめて、(私は20分くらい発酵させました)170度くらいの油で揚げるらしいのですが、油の温度は適当です。
などといいつつ、やっぱり揚げ物はしつこいので、次回はオイルを塗ってオーブンで焼いてみようかと思います。でも、そうすると、あの揚げたてのジューシーな食感にはならないから、やっぱ、こんな味付けでよいのかなあ...
悩むところです。
Cherrybread.jpg

残りの生地はデニッシュにしようかどうしようか迷ったのですが、カスタードとチェリーとあわせて焼いたら、成形に見事に失敗。味は悪くないのですが、どんどん発酵が進んで、真ん中に大穴があいちゃいました。次回、チェリーのパンを作る時は平べったい成形にしようと思います。

パン生地は、いつもの食パンの作り方。今回は小麦粉 2 1/2カップに対して、水200CC,バター大匙1.5杯です。中身はか~なり適当に、牛肉と豚肉をフープロで挽肉にして、てきと~に味付けて作りました。なので、レシピになってなくってごめんなさい。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

カスタードクリーム入りの蒸しパン 

IMG_7134.jpg

これもアップが遅れていますが、先週の木曜日あたりに作った蒸しケーキです。
和風にしたかったので柚子ジャムなんぞを乗せてみました。
カスタードが中に入った萩の月みたいなイメージがあったのですが、例によってこんな風に手を抜いて、ただ底に1/3ほど入れてちょっと蒸してから
IMG_7126.jpg

カスタードクリームと残りの生地を入れて蒸したので、カスタードサンドになっちゃいました。
ずっと前にこういう作り方をネットで見たきがしたんですけどねえ...
実は、今回検索したときは、もっと大きくひらべったく形作って蒸してから、型に敷詰めるってやり方があったのですが、蒸し器(ってか、圧力鍋のスチームバスケット)が小さくて一度にできそうもなかったので省略。次回、機会があったらきちんと作ります(って、いつになることやら)
IMG_7127.jpg

久しぶりにランチの時のデザートにみんなでと思ったのですが、みなさん、おでかけだったので、6個とも全部、おいてけぼりのさくらんぼのお腹に入りました。お味見1+朝スナック1+お昼デザート2+午後スナック2、あ~あ。

ケーキの作り方は前回の蒸しケーキの作り方と一緒。
カスタードは、バナナクリームパイの時の作り方で卵黄1個分で作りました。




↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

角食パンとサワードゥブレッド 

これもアップが遅れていますが、先週末に焼いたパンです。初め、サワードゥの種を捏ねずに冷蔵庫で一晩発酵させる方法でサワードゥブレッドを焼く予定だったのです。ですが、サワー種の元気がなかったらしく、待てど暮せど、膨らむ気配がなく、ほぼあきらめて、角食パンを焼くことに。

IMG_7040.jpg

作り方はいつもの通りですが、今回は、水を入れすぎて小麦粉の量を増やし過ぎないようにして、追加の大匙二杯分の小麦粉は省いて、水分は気持ち多目に捏ね上げました。
いつもの作り方はこちらです。
IMG_7028.jpg

二次発酵もさせすぎないように十分注意して...
IMG_7030.jpg

まあ、とりあえず、型の中におさましました。ホワイトラインは出てないけれど。
で、そんなこんなとしているうちに、一緒においておいたサワードゥも膨れてきたので、食パン焼いたあとで焼きました。
IMG_7054.jpg

あんまり膨れてくれないで、平べったいまんまだし、ダメかなあと思ったのですが...
IMG_7055.jpg

ベーキングストーンを使ってしっかりやいたので、外側はバリッとして、中はモチモチの仕上がりになりました。軽くトーストしてからサンドイッチにするとおいしいです。

まあ、こういうパンならアメリカはどこでも売っているし、「おいしくできましたからどうぞ」ってお裾分けするほどの出来ではないけれど。

(そう、カリフォルニアは、結構おいしいパンが手頃なお値段で買えるので、パンは、よほど上手にできた時以外は、基本的に自分用にしてひとりで食べてます。以前、お山のふもとに住んでいた時に、ベビーシャワーの内祝いのお返しにコスコかどこかのそれなりの食パン一斤もらったって、みんな戸惑っていたことがあったし...
ただの食パンとかバタロールパンを毎回毎回配っても配られたほうも当惑するだろうと...しろうとの作るそれなりのパンを食べさせられるよりも、おいしいベーカリーのパンを自分で買いたいっていう人も多いと思うし...
あ、おいしいパン屋さんの少ない中西部とかだと、この程度のパンで十分喜んでもらえるんですけどね)

サワードウブレッドの作り方はこちらです。今回は、分量を全部、2/3にして、材料はフープロでざっと混ぜ合わせて、ひとまとまりになったら冷蔵庫で一晩寝かせました。基本的に捏ねてません。で、全然膨れなかったので、翌日、ザルにのせて、暖かいところにほぼ一日置いておいて、膨れてきたので、そのまま天板にひっくり返して、もう少し発酵させてから焼きました。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

残り物整理とカリフォルニアの食材と... 

食べても食べても冷凍庫の残りものが減らないのは、一度に4人前くらい作りつつ、ほぼ毎日のようにお料理していたのが原因のような気がするのだけれど、それでも、冷凍庫で化石化する寸前だったものはかなり消費できたような...

最初のはいつもお世話になっているizumimirunさんの切り干ししめじの煮きりうどん。切り干しもそろそろ使い切ってしまわないと...と思って、しめじはちゃんと買ってきて作りました。これも大好きな味で、「卒倒しそうにおいしい」というのがうなずけます。あ、卒倒はしなかったけれど。izumimirunさん、ご馳走様でした。お隣に写っているのは中途半端に残っていたキャベツとキャベツの芯の煮物。冷凍庫にあったチキンスープと塩レモンの千切り、ケッパーと一緒に圧力鍋で煮たもの。この組み合わせも最近のお気に入りです。

IMG_7075.jpg

これも、以前に大袋で買ってしまってずっと気になっていた韓国春雨(っていうのかな)を使って作ったマーボ春雨。
ガーリックと生姜のみじん切りを炒めたところに挽肉と葱のみじん切りを加えていためて、ゆでた春雨を加えたもの。味付けは醤油と酒、オイスターソース...あっと、これじゃあマーボ味じゃないか。あと、ニラも加えました。
ずっとおいてあった春雨の大袋、実は封を切ってなかったということが判明して、袋の1/4ほど使ってこの4倍量くらいできました。二日で完食しちゃったんですが、韓国春雨はまだたっぷり残っていて(汗)...
IMG_7074.jpg

いつも日本の皆様のおいしそうなブログを見てうらやましがっているのですが、せっかくカリフォルニアにいるのだし...とこちらの食材で作ってみたアメリカ(?)のレシピ。正確にはイタリア人のシェフの方のレシピでしたが、さっと塩茹でして冷やしたグリーンアスパラを、レモンジュースとガーリック、オリーブオイルのドレッシングであえたもの。細切りにしたオレンジとレモンの皮がたっぷりと入ります。
これ、まずくはないし、有名なシェフのお料理ってことで、確かに高級なレストランでこんな風にして出せば、アメリカ人受けするとは思うけれど...結構食べにくい。
アスパラの塩茹ではマヨネーズで十分かなあって気分。
もっともこのドレッシングはおいしいので、他のお料理に応用できそう。
IMG_7066.jpg

これも、別のお料理に使おうと思いつつ使わないで、冷蔵庫でひからびかけていたビーツを使ったサラダ。ビーツとポテトのロシア風サラダだったかな。それぞれ別々にゆでたビーツとポテト、ニンジンをオイルとビネガーが主体のドレッシングであえて、青葱をたっぷりと散らしたもの。レシピのレビューには、オイルだけでもよくって、オイルはサラダオイルが一番合うって書いてあったのだけれど、私は味が足りなくって、ビネガーと塩をたっぷり入れました。まあ、たまにビーツが食べたくなったときにはいいかな。ニンジンをもっと入れればよかった気分。
IMG_7063.jpg

カリフォルニアつながりで、↑のアスパラガスのお料理が載っていた本にあったオレンジのデザート、オレンジ(本当はマンダリンオレンジを使うのだそうです)にバルサミコビネガーをかけえて黒胡椒を散らしたもの。これも、悪くはないのだけれど、グレープフルーツと白ワインほどの相性じゃない気がする。オレンジはオレンジだけでいいかな。
IMG_6933.jpg

冷凍庫で化石化寸前だった手打ちうどん。鶏肉のチャーシューダレ和えとブロッコリーと一緒に。
IMG_6930.jpg

同じく、手打ちうどんと冷蔵庫の残り物(キムチ+残り野菜)で炒めたキムチうどん。あ、鶏肉も入れたんだっけか。
IMG_6939.jpg

冷凍庫の残りご飯と冷蔵庫のザーサイで作ったお夜食の玄米おにぎり。黒豆入りです。
IMG_7020.jpg

明日こそ、ダイエットに励みます。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

バナナクリームパイ 

これもアップが遅れてしまっているのですが、週末に焼いたバナナクリームパイです。
先週、チョコレートケーキの材料を買った時に、失敗した時の保険用にバナナも買っておきました。どうせ生クリームが余るので、チョコレートケーキが大失敗した場合にはパイに変更しようと。
幸い、チョコレートケーキは失敗しなかったのですが、生クリームを使い切ってしまいたかったので週末に焼きました。

1IMG_7048.jpg

誰かさんがお金を出してくれた材料の残りを使ったので、食べたメンバーは前回と同じ。チョコレートケーキと違って軽い仕上がり(?)なので、9インチの型で焼いて8等分、5人しかいなかったんですけどね...
きれいになくなりました。
内訳は
2 x 3 =6
+
1 x 2 =2
___________
8切れ

まあ、こういうパイを日本風に12切れに切ったら暴動がおきますね、きっと。

実は私、大きな丸型のケーキが持ち運べるケースを持っていないのです。あれば便利なのでしょうけれど、しまうところもないし、9x13インチ用のはあるから小さなケーキならなんとかなるし...と。
でも、こんな風にデコレーションしてしまうと、そのままラップやアルミ箔をかぶせてしまうのはちょっと不安で、みんなのお弁当やおやつがひしめき合う冷蔵庫なんかに入れたらうっかりすると潰されかねない...

ということで、大きな電子レンジ用の蓋をかぶせてみました。
IMG_7052.jpg

大きさ的にぎりぎりだったのでちょっと安定が悪かったのですが、どうにかなりました。
パイ皮は日本のインスタントパイの生地です。さくさくのアメリカンパイにしたかったのですが、ショートニングがなかったので。

材料と作り方は
↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

続きを読む

最近のおやつとデザート 

アップがすべてに遅れているのですが、最近のおやつです。

基本的に、このおやつシリーズは職場でお裾分け頂いた物なのですが、今回は、お昼にお弁当を持ってお邪魔した時に出していただいたデザートなんぞも入っています。最初の二つがそう。

かわいいかわいいひよこちゃんがのっかったメロンのジェロー、おいしいです。こんな風にさりげなくトレーに乗せておもてなしができたらよいですね。

DSCN0160.jpg

ゼリーのあとで頂いたオレンジショートブレッド。さくっさくです。
DSCN0161.jpg

これは同僚のお母様がやかれたコーヒーケーキ。中の白いのはクリームチーズ。おいしいです。
DSCN0157.jpg

別の部署の人が、「ショートブレッド焼いたから味見しない?」と言ってくれた手作りのショートブレッド。これもおいしい。あ、例によって写真ぼけてます。
DSCN0148.jpg

同僚差し入れのドーナッツ。サンタクララだったかな、そのあたりで評判のお店とのことなのですが...
1DSCN0182.jpg

見てください、この厚み! いままで、アメリカのドーナッツって、クリスピークリームも含めて、「やわらかくて甘いから止まらない」という感じでついつい手を伸ばしてしまっていたのですが、本当においしいのかと聞かれると、「???」というものが多かったのですが、これ、絶品!ちゃんとイースト生地からしっかり捏ねて膨らませて、油で上下を返して揚げているから、真ん中に白い線が入るんですよね。あ、ふかふかに膨らませて上下を返してあげればイースト生地じゃなくても線ははいるけれど。巨大なドーナッツ、一つで止めるのにすごい苦労しました。
DSCN0185.jpg

おやつにお裾分けいただいたトレジョのチョコレートがけのプリッツェル。塩味のプリッツェルとチョコレートのコンビネーションがたまりません。
DSCN0155.jpg

余ったからよかったらどうぞ、と頂いた残り物ケーキ。フカフカのスポンジにラズベリージャムとレモン風味のカスタードがはさんであって、上にフレッシュフルーツがたっぷり。至福の時です。
DSCN0194.jpg

皆様、今回も素適なものをたくさんたくさんご馳走様でした。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

Shallizar でペルシャンランチ 

アップが遅くなってしまったのですが、少し前にShallizarでベルシャご飯を食べました。
今回はお店の外観とか写真とらなかったので、詳しくはこちらのお店のホームページからどうぞ。
前回撮ったお店の外観とかはこちらです。といってもこれはかなり前でしたね。
中はこんな感じ。

DSCN0174.jpg

こんなのも飾ってありました。
DSCN0178.jpg

いつも似たような写真を撮ってるって話もありますが、この奥の釜でパンを焼いています。今回もパンの写真はないけど。
DSCN0177.jpg

さっそく出されるフラットブレッドとハーブ類。ミントとコリアンダーかな。クリームチーズとラディッシュも少々。別にバターもあります。
DSCN0172.jpg

ハーブをはさんでいただきま~す。あ、写真、ボケてる。
DSCN0176.jpg

以前に来たときは二回とも大皿で頼んで取り分けたのですが、今回は個別のオーダーで。
00_DSCN0181.jpg

これは私が頼んだシシカバブー。ビーフのバーベキューです。グリルした玉ねぎとパプリカ、トマトがおいしい!あ、ビーフもおいしいけど。
DSCN0180.jpg

こちらはチキンをざくろソースで煮込んだもの。これもとってもおいしそうだったのですが、クルミが入っていたのでアトピーに悪そうとあきらめました。
デザートのバクラバが二ドルっていうのにもとても心惹かれたのですが、ダイエット中につき涙を飲んでしらんぷりしました。
お腹一杯食べて幸せなランチでした。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

胡椒からサルモネラ~~シーズニングに波及~~ 

胡椒がサルモネラに汚染されていたのはかなり昔のことで、最近はそれを踏まえてきちんと消毒されていると思っていたんですけどねえ...

胡椒が原因でイタリアンミートの一部が汚染されていて、食中毒騒ぎが起きてリコール...という話はかなり前から出ていたようなのですが、この仕入先がいろんなところに商品をおろしていたらしくて、リコールされてる食品とかスパイスがすごい勢いで広がっているみたいですね。マコーミックスのスパイスにまで広がったとなると対岸の火事ってわけにもいかず、ちょっと調べてみました。

もともとは、Daniele International Inc. のItalian deli meats and sausagesのリコールだったようですが、よく調べたら、ここで使われている胡椒が原因だったとかで...

Mincing Overseas Spice Company, Dayton, N.J.とWholesome Spice Company, Brooklynがどちらもスパイスを生産していて、そこの製品をリコール、この時点では胡椒類が中心の模様。

で、ここのスパイスを使ってスナックミックスとかナッツとかを生産している会社が用心のためにリコールを開始。
最新のものはFDAのこちらのリストにあるとのことなのですが、今日(3/22)時点で、3/19のものが最新ですね。John B. Sanfilippo & Son, Inc. が自発的にSnack Mixとカシュナッツ製品の自主回収ってのが現時点での最新ですが、その下にずら~~~~~っと大手食品会社やスパイスメーカーのスパイス類やシーズニングミックス、また、それを使ったスナック類が果てしなく続いています。このFDAのサイトからさらに詳しい情報にリンクが続いていますので、ご心配なかたは直接FDAのサイトをご覧ください。白胡麻とかパンケーキミックスとかオニオンディップとかスープミックスとか、かなりいろいろ含まれているみたいです。

それにしても...
卵の加熱方法についてちょっと気になって、サルモネラについて検索していたのです。アメリカで生卵やきちんと火を通していない肉類を食べて食中毒になったのなら、まあ、仕方がないのかなあと思うのですけれど、今度は胡椒ねえ。スナックミックス食べてサルモネラ食中毒になるなんて普通、考えないですよねえ。

本当は、卵の食中毒が気になって、加熱温度について調べていたのです。アメリカでは生卵はタブーなのに、目玉焼きとかの黄身は固まってないですよね。最近ではラバーケーキとか言われる、切ると中から生っぽいチョコレートの部分が出てくるようなケーキのレシピもよく見かけるのですが、あれなんか、中は絶対に70℃にはなっていない!

サルモネラ菌を殺すには70℃の温度(最低の米国の規定でも60℃で3分だったかな?)が必要で、でも、70℃に加熱すれば黄身は間違いなく固まっちゃうはずで...

と調べていたら、サルモネラの卵の中に入っている確率は2万分の一程度とのこと。ってことは、毎日一個卵食べたとして、10年で3650個。100年生きて、一生にうちに一回か二回当たる程度ですよね。で、ずっと前に日本のテレビでみた情報によると、生まれたての卵の中のサルモネラ菌の数はごく僅かなので、たとえ菌が存在しても、健常者の場合は食中毒は起こさない量とのこと。冷蔵庫の中でも温度管理が適正であれば菌は繁殖できないとのことなので、危険が高くなるのは不適切な加熱の後に常温で長期間放置された場合...

となれば、きちんと管理した卵を冷蔵庫から出してすぐ処理して、そのまま食べるのだったら、完全に火が通って無くてもいいわけだ。だったら同じ理屈で生卵も大丈夫なんじゃないかと思うんですけれど...
お菓子のレシピとか、時々、卵加熱せずに使ってるのあるしさ...

あ、サルモネラ菌は卵の殻についているということになってるから、こちらの処理も必要だけれど、アメリカの卵はケースにおさめる前に洗浄処理してるらしいし...まあね、一応、卵は洗ってから使ってるけれど、お水でささっと洗ったくらいで万が一付着しているかもしれないサルモネラ菌が完全に落ちるとは思えないのだけれど...

閑話休題、スパイス類のサルモネラ汚染の話でしたっけね。
要するに、最近の食中毒は、一応みんなが注意する卵とか生っぽい卵とかよりも、まったく疑わずに常温で放置している食品に知らないうちにサルモネラ菌が繁殖してってケースが多いみたい。去年だったかのピーナッツバターの話もそうだったしねえ。

もっとも、今回も発端はデリミートについてた胡椒だっていうから、ハムとかサラミとかが、常温で放置されていたのか、あるいは、常温で大量に繁殖していたサルモネラ付きの胡椒が大量に使われていたのか、詳しいところは不明だけれど...

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

キャベツでいろいろ 

ってか、今までにもさんざん、キャベツのメニューアップしていますが...

最初のは、ツジメシさんのところでお見かけした豚キャベツチーズ焼き。もっとも豚肉がなかったので変りにベーコン使って、チーズの代わりにニュートリッショナルイースト、アンチョビーはナンプラーに変えました。これ、キャベツの柔らかくって、癖になりそうな味です。分量は24cmのフライパン一枚分となっていたのですが、何人前の想定だったのでしょうか??? またたく間にSakulanboのお腹に消えました。ツジメシさん、ご馳走様でした。

0_IMG_6970.jpg

こちらはizumimirunさんのレシピのくるりキャベツの巻きおにぎり。お豆腐がなかったので、具はザーサイを細かく刻んでご飯に混ぜました。ご飯は冷凍してあった黒豆入りの玄米ご飯を使っています。これ、おにぎりなのにキャベツがたっぷり食べられていいですね。これもリピ決定です。izumimirunさん、今回もご馳走様でした。
0_IMG_7026.jpg

こちらはずっと前に買った小林カツヨ先生の本のレシピ。キャベツだけのパスタだったかな。たっぷりのキャベツをバターで炒めて、茹でたてのフェトチーネと少量のパスタの茹で汁であえたもの。簡単なのにおいしいのです。後ろに見えているのは冷凍庫整理で作った、茹で豚。塩豚用に塩をしてキッチンペーパーでくるんでから数回キッチンペーパーを取り替えた後、冷凍庫で放置状態になっていた豚肩ロースを、たっぷりの紹興酒でゆでたものです。アメリカの豚肉
(特に塊肉)は匂いが気になるのですが、大量のお酒や紹興酒を使うと気にならなくなることを発見して、安物の紹興酒を買い込んでこういうお料理に愛用しています。
0_IMG_6978.jpg

こちらは、塩豚をゆでたときのスープ(一晩冷蔵庫で寝かして脂を取りのぞいたもの)で煮込んだキャベツ。
0_IMG_6959.jpg

薄切りにした茹で豚と塩もみのキャベツ、グリルして皮を剥いてからビネガーと砂糖につけたレッドパプリカを合わせたホットサンド。
0_IMG_7010.jpg

残りのものキャベツのバター炒めにこれまた残り物の煮豚を千切り(?)にして混ぜたもの。
0_IMG_7012.jpg

キャベツ、もっと買っておくんだったと後悔。ま、また買えばいいだけの話なんだけどね。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

手抜きじゃない蒸しカステラ 

いえ、私のレシピに「手抜き」がないものはありませんが、まあ、ちゃんと卵をあわ立てて蒸し器て作ったので...
蒸しカステラは、多少生地を乱暴に扱おうが、蒸し時間が長くなろうが、ふっくら仕上がるのが魅力です。
素朴な卵の匂いのする蒸しカステラに仕上がりました。

0_IMG_7002.jpg

本当は、卵を2個使って、まあるい大きなのを作る予定だったのですが、卵を割ったとたんに中身が床にジャンプ(涙)、まあ、もう一個出せばいいだけの話だったのですが、どうせ自分用のおやつだし、作ったら最後、こういう軽めのものはあるだけ食べてしまうので、分量半分で作ってみました。マフィン型5個分です。シリコンカップがない場合は、カスタードカップか何かを用意して紙を敷いて使ってください。

作り方と分量は
1)型の準備をし、蒸し器を火にかける。
2)卵を1個ボールに割りいれ、軽くほぐしたところにグラニュー糖大匙3杯を加え、泡だて器でマヨネーズ状になるまで混ぜる。
3)計量カップにベーキングソーダ小匙1/8を入れ、この上に、100CCの目盛りまでオールパーパス粉を入れる。
4)2)の卵にサラダオイル大匙2/3杯を加えて軽く混ぜ、3)の小麦粉をふるい入れ、へらでさっくりと手早く混ぜ合わせる。
5)型に流しいれ、上に、好みで、黒胡麻と白胡麻を散らし、蒸気の立った蒸し器で10~12分くらい、小麦粉のよい匂いがしてきて、竹串をさして生の生地がついてこなくなるまで蒸す。
セルフライジングフラワーがない場合は普通の小麦粉にベーキングパウダーを小匙1/4くらい加えてください。
ベーキングソーダは、とりあえず入れてみたのですが、効果のほどは不明。中和する、酸性のものがはいっていませんので、入れすぎると苦くなるのでご注意ください。
0_IMG_6994.jpg

蒸しあがったとこ。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

フワラーレス・チョコレート・ケーキ 

金曜日、転職する同僚の送別会用に焼いた、フラワーレス・チョコレートケーキです。
ずぅっと前から焼きたいと思っていたお菓子なのですが、なにしろ使うチョコレートとバターの量がものすごくいので、自分用になんて絶対に焼けません。いつもは家にあるもので何か作るのですが、今回は送別会用ということだったので、めずらしくトレジョに行って、500グラム入りのビタースィートチョコレートと生クリーム、卵(8個使うので)、オーガニックの冷凍ラズベリーを買ってきました。この時点でその辺のスーパーのケーキの値段を軽く超えているけれど、いいよね、はなむけのケーキだしさ、おいしく食べてもらえれば...って思っていたのだけれど、結局材料費は誰かさんが負担してくれたから、私は作っただけとなりました。誰かさん、どうもありがとうございました。

このケーキの唯一のこつは、かならず前日かそれよりも前に作ること。作った当日食べちゃうと滑らかの生チョコレート風の食感になりませんのでご用心ください。

IMG_6985.jpg

で、はりきっていざ作ろうと思ったら...間違えてアーモンド入りのチョコレート買っちゃったよ~。
幸い、別のお菓子用にと別の500グラムチョコレートと、あと、家に同じくトレジョのダークチョコレートが残っていたので、レシピの材料を若干変更して作りました。
オリジナルのレシピは、Alice MedrichのA Year In Chocolateに載っていたものです。手順と作り方も少し変えましたので、自分用の記録としてメモしておきますね。生地の作り方は基本的にブラウニーとほぼ一緒、バターとチョコレートを溶かしたところにあわ立てた卵を加えて、熱湯を入れたVatか何か中で蒸し焼きにするというもの。

こういうお菓子のこつは、面倒くさいことから先に始めておいて、オーブンとかお湯、型の準備をばっちりしておいて、仕上がった生地を手早く型に流し入れて焼くこと。あとは焼成時間と分量をしっかり守ればマスターしなければいけないテクとかはなんにもないので気楽にできます。

型は、ケーキ用に8インチの焼き型と、お湯を入れるために13x9インチのケーキ型を使いました。

まず、8インチの焼き型を用意して、底に駆るくオイルを塗ってからベーキングペーパーを丸く敷きこみます。オイルを塗るのは紙の落ち着きをよくするため)次に、焼き型の側面にうすくオイルを塗り、この型を大きめのアルミホイルの上において、底と側面をすっぽりくるんで蒸し焼きにする時にケーキ型の中にお湯が入り込まないようにします。私は、一枚だと不安だったので、二枚使って十文字型になるように二重に巻きました。

次に、薬缶にたっぷりお湯を沸かします。ケーキの準備をしている間に沸騰しますので、沸騰したら弱火にしておきます。お湯の準備と同時に、オーブンを325℉(約160℃)に余熱しておきます。

金属製のボール(耐熱ならなんでもよいのですが、金属製のほうが時間が早くて簡単です)にダークチョコレート450グラムを割りいれ(手でぽきぽきと割る程度で、刻む必要はありません)ここのバターを2スティック(約225グラム)を2cm角くらいの角切りにして加え、コニャック 1/8カップも加えます。一回り小さな鍋にお湯を入れて火にかけ、上にチョコレートのボールを加えて、時々かき混ぜながら滑らかなクリーム状になるまでよく溶かします。

チョコレートを溶かしている間に、大きなボールに卵8個を割りいれて、軽くほぐしてからグラニュー糖大匙5杯を加え、約倍量になるまで、電動泡だて器で6分ほど泡立てます。

溶けたチョコレート液に卵液の1/3を加えてへらでよくかき混ぜ、だいたい均一になったら、もう1/3の卵液を加えて、大体まざったら、今度は、ボールの中身を全部、残っている卵のボールに加えて、全体が均一になるまでよく混ぜ合わせます。

型に流して(必要なら)表面を軽くならし、これを用意したひとまわり大きな型に入れ、沸騰したお湯を型の高さの半分まで注ぎ、325℉に余熱したオーブンで約30分焼きます。表面がブラウニーの焼き上がりのようになっていればOKということだったのですが、今回はみんなで食べるケーキということなので、インスタントリードの温度計を使って、中央の温度が140℉になったことを確認(25分くらい焼いた後)、この後、念のためにもう5分ほど焼きました。写真は、焼成後、冷蔵庫で冷やしておいたもの。
IMG_6980.jpg

焼けたら、網の上で粗熱を取った後、型ごと冷蔵庫で一晩以上寝かせます。冷えたケーキの側面を外してから、ワックスペーパーの上にひっくり返して底面のオーブンシートを剥がしたら、もう一度ひっくり返して焼きあがった時に上だった面がまた上に来るようにします。
IMG_6984.jpg

あとは、粉砂糖をたっぷりと降りかけてお化粧して
flourlesschoco010110.jpg

別に、好みの量の生クリームをあわ立てて(今回は200CC+グラニュー騰大匙3杯)
IMG_6986.jpg

ラズベリーソース(フレッシュか冷凍ラズベリーをフープロで軽く潰してから裏ごしして種を取り、好みの量のグラニュー騰(今回は大匙2杯くらい)を混ぜたもの)を用意して
IMG_6989.jpg

食べる時に合体させます。生クリームは前日にあわ立てたままだったので少しだれちゃいました。
1DSCN0198.jpg

すごく濃厚な味なので、小さめに切り分けてコーヒーと一緒に食べると合います。今回は、レシピの指示に従って12等分したのですが、これは9インチ型の1/8切れが一食分と考えているアメリカ人向けの量ですね。日本の方だったら1/16切れくらいで大丈夫なんじゃないかと思います。


↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

抹茶アイスクリームの起源とオバマ大統領発言と言葉の問題と 

食べ物のカテか言葉のカテか迷いつつ、一応、言葉のほうに入れておきます。
ふと、「オバマ氏が日本で子供の頃に抹茶アイスを食べたっていうんだけれど、抹茶アイスってそんなに昔から食べていたっけ?」と聞かれた。その瞬間、頭に浮かんだのは、昔ながらのレトロの足の長いグラスに入ったワンスクープのちょっと溶けかかった抹茶アイスに昔ながらのウェハースを添えた、レトロなレストランのデザートアイス。

なので、何気に、「え、レストランとかで食べなかったっけ?」と答えたのだけれど、よく考えると、抹茶アイスを初めて食べたのがいつ頃だったのか、どうもはっきり思い出せない。子供の頃のお菓子屋さんのアイスクリームケースとか、デパートで売っているアイスクリームとかに抹茶フレーバーが入っていた記憶はない。サーティーワンとかでも抹茶フレーバーのアイスは食べた記憶がないのだけれど、WEBで調べると1980年代に一般に広まったみたいなことが書いてある。

気になったので、いろいろWEBで検索してみたのだけれど、どうも、巷の話題は、オバマ大統領の発言が事実なのか単なる日本人へのリップサービスなのかというのばかりで、肝心の抹茶アイスの歴史となると、京都でかなり古くからあったということ以外は書かれていない。

そして、かなりどうでもよいこと(だけ)を覚えているはずの私の記憶なのだけれど、何故か、「抹茶アイスを初めて食べた経験」という部分はすっぽ抜けている。アメリカに来て、割りによく抹茶アイスを食べるようになったけれど、「へえ、抹茶アイスなんてめずらしいね」と思った記憶もないから、レストランとかではずっと前から食べてたんじゃないかっていうのが私の(自分自身の食歴に関する)推測なんだけれど。

で、ついでだから、オバマ大統領の発言のところも読んでみたら、これが、鎌倉での大仏観光の際(あるいは箱根の芦ノ湖の遊覧船辺りで)に抹茶アイスを食べたことになっている。箱根だったら、あるいは抹茶ソフトクリームあたりあったのかもしれないけれど、大仏観光とセットだったら、可能性が高いのは抹茶アイスではなくて、宇治金時系のカキ氷。

で、ふと気がついた。オバマ大統領はハワイのお育ち。ということは、カキ氷を食べたこともあれば、カキ氷を指すのに、Shaved Iceというハワイ独特の表現を使う筈だと。

オバマ大統領が日本語で「抹茶アイス」と言われたとは思えないから、これは、通訳が訳した言葉ですよね。ハワイ出身の通訳ならいざ知らず、英語の堪能な日本人か、ハワイ以外のお育ちのアメリカ人だと、事前に原稿を渡されていたなら別だけれど、とっさに、アドリブで、「あの時食べた、グリーンティーのShaved Iceはおいしかったなあ」なんて言われたら、「え、グリーンティー○○アイス」とか思いながら、とっさに、「抹茶アイス」って訳しちゃったんじゃないかと思うのですけどねえ?

ちなみに、アメリカに10年以上暮しているSakulanboの場合は、ハワイ以外の土地で、Shaved Iceという言葉は聞いた事がない。ま、私の経験なんてあんまり役に立たないので、まわりのアメリカ人に、「カキ氷って英語でなんていうの?」と聞いてみた。

ハワイ出身の人はもちろん、Shaved Iceというお答え。
カリフォルニア生まれの若干一名は、Shaved Iceなんて英語が理解できるアメリカ人は一人もいないよ。カキ氷はスノーコーンだね。
とのこと。

ちなみに、これを聞いたハワイ出身の人の返答、「ここに1人おります。」


悲しいかな、英語の音とスペルが頭の中で結びつかないSakulanbo、このブログをアップする前に一応確認しておこうと、間違えて snow corn でイメージ検索したらとんでもないものが出てきた。みなさん、気持ちの悪い思いをしたくなかったら絶対にやりませんように。

カキ氷の英訳は、Snow Cone だそうでございます。

あ、んでもって、オバマ氏発言の真相は、通訳のケアレスミスなんじゃないかっていうのが私の結論ってか憶測。
裏付けデータのサンプルサイズは2名ですので、統計的にはまったく意味をなしませんが。

追記
と思ったのですが、スピーチの原稿友達に調べてもらったら(←自分で調べろってか)英文のスピーチの中で”Maccha Ice Cream”と言ってるそうですね。明らかに、通訳のミスではありませんでした。


↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

春の気配とペリカンと 

北カリフォルニアなんて一年中春みたいなもんじゃないと言われそうですが...

この辺りは冬場は雨が多くてお天気が悪いので、どんよりしているお天気が続いている時はまだ冬だなあって気分になります。空が曇っていると水の色もグレーなのですが、お魚がラグーン側に入ってくるのか、こういうお天気の時は水鳥が集まります。珍しくペリカンさんが来ていたのでアップでパチリ。

DSCN0151.jpg

こちらは春らしく晴れた日、あちこちの松の木にこんなのがなってて(咲いてて?)、これってもしかしてマツボックリの子供って思ったら、お花なんだそうですね(ですよね?)
DSCN0164.jpg

今がちょうど盛りのアイスプラントの花。
DSCN0167.jpg

少し前に咲いていたマグノリア
DSCN0087.jpg

道端には相変わらず、こんなお花が咲いています。
DSCN9998.jpg

カリフォルニアンポピー
DSCN0188.jpg

今が盛りのクラブアップル。この写真はクリックすると大きくなります。
DSCN0190.jpg



こちらは、夏中ずっと見かけるのですが、少し前まではまだこんな感じでした。
DSCN9994.jpg

場所によってはまだ色づいていないのですが、早いのはもうこんな感じ。
DSCN0169.jpg

紫色の花と青色の花があるのですが、こちらは紫色のほうですね。青色のもそろそろ咲きかけていますが。
まだ、少し雨が降るみたいですけれど、お散歩日和のお天気の日が続くといいな。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

電子レンジ蒸しパンのこつは 

加熱秒数と型の大きさ。

所要時間5分と、ちょうど1人分が作れる手軽さが気に入って、配合を変えていろいろ作ってみました。
で、結論からいうと、決め手は材料の配合ではなくて加熱秒数ですね。あとは、大きな型だと火の通り具合が均等にならないので、小さめの型で作ったほうがうまく行くみたいです。
加熱秒数は、「この型とこのレンジだと何秒」と決められるものではなくって、つきっきりで見ていて、フワンと良い香りがして来たら出来上がりのサイン。10秒も余分に加熱すると固くなります。心配な場合は30秒+30秒+10秒なんて具合に時々止めて様子を見ればいいみたいですが。

最初のは前回とほぼ同じバタースコッチ入りの蒸しケーキ。バタースコッチはあとからパラパラと生地の上に乗せました。前回とまったく同じ配合+秒数なのですが、秒数にまかせてほうっておいたので、底のほうが若干固い仕上がりです。シリコン型で作る場合は、マグカップよりも小さめのボールのほうが混ぜやすくて楽です。
マグカップにバター大匙1杯分を入れてレンジで溶かしたところに、砂糖大匙2杯、卵一個、小麦粉大匙4杯とライスミルク大匙2杯、ベーキングパウダー 1/4杯を加えてよく混ぜ、シリコン型に移してバタースコッチを大匙1杯くらい、上からパラパラと混ぜいれて電子レンジで1分40秒くらい蒸したもの。小麦粉とベーキングパウダーの代わりにセルフライジングフラワーを使うと楽です。あと、混ぜるのはボールのほうが楽です。

IMG_6831.jpg

これは、私の一押しのピーナッツバター蒸しパン、ヴィーガン版。加熱時間によって、スコーンみたいな食感にもなるし、マフィン風にもなります。
マグカップにオールパーパス粉大匙4杯とベーキングパウダー小匙1/4杯、グラニュー糖大匙1杯とピーナッツバター大匙1杯を加えてピーナッツバターが粉状になるまでフォークでよくかき混ぜ、ここのライスミルク大匙2杯を加えてぐるぐるとかき混ぜて、電子レンジで1分40秒前後加熱します。加熱時間は↑にありますように、生地の様子と電子レンジのワット数で変わってきますので、調節してください。表面が乾いた感じになってよい匂いがしてきたら出来上がりです。
IMG_6842.jpg

割ってみたとこ。下のほうがスコーンみたいな食感、上はマフィンの柔らかい食感でした。小さめの型で作るほうがいいみたいです。
IMG_6847.jpg

これは、同じくヴィーガン版。ピーナッツバターの代わりに練り胡麻を大匙1杯使ったのですが、ピーナッツバターのほうがおいしくできました。
IMG_6851.jpg

これは、味噌蒸しパンの配合にサラダオイルを小匙2杯ほど入れてみたのですが、あんまり気に入った味になりませんでした。
IMG_6863.jpg

味噌蒸しパン(小麦粉大匙4杯、ライスミルク大匙2杯、砂糖大匙1杯、味噌小匙1杯)の配合で、3つにわけて加熱時間を短くしました。二つはフカフカに、一個は気持ち固くなりました。
IMG_6927.jpg

で、全部お腹に入れたのってか?
一回分作るとぺロッと全部食べちゃいます。食いしん坊って言われる所以ですね。



↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

フカフカのバターロール 

前回と同じちぎりパンの種をバターロールにしてみました。rincoさんから教わった通り、しずく型にまとめてきちんと延ばしたつもりだったのですが、まだ成形は下手ですね。でも、前回よりはほんの少しだけ上達? rincoさんとお話していて、そういえば、日本のバターロールって生地がフカフカだったなあと思い出して、水分を気持ちだけ多目にして作りました。今まで作ったバターロールの中では一番うまくいったかな。こういう情報交換ってすごく役に立ちますね。ただ、打ち粉した分を刷毛できれいに落とさないといけなかったのですが、発酵後、表面がしっとりしていたので落とさないでそのまま卵を塗ってしまったのです。表面、焼きムラがついて、粉吹いてますね(汗)

IMG_6919.jpg

こちらはほんの少しだけ作ったソーセージパン。冷凍庫整理中なので残したくなくってほんのちょっとだけ。細長くした生地をソーセージのまわりにまきつけて焼きました。
IMG_6921.jpg

バタロールのキメ、相変わらず写真がうまく撮れないのですが、ふかっとした仕上がりです。バターロールはスーパーとか量産のパン屋さん専門で、ベーカリーでわざわざ買ったことはないのですが、子供の頃、母と姉が日曜日のお出かけのついでに中村屋(だったかな)かどこかの焼きたてのまだほかほかのバターロールを時々買ってきてくれました。あの柔らかい味が大好きだったのですが、かなり近い仕上がりになりました(って、自画自賛)

でもねえ、翌日になるとやっぱ味落ちますね。バターの香りも飛んじゃうし。やっぱ、焼き立てにバターを塗っておくんだった。↑の子供の頃の記憶の中村屋(?)のパンは、多分、今思うと、バターが塗ってあったんじゃないかなあって思います。
IMG_6916.jpg

今回は、材料を全部まぜてから、捏ねる前に10分ほど吸水させる時間を取って、その後1分ほど捏ねてからバターを加えて少し捏ねて、また10分おいて生地の温度を下げてからもう1分ほど捏ねたらするすると薄く伸びるキメに仕上がりました。フープロのパン用のプラスチックの羽を使って捏ねています。
IMG_6888.jpg

一次発酵も、途中で前後を返すと生地が傷みそうだったので、省略して、沸騰したお湯の入った薬缶を入れたオーブンの中で1時間20分ほど発酵させたものです。薬缶の蓋を開け忘れたので表面がやや乾燥気味です。
IMG_6902.jpg

一次発酵の後、生地を二つにわけて、そのうちの一つをさらに10個に分けて丸め、20分ベンチタイムを取った後にバタロール型に成形しました。二次発酵は約40分。焼成温度と時間は、450℉で5分、400℉で5分、350℉で5分です。今回は黒色の天板を使って、これだと焦げすぎるので、下段にピザストーンを入れて焼きました。
IMG_6908.jpg

分量はほぼいつもの通り、ブレッドフラワー 2 1/4カップ +大匙 1/3杯、グルテン粉 1/4カップ 、バター大匙4杯、水200CC +大匙1杯、グラニュー糖 大匙 2 1/2杯 塩 小匙1杯、ドライイースト 小匙 2 1/4杯 (だいたい一包み分です)水と小麦粉の量の端数はあとで調整した分です。

残りは、サンドイッチ用に大きく焼いたのですが、昨日の夜中にお腹が空いてドカ食い。今みたらもうサンドイッチにする量残ってませんでした(汗)。



↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

心がささくれ立っている時 

例によってしょうもないひとりごとです。
適当にスルーしてください。

なんか、前にもまったく同じタイトルで書いたような気がするから、内容もおんなじになるかもしれないけれど。

続きを読む

冷蔵庫・冷凍庫の整理ご飯 

食材を無駄にしないという新年の抱負を達成すべく、冷凍庫の整理に励んでおります。
整理した分はどんどんSakulanboの身(=お肉)になっているような(汗)

とにかく使い切りたかった冷凍のムール貝と海老を使ったスペイン風のスープ。海老の頭とみじん切りの玉ねぎとセロリ水から煮込んでスープを取ったところに、海老の殻もくわえてさらに煮込んで、漉したものを別にいためたみじん切りの玉ねぎに加えて、ここのムール貝を入れて軽く火を通してから、トマトの水煮缶を加えて一煮立ちさせてアクをとり、海老を加えて軽く火を通してからたっぷりのレモンジュースとイタリアンパセリを加えたもの。最初、レモンを入れ忘れて、何、この生臭い味は!とあせったのですが、レモンジュースをたっぷり加えたら落ち着きました。あ、ローリエも入れたかな。あとは塩コショウで。

IMG_6890.jpg


大量のキャベツを消費すべく、適当に作ったキャベツのイタリア風クミン炒め。
軽く下茹でした千切りキャベツ(もちろんフープロ使用)をガーリックとオリーブオイルでいためて、クミンと塩レモンの千切り、けっパーで味付け。思いつきで作った割りに好みの味に仕上がりました。塩レモンは普通のレモンジュースで大丈夫と思います。
IMG_6866.jpg

これは、レイコさんのところでお見かけしたベビーホタテの照り煮アスパラ丼がとってもおいしそうだったのですが、ベビーホタテなんぞはないのでチキンで代用して作ったもの。冷凍錦糸玉子使用。
IMG_6800.jpg

アスパラガスはそのまま使いまわして、冷凍庫から発掘したサーロインビーフでシャリピアンステーキ風、って、正式な作り方なんてしらないから、玉ねぎの擦りおろしに30分ほど漬け込んだビーフを炒め玉ねぎと合わせてステーキに。
IMG_6822.jpg

食べ切れなかったステーキ肉は翌日、薄切りにしてトマトソースと合えてパスタに。トマトソースは、普通の4倍くらい玉ねぎを使っているのですが、玉ねぎ好きの私には甘くておいしいです。ようするに、みじん切りの玉ねぎとガーリックをオリーブおいるでよくよくいためて、フープロで軽く潰したトマトの水煮缶とローレルを加えて煮込んだもの。好みで塩コショウ、ケチャップで味付けをして...
パスタはエンジェルヘアーを使いました。このパスタ、いつも茹ですぎてしまうので、今回は袋の表示どおり4分茹弱でやや固めの状態で取り出したら、ソースと和えているうちにちょうどよくなりました。
IMG_6827.jpg

エンジェルヘアパスタが気に入ってしまって、まだ箱に大量に残っていたので、翌日もゆでて(って3分強で茹で上がるので、茹ですぎさえ注意すればすごく便利です)、やわらかく茹でたブロッコリーと塩レモン、ガーリック、オイルサーディンとあわせて一品。サーディンは和えずに上に飾ればよかったのでしょうけれど、和えちゃったのでちょっと見た目がわるいです。ブロッコリーのパスタはアンチョビーと和えるのが定番ですが、塩味がきついしあの独特の匂いがあまり好きではないので、オイルサーディンで代用しました。右にあるのは、残り野菜を圧力鍋で軽く煮込んで、残りのトマトソースで味をつけたもの。
IMG_6840.jpg


↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

ライスミルクでカスタードプリン 

週末に作ったカスタードプリンです。なんか、ミントが大きすぎて台無しですね。(といいつつ構わず乗せる奴)

IMG_6876.jpg

カラメルソースはもう少し色をつけたほうがおいしそうのなるのですが、実は、生まれて初めてオーブンで作ったお菓子がカスタードプリンなのです。その時にカラメルソースを思いっきり焦がしてしまったのがトラウマになっていて、次に学校で習った時はこんな感じの薄い色だったものですから、つい、このくらいで加熱を止めてしまいます。
カラメルソースの鍋のライスミルクを入れてしまうのは、エコと洗う手間を簡単にするため。味が混ざるのがお嫌いな場合は別のお鍋でどうぞ。

ミルクや生クリームの代わりにライスミルクを使うと、どうも味が薄い印象があったので、ライスミルクの量を少なめにして、卵黄を加えたらばっちりでした。ごく普通の昔ながらのミルクプリンの味です。

材料と作り方(アメリカのカスタードカップ5個分です)
カラメルソース(カップはアメリカサイズ=約236CC)を使っています。
グラニュー糖 1/3カップ+ 大匙1杯
水 大匙1杯弱
熱湯 大匙2杯

プリン
卵黄 1個分
卵 3個
ライスミルク 380CC
グラニュー糖 1/3カップ

追記:バニラエッセンスも小匙1/4くらい入れたと思います。
すみません。書き忘れてました。

1)小鍋にグラニュー糖と水を入れ、強火にかける。(かき混ぜない)
2)砂糖がこげてキツネ色になったら熱湯を入れ、さっとかき混ぜて用意したカスタードカップに均等に流しいれ、冷蔵庫に入れてカラメルソースを固める。
(熱湯を入れるとはねますので、注意してください)
3)2)のカラメルソースの鍋にライスミルクとグラニュー糖を入れて軽くあたためて、グラニュー糖と鍋についたカラメルソースを溶かす。(あつあつにしないこと)
4)卵を割りほぐし、泡だて器で泡立てないようによく混ぜ、ここに3)のライスミルクをお玉一杯くらいくわえてよくかき混ぜ、残りのライスミルクも加えてよく混ぜる(ミルクが熱すぎると卵液が煮えてしまうので注意してください。)
5)4)を万能漉し器などで一回漉し、用意したカスタードカップに均等に流しいれる。
6)バットにプリンを並べ、熱湯を2cmくらい注ぎ、300℉(約150℃)に余熱したオーブンで35~40分、蒸し焼きにする。
7)表面に弾力が出てゆすってもしわがよらなくなれば出来上がり。
IMG_6873.jpg



↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

最近の晩御飯 

そろそろアップしておかないと何を作ったのだかすっかり忘れてしまいそうな最近の晩御飯です。

これは、izumimirunさんの生姜風味のキャベツ団子。生姜の風味がキャベツとマッチして、おまけにキャベツが甘くなっててすごくおいしいです。

IMG_6792.jpg

これはニラと納豆入りの卵焼きと、後ろにあるのは同じくizumimirunさんの磯蒸し玉ねぎ。リピです。本当は、磯玉バーグのレシピを見てそれを作ろうかと考えていたのですが、磯蒸し玉ねぎで止まっちゃいました。これ、大好きなんです。izumimirunさん、ご馳走様でした。
IMG_6646.jpg

これは、以前にサワラをお料理したときに残った中骨のところの身をそぼろにして冷凍庫のニラと和えたもの。ずぅっと冷凍庫にあったニラ、やっとなくなりました。また買ってこようっと(おいおい)
IMG_6700.jpg

この前日に青梗菜と卵のあんかけを作って、これはその翌日、鶏そぼろを加えて丼にしたもの。青梗菜の卵あんかけは、写真にしたらこれとほとんど変らなかったのでアップしませんでした。
IMG_6713.jpg

同じく青梗菜なのだけれど、なにと炒めたのか思い出せない(汗)
写真からすると油揚げかな?ナンプラー味にしたような気がしなくもないのだけれど。ちなみに、毎日同じようなもの食べてるのがばればれです、この青梗菜、一部は普通の奴で、こちらのなんかはベビー青梗菜とかいう小さなやつだったと思う。なくなったとたんにまた買ってきたパターン。一袋が大きいって嘆いていたのは誰でしたっけかね。
IMG_6721.jpg

冷凍錦糸玉子と冷凍スモークサーモンと冷凍えび利用の残り物整理散し寿司。食べても食べても冷凍庫の中身が減らないのですけれど...
IMG_6734.jpg

ちなみに、来週の火曜日まで某スーパーでキャベツがポンド19セントの大特売。セントパトリックスデーの前後は安くなるんですけどね。キャベツ大好きなSakulanboは、まず、家にあった巨大キャベツ一個を平らげて、金曜日に買って来たキャベツの半分をすでにおなかの中に...あと3個くらい買ってこようと目論み中。
冷蔵庫の中身整理する予定だったんだけれど...

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

ラトケスその他 

手作りのパンでもなく、お菓子でもなく夕食でもなく...
ほっておくとそのままになってしまいそうなものをまとめて。

以前に一度アップしたことがあるラトケス(Latkes)
もともとはユダヤ人の食べ物で、玉ねぎを入れたりツナを入れたりいろいろなタイプがあるらしいのですが、これはジャガイモとオイルだけ。ものすご~く簡単にできるし計量もいらないので気に入っています。
作り方は、ジャガイモをすりおろして(って、フープロの金属ばねでガ~ッと液体状にしただけですが)これをキッチンタオル(ディッシュクロスを使っています)に包んで水気をぎゅっとしぼって、少し多目の油を熱したフライパンで両面焼くだけ。途中で多分、蓋をしました。塩を振って食べます。

IMG_6754.jpg

冷凍庫から発掘したサワードウブレッドで作ったスモークサーモンのサンドイッチ。塩レモンを添えて。
IMG_6757.jpg

同じくスモークサーモンで作った、トーストしたちぎりパンのカナッペ。塩レモンの皮の薄切りとケイパーをトッピング。サーモンが引きちぎったみたくなっているところが不器用なSakulanbo風(爆)
IMG_6737.jpg

ずっと前にいただいた柚子、ありがたくお料理に使わせてもらっていたのですが、使い切れそうもなかったので薄切りにして砂糖をまぶしてから蜂蜜につけておいたもの。お湯を注いで柚子茶に。暖まります。
IMG_6769.jpg


明日からデイライトセービングタイムが始まりますね。北米(といっても州によってはありませんが)の皆様、土曜日の夜、お休みになる前に時計を一時間進めることをお忘れなく。

え、うち? うちはいいの、時計は一年中夏時間のまんまだから。
こうしておくとね、冬時間の間中得した気分になれるし、夏時間になっても損した気分にならないから。
体が慣れるまでは会社にも一時間遅く行こうかなあなんて思ってるから、目覚ましもそのまんまでもいいしね。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

角食パンとチキンカツと... 

これもアップが遅くなってしまいましたが、週末に焼いた角食パンです。まあ、一応フカフカには焼きあがっているのですが、ぐんぐん上に向かって釜伸びして焼けた山形パンほどの会心の出来ではありません。

IMG_6795.jpg

早めに発酵を切り上げたつもりだったのですが、オーブンを温めている間に(冷蔵庫にいれたのに!)発酵が進んでしまってやや過発酵気味。真ん中に大穴があいてるし...
正確には、過発酵というよりも、パン生地の量が多すぎるのですね。次回は小麦粉を少しへらしてみようと思います。
IMG_6777.jpg

で、カツサンドが食べたかったので、夕食にめずらしくチキンカツなんぞを作って
IMG_6787.jpg

(あ、Cutletのスペル、間違えてる!)
翌日のお弁当にチキンカツサンドを作りました。
IMG_6798.jpg

パンを焼かずに作るカツサンド、何かの雑誌で見て以来すごく食べたくて作ってみたのですが、やっぱ、私はトーストしたパンで作るカツサンドのほうが好きだなあ。

パンの作り方と分量はこの時とほぼ一緒。今回はサラダオイルではなくてバターを大匙1杯入れました。前回も過発酵になっているのだから、分量を減らせばよかったのに、学習してません。
ちなみに、水の量なのですが、一週間違いでまったく同じ量でパン生地を捏ねて、同じようなお天気でどうして生地に状態が違うのか疑問だったのです。私は、もともと遠近感とかを把握するのが苦手なのですが、計量カップの水の量、目の高さを変えると水のラインとカップの線の一致する場所が変ってくるっていうことに気がつきました。次回からはちゃんと目の高さで確認するようにします。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

体に良い食べ物と体質と...(1) 

アトピーのカテにすべきか、食べ物とすべきか、はたまたヘルスのカテでも作ろうかと悩みつつ...

まあ、ひとりごとに毛が生えたみたいなものです。てきとうにスルーしてください。

ずっと前に、アスペの診断がつきそうで結局つかなかった友人のことを少し書いたけれど、この友人、ここ10年以上、体調不良が続いて苦労している。小さな症状は子供の頃からあったらしく、急激にいろいろな症状が現れるようになったのは青年期前後から。私が彼から体調不良の話を聞いたのは、心身ともに弱い奥様との結婚、数年後の離婚、その間の奥様につきそっての病院通いと前後した時期からだったから、まあ、ストレスが引き金で悪化しているのかなあなんて思っていたのだけれど...それと前後して、カロリー制限と高たんぱく食を実践していたので、口の悪い別の友人(たぶん、やせてはいない)は、「それごらん、カロリー制限なんてまゆつばみたいな健康法に手を出すからそんなことになるんだよ」と言っていたとかいう記憶がある。まあ、もともと菜食主義で肉類がそれほど好きではなかった筈なのに、健康上、たんぱく質は必要だから...とか言ってここにきていきなりターキーとか食べるようになったので、この点は、「お肉、体質に合わないから嫌いだったんじゃないかなあ、大丈夫かなあ」とは思っていたんだけどね。カロリーを制限しつつ十分なたんぱく質やビタミン、ミネラルを摂ろうとすれば、どうしても、シンプルカーボと呼ばれる、砂糖やご飯、パンなどの摂取量が低くなるけれど、体の痛みや炎症には砂糖を控えた食事が悪いわけはないしって思っていたのだけれど...

なんとかミオパチーだの、筋痛症だの、腱鞘炎だの、アスペルガー症候群に付随する神経系統のトラブルによる痛みだの...どの症状もそれなりにあてはまるのだけれど、それぞれの病気に有効とされる治療法がほとんど効を奏さず...離婚騒動その他も一段落してからかなりの月日が経ち、ストレスレベルもそんなに高くない筈なのに、ここにきて、風邪かなにかが引き金でまた症状が悪化したらしくてかなりつらそうだった。

一ヶ月くらい前は、青くなって、「神経系統が侵されるタイプの全身性エリトマトーデスかもしれない」と言っていた。これは、私がその時は一笑にふした。「10代の頃から症状があった全身性エリトマトーデスをを治療せずにその歳までほうっておいたら、もう内臓なんかボロボロになっているんじゃないかと思うけれど、血液検査の結果は異常なしだったんでしょう?」と。

もっとも、あとからWEBで調べてみたらいろいろな症状がたくさんあてはまってちょっと青くなったのだけれど、結局、医者に診てもらったらこの可能性はゼロとのこと。新たに浮上してきたのが、「遺伝性コプロポルフィリン症:Hereditary coproporphyria」とかいうものすごく珍しい病気。専門医の数が少なく、診断方法も複雑で、今度こそ診断名が確定するのかどうかは不明だけれど...

この病気、通常は比較的症状が軽く、薬の副作用を起こしやすい体質なので鎮痛剤の処方は正しい薬の選択と匙加減が大切らしいのだけれど、とりあえず、かなりの症状は抑えることが可能らしい。

で、前置きがとんでもなく長くなってしまったのだけれど、ここからが本題。この病気に良い食べ物は、グルコースとか砂糖とかシンプルカーボとよばれている炭水化物。

この友人、体質に合わないからってここ10年近く、炭水化物の摂取源はブロッコリー...なんて生活をしていた。最後にお米とかパンを口にしたのは10年以上前なんじゃないかなあ。
で、試しにアメリカのスィートポテトを食べてみたら、痛みの症状が軽減したそうな...

もしもし、シンプルカーボは体の炎症を悪化させるから、痛みのコントロールにはよくなかったんじゃあないんですかあ?

あまり極端な食事制限とか健康法とかは信じないけれど、この友人が10年以上続けてきたような、「ジャンクフードをさけて、野菜、果物、ミネラル、良質のタンパク質をたっぷり取り、カロリーおよび炭水化物の量を低く抑える」なんて食生活は非常に体に良いものだと思ってきた。診断が確定するかどうかは別として、スィートポテトを食べて症状が緩和されたってことは、↑の健康法がかならずしも万人向きとは限らないってことなのね。彼の食生活の変化と様々な症状の悪化って微妙にシンクロしてるもんなあ。

あ、私のアトピーの件はぜんぜん書かなかったのでそれはパート(2)で
って書くのかな...



↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

お花シリーズ 

ちょっと見かけた花束とか頂いたお花とか撮りためていたものです。もっとたくさんあったと思うのですがなぜか見つからず...古いものはあるいは以前にアップしているかもしれません。順不同です。

ロビーで見つけたお花。

DSCN8149.jpg

お誕生日に頂いたお花。
DSCN9737.jpg

翌日はカーネーション入り。
DSCN9750.jpg

暮れに頂いたもの。
DSCN9541.jpg

これ、多分、最初がこういう状態で
DSCN8064.jpg

翌日、こうなって
DSCN8041.jpg

最後にこうなったんだと思う。
DSCN8038.jpg

ロビーかどっかで見つけた花束。受取人が休暇中につきみんなで楽しみましょうということになったらしい。
DSCN8922.jpg

白い花は孔雀草っていうんだったかな...
DSCN8753.jpg

ポットラックのお花のお裾分け。
DSCN0135.jpg

ほとんどのお花はみんなお家のお花に咲いているものだとか。お手入れが大変だろうなあと思いつつ、こんなお花に囲まれて暮せたらステキだろうなあとため息がでちゃいます。
素適なお花、どうもありがとうございました。




↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

5分で蒸しケーキ バタースコッチ入り 

前回作った5分で作れる蒸しパン、「昔ながらの油脂の入らない蒸しパンは固めの仕上がりになります」とお料理の先生が書いてらしたのを見たことがあったので、まあ、こんなものかなあと思ったのですが、ちょっとだけ固さが気になりました。なので、同じようなレシピでジャムを入れて作ってみたら、これが見事に失敗(写真なし)

では、基本に立ち返ってと、蒸し器で作るとものすごくおいしくできる、izumimirunさんの味噌蒸しパンを電子レンジで仕上げてみました。すみません、写真がボケてます。お味噌の香りがほんわりとしておいしいのですが、底のほうがちょっとだけ固いのが気になりました。やっぱ、これは蒸し器で作ったほうがおいしいですね。

IMG_6750.jpg

では、バターを多目にしてはどうかと作ってみたのがこちら。バターを大匙1杯ほど溶かして、あと、バタースコッチを混ぜたらこれが大正解!ふかふかの仕上がりになりました。
IMG_6808.jpg

ただ、シリコンの型を外してみたらバタースコッチが下に沈んじゃってました。バタースコッチはあとから入れたほうがいいみたいです。
IMG_6817.jpg

今回は、バターを溶かす手間(+10秒)とシリコン型に流しいれる手間(+20秒)が加わりますけど、多分、5分あればできます。

作り方は前回とほぼ一緒、マグカップにバター大匙1杯を入れて、電子レンジで10秒前後チンしてバターを溶かします。ここにグラニュー糖を大匙1杯入れてぐるぐるとかき混ぜて、卵を一個入れてかき混ぜて、ここにライスミルク大匙2杯を入れてかき混ぜ、オールパーパスフラワー大匙4杯とベーキングパウダー小匙1/4杯を加えてフォークでyくかき混ぜ、だまがなくなったらバタースコッチ大匙1杯半くらいを混ぜて、シリコンカップ3~4個に均等に入れて、電子レンジで1分50秒程加熱します。

加熱時間は電子レンジによって変わってくると思いますので、適宜調整してください。小さな型だったので早くできるかと思ったのですが、マグカップの時と同じか少し長めの時間がかかりました。シリコン型のほうが火の通りが悪いみたいです。↑で書きましたように、バタースコッチは生地に混ぜずに、上からふりかけたほうがよさそうです。
この分量だと、シリコンの型に3つと半分でした。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

資金集めのポットラック 

少し前にあったポットラックです。

こういう寄付金集めのお食事会がある度、お腹がはちきれそうになるほど食べて、まあ、資金集めのためだから...とは思いつつ、なんか矛盾を感じるSakulanboです。「困っている人達のために、一食抜いてその食事代を寄付しましょう」なんていうのは絶対に無理ですものね。

昨日アップしたコーンマヨパンは、ポットラックパーティー用のものでした。参加人数の予想は50人強。お料理の持ち寄りとは別に参加費用を集めて、その分が寄付金になるという仕組み。「7~8人分の食べ物をもってきてください」ということだったのですが、参加人数が50人くらいと聞くと、みんなたくさん持ってきます。まあ、50人分とはいかないまでも、みんなかなりたくさん持ってくるので、40人くらいが食べるものをもってきたとするとすごいことになります。

全体写真を撮りそびれてしまったのでぱっと見、そんなにたくさんあるようには見えないのですが

手前に並んでいるのはサラダ類。奥の黄色っぽいのはスライスチーズ。

0_DSCN0105.jpg

ビネガーが効いていておいしい!
Salada1010110.jpg

パスタ系のサラダだと思う。どれを食べてどれを食べなかったんだかよく覚えていない(汗)
Salada2010110.jpg

これもパスタサラダ、あ、冷製パスタっていうのかな。奥に見えているのは定番のお野菜のディップ。
Salada3010110.jpg

アメリカ風のクリーミィポテトサラダ(だと思う。お皿に乗らなかった)
CreamyPotetoSalada.jpg

紫キャベツのマリネー。さっぱりしていておいしいです。
94DSCN0108.jpg

お蕎麦を入れた稲荷寿司。おいしい。
97DSCN0112.jpg

右はビーンズだったのかビーフだったのか、両方入っていたんだったかなあ。奥に写っているのは多分炒飯。
98DSCN0113.jpg

最後にちょっとだけ残っていたところをとったのとボケちゃってますが、評判のよかったベークド寿司。でも、テーブルの反対側にあったのかな、取りそびれた!
29DSCN0126.jpg

日本風のチキンの唐揚というかタツタ揚げかな。アメリカ風に細かい分量を記載したレシピをもらったので今度ためしてみたいです。
99DSCN0114.jpg


アロスコンポジョ。お米と鶏肉の煮込み。メキシコ料理だそうです。
2200_DSCN0113.jpg

たぶんこれはチキンで
96DSCN0111.jpg

これはスペアリブあたりかと思うのだけれど、やわらかくておいしかったということしか覚えていない(汗)。
21DSCN0116.jpg

フィリピン料理だったんじゃないかと思うけれど、名前忘れました。おいしかった!
22DSCN0117.jpg

写真ではわかりませんが、巨大なベークドサーモン。食べそびれました。
4_DSCN0102.jpg

巨大なハムの丸焼きとパン。ハムはおいしかったんだけれど、パンは食べそびれました。このお隣にターキーがあったような気がするのだけれど、写真撮り忘れ。
3_DSCN0101.jpg

煮物二種。チリだったかなあ、食べたような食べなかったような...
6_DSCN0118.jpg

折りパイの間にホウレンソウ入りのクリームを挟んで焼いた、キッシュ味のパイ。このクリーム、お豆腐の味がする気がするからもしかしてヴィーガン版?おいしいです。
0_DSCN0096.jpg

ヘルシーデザート? 真ん中のソースはなんだったのか、とっても気になります。お皿にのりませんでした。キャラメルソースだったのかな。
2_DSCN0099.jpg

このデザートはお米入りでした。中東のお菓子かな?
1_DSCN0098.jpg

お腹がいっぱいすぎて味見ができなかったポピーシードケーキ。
9_Cake0101010101.jpg

レモンバー。あっという間になくなってしまったので食べられず。
8_LemonTart010110.jpg

ものすご~く大量にあったチョコレートブラウニー。おいしいです。
7_0_DSCN0122.jpg

こちらも大量にあったティラミス。乳製品はいけないのだけれど、抵抗できず。おいしいです。
91Tilamisu010110.jpg

アメリカンパイ。これもおいしい。
23DSCN0120.jpg

アーモンドが乗ったこれもおいしそうだったけれど、アーモンドはアトピーがひどくなるので食べられず...残念。
25DSCN0122.jpg

お花も何人かの方が持ってきてくださって...
DSCN0129.jpg

とってもきれいです。
DSCN0130.jpg

で、デザートなしの、一皿目がこちら。
0_DSCN0119.jpg

あ、チャウメンとバミセリ(ビーフン)の写真がないや。私の焼いたパンの写真も撮り忘れた!
ヨーグルトのデザートの写真もないや。
このあとデザートのお皿にうつって、それからお代わりをして、さらに余った分をお持ち帰りさせていただきました。

売り上げ金はハイチの救援団体に寄付するのだそうです。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

コーンマヨパン 

これもアップが遅くなったのですが、先週焼いたコーンマヨパンです。

I0_MG_6719.jpg

作り方は、ハムパンと同じですが、生ハムの代わりに水気を切った缶詰のコーンを使って、仕上げにマヨネーズを搾り出してから焼きました。
いつもの食パン生地を二つに分けて、長方形に伸ばしてマヨを塗って、コーンを散らして5cm厚さに切り分けて、さらに厚みを半分に切り込みを入れて、開いて平らにしたもの。下の写真は一次発酵が終わった状態。
IMG_6715.jpg

実は、今回は、平日に会社に持って行きたかったのですが、平日の夕方に全部作る自信がなかったので、前前日にオーブンで7分んほど焼いて白焼き状態にしておいて、翌日の夜に、溶き卵を塗って、パセリを振ってマヨを絞って、こんがりと焼き色がつくまで焼きました。
IMG_6716.jpg

20個焼いたのですが、小さめにして数を増やしてほしいと言われて、二つに切ったので、一口分ずつ40個。切れ端を口に入れた以外は味見せず、会社でも食べそびれたのだけれど、とりあえずおいしいと言ってもらえたので大丈夫だったみたい。



↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

最近のおやつ 

最近食べたおやつです。忘れないうちに

大好きなバナナクリームパイ。同僚からの差し入れです。5つに切ってあるってことは、一人前は1/5切れってこと?

DSCN0137.jpg

同じく同僚差し入れのパンプキンパイ。これも5つに切ってある!
でも、両方ともすごくおいしい!
DSCN0144.jpg


これも同僚からの差し入れのショートブレッドクッキー
DSCN9812.jpg

典型的なアメリカンの味ですが、たっぷりかかったチョコレートがたまりません。
DSCN9814.jpg

バレンタインの時に頂いた手作りのJello。ちょっとボケてますが、真っ赤なハート型。
DSCN9809.jpg

同じく、バレンタインの時にいただいたキャンディー。
DSCN9875.jpg

中身はピンクのハートが入っていて、ほんのりシナモン風味。
DSCN9874.jpg

なぜか、ここから写真の大きさが違うけど...
おやつにいただいたお煎餅。胡麻風味がたまりません。
DSCN9983.jpg

同じくおやつにいただいたチョコレート。日本の麦チョコみたいですが、中身はざくろ。乾燥ざくろから?ちょっと不思議な食感で後を引きます。
DSCN9981.jpg

同僚差し入れのアーモンドペーストリー。たっぷりのアメリカンコーヒーと一緒に。本当は、アレルギーが悪化するからアーモンドは禁止なんだけれど、これ見て食べるなっていうのは無理です。
DSCN9990.jpg>

「手作りの干し柿を頂いたから」とひとつお裾分けして頂きました。甘くってやわらかくってぺロッと食べちゃいました。こんなのが手作りできちゃうなんてすごい!
DSCN0093.jpg

差し入れの鈴カステラ。う~ん、日本の味!
DSCN0094.jpg

今回もステキなおやつ、ご馳走様でした。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

パスタばっかとパンばっか 

最近の晩御飯です。
マクロビブームの逆を行っていますが、どうも、私にはニッケルアレルギーがあるらしいこと。で、これはホールフーズと呼ばれる、小麦胚芽とか玄米とか、豆類とかいわゆる栄養がありそうなところに多く含まれているのでよくないこと。あと、胃腸の調子とアトピーは深く関係しているみたいで、どうも、私には腹持ちの良い(つまり消化の悪い)ご飯類とかはあまり合ってないらしいということが判明していらい、パンとパスタとお菓子の生活が続いています(笑)

これはリーキ葱と鶏そぼろを味噌味でアレンジした和風パスタ。鶏そぼろは胸肉をフープロでひき肉にしたもの。お味噌以外はアメリカで普通に手に入る食材で和のお味。そぼろは鶏肉と味醂とお味噌とお砂糖、お酒、醤油、生姜、味噌、コーンスターチあたりだったかな。かなり適当です。リーキ葱の薄く色づいた部分は薄切りにして炒めてパスタにあわせました。

IMG_6652.jpg

こちらは、な~んにも作る気になれなかった時の納豆パスタ。ガーリック醤油につけてあった大葉と茹でてあったアスパラガスと合わせてあとは海苔をパラパラと。
IMG_6639.jpg

冷蔵庫の残り物一掃パスタ。米茄子の皮を剥いてガーリックと一緒にオリーブオイルで炒めたものと薄切りサラミ、少しだけ残っていたリーキ葱の薄切りをあわせました。鷹の爪も少々入れて仕上げはイタリアンパセリで。
IMG_6661.jpg

焼きたてのちぎりパンをたっぷり食べてしまった日の夕食というか夜スナック。胡瓜はイングリッシュキューカンバーとかホットハウスキューカンバーとか呼ばれているもので、日持ちがしないのが難点ですが、種がほとんどないので食べやすいです。ドレッシングはマウジィさんに教わったメープルシロップ入りのもの。甘くておいしいです。このドレッシング、常備決定! マウジィさん、ご馳走様でした。
IMG_6689.jpg

これはその前にサワードゥブレッドを焼いた時のものかな。例によってワンパターンでサラミと大葉をあわせて、同じくイングリッシュキューカンバーをガーリック入りの甘酢で和えた物。
IMG_6601.jpg

セロリの即席和え。ごま油とお醤油だけにするつもりだったのですが、なんかしっくりこなくて、結局いつもの甘酢和え。ごま油の風味でちょっぴり中華風。
IMG_6599.jpg

冷蔵庫一掃野菜炒め。レッドパプリカとセロリ、鶏胸肉入り。
IMG_6567.jpg

あ、やっと出てきた、お料理らしいお料理。サワラのエスニックソースかけとポテトの炒めたの。ポテトには塩レモンをほんの少しとイタリアンパセリを添えて。サワラのエスニックソースはとってもおいしかったのだけれど、参考にしたサイトも作り方もどっかに行ってしまって(汗)
オリーブオイルでかりっと焼いたサワラに、確か、酒、味醂、オイスターソース、ガーリックソース、醤油、ごま油、粉山椒あたりを合わせたソースを加えてちょっと煮詰めたんだったかなあ...
IMG_6704.jpg


↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。