さくらんぼのアメリカ日記 2010年05月

月別アーカイブ

 2010年05月 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

izumimirunさんの干し椎茸の煮込みスパ 

週末だったというのに野暮用で気分が冴えなかった昨日、さっさと用事を片付ければよいのに、最後までやらないいつもの癖でPCでお遊び。そしたら、そしたら、ブログのページを開いたら、大活躍中のizumimirunさんからメッセージが入っていて、なんと、私にレシピをプレゼントしてくださったとのこと。すっかりご機嫌になって遊びに行ったら、私の大好きなキノコとパスタのレシピではないですか!ちょうどパスタが食べたかったので、大喜びでさっそく作っちゃいました。
干し椎茸の煮込みスパです。

IMG_8270.jpg

干し椎茸をパスタと一緒に煮込むので戻す時間が短縮できてあっという間に仕上がります。パスタは使いかけのフェトチーネがあったのでそれを使いました。煮込みパスタって、思いつきそうで思いつかない調理法ですよね。椎茸とおしょうゆおお味がパスタにしみこんで、ほんのりガーリックとごま油風味がきいていてすごくおいしいです。珍しく、レシピどおりの分量で作ったので(普段は倍量)あっという間になくなっちゃったのがちょっと残念。絶対にリピします。

以下、izumiさんシリーズ、続きます。
IMG_8153.jpg

こちらは少し前のレシピの炒めない素麺チャンプルー。柚子胡椒と味噌とごま油の組合わせ、おいしいです。
IMG_8250.jpg

これは野菜のご飯にのっていたピリリレタスの胡椒蒸し。胡椒の風味がきいてます。ノンオイルでレタスがたくさん食べられてうれしいです。サニーレタスで作っててあと、夜撮った写真なので色が悪いのですけれど...
IMG_8246.jpg

これは同じく野菜のご飯に載っていたネギだけカレースープ。お野菜だけでこんなにスープがおいしくなるなんて。

izumimirunさんのレシピって、簡単でおいしくて新しいアイデアが一杯なので野菜好きの私には嬉しい限り。いつも遊びに行って新しいレシピを仕入れさせて頂いているのです。そんな私のつたないお料理にいつもお心遣いたっぷりのやさしいコメントを残してくださるのはizumimirunさんのほう。本当に、お忙しいのにいつもありがとうございます。そして、

大感激のおいしいレシピのプレゼント
どうもありがとうございました!!!


↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ




スポンサーサイト

ウーピーパイ 

お詫び

大分前にアップしたレシピですが、小麦粉の量が間違えているのに気がつきませんでした。
オールパーパス粉の量は2 1/4カップが正しくなります。万が一、以前のレシピで作ってうまくいかなかった方がいらっしゃいましたら、大変申し訳ありませんでした。

これも少し前に焼いたウーピーパイです。乳製品なしで作りました。たしか、エンゼルパイの原型だという、ペンシルバニア地方に伝わるアーミッシュのお菓子だったと思う。中のクリームはバタークリームのものとマシュマルがありますが、これはお手軽にマシュマロで。夜焼いたので写真の色がちょっと悪いのですが...

IMG_8171_1.jpg


材料は
ショートニング、またはバター 1/2カップ(約110グラム)
グラニュー糖 3/4カップ
ベーキングソーダ 小さじ1杯
塩 小さじ1/8杯
水 1 1/4 カップ (マイナス小さじ2杯)
ビネガー 小さじ2杯
卵 1個
バニラエッセンス 小さじ1杯
オールパーパス粉 2 1/4カップ
無糖ココア 2/3カップ

作り方は普通のクッキーの作り方と同じ、オーブンは350°Fで約10分。
焼けたら半分をひっくり返して天板にのせたまま、こちらのマシュマロを一個ずつ乗せてオーブンの余熱で3分くらい焼いてマシュマロを溶かします。
IMG_8191.jpg

もう一枚で蓋をして出来上がり。クッキー生地が柔らかいので、マシュマロをしっかり溶かさないとクッキーがわれちゃいますのでご用心。
IMG_8169.jpg

ラップに包んで箱詰めして職場のおやつに
IMG_8178.jpg


作り方は、ショートニングをクリーム状にしてグラニュー糖を加えてふわっとなるまで混ぜたところに卵を加え、あとは粉類と水(ビネガーとあわせておく)を交互にくわえてさっくりと(でもなめらかになるまで)まぜます。

天板に大匙2杯ずつこんもりとおいていって、350°F(約180℃)に余熱したオーブンで10分程度、表面が乾いた感じになって押してみて弾力が出るまで焼きます。

やけたら天板の上で2分ほど放置、その後、半分はラックにとって、半分はひっくり返して、マシュマロをひとつずつのせてマシュマロが軽くふくれてくるまで3分くらいオーブンで焼きます。すぐにとりだして、さきほどのもう一枚でサンドイッチにしてできあがり。この時、マシュマロが固くてクッキーが割れてしまうようならもう少し温め直してください。あたためすぎると今度はマシュマロが流れ出してしまうので、適当に加減してください。

あ、クッキーと書きましたが、ケーキみたいなふわっとした仕上がりです。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

つくったものいろいろ 

(予約投稿です。コメントのお返事と前後するかもしれませんが、ご容赦ください。)

最近作ったものをいくつか...と思ったら全部ご馳走様報告ですね。手を抜きすぎて元のレシピとは似ても似つかないものになっているものもありますが(汗)

最初のはizumimirunさんの焼ききゅうり。イングリッシュ・キューカンバーとかホットハウスキューカンバーと呼ばれている長いきゅうりで作りました。アメリカの普通のキュウリはそれこそ日本のおばきゅーで、種を取って皮を剥かないとおいしくないのですが、イングリッシュキューカンバーは種が気にならなくて、皮も食べようと思えばそのまま食べられます。今回、縞に剥こうかどうか迷ったのですが、剥かずに作って正解でした。生姜とおしょうゆの味がきいていてすごくおいしいです。日本のキュウリよりも太めなので、焼く時間は少し長めにしています。アメリカの食材でk楽に和の味が楽しめて感激です。izumimirunさん、今回もご馳走様でした。

IMG_8112.jpg

こちらはレイコさんのレシピの黒糖かりんとう、リピです。余っていたサワードゥブレッドで作りました。油を使わないのにかりっと仕上がる大好きなレシピです。金曜日の夜に作ってぽりぽりと食べていたら週末でひとりで全部食べちゃいました(汗)。
IMG_8121.jpg

こちらももともとはレイコさんのレシピのはずなのですが、激しく手抜きです。冷凍してあった豚肉と冷凍のチキンスープ、冷凍の長ネギ、冷凍の生姜、紹興酒、しょうゆなどをあわせてレンジでチンした煮豚です。簡単に作れておいしいし、うっかり解凍しわすれていてもレンジで解凍できるので、すっかり気に入っています。
IMG_8054.jpg

冷蔵庫で冷やしておいた煮豚をトマトと合わせて。上の野菜はセロリだったのかなあ...
IMG_8061.jpg

こちらもレイコさんのレシピで作ったレンジで作る鶏ハム。出来上がった写真を撮らなかったので、お弁当箱にサンドイッチの中身を詰めたもので失礼します。レンジで作ると簡単でいいですね。レイコさん、素敵なレシピをたくさんたくさんご馳走様でした。
IMG_8086.jpg

こちらはizumimirunさんの野菜のご飯の本に載っていた人参パスタ。人参はフープロでがーしてからブロッコリーとあわせました。
IMG_8092.jpg

人参が甘くっておいしいです。ご馳走様でした。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

お焼き二種類 

(予約投稿です。コメントのお返事と前後するかもしれませんが、ご容赦ください。)


これもかなり前に作ったお焼きです。最初のは勇気凛りんさんのかぼちゃのお焼きのレシピを分量約1/4にして作りました。小麦粉は薄力粉400グラムと強力粉50グラムとあったのをオールパーパス粉に変えて、1/4で100グラムちょっと。なので、アメリカの236CCのカップで1カップくらい...と乱暴に目分量で、あとは分量を全部1/4にして4個だけ作りました。

IMG_7822.jpg

カボチャの皮も入るので切り口がとってもきれいだったのですが、断面の写真は撮らずにワシワシと食べてしまいました。カボチャがあまくてとってもおいしいです。勇気凛りんさん、素敵なレシピをご馳走様でした。
IMG_8076.jpg

こちらは別の日に中身をグリンピースに変えて作ってみたもの。缶詰のグリンピースをフープロでがーしてお砂糖を大匙1杯ほど加えました。本当はなすや野沢菜を使った餡で作りたいなあと思いつつ、つい安易なほうに...
野沢菜は入手が難しいのですが、青菜のお漬物で代用できるかなあなんて思いつつ、やっぱ、グリンピースの手軽さにはかないませんでした。

こういうお焼きって、実は数年前に日本に里帰りした時に食べるまで、一度も食べたことがなかったのです。中学生の頃持っていたお菓子の本にお焼きの作り方が載っていて、ずっと食べたいとあと憧れを募らせていたのです。なので、信州に行ったときにやっと念願のお焼きを口にしたのですが...

サランラップでくるんだお焼きを電子レンジであっちっちにしたのを出されて...
中身は野沢菜なんだけれど、べちゃっとなっていてやたら甘くて、あきらかにはずれ。

ちゃんと焼いたお焼きがたべたいなあと作ってみました。この皮、すごく簡単に作れるのですね。はまりそうな予感がします。今度は茄子の餡も是非試して見なければ。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

リベンジパンケーキとエッグベネディクト 

(予約投稿です。コメントのお返事と前後するかもしれませんが、ご容赦ください。)
別に、パンケーキがリベンジってわけじゃないのですが、メープルシロップを買いなおしたので...
少し前に作った週末のブランチです。(←食べる時間が10時前後なのでブランチと呼んでいますが、このあと12時前後にちゃんとお昼ご飯も食べます。はい)

IMG_7998.jpg

最近よく作る、サワードゥパンケーキ。サワードゥだと、どうしても焼き色がムラになるみたいですね。
分量と作り方はこのあたりに。

これは、マウジィさんのところで拝見して以来ずっと作りたかったエッグベネディクト。
IMG_8035.jpg

カナディアンベーコンはトレジョで見つけたこんなやつを使いました。
IMG_8031.jpg

トーストしたイングリッシュマフィンにフライパンでさっと焼いたカナディアンベーコンとポーチドエッグを乗せて、上からオランデーズソースをかけたもの。オランデーズソースはレシピでいろいろ作り方を検索したのですが、結局は湯煎で卵一個と水大匙一杯をあわ立てて70℃前後まで加熱してからレモンジュースと塩と溶かしバターを加えてさらにあわ立てて...とすぐ~くいい加減な作り方になりました。たまにはこういう朝ごはんもいいですね。



↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

ただのスコーンになっちゃったオリーブ・グリッドル・ブレッド 

(予約投稿です。コメントのお返事と前後するかもしれませんが、ご容赦ください。)

思うに、きちんと計量して手順の写真とあわせてレシピも載せようなんて思っているものはかならず失敗するんじゃないかって気がするのですが...

IMG_7895.jpg

結構前に作った、オリーブ入りのグリッドルブレッドです。
その前に作ったイングリッシュマフィンがうまくいったので、フライパンで作るクィックブレッドの第二段と張り切ったのですが...

こういうものだと思って食べればおいしいのですが、ふわっとしたパンを期待していたのに、しっかり塩味のスコーンになっちゃいました。まあ、分量と作り方を考えれば当然といえば当然で、焼く前に気がつけって思うのですけれど。
IMG_7892.jpg

ただ、薄めのスコーンならフライパンで焼けそうっていう発見もありましたけどね。今回はこんな感じで7mm厚さくらいに伸ばして、よく熱したフライパンで中火~弱火で片面7分くらいつつ焼いたものです。

材料は(カップはアメリカサイズ=236CC)を使っています。
バター 3/5スティック(約40グラム)
小麦粉 1カップと大匙1杯
ベーキングソーダ 小さじ1/4杯
塩、小さじ 1/4杯
水 大匙3杯
ビネガー 小さじ1杯
オリーブオイル大匙 2/3杯

粉類を混ぜ合わせたところにバターを刻みいれて、粉と混ぜてそぼろ状にしたところに水とビネガーを、オリーブオイル加え(水分の量は適宜調整してください)軽くねって大体まとまったら乾燥させないようにして10分ほどおき、7mm厚さに伸ばして6cmくらいの直径の型で抜いて、オリーブオイル大匙1杯弱(分量記載外)を熱したフライパンで両面焼いたもの。
まあ、塩味のスコーンが作りたい方にはお勧めかと。

次回はもう少し水分を多くして作り直してみます。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ


最近のおやつと少し前のお花と... 

(予約投稿です。コメントのお返事と前後するかもしれませんが、ご容赦ください。)

最近のおやつと少し前に頂いたお花。もっとも、この記事がアップされる頃には最近じゃなくて少し前のおやつになっている筈だけれど...

よく、「ブログの更新がんばってるのね」とか「ブログ、毎日更新なさるなんて偉いわ」といわれるのだけれど、ブログを日記帳代わりにしている私の場合、何も考えずにぼ~っとタイプするだけなので、うっかりすると一日に3つも4つも記事をアップしかねない。それでは読んでいただく方にもご迷惑だろうと、書き溜めておいて後日の日付で予約投稿...ってしだしたら、いつのまにか予約投稿がすごい数になっちゃって、記事がリアルタイムじゃなくなっているって話が(汗)
ま、リアルタイムにしてない理由は他にもあるんだけどさ...

あいかわらず甘いものが豊富な職場で、あと、個人的にいろいろなものを頂きます。
みなさま、いつもいつもご馳走様です。

お土産にもらったSeesだと思う)のチョコレートキャンディー。日本人の私はキャンディって聞くと飴を連想するのですが、アメリカの場合、こういうチョコレートはキャンディーっていうんですよね。

DSCN0400.jpg

一箱があっと言う間になくなった翌週、別の方が差し入れてくださったSee[sのキャンディー。
DSCN0466.jpg

ほら、やっぱおんなじだと思う。
DSCN0467.jpg

たてつづけに3個食べてしまって反省。
DSCN0469.jpg

でも、ここは甘いものがたくさんあるのですよ。これは多分、コスコのブラウニーバイトだと思う。頭の中までとろけそうに甘いけれど幸せ。
DSCN0405.jpg

日本のお土産の和菓子、
DSCN0510.jpg

抹茶味です。
DSCN0511.jpg

これも日本のお土産かな?
DSCN0522.jpg

大好きなパイ包み焼きと
DSCN0524.jpg

羊羹!
DSCN0525.jpg

で、〆は同僚手作りのチョコレートチップクッキー、とまりません。
DSCN0518.jpg

団子より花、やっぱ、美しいものに目を向けなければということで...
少し前に頂いたお花と
DSCN0349.jpg

同僚がもらったお花、勝手に写真だけ撮らせてもらっちゃったの。
DSCN0351.jpg

どちらもお庭に咲いているのだそうです。
素敵なお花とおいしいおやつ、どうもありがとうございました。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

心の傷 

最近、落ち込み気味なのでやたらとひとりごとが多いです。適当にスルーしてください。

人は、自分のことを過大評価するか過小評価するかどちらか。私はどちらかというと過小評価するほうらしい。
あと、「私ってとってもいい奴だと思う」と自分で言っている人が必ずしも「いい奴」とは限らないということは百も承知だけれど...

そして、私はたくさんの人から愛情をたっぷりと注がれた幸せな子供時代を送っていることもまた事実なんだけれど...

続きを読む

ベトナムランチ 

(予約投稿です。コメントのお返事と前後するかもしれませんが、ご容赦ください。)

少し前、お昼にフレンチベトナミーズのお店に食べに行きました。

DSCN9294.jpg

中はこんな感じです。
DSCN0513.jpg

手前が私が頼んだコンビネーションフライドライス、奥はお向かいさんが頼んだムーンパンケーキ。
DSCN0516.jpg

作りたての熱々でおいしくって、私にはちょうどよかったのだけれど、一緒に行った人たちには量が少なすぎたかも。こういうお店は、アペタイザーとメインと別々に頼んで、みんなでシェアするのがいいみたいですね。でもさ、ここって一皿の量が少ないから、かといって二人前頼むほどの人数じゃないと、ほんの一口ずつしか食べられなくって食べ終わってもお腹すいてるんだよねえ。
ランチスペシャルがないのがちょっと寂しいかな。


↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

体脂肪率5%増加! 

(予約投稿です。コメントのお返事と前後するかもしれませんが、ご容赦ください。)

いえ、正確には体脂肪率計を新しくしただけなのですが...
古いこちらの体脂肪率計、使い勝手はよかったのですが、スイッチのところがおかしくなっていて、だましだまし使っていたのですが、ついに使えなくなりました。

IMG_7828.jpg

体脂肪計は機種によって誤差が大きく、あくまで日々の増減の目安にしかならないと聞いていたのですが、↑の体脂肪計はうれしいことに体脂肪率が低くでます。しばらく前までは、ずっと夕方計ると14%台、朝は16%台だったのですが、ここにきて朝が18%台に増加。体重も高め安定なのでなんとかせねばと思っていたのです。ちなみに、ずぅっとずぅっと昔に手作業で皮下脂肪の厚さを測って計算してもらった時の体脂肪率は確か20%前後だったと思います。
この体脂肪計も、買った当時は体重・体脂肪率とも安定しなかったのですが、いつのまにか図り方の習慣が身についたのか、安定した数値が出るようになっていたのですが、ただ、水分量が測れないのがちょっと難点。

で、こちらの新しい体脂肪計なのですが...
IMG_7827.jpg

体脂肪計の値段は、メモリーによって変わってくるとかで、高額のものも必ずしも性能がよいというわけではなく、ただ、記憶できる人数が増えるだけと以前に何かの記事で読んだので、とりあえず、値段と機能とメモリー数を調べて、一人用なので、メモリー数が少ないなかで、体重と体脂肪と水分量がはかれるものを選びました。

これ、一週間くらいつかっているのですが、計るたびに体脂肪率がかわるのです。で、↑に書きましたように、平均して一気に体脂肪率が5%ほどあがりました。ただ、私、かなり筋肉質なものですから、一応アスリートタイプを指定すると以前と同じ18%前後に戻りますので、まあ、よしとしましょう。あ、自分をいましめるため、一応、ノーマルモードで計っていますので、18%から一気に23%にあがりました。うっかりすると24%。低いときで20%くらい。もう少し安定してくれないと計る意味がまるでありません。

で、体重のほうが相変わらず高め安定の97.4ポンド。がんばって数ヶ月前の安定値の95.5ポンドまでもどさないと全部お肉になってしまう!

ちなみに水分量なのですが、これも測るたびに数値が違ってあてになりません。で、体脂肪が高いときは水分量が低くでます。よくわかりません。


↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ


お米とアトピーと... 

単なる体調メモです。適当にスルーしてください。

何度も書いているけれど、アトピー性皮膚炎の診断基準のひとつは、「原因不明であること」だから、乾燥とかが原因なら別の診断名がつくし、なにかに接触してかぶれるのであれば、これも別の名前がつく。なので、原因不明だからあきらめろって言っちゃえばそれまでなのだけれど...

いろいろな人の体験記を読んだり、WEBで調べてみたり、自分なりにいろいろやってみると、原因とか引き金とかがあまりにもたくさんありすぎて、人によって症状もさまざまだから、「これ」と特定するのは難しいのだけれど、それぞれに、合うものと合わないものがあるみたいな気がする。

私の場合、一番の原因は、物理的な刺激で炎症を起こしてしまう敏感肌。これに若干のアレルギー体質が加わって、おそらく、アトピーが悪化している時は自己免疫系統も若干狂いかけているんじゃないかと思うのだけれど、最近は、弱めのステロイドで直らないほどひどい湿疹はないから、このあたりは一応収まっているのかな。

で、湿疹ができて治りかけの時は皮膚の防護機能が完璧じゃあないから、アレルギーに関係なく、オレンジの皮を手で剥いたりとかすると果汁の刺激でそれだけで痒くなる。

なので、野菜や果物を取り扱うときは手袋着用でその後、よ~く手を洗う。ただし、これをあんまりやりすぎると、今度は手袋の物理的な刺激で手がかゆくなったり、石鹸のつかいすぎで皮脂がおちちゃってアトピーが悪化するので加減が必要。ま、症状が強いときはお料理はしないことですかね。

青魚とアトピーの関係はいまいちよくわからないのだけれど、とにかく、お魚をさばくとアトピーが悪化するみたい。なので、アトピー悪化時にはお魚は切り身を買うか、お店で切ってもらおう。

体調のいい時に冷凍庫にある処理済みの鯖を出して食べてみればいいとは思うんだけれど、これはどうもチャンスがない。というのは、実は、ご飯もアトピーの原因じゃないかと疑って控えているところだから、鯖寿司とかにしちゃうと、悪化した場合にどちらが原因なのかわからなくなる。

なんでお米になったかというと、どうも、食べ物とアトピーの因果関係がはっきりしなくて、もしかしたらおかずのほうじゃなくて、一緒に食べてたお米が原因???って気分になったので。

数週間、お米を控える生活をしていたら調子がよかったのだけれど、先日久しぶりにおにぎりを食べたりチャーハンを食べたりと立て続けにいろいろ食べたらとたんにアトピーが悪化...なんだけれど、止めても治る気配がなくって...

お米とアトピーについては、一般に、小麦粉ほどの急性の反応はなく、どうも遅延反応という形で少し遅れて出ることが多いらしい。遅延反応もなにも、お米はほぼ毎日食べていたのだから、この場合は、お米が原因ならいつも症状が出ていたことになるけれど...

お米を疑うもうひとつの理由は、私の体がどうも上手にお米を消化できないらしいこと。体調が悪いときにご飯を食べると胃の具合が悪くなる。胃の具合が悪いからとおかゆなんか食べようものなら余計にひどくなる。その昔体調を崩して、あとにも先にも一度だけ強制的に入院させられた時は、直前にご飯をたっぷり食べていた。で、その心理的後遺症でその後、半年間はご飯が食べられなくなったけれど、特に不自由はなかったし、アトピーとリーキーガッツシンドロームとかいう、きちんと消化されなかった食物が体内に入ってさまざまなアレルギー反応を引き起こしているというのが私にもあてはまるとすれば、お米を食べて数日後にアトピーが悪化するというのも理解できる。

なんだかなあ...
また一週間食べなかったらやっぱ体調がいいような気もするのだけれど、私のアトピーの原因、お米だけじゃないからなあ。それに、ここ数日、弱めとはいえ、手にはステロイドを塗っているから、単に薬がきいてるだけかもしれないし。

お米は食べていないのだけれど、先日、生のキュウリを食べたらてきめんにアトピーが悪化した。生のレタスの葉にさわったら、これも手がかゆくなった。加熱したキュウリは大丈夫みたい。昨日は少し生っぽいソラマメを食べたらアトピー悪化。もっとも、豆類にはもともと軽いアレルギーがあるので、これは食いしん坊の自業自得。缶詰のたけのこは食べたけれど、やっぱ、これは生じゃないから多分大丈夫みたい。

なので、お米とアトピーの関係をつきとめるため、もう少し、お米は食べません。ライスミルクもストップ。もともとアレルギーのある大豆製品と一部の豆類と生野菜ともやしも禁止。ナッツ類も厳禁。食べすぎで胃が荒れるとアトピーが悪化するので、ダイエットもかねて当分、間食は少なめにします。えっ、それは不可能ってか?

さて、どうなりますことやら。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

オイル、乳製品なしのバナナチョコレートケーキ 

少し前に、急に甘いものが食べたくなって作ったお菓子です。

IMG_7867.jpg

以前に超手抜きのバナナチョコレートケーキとして載せていたのですが、今見直したら、今回作ったものは超手抜きどころかひどい手抜きということが判明。うろ覚えで作った分量ぜんぜん違ってたし、洋酒も入れてなかったし...あと、レンジで作るときはやっぱり丸い容器(ボールとかマフィン型とか)のほうが混ぜやすいし、均一に火が通りやすいです。
作り方の手順と分量は、前回か前々回のブログ(↑のリンクからとべます)のほうがいいと思いますが、「お菓子なんて、粉と水と甘味料とふくらまし粉の類があれば、あとは混ぜるだけでできるわよ。分量なんててきとうでいいの」という私の主張を証明してくれるお菓子なので、すご~く乱暴とは思いつつご紹介します。
ただ、これはあくまで、毎日のおやつ。お菓子なんてどんな作り方をしてもできるけれど、手間をかけて丁寧に作れば作るほどおいしくなるのもまた事実。

まず、このように電子レンジに入れられる容器に完熟バナナを1本入れてフォークでつぶします。
IMG_7855.jpg

ここに、小麦粉、ココア、砂糖各大匙3杯を加えてよくかき混ぜました(前回作った時は大匙2杯ずつだったのですが、すっかり忘れて3杯ずつ入れちゃいました)
IMG_7857.jpg

ざっと混ざったところに卵を割りいれ、フォークでぐるぐるっとかき混ぜます。
IMG_7858.jpg

こんな風に表面を平らにならして
IMG_7859.jpg

電子レンジで加熱したらできあがり。よい匂いがしてきて、表面が乾いた感じになったら出来上がりです。
IMG_7860.jpg

あれ~、Sakulanboさん、型にオイルも塗らないのって?
そう、今回は塗りませんでした。やっぱ、丸いボールに薄くオイルを塗ったところで材料を混ぜ合わせて電子レンジで加熱するのが正解みたいです。この容器、いつもお弁当箱に使っていて思うのですが、他の容器に比べて火の通りが悪いみたいで、前回は3分ちょっとでできたのですが、今回は5~6分かかりました。3分すぎたら30秒後とに様子を見て、最後は15秒くらいずつ何度か加熱して、真ん中が乾いたらできあがり。ノンオイルですが、バナナが入っているのでしっとり仕上がります。ケーキとプディングの中間のような食感のしっとりしたケーキです。カロリーを気にしなければ、チョコレートチップスを入れてもおいしいかもしれません。↑にお砂糖と書きましたが、今回はお砂糖ではなく人工甘味料のスプレンダを使いました。上に振りかけているのは普通の粉砂糖です。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

発想の転換 

例によってしょうもないひとりごとです。てきとうにスルーしてください。
あと、特に読み返したり書き直したりせず思いのままにダーっと書いたので、誤字脱字+意味不明箇所はご容赦ください。

私、いつも書いているのだけれど、非常に理屈っぽくて口から先に生まれてきたようなやつ。
前にも書いたけれど、子供の頃、冬のさむ~い日に、「どうして寒いのがつらくって寒い日はコートを着ないといけないのよ。そんなの理由がないじゃない。理由のないことは嫌い!」と思って薄着で外を歩こうとして、北風にぴゅ~っと吹かれて3メートル歩いてくじけた奴。理由がなくても寒いものは寒い!

あと、私に対する人の評価は、ふたとおり。
「考え方が大変柔軟でよろしい」
または
「非常に頑固である」

でもさ、両方ともあたっているからこわいんだよね。
人から二重人格と言われる所以。

この世の中は理屈がすべてではないし、普通の人には理屈よりももっと大切なことがあるらしいのだけれど、Sakulanboの住む世界は理屈がすべてである。理屈に合わないことは嫌いだし、基本的にやらない。強制されてやるのは、社会的、経済的、肉体的に身の危険が迫ったときか、一応右に倣えをしておかないとあとあと大変な時のみ。

よって、右に倣えが多い日本を追い出されてアメリカにて亡命生活中の与太郎ここにあり。

続きを読む

フラワートルティーヤとマンダリンパンケーキの違いは? 

膨張剤の有無と焼き方でしょうか?あとは名前???
餃子の皮の成功に気をよくして、うす~く伸ばした粉物も、生地をしっかり休ませれば簡単にできることを覚えて以来、いろいろなものが作りたくてたまらないSakulanboです。以前は、伸ばしても伸ばしても縮んでしまって薄くのびてくれない生地に嫌気がさしてあきらめたのですが、あれは、休ませ方と水分の量が足りなかったのですね、きっと。
で、最近作りたいなあと思っていたのはフラワートルティーヤとマンダリンパンケーキ。フラワートルティーヤはお店で買ってくればよいのですが、以前に似たようなものを買ったらカビていたことがあって、それ以来、買う気にならないのです。

IMG_7976.jpg

レシピを比べてみたのですが、マンダリンパンケーキは間にセサミオイルかベジタブルオイルを塗って二枚サンドイッチにして片面だけ焼くという以外は、小麦粉と水の配合も似たようなものだし、同じ作り方で代用できそう・・・と乱暴に一つの生地で両方作っちゃいました。分量にして小麦粉2に水1の割合です(小麦粉2カップなら水1カップ)。上はフラワートルティーヤ(もどき?)を使ったスモークサーモンのラップサンド。ラップサンドの作り方はマウジィさんのレシピを参考にさせていただきました。でもって、リンクを貼ろうと思って今また見に行ったら、ディルを入れていないことに気がつきました(汗)。でもとってもおいしかったです。マウジィさん、ご馳走様でした。
IMG_7969.jpg

で、こちらが焼きあがったマンダリンパンケーキ。正確には、フラワートルティーヤのレシピはベーキングパウダーが入っていて、マンダリンパンケーキは入っていないみたいですが、これだけ薄いとあんまり差はないはずと勝手に思い込んで、ラップサンド用には一枚ずつ、マンダリンパンケーキ用には、間にカノーラオイルを刷毛で塗ってサンドイッッチにしてから薄く伸ばしてそのままオイルを敷いていないフライパンでさっと焼いて、焼けたらすぐに二枚をはがしたものです。つまり、オイルを塗った内側の部分は直接はフライパンにふれてないのでつるっとした感じになっています。
IMG_7967.jpg

で、ありあわせ野菜で作ったムッシュ・ポークもどき。
IMG_7992.jpg

本当は、キャベツか白菜を使うらしいのですが、なかったのでセロリで代用。
IMG_7991.jpg

千切り野菜、たけのこの水煮缶、豚肉としょうが、干ししいたけ、卵焼きの千切りを炒めて、お醤油とお酒とホイズンソース(海鮮醤)で味付けて、海鮮醤を塗ったパンケーキで巻いてできあがり。今回は水溶き片栗粉を少し加えました。


↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

ひとりごとの追記:「嫌いな男の人」と「気さくに話せる友達」の違い 

いつも、「日記帳代わりだから」と好き勝手なことを書いているSakulanboですが、時々、「男の人は嫌い」と書いているので、男性の方に不愉快な思いをさせてしまっているかと思って...
でも、よく考えれば、書けば書くほど墓穴を掘るかもしれないけれど。

基本的に、「世の中の男性」とか「まったく男っていう奴は...」と枕詞(←日本語があっているかどうか不安)をつけた場合の「男性」というのは、私の中のイメージとして出来上がっている、日本その他の国の男性諸君、いわば、集合体であって、個別に「この人」とか「あの人」とかのイメージは浮かんでこない。

で、男嫌いのSakulanboにどうして男友達がいて、また、男の人に対してしかめつらもせずに普通に話しができるかというと、ブログでの対話も含めて、私がお話をする人たちはみんな「普通の人間」なので、ひとたび、「ひと」として私の前に現れてしまえば、「友達」の範疇に入る限り、私が、「男の人って嫌い、しっし、あっちに行って」と感じることはまずない。

まあねえ、「友達」とか「ただの知り合い」と思っていた人が突然「男の人」に豹変した場合は話しは別で、そういうことをすると、そいつは「まったく男っていう奴は」という部類に格下げされるけれど、酔った勢いでいきなりキスとかしてこない限りは大丈夫。

要するに、職場の男性も含めて、私の周囲の男性はみんな、「同僚」「知り合い」「顔見知り」「友人の旦那さん」「親戚」などなど、「男の人」以外のカテゴリーに入りますのでご心配なく。

ご不快な思いをさせていたらお詫びいたします。

贅沢と節約と 

ひとりごとかな、日記かな、食事かなあと思いつつ...

アメリカの一人暮らしは、税金も含めなにもかも割高で、経費がかかって仕方がないのだけれど、基本的に食費は節約しないことにしている。やっぱ、体が資本だし、安くて体に悪いものを食べて体壊したら元も子もないし...

だけど、やっぱり収入は限られているから、仕事が暇で時間がある時は、同じ食材なら、旬の安いもの、セールのものですませることが多いのだけれど。

で、マンゴーの正しい食べ方。

IMG_7839.jpg

ナイフで突き刺して丸かじりします。メキシコでホームステイしていた時に、朝食のマンゴーをナイフとフォークで食べようと四苦八苦していたら、ホームステイ先のお母さんが、「マンゴーはこうやって丸かじりするのよ」と教えてくれました。その後、アメリカに来て、(メキシコとくらべて)マンゴーがあまりにも高いのでびっくりしたのですが、カリフォルニアだとシーズン中は一個30円前後になることがあって、そういう時は大喜びで買い占めます。前にも書いたけれど、すぐ食べれるよく熟れたものと少し後で食べられる少し青いものを選んで...

アメリカでやたら高くておいしくないと感じるのはトマトで、唯一食べられるのはToato on the Vineとかいうヘタつきのやつなんだけれど、これもシーズン以外はやたらと高い。なんだけれど、今はシーズンらしくって、近所にある3件のスーパーのうちのどれかがいつもポンド(約450グラム)99セント前後でセールをやっているのでうれしい限り。さっそく買い占めてサラダに。
IMG_7955.jpg

お隣のフラットブレッドは、一袋1ドル29セントのセールのゴールドメダルの小麦粉と水が材料だからほとんどお金かかってないし...(←一応ね、キングアーサーとかもためしたのだけれど、味、変わらなかったんだもん)
で、よく言われる、Sakulanboちゃん、お金たまるでしょうって。
ま、これは、ある人に言わせると、おしゃれをせずにジュエリーをつけていないからお金を使わないように見えるらしいのだけれど。
ぜ~んぜんたまりません。
理由はね、ポンド99セントのトマトを買いに行って、まんまとスーパーの戦略にはまって、こういうものを買っちゃうから。じゃーん!
IMG_7873.jpg

トリュフオイル、15ドルなり。同じ値段で白トリュフと黒トリュフと両方あって、どっちにしようかまよったのだけれど、とりあえず買ったのは黒トリュフオイル。しかし...高級な食材すぎて私には使いこなせそうもなくて...
オンラインで調べてもよくわからない。サラダドレッシングにでもしてみますかね?

話は変わりますが、少し前に友人と話しをしていて、私は自分の年収を把握していないということが発覚。毎月の手取りもいくらか知りません。

で、別の日に上司と話をしていて、私は自分のお給料日も把握してなかったということが発覚。大体、お買い物は2ドルからクレジットカードでという生活(性格)なので、どんぶり勘定で、月に二回入ってくるお給料のうち、一回分は家賃に消えて、もう一回分は食費その他の生活費(クレジットカードの支払いと光熱費)で消える計算。なので、把握しているのはクレジットカードの支払日のみ。いえ、給与明細もみないわけじゃないんだけれど、頭にインプットされなくて(汗)。

正確には、お給料は月二回じゃなくって2週間に一回、つまり、一年で26回分支払われるので、↑で足りない分とか車の保険とかは余分の二回分から支払うと収支はゼロになるという計算、え、アバウトすぎるって?

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ



カリカリベーコンでBLTサンド 

先日のベーコンファットクッキー、「このためにわざわざベーコン使ったの?」と聞かれたので、「いえ、逆です。カリカリベーコンを作った残りのファットでクッキーを作りました」とお答えしました。
基本的にベーコン1ポンド(約450グラム)で、3/4カップくらいのファットがとれるみたいですが、で、人によってはまとめて作るみたいですが、私は数回に分けて作ったものをまとめて使いました。ただし、香りが混ざるとおいしくないので、フレーバーの違うベーコンは混ぜないほうがいいみたいです。あと、加熱による酸化も気になりますので、早めに使い切ったほうがいいみたいですが、前回のは、BLTサント用と納豆用とサラダ用...と立て続けに作ったので、あんなにたまったわけです。まとめて作って冷凍しておいたほうがよかったのでしょうけれど。
で、ちょっとボケボケですがBLTサンドイッチ。

IMG_8014.jpg

ベーコンは冷凍してあったのでポキッと二つに折って、少し深めのレンジOKのお皿でまず30秒。
(あ、特に二つに折る必要はないのですが、BLT用にはこっちのほうが楽なので)
IMG_8005.jpg

少しとけたところで、こんな風に一枚一枚はがして並べなおして
IMG_8006.jpg

レンジ用の蓋(なければラップをふんわりとするかペーパータオルをのせて)をして3分加熱(このあたりは様子を見ながら調整してください)こんな状態になったら、一度オイルを別の容器に移してもう30秒ほど加熱。
IMG_8008.jpg

ペーパータオルで余分なオイルをふき取って、全体がカリっとなっていたら出来上がり。加熱時間はレンジのワット数やベーコンの枚数、あと容器の種類で変わってくると思いますので様子を見ながら調整してください。
IMG_8009.jpg

フライパンで作るよりずっと簡単だし、電子レンジ用のカリカリベーコンメーカーみたいなのをわざわざ使わなくても大丈夫です。
ただ、お皿によっては熱くなっちゃう場合がありますので、火傷しないように注意してくださいね。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

最近の晩御飯 

最近、あんまりお料理をしていなかったので、何日分かためてやっといくつか写真があるって感じなのですが...

最初のはツジメシさんのところでお見かけしたナンプラー茹で鶏とスープ。茹で鶏がしっとりと仕上がっておいしい!一緒にスープもできてしまうのですごく楽です。ツジメシさんはヨーグルトとマヨネーズでソースにしてらしたのですが、ヨーグルトがなかったので、マヨネーズとチリソースを混ぜてピリ辛味にしました。スープにはセロリを入れました。おいしいレシピ、ご馳走様でした。

IMG_7847.jpg

これは、トマトのブルスケッタとグリンピースのペースト。グリンピースはオリジナルは確かizumimirunさんのレシピなのですが、缶詰のグリンピースとガーリックをフープロでがーしておしまい。手抜きです。
burusuketta.jpg

同じくizumimirunsanの春キャベツのオイルスープ。お野菜だけなのにキャベツでしっかり出しが出ていておいしいです。こちらもご馳走様です。
IMG_7875.jpg

これは、なにかの雑誌でみかけたカリカリベーコンと納豆のいためたもの。カリカリベーコンは電子レンジで作ると簡単です。グリーンオニオンをそえて、味付けはお酒とお醤油。この味、はまりそうです。
IMG_7909.jpg

ニンジンのシリシリ。フープロで千切りにしたニンジンとスパムの細切りを炒めて卵を加えて余熱で火をとおしたもの。
IMG_7942.jpg

かぼちゃのそぼろ餡と、後ろに写っているのはキャベツ焼きの残骸。ついうっかり焦がしました。
IMG_7833.jpg

連日の食べすぎでお腹が苦しいSakulanboです。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

ふつつかなエコ・ベーコンファット・クッキー 

(予約投稿です。コメントのお返事と前後するかもしれませんが、ご容赦ください。)
これをふつうかと呼ばずになんと呼びましょうか?
エコです。おいししです。でも、コレステロールたっぷりです。

IMG_8028.jpg

まあ、言い訳をさせてもらえば、体内のコレステロールの確か90%は肝臓で合成されるから、食事で摂取するコレステロールの量と体内のコレステロールの値は直接因果関係はなく、逆に、炭水化物しか食べてなくても余剰カロリーがたっぷりだとそれは全部コレステロールに変わってしまうとか。なので、心臓病の人とかコレステロールが高い人は別として、普通の人はそれほど神経質になる必要はないとか。
あと、体に良いと言われているサラダオイルなどの不飽和脂肪酸は、実は安定度が低いために加熱により酸化しやすいのにたいして、ベーコンファットなんかの飽和脂肪酸は安定しているので高温加熱に適していると前に何かで読んだような気がするけれど...
いずれにしても、食べすぎれば余剰カロリーですがいずれコレステロールに変わりますが...

って前置きが長くなりましたが、これ、なんと、カリカリベーコンを作った時に出たベーコンファットで作ったクッキーです。参考にしたレシピにはスモーキーな香りと書いてあったのですが、私が使ったタイプのベーコンだと、言わなければ、ただのジンジャーブレッドクッキーと変わりません。
あ、作ってみたいと思われる方は、あくまで自己責任でどうぞ。
レシピはこちらのアレンジです。

作り方はこちらにアップしましたが、要するに、材料をぜ~んぶ混ぜ合わせて、一口大に丸めて、平らにして350℉のオーブンでこんがりと焼き色がつくまで12~15分焼いたもの。今回は洗い物が楽なようにジップロックのビニール袋で作ってみました。

分量は
ベーコンファット 1/2カップ
小麦粉 2 1/4カップ
ベーキングソーダ 小さじ2杯
塩 小さじ 1杯
ジンジャーパウダー 小さじ 1 1/2杯
クローブ 小さじ1杯
シナモン 小さじ 1杯
グラニュー糖 3/4カップ
モラセス 大匙4杯
卵 1個

焼けたところ。
IMG_8024.jpg

ベーコンはだいたい1ポンド分くらいで、1/2~3/4カップのベーコンファットがとれるみたいですが、ベーコンのフレーバーが混ざるとおいしくないようですので、違うタイプのベーコンからとったベーコンファットは混ぜないほうがいいみたいです。



↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

おしゃれは人のため 

例によってしょうもないひとりごとです。適当に読み飛ばしてください。

いつも書いているけれど、答えが出ないことはきらい。
人は、成長していく過程で、いつのまにか社会の価値観を取り込んで自分の価値観にしていくと、その昔心理学の時間に習ったのだけれど、それを聞いたときはとっても不思議だった。

なぜなら、私の中には、「私の好きなこと・やりたいこと」と「大人から押し付けられた面倒くさい社会のルール=浮世の義理」がはっきりと分かれていたから。

もうひとつ、ひとは、あるいは教師は生徒に「自分の意思できちんと考えて判断できるようになること」を教えなければいけないのだけれど、これは実は大変難しい」とか、「本来学校というところは生徒が自分で考えて判断できるようにするように教育すべきなのに今の教育は...」とか教育学の時間に聞いた気がするけれど、これも私には不思議なこと。

私の記憶にある限り、私は幼稚園の入園前から自分なりの理屈でものごとを判断していたと思う。幼稚園の入園前の検査で、赤と茶色のハート型を見せられて、何色か言わなければいけない検査があったのだけれど、で、その検査票の色はあんまり上出来じゃなくって、どうみても濃さの違う赤色が二つあるように見えたのだけれど、順番を待つ間に、「赤色が二種類あるわけないから、二つ目のほうは茶色って答えなきゃいけないんだろうなあ」って思っていた。私の前の子はふたつとも「赤」って答えて、「こっちは茶色でしょう」って言われてたっけ。

続きを読む

Torrijas 作りました 

少し前に作ったTorrijasです。日本語は「トリハス」でしょうか。フランスパンで作るスペイン風のフレンチトースト(あれ、なんか変)

IMG_7841.jpg

フランスパンを白ワインにつけて十分に水気を吸わせたところで、卵をさっと両面につけて、オイルを熱してフライパンで両面をこんがりと焼いて、シナモンシュガーをふったもの。お子さん向けには白ワインはミルクに変えてもいいそうです。レシピは例のTapas and Traditional Spanish Cookingに載っていたもの。分量の目安はフランスパン6切れに対して白ワイン大匙4杯と卵一個。オイルは、フランスパン12切れ分を二回に分けて焼くとして60CC前後、足りなければ足すようにとなっているので、このあたりは適当に作りました。

私、普通のフレンチトーストも好きなのですが、パンを卵液につける作業がどうもきらいで...
これだと、浸すのは白ワインなのですぐにパン全体に行き渡ってくれて、あとは卵にさっとくぐらせて焼くだけなのですごく簡単、はまりそうな予感がします。

ついでにもうひとつ。
アップしそびれていたオレンジシャーベット。
ずっと前に凍らせておいたオレンジジュースをフープロでがーしたもの。
IMG_7902.jpg

でも、これが食べたくなるほど暑く(暖かく)なる日がないんだよねえ。今日もまた雨降ってるし、本当に変なお天気。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

ひよこ発見(2) 

別のところで見かけたカナダ雁の雛です。前回の写真を撮った数日後だったのですが、こちらの雛のほうが小さなみたいで、孵化したのが少し遅かったのでしょうか?

DSCN0471.jpg

アップでもう一枚。
DSCN0472.jpg

こちらは物思いにふける(?)ひよこさん。
DSCN0475.jpg

鳥さんついでに、あまり見かけない鳥がいたのでこちらもアップ。
DSCN0477_2.jpg

こちらは時々見かけるのですが、すぐに飛び立ってしまうのであまり写真がとれません。
komadori.jpg

これって、もしかしてロビン?

で、こちらは別の日。前方に移動中のひよこ親子発見。
DSCN0530.jpg>

驚かさないようにそっと追いついて、こんなのとか
DSCN0538.jpg>

こんなのとか、アップの写真も撮ってみたのだけれど
DSCN0546.jpg>

やっぱ、今年のひよこは後ろ姿が一番かわいい!
DSCN0531.jpg

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

ストロベリーショートケーキ 

誰かさんのお誕生日その他、なにかと理由をこじつけて大きなお菓子を焼きたがるSakulanboです。
もともとはロールケーキを焼く予定で小さめの生クリームを買って置いたのですが。トレジョでオーガニックのストロベリーを見つけたのでイチゴショートに変更、そしたら...

デコレーション用の生クリームが足りない!
IMG_7985.jpg

頭ではねえ、わかっていたんですよ。こういう場合は、まず粉砂糖を振って下手なナッペを隠して、それからチョコレートを大きくカールさせて削ってふりかけて、その上にイチゴとミントを飾るべきだって。でもね、ええい、ままよってまず、イチゴとミントを並べてしまって、それから、削るのも面倒だったのでチョコレートの摩り下ろしをぱらぱら、その上から粉砂糖を降りかけてしまったのがこちらです。やっぱね、平日のお菓子作りは細部にまで気がまわらない。

ケーキは卵を湯煎にかけて共立てでマヨネーズ状になるまでしっかりあわ立てて、小麦粉の量は少な目で作りました。卵4個に対して小麦粉50グラム(オールパーパス粉をアメリカサイズのカップで1/2カップマイナス大匙1杯)、グラニュー糖60グラムくらい(1/3カップ)溶かしバター大匙1/2杯、バニラエッセンス少々。
ベーキングペーパーを敷き込んだ13 x 9 インチの焼き型に流し込んで400℉(約200℃)くらいに余熱したオーブンの上段で15分ほど焼いたもの。
IMG_7982.jpg

これを縦長になるように4つに切り分けて、シロップを塗り、生クリームとイチゴの刻んだものをのせて円筒形になるようにくるくると巻いていきます。最後に生クリームとイチゴでデコレーションしてできあがり。↓の写真は蛍光灯の下で撮ったので色が悪いです。
DSCN0555.jpg

クリームとスポンジが縦に層状になるはずなんですが、スポンジが少し厚すぎたみたいですね。もう一回り大き目の天板で薄めにやいて、クリームたっぷりで作ったほうがよかったみたいです。
イチゴは一パック使って、9個か10個くらい飾り用にとりわけておいて、残りは角切り、コニャックとグラニュー糖大匙2杯ずつを混ぜて軽くかき回し30分くらいおいて、水気が出たらざるに上げて水気を切ったものです。イチゴから出たシロップはそのままスポンジに塗りました。なんか、イチゴの酸味とクリームの量が足りなかったので、ちょっと不完全燃焼の気分ですが...

ちょうど、直径が20cmくらいでしたので、日本サイズだと12等分できるかなあって感じなのですが、アメリカでそれをすると、「まるでサンプラーサイズ!」と暴動がおきそうで...
なので、バースデーボーイが出席したミーティングに出たチームメートには1/8切れずつ。お昼にいなかったランチメートにはあきらめてもらいました。

余談ですが、一応英語を話すアメリカ人やヨーロッパの人達の間では、普通は、日本語のカタカナ発音のお菓子はそのまま英語的な発音で意味は通じます。まあ、スポンジケーキやチョコレートケーキの食感がまったく違ったりと若干の問題はありますが。唯一(かな)の例外がこのストロベリーショートケーキ。アメリカ人になんの前置きもなしに「ストロベリーショートケーキ」と言うと大抵、ホットビスケットと生クリーム、イチゴでつくる、オールドファッション・ストロベリー・ショートケーキを連想されますのでご注意ください。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

源吉兆庵の和菓子 

少し前になりますが、所用があってはるばる(ってバートでたった30分ですが、都会は苦手なので)サンフランシスコまで行ってきました。

別に、空港に人を迎えに行ったわけではないのですが、飛行機が見えたので一枚。

DSCN0433.jpg

バートに乗っていった先はね、え~と、駅の名前は...
DSCN0426.jpg

モンゴメリーって書いてある気がする。
DSCN0427.jpg

いえね、いくら甘党だからって、これが所用ってわけではなかったのだけれど、「あそこに行ったら和菓子屋さんがありますよ。」と聞いたとたんに私的にはこれが一番の目的に。
Kicho010110.jpg

一応、写真は撮っていいですよと許可をもらったのですが、パチパチとれるような雰囲気ではなく、大きな画素数です数枚撮ってあちこち切り取ったのがこのあたり。箱入りのお菓子はとてもお高くて手がでないのですが、ばら売りだと小さいのがひとつ2ドル~4ドルくらいで、片端から籠に放り込んでいくとあっと言う間にすごいお値段になっちゃいますけど、楽しいです。
K_DSCN0423.jpg

和菓子だけではなくってフィナンシェなんかもありましたが、買ったのはとりあえず和菓子系のみ。↑のは瓦せんべいみたく名前がついてるし、形も瓦せんべいですが、クッキーにバタークリームがはさんであるみたいな感じで洋風な味がします。あ、クリームの正体は実は不明。
kicchouann020205JPG.jpg

あずき系のお菓子ははアレルギーが少々あるのであまりたくさんはかわないようにしてっと...
kicchouann020204JPG.jpg

ゆず羊羹やらなんとか寒やら、おいしかったです。
kicchouann020202.jpg

これは五月のお節句用のお菓子かな。買わなかったけれど。
IMG_7719.jpg

お家に帰って抹茶饅頭でお茶にしました。これ、すごく好みの味です。
IMG_7728.jpg

こちらは蒸し金つば。あれ、餡子はアレルギーなんじゃなかったのって?
うん、本当は食べちゃいけないんだけれどね、たまにだから。

まあ、こんなに小さな和菓子にこれだけのお値段を払う価値があるかって言えば、人によって意見がわかれると思いますが、アメリカではあんまり手に入らないデパ地価風の味の和菓子が食べられるのは幸せ!




↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

ひよこ発見 

毎日晴天続きで嬉しいのですが、一旦晴れだすと、秋の終わりまで雨がまったく降らなくなる北カリフォルニアです。日焼け止めをつけずに散歩をしていたら、ほっぺたが真っ赤っ赤になっちゃったのですが、これって日焼けでしょうか(汗)なんて思っていたら、また雨が降って、寒くなって、また晴れて、寒くなって...と相変わらず変なお天気が続いていますが...

kinjo.jpg

少し前にご近所を歩いていた時に、カナダ雁の家族を見つけました。遠くから撮ると親鳥二羽とヒナが三羽なのですが、それだとあまりにも小さいので、最初の二羽と...
Hiyohiyo2010_2JPG.jpg

最後の二羽です。
Hiyohiyo2010_1.jpg

こんなに小さいのにちゃんと泳げるのですね。
0_DSCN0437.jpg

水の中に入って安心したのか、遠くに泳いでいっちゃう気配もなくじっとしています。
0_DSCN0440.jpg

こちらは帰り際に見かけたヒナ三羽。カナダ雁の子供って間近で見るとあんまりフォトジェニックじゃなかったりして...
DSCN0460.jpg



↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

ハニーブランマフィンと、マフィン型に敷く紙と... 

週末に焼いたマフィンです。中途半端に残っていたシリアルを使い切りたかったので、スーパーのフリーペーパーのレシピをアレンジして作りました。乳製品は使っていません。ふわふわきのこタイプのアメリカンなマフィンです。植物油をバターに変えるともう少し日本風の味になるかもしれません。

IMG_7919.jpg

「お菓子は計量が大切よね」といわれる度に、「え~、私はかなり適当ですよ。アメリカに着てから0年は秤なしの生活だったし...」と何度行っても信じてもらえません。日本のお菓子の本には「お菓子は計量が命」みたいなことが書いてありますものね。今回も、もともとはシリアルを2カップ半使うレシピだったのですが、箱に残っていた量が2 2/3カップだったのでそのまま使用。特に水分を増やしたわけでもなく、「大丈夫だよね~」と適当にやいたらフワフワに焼きあがりました。今回はクランベリーを入れましたが、レーズンでも代用できると思います。詳しい作り方はこちらにアップしました。
Cpicon 乳製品なしのハニーブランマフィン by さくらんぼ*
IMG_7913.jpg

たっぷり焼いたので、日曜日の車で送っていただいた方に押し付けちゃったのですが、う~ん、これ、アメリカンテイストすぎるので、果たして日本の方のお口には合いましたでしょうか。

で、話は変わって、型に敷く紙その他なのですが、今回は、焼き型の内側にシリコンカップを敷いて作りました。このシリコンカップ、何度も使えてエコ仕様なので、普段は紙の変わりにできるだけこちらを使うようにしているのですが、今回は失敗。こういうフワフワタイプで頭でっかちのキノコ型だと、カップを外すのがちょっと大変です。こういうのは紙カップで作って、紙カップごと差し出して、食べる方に自己責任で紙を外してもらうのがいいですね。でないと、うっかりすると頭の部分がとれちゃいます。

逆に、ローファットで油脂分が少ないレシピのときは、紙カップだと生地が全部紙にはりついちゃって紙がはがせないので、シリコンカップが絶対にお勧めです。

全粒粉なんかを入れて、カリッと焼きあがるタイプだったら、紙もなにも敷かずに型にオイルを塗って焼き上げるとカリっと焼きあがります。

頭ではわかっているのですけどね、焼くときはすっかり忘れちゃっています。次回は間違えないようにしないと...

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

落語とあんみつ100人分と...(2) 

デザートに頂いた白玉入りの餡蜜です。

0DSCN0497.jpg


実は、今回行くのを躊躇していた理由のひとつは、午前中の礼拝から参加すると午後の落語の開催時間まで間があいてしまって、社交下手の私はその間、間がもてなさそうだったから。あ、ここまでで「間」が三つもある!礼拝自体は嫌いじゃないんだけどね、アメリカの教会の(あ、日本でもかな)あの社交の場が苦手で...

今回も案の定、教会員の皆様の心尽くしのお昼とデザートを頂いたあと、「まだ甘いもの食べるの?」と言われながら母の日のケーキもペロリと平らげた時点で時間は1時半。「あと一時間、どうしましょうね。」なんて話していたら、「ちょっとキッチンを手伝ってくださらない」と誘っていただいたので暇をもてあましていた私ともうお一方でありがたく参加。与えられたミッションは、お茶の葉をお茶パックに詰めるというもので、数が少なかったので数分で完了。お湯の大鍋は火にかかっているし...

で、ボーっと、すぐ終わっちゃうよなあと思っていたら、大量のフルーツと缶詰が登場。どうも、あんみつを作るらしい。時間は1時40分。会場のオープンは2時で寄席は2時40分から。白玉粉の袋もたくさんあって、「どうしよう。白玉、作っちゃおうか、覚悟できてる?」ということで手の早い数人が、「すぐできるから作っちゃいましょ」とのこと。あっと言う間にお団子が練りあがったので、Sakulanboは最初、お団子丸め係りとして参加しました。

大きなトレーに丸めた白玉を片端から並べて、やっと沸いたお湯に...
あらら、いくら急ぐからって、ラップごとドボっと落としたらダメだよ。白玉が全部くっついちゃう、ま、ほぐせばいいけどさあ...と思ったときは後の祭り。なべの中で巨大な白玉団子が出来上がりました。

まあ、最初の分はとりあえず取り出して、別の方に冷水の中でほぐしてもらいつつ、他の方が丸めて今度はひとつひとつ鍋に落としていって、Sakulanboはお気楽なすくい係。浮いてきた白玉を網杓子ですくいとって氷水に入れるかかり。ほどよく全部ゆであがった頃に2時半になったのでそのまま会場に移動。

他の準備と盛り付けはすべて教会員のかたがたがしてくださったのですが、100人分を想定してらしたそう。皆様、ものすごく手際がよくてすごいです。
30202shiratama.jpg

↑の写真だと大きさがわかりづらいのですが、奥の巨大なガラスのボール二つがフルーツ、真ん中にあんこと白玉があって、あっと言う間に盛り付けてくださっているのが手前のあんみつ。
3001mitarashi.jpg

この他にみたらし団子とか水羊羹とかもあって...さっきデザートたくさん頂いたなんてことはすっかり忘れております。んで、元九朗師匠と歌橘師匠、牧師先生を囲んでのなごやかなお茶の時間。
会場のセッティングに加えて素敵なデザートまでご用意いただきまして、どうもありがとうございました。

この後は...
車に乗って帰るだけなのですけれど、車を待つ間のひととき。すみません、写真、ピンボケです。歌橘師匠、お気に召さない写真があったら外しますのでおっしゃってくださいね。
DSCN0499.jpg

子供たちと遊ぶ元気一杯の歌橘師匠、やっぱりお若いです。
DSCN0500.jpg


素敵な時間でした。


↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ



落語とあんみつ100人分と...(1) 

サンロレンゾ教会で、三遊亭歌橘師匠と太田屋元九朗師匠をお迎えしての落語講演会があるというので行ってきました。本当は、今回は、自分で教会までいきつける自信がなく、あまり親しくない方にライドをお願いするのも気がひけて行かないつもりでいたのです。なので、朝ごはん用に焼いたマフィンを食べてくつろいでいたら、お電話がかかってきて、午前中の礼拝からでよろしければ...ということなので急遽、予定変更して出かけてきました。

こちらが会場。急ごしらえのお席なので下がテーブルです。ここにお座布団一枚だったら足も痛くなりますよね。

30101.jpg

三遊亭歌橘師匠。三年前の二つ目の「あし歌ちゃん」から今回は真打になり歌橘というお名前を襲名してのご登場ですが、いやあ、相変わらずお若いですね。
DSCN0494.jpg

実は↑は二幕目。最初は水色のお着物での登場です。私、前回の寄席を拝見するまで、落語っていうのがこんなに表情豊かで扇一本でいろいろな表現ができるということを知りませんでした。
30104.jpg

大半は笑い転げていたので、ところどころで撮らせて頂いたお写真、ほんのちょっとだけですけれど、実に表情豊かです。
30103.jpg

こちらは太田屋元九朗師匠。津軽三味線というので、てっきり普通の演奏会かと思いきや、
301051.jpg

間に入る小話が実に愉快で、こちらも大笑いしました。もちろん三味線もお見事。
DSCN0492.jpg

思いっきり楽しんだ一日でした。思いっきりお腹の底から笑った後は心も体も快調ですね。
歌橘師匠、元九朗師匠、どうもありがとうございました。

今週末にもサクラメントとトーレンスで寄席があるようですのでスケジュールのリンクを貼っておきますね。
http://www.kakitsu.com/schedule

あ~っと、この後白玉作りに触れると長くなるのっでこれは次回に

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

Mistralでランチ 

予約投稿です。
コメントのお返事と前後するかもしれませんが、ご容赦ください。

先週食べたランチです。入り口の藤の花の写真は少し前のものですが...

DSCN0266.jpg

お決まりの焼きたてパン。パンにつけて食べるオリーブオイルとバルサミコビネガーの組み合わせがお気に入り。このパン、フォッカチオだと信じて食べてたんだけれど、よく考えたら中東風のポケットパンかな。今度焼いてみたくなりました。バルサミコ酢を添えてね。
DSCN0414.jpg

これはお隣さんが頼んだビーフのサラダかなにかだと思うのだけれど、名前確認し忘れました。お野菜たっぷりでおいしそうです。
DSCN0416_1.jpg

その向かいに写っているパスタを拡大したのがこれ。おいしそうです。
DSCN0417.jpg

こちらは私が頼んだパエリャ。エビがぷりぷりしていてとってもおいしいのですが...
これって全体にジューシーだし、トマト味のリゾットじゃないかと思う。サフランの風味ないし。でもおいしいからいいか。
DSCN0415.jpg

だってほら、このリゾットと色違いに見えない?
一口お味見させてもらったリゾットもとってもおいしかったです。
DSCN0418.jpg

ここは、食べた後に体調が悪くならない数少ない貴重なレストラン。多分、新鮮な素材とオイルを使っているのだと思います。普通、私が気楽に行けるクラスのレストランは、安物の素材の味をバターやお砂糖、塩、おしょうゆたっぷりのソースや化学調味料とかでごまかしておいしくしているところが多いって感じるのですが、このお店は素材がおいしい!
ま、お値段も若干高めですが、この内容でこのお値段なら十分許せると思う。味をごまかしていない分、嫌いな素材にあたっちゃったりするとはずれの場合もあるらしいけれど。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

餃子修行 

レイコさんの食卓からのレイコさんがおいしそうな餃子を紹介していらしたので作ってみたのですが...

種を作って、冷凍庫から冷蔵室に移しておいた餃子の皮を見てみたら、封がきちんとしていなくて、乾燥して皮がめりめりになっていて、おまけに枚数も少なく...

いくつか作ってみたのですが、成型もきれいにできないし、なにしろ焼き方に失敗して悲惨な状況に。なので、写真は撮らずにすべてSakulanboのお腹に消えました。

これは、翌日にリベンジした分。お隣にあるのは若布スープです。

IMG_7808.jpg

昨日のレイコさんのレシピで作った種がまだたくさん余っていたので、皮を買いに行こうかと思ったのですが、近所のスーパーは分厚いタイプしか売っていなかったので、オンラインでレシピを調べてこちらのチャノマさんのレシピを参照にさせていただいて作ってみました。焼き方とかも丁寧に書いてあってとてもわかりやすかったです。

ただ、大きく伸ばして丸く型抜きするのが面倒で、ひとつひとつ丸く伸ばしたので、今度は皮の形がめちゃくちゃです。なので、この部分も写真はなし。

焼き方についてオンラインで検索すると、最初にフライパンをあたためるタイプとつめたいまま載せてしまうのと二通りあるみたいですが、キャストアイロンのフライパンを温めてから、オイルを小さじ2杯ほど熱したところに餃子を入れて軽く焼き色がつくまで2分まって、そこの水を注いで蓋をして少しおいてから、蓋をとってもう一度皮がぱりっとするまで焼いたのがこちら。一回目ですが、まあ、前日から続いているので3回目くらいかな。
IMG_7815.jpg

たくさん作って冷凍しておこうと思ったのですが、二回目は温度を上げすぎて焦がしたので写真なし。3回目のは、途中で水を注ぐところで、コーンスターチを少しときいれて、羽付餃子にしたかったのですが...

まあ、羽虫の羽かと思しきうす~い羽が端っこについっているって感じでしょうか。あ、端っこの皮がやぶけてる!
でも、皮がバリっと焼きあがっておいしかったです。レイコさん、チャノマさん、素敵なレシピをご馳走様でした。


↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。