さくらんぼのアメリカ日記 2011年11月

月別アーカイブ

 2011年11月 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カスタード入りの柿蒸しパン 

卵の入るこの配合はケーキですけれど、こういうのってなぜか「蒸しパン」って呼ばれてますよね。

IMG_7467.jpg

最近、お菓子を焼きたいかなあと思いつつ何もせずに寝てしまって、朝おきてからバタバタと作ることが多いです。まあ、混ぜる時間5分に加熱時間20分、その間、朝風呂にでもつかっていればできちゃうのですが。
IMG_7461.jpg

卵一個で適当に作ったので、スポンジ生地が足りなくてクリームを隠すだけの寮がありませんでした。
IMG_7470.jpg

持ち運び用の味もそっけもないタッパウェアに入れたらあまりにも殺風景だったので、余った柿とセージでお化粧。ま、セージは個性が強いし飾りなので食べていただく必要はないのですけれど、個人的には甘いケーキのアクセントになって悪くないかなあと。

材料は、あまりにも適当すぎてレシピになっていないのですけど
卵一個を軽くほぐしてグラニュー糖を大匙3杯くらい(多分)加えてマヨネーズ状になるまであわ立てて、ここにセルフライジングフラワーを大匙3杯くらい入れて、確かバニラエッセンスも少し入れて、サラダオイルを小さじ1杯くらい入れてさっくりまぜて、型に流しいれたら、真ん中にカスタードクリームで和えたダイス切りの柿を落として、蒸気のたった蒸し器で中火で20分くらい蒸したものです。カスタードは柿デニッシュの残りを使いました。

レシピの分量がなぜここまで適当かというと、なぜか大匙が行方不明になっていて目分量でがさっと計って作ったから。要するに、お菓子の分量なんてかなり適当でもなんとかなるってこと。最後の生地の固さの目安がわかればね。生地の出来上がり具合は目で見て確認するのが一番だから、「お菓子作りが苦手」と言う方は、本を見て悩むよりも、ビデオをじっくり見るとか、一度先生について(私みたいにいい加減な作り方の奴には教えられません)1回だけ手ほどきを受けると、抜群に上達するのではと思います。あ、パンについても同様。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

スポンサーサイト

ターキーパンとカレーパン・幸せになるために 

ってか、カレーも残り物を使っているので、どちらもターキーパンですが...

0_IMG_7446.jpg

柿デニッシュの生地の残りを12等分して、大きさがまちまちなので、小さなものを6個ほど使って丸く伸ばして、
0_IMG_7432.jpg

具をこのようにのせて
0_IMG_7434.jpg

もう一枚をかぶせて、縁をフォークでとめて、空気穴をあけます。このあと真ん中にナイフで切り込みを入れました。

カレーパンのほうはこのように(って途中経過の写真なしですが)
0_IMG_7440.jpg

同じく丸く伸ばしたところに残り物のカレーをのせて、餃子の要領で折りたたんで縁をくってつけて、この部分は裏側にまとめて楕円状にまとめます。薄く延ばすときに縁の部分を薄めにしておくとやりやすいです。

溶き卵を塗って375°Fのオーブンで約22分くらい、狐色になるまで焼きました。
カレーは圧力鍋利用のいい加減カレーの残りで、玉ねぎと人参、ヤムをダイス切りにしたものをターキースープに入れて圧力鍋で数分煮込んで、最後にターキーの角切りとカレールーを投入したものです。前日作ったので頃合いに固くなっていました。

ターキーパンのほうは、以前に作ったバスク風のチキンパイだったかな、パイとはいえパン生地で作っているもののチキンをターキーに代えて、材料も作り方も適当にして(汗)...
要するに、ダイス切りにしてさっと炒めた玉ねぎ、瓶詰めのレッドパプリカ、トマトの水煮缶、残り物の生ハム、ターキーを加えて水分が蒸発するまで軽く煮込んで、味付けはトマトケチャップと塩胡椒でてきとうにして、最後に軽く小麦粉を振りいれて混ぜたものです。一次発酵の前に作って冷ましておきました。

以下、しょうもないひとりごとです。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

続きを読む

今度は柿デニッシュ、低カロ仕様 

相変わらず柿のスイーツが続いています。


IMG_7442.jpg

どんなに「低カロリーでおいしい」といってみたところで、所詮、カロリーはおいしさの代名詞、バターたっぷりのデニッシュ生地で作ったほうがおいしいにきまっているのですが、これはいつもの半分のバターの量の食パン生地で...といきたいところが、ついうっかり小麦粉の種類をまちがえたので、ちょっとこしのないロールパン風の軽い仕上がり(←ものは言いよう)。日本風の食パンを目指す方には絶対におすすめしませんが、アメリカ風の食パンとかこういう菓子パンなんて、強力粉を使おうがオールパーパス粉を使おうが、発酵さえきちんとさせれば、焼きたてはフカフカのおいしいパンができあがります。高いお金だして日系スーパーに日本産の小麦粉を買いに走らなくても大丈夫です(←って、間違えてつかっちゃったのはものすご~く高いキングアーサーのヨーロピアンブレンドだったんだけどさ(涙)、あれはグルテンの比率が低くて、フランスパンとか皮の固いリーンなパン用だと思う。)
IMG_7435.jpg

で、一次発酵をおえたいつものフープロパン(今回はバター大匙1杯、グラニュー糖大匙2杯)の1/3くらいを10分くらい休ませたあと、こんな風に四角く伸ばします。今回は成型目的なので適当。デニッシュ風にするときは、もう少し薄く伸ばしてから溶かしバターを塗って巻き込むとおいしいです。
伸ばした生地をくるくるとロール状にまるめて6等分。
IMG_7436.jpg

それをさらに真ん中に切り込みを入れて
IMG_7437.jpg

真ん中から開いてアルミカップへ
IMG_7438.jpg

で、カスタードクリームが乗るように真ん中をくぼませて
IMG_7439.jpg

頭では、このままカスタードクリームを乗せてから二次発酵させても大丈夫とわかっているのですが、ついつい不安で、まず20分ほどオーブンの中で発酵させて、このあと、オーブンの余熱のために取り出したところでカスタードクリームと柿の薄切りを乗せてオーブンが375°Fにあたたまるまでもう10分くらい発酵させて、卵をといたものを艶出しに塗って、25分弱くらい焼いたものです。
仕上げに、杏ジャムにほんの少しお湯を加えてレンジで数十秒チンしたものを塗りました。
あ~、仕上げにミントの葉を飾ろうと思っていたの、すっかり忘れてた!

で、写真がすごくたくさんになってしまったので、すみません、残り物ターキー使用のカレーパンとターキーパンはまた後日。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

柿のパイ包み焼き・お洒落が嫌いな理由とお洒落をする理由 

ちょっぴり見かけ倒しの柿のパイ包み焼きです。

IMG_7419.jpg

冷凍パイシートを少し薄くのばして、こんな風に小さめの柿を包んで、卵黄を塗って焼きました。
IMG_7411.jpg

柿と折りパイの組み合わせのアイデアは悪くなかったのですが...
上のところの生地がちょっと厚すぎて生焼け状態です。
この部分、軽く触れ合うくらいにしておくべきでした。Nちゃん、味見せずに先に食べさせちゃってごめんなさい。
IMG_7428.jpg

あとは、ターキーディナーの翌日の決まりごと。ターキーサンドイッチと
IMG_7406.jpg

キャベツ入りのターキースープ。あと、友人が作ってくれた焼き芋。
IMG_7414.jpg

あと、ヤムとにんじん、玉ねぎを入れたターキーカレーも作ったのですが、写真撮り忘れました。どうぜ残るしまたあとでと思ったのですが、残ったのはカレーパンにしてしまったので...パンの写真は後日アップします。

以下、しょうもないひとりごとです。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ


続きを読む

ターキーディナー 

久しぶりにターキーの丸焼き作りました。袋入りの冷凍ターキー、知らなかったのですが、(なので二本ささってますが)ポップアップの温度計はお腹にささっているし、脚はもともとしばってあって下処理したらまたもとに戻してそのまま焼けるし、お腹の中には袋入りのグレービーミックスが入っているし、至れり尽くせりですね。

0_IMG_7366.jpg

「感謝祭のターキー、大変だし一羽焼いても食べきらないから...」という方が多いのですが、この時期はターキーが安くなるし、火を通したお肉を大量に冷凍庫・冷蔵庫にストックできるのも魅力だし、ターキーの骨で作るスープもおいしいし、なんていってもターキーディナーの翌日のターキーサンドイッチは外せないし...
0_MG_7373.jpg

市販の箱入りのスタッフィングミックスとかフレーク状のマッシュポテトを使いましたので、付け合せはターキーを焼いている間に出来てしまいます。あらかじめ冷蔵庫でターキーを解凍(3日くらいかかります)してあとは段取りを考えておけば、まあ、ターキーを焼いている4時間くらいは家にいないといけないということはありますが、おせち料理やちょっと気の張ったおもてなし料理を何品も作るよりもすっと簡単です。ターキーをしっとり焼き上げるにはBrineといって塩水とハーブのミックスに8時間前後つけておくといいらしいのですが、これって、要するに鶏ハムとか塩鶏、塩豚がしっとりおいしく仕上がるのと同じような原理ですよね。いくらアメリカの冷蔵庫は大きいとはいえ、ターキーが一羽入る大鍋一個分のスペースを冷蔵庫に確保するのは大変だったので、Shugar cured...とかいうレシピをみつけてそちらを使いました。材料適当にあるものに代えてしまったのですが、した処理(余分jなもの取り出して洗ってペーパータオルで水気をぬぐっておく)したターキーに、ブラウンシュガー1/4カップ(しっかりつめておく)と塩大匙2杯、オニオンパウダー小さじ2杯、ガーリックパウダー小さじ1杯を混ぜたものをぬりたくって、サランラップで覆って冷蔵庫に一晩入れておいたものに、翌日、胸肉の皮と見の間にバターを少し入れて、セロリとかお好みの香草類をお腹につめて、チキンスープ800CCくらい入れたアルミホイルの容器を天板にのせて(アルミ皿だと頼りないので)胸の側を上にして325°Fのオーブンでレシピの指示通りに4時間ちょっと焼いたものです。プラスチックの温度計が飛び出したら焼きあがりです。途中でアルミホイルをかけたり外したり、スープを上からかけてあげたりと若干の手はかかりますが。
きます。
あと、玉ねぎを4つに切って同じ容器の中で一緒に焼きました。にんじんとブロッコリーはオリーブオイルと塩を振りかけて下段で2時間くらい、ターキーと一緒に柔らかくなるまで焼いたもの。
0_IMG_7379.jpg

スタッフィングは、箱入りのスタッフィングミックスを買ってきて、玉ねぎとセロリのダイス切り、(お好みでターキーについてきた内臓類のみじん切りも)をバターかオリーブオイルでいためたところに、スタッフィングミックスとチキンスープを投入、箱に指示通りに火を通したもので、これもターキーを焼いている間にあっと言う間にできます。お好みでキャセロール型に入れて一緒に焼いても。マッシュポテトはこれも箱の指示通りに作ったインスタント版。要するに、あたためたフープと溶かしバターの中にフレークを入れて混ぜるだけ。クランベリーソースは、クランベリー一袋(12オンスかな)にオレンジジュース3/4カップ、グラニュー糖1.5カップ強、シナモンスティック、クローブ、オレンジの皮など適当に入れて、クランベリーがつぶれるまで10分くらい煮込んでできあがり。
グレービーはターキーのお腹に入っているとは知らずに缶詰を買いましたので、電子レンジで2分ほどチンしてできあがり。ターキーのグレービーはチキンスープの代わりにスタッフィングに使いました。
付け合せのヤムとりんごと玉ねぎは、材料を全部適当な大きさに切って、キャセロール型か何かに入れて、ブラウンシュガーとバターを適当にまぜて、蓋をするかアルミ箔で覆って、これもヤムに火が通るまで、ターキーの脇で1時間半くらい焼いたものです。
0_IMG_7381.jpg

あとは前日に焼いておいたフランスパンと、適当に作った缶詰のビーツ入りのサラダを添えてできあがり。パンプキンパイは省略しました。作ろうかと思って缶詰のパンプキン、買っておいたのですけれど...少し前にとあるスーパーで試食させてもらったパンプキンパイが全然おいしくなくって、いらないかなあという気分になったので。

余って大変なことになるかなあと思ったターキーなのですが、残り物整理のいろんなレシピを見つけて、付け合せ野菜共々、すごい勢いで消費中です。

ダイエットは来年にまわしますか???

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

簡単アップルパイ - あと何回お菓子が焼けるのかな? 

以前から焼きたいと思っていた冷凍パイシートを使ったアップルパイ、ちょうど、ぱにぽぽさんがステキな作り方をご紹介してらしたのでまねして作ってみました。

IMG_7351.jpg

といっても、か~なりいい加減な作り方ゆえ、作り方も仕上がりもご本家とは似ても似つかないものになっていますが。切り分けてフローズンヨーグルトを添えた写真を取り忘れたので、焼き上がりの写真をもう一枚。
IMG_7347.jpg

冷凍のパイシートを箱の指示通りに室温で40分ほどおいて解凍してから、ものすご~くすっぱいグラニースミスアップルにレモンジュースとブラウンシュガーをたっぷりとまぶしてパイシートに載せて焼いたもの。焼成温度は少し高めにして、時間はかなり適当に焼きました。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

続きを読む

久しぶりのフランスパン 

しばらくぶりに作ったので、作り方すっかり忘れています。

IMG_7336.jpg

焼成時間を長めにとったので、焼きあがった後はピキピキと嬉しい音を立ててくれて、クープもそれなりに開いたのですが、ちょっと気泡の入りがいまいち、均一な感じになってしまいました。
IMG_7338.jpg
<
一本は生ハムを巻き込んでみたのですが、発酵と焼成の間にすっかり丸まってしまったらしく、二箇所くらいに片寄ってしまってちょっと塩辛いです。
小麦粉は、フランスパン専用粉がなくなってしまったので、オールパーパス粉でもよかったのですが、ためしにヨーロピアンなんとかというキングアーサーの小麦粉を使っていました。あと、モルトパウダーを小さじ1杯ほど加えています。やっぱ、モルトパウダーがあると焼き色がきれいです。

作り方は、うろおぼえなのですが、確か、ボールの小麦粉 3 1/4カップと水1 1/2カップ、塩小さじ1杯、ドライイースト小さじ1杯、モルトパウダー小さじ1杯を加えてはしでぐるぐるかき混ぜてそのまま10分おいて吸水させ、スタンドミキサーのドゥフックを使って約10分ほどこねてから、暖かいところで50分一次発酵、一度前後を返して、もう一度全体が3倍くらいになるまで発酵させて3分割して10分間のベンチタイム。成型して2次発酵の後、小麦粉を振ってクープを入れ、500°Fのオーブンで5分、450°Fで10分、400°Fで10~15分くらい焼いたものです。途中、焼き色がついたらアルミ箔をかぶせます。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

朝ごはんシリーズ - あとで後悔しないために 

最近、朝ごはんは二回食べることが習慣になってしまっていて(汗)、どれも1回目の朝ごはんですが。

バナナトーストの朝ごはん。メープルシロップをたっぷりかけると止まりません。

0_IMG_7322.jpg

トマトとハムで。
IMG_7266.jpg

バタークリームの残りでフルーツサンド。中身は缶詰のカクテルフルーツと柿とリンゴ。
IMG_7264_1.jpg


以下、ひとりごとです。
↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

続きを読む

ポップオーバー 

いつもの週末パンの代わりに、ポップオーバーを焼きました。

IMG_7291.jpg
>

これ、焼きだしたら、できあがるまでオーブンの前に立ってずっと膨らみ具合を観察せずにはいられないってなにかの本に書いてあったのですけど、本当にそのとおりですね。シュークリームが膨れるのは知っていましたが、これはそれよりもっと簡単な、具のないお好み焼きみたいな生地なので、これがこんな風に膨れるなんてまるで手品みたいです。
IMG_7300.jpg

で、ご想像通り、それぞれ好き勝手な格好で好き勝手な方向を向いた焼き上がりとなりました。プロが熱のあたりが均等なオーブンをほしがるわけですね、
IMG_7304.jpg

かろうじて丸くふくれた奴を写真にパチリ。
IMG_7308.jpg

日本の方のブログを拝見するとポップオーバーはサンドイッチにされる方が多いみたいなのですが、アメリカのレシピの写真はどれも焼きたてがそのまま籠とかに入っています。ま、生ハムとレタスのサンドイッチにしてみたのですが、このまま焼きたてをパクッと食べても十分においしい。

これのこつは、焼成温度と時間をきちんと守って、最初の25分は絶対オーブンの扉を開けないことでしょうか。あとはか~なり適当な作り方です。
どのくらい適当かというと

一人分のサラダボールに卵を二個割りいれて(本当は卵用だったのですが、ボールをもうひとつ使うのが面倒だったので、ここに溶かしバター大匙1杯分と水2/3カップ(アメリカサイズ)、を加えてフォークでぐるぐるとかき回して、ここに塩ひとつまみと冷凍してあったグリーンオニオンのみじん切りを大匙1杯くらい入れて、さらにオールパーパス粉も1/2カップ加えてまたぐるぐる。この時点で小麦粉のだまが多かったので、フォークを泡だて器に代えてだまがなくなるまでよくすりまぜて、シリコンカップを敷いたマフィン型に8分目(7個できました)まで流しいれて、あらかじめ425°F(220℃くらいかな)に余熱しておいたオーブンで30分焼いてからフォークで空気穴をあけてもう5分ほど焼いたものです、しっとりした感じに仕上げたければ焼成時間は25分で大丈夫なようです。30分とフォークで空気穴をあけた後もう5分は、乾燥した焼き上がりにするためとのことですが、果たして差があったかどうかは謎です。

焼き上がり、塩味がちょっと足りないかなって感じでした。もとのレシピは、葱ではなくてパセリその他のハーブ類のみじん切りを大匙1杯いれるか、チーズを入れるようになっていました。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

レッドカレーペーストときのこで 

いつもの、友人を太らせようディナー。最近、お客様っていう気分がなくなってきて、普段の食事そのまんま出しているって感がありますが。

0_IMG_7271.jpg

で、アップと集合写真って思ったのですが、どちらもなんか同じような写真ですね。コスコで見つけた柿の生ハム巻きとレタスとハムのラップサンド、あとは、レッドカレーペーストを使ってタイカレーを作って、友人用はブラウンライスをお皿に丸くもりつけて、ボールからカレーをよそってかけてもらう予定でお皿を用意したのですが、おうどんも用意しておいたら、カレーうどん風にしてみようということになって、こんな盛り付けになっちゃいました。レッドカレーうどんだったらラクサみたいなもんでしょうか?
0_IMG_7269.jpg

レッドカレーは、生姜とガーリックを炒めたところにダイス切りにした玉ねぎ小1っこ分くらいを加えていためて、ほんとうはレモングラスも使うのですが、面倒なので省略、これを圧力鍋に移したら、チキンの骨付き肉を加えていためて、ここにレッドカレーペーストを加えてちょっと香りが出るまでいためてこれも圧力鍋に移して、ぶつ切りの人参とスープを加えて、あ、あと、生椎茸もちょっと加えたんだ、圧力をかけてチキンが柔らかくなって骨から外れるくらいまで(20~30分くらいかな)煮込んで、最後にお好みでココナッツミルクを加えます。マレーシアの友人から教わったレシピで、本当は、大きな包丁で鶏肉一羽分を豪快にぶつ切りにして加えるらしいのですが、そんなことはできないのでパーティウィング(日本でいう束先と手羽元)と、あと骨付きの胸肉を加えました。煮込むのであれば骨付きのもも肉のほうがおいしいです。あ、レッドカレーペーストはほんの少しでものすごく辛くなるのでご注意ください。
あとは、ありあわせのキノコと玉ねぎをいためてチキンスープで和って、ナンプラーとビネガーを加えたエスニックスープを添えました。おうどんは冷凍の讃岐うどんをチンしたもの。
0_IMG_7282.jpg

で、恒例のお友達持参のデザート。今回はプリンを買ってきてもらいました。でも、これ、プリンっていうよりパンナコッタみたい。とってもおいしいです。
ご馳走様でした。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

サブレークッキー 

サブレーを焼きました。

IMG_7289.jpg

前回バニラウーピーパイを作った時に、成功した2回目のレシピで、薄めにカラッと焼き上げたら、私の大好きな鳩サブレーの味になるんじゃないかなあと思ったのです。

がっ

つい心がくじけて配合を微妙に変えてしまったため、ただの普通のサブレーになっちゃいました。バターたっぷりのサクサククッキーなので、これはこれでおいしいのですけれどね。
IMG_7276.jpg

作り方はバターをクリーム状にして作る普通のクッキーの作り方です。バター1スティック(約110グラムにグラニュー糖1/3カップ(カップはアメリカサイズ)、レモンジュース(がなかったのでワインビネガー)小さじ1杯、水小さじ2杯、卵1個、バニラエッセンスとレモンエッセンス各小さじ1杯くらいずつ、アールパーパス粉1カップ、ベーキングソーダ1/2杯です。
350°Fで15分ほど焼きました。

少し、友人にお持ち帰りしてもらったのですが、ちょっと心に鬱積するものがあって、ポリポリ食べだしたらとまらなくなって、二日目の本日、ぜ~んぶSakanboのお腹に入ってしまいました(汗)

心に鬱積していることの原因はね

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

続きを読む

ひとりおでんとメール整理のご褒美? 

中華系スーパーで日本のおでんセットを売っていたので、こんにゃくを加えてただ煮込んだだけのおでんです。少し肌寒く感じるようになってきましたので、こういうお料理は体があたたまりますね。
IMG_7251.jpg

こちらは翌日のお弁当。
IMG_7243.jpg

こんにゃく以外は少し冷凍しておこうと思ったのですが、なんかお料理をする気にならない日が続いて、結局、毎日おなじものを食べ続けてあっという間になくなってしまいました。
おでんの前はカレー、こちらも、普通のカレーにカレーうどんにスープカレーと日替わりで登場しました。
IMG_7212.jpg

カレーのお肉はコスコで買ってきた牛肉の缶詰。脂身の少ないコーンビーフみたいな味ですが、最初からやわらかくなっているのでスープごと加えるととっても便利です。
で、以下はただの日記。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

続きを読む

バニラウーピーパイ、また失敗-今のこの瞬間は 

まあ、ふわっと仕上がったので、レシピの配合的には悪くないはずなのですが、敗因は、お砂糖を入れ忘れたこと!

IMG_7255.jpg

いえ、焼く前に気がついて一応混ぜたのですけれどね。なので、キメの粗い部分は粉砂糖で隠しました。
IMG_7256.jpg


基本的に、こういうクッキータイプのケーキは、バターをクリーム状にしてから砂糖、卵の順に加えて、最後が小麦粉になりますけど、ういったバターと水分の多い配合だと、卵が先だろうが砂糖が先だろうが、材料を全部一緒くたにして混ぜてしまおうが、大勢には影響はありません(お菓子の先生、ごめんなさい)。ただ、絶対にやってはいけないのが、小麦粉を加えてからガシガシと練り上げること。今回は、材料を全部まぜたつもりで小麦粉も加えて生地を全部混ぜ終わったあとで、グラニュー糖を忘れたらしいと気がついて、最後に足したために練りすぎた状態になって生地のキメがかなり粗くなりました。あるいは、ふくらみも悪くなったかもしれません。
お味的には評判は悪くなかったのですが、個人的にもうひとつの敗因は、マシュマロのかわりに使ったバタークリーム。室温でもやわらかくならない、あこがれの真っ白いクリームにしたかったのでショートニングと粉砂糖で作ってみたのですが、期待していたバタークリームの味とは別ものになってしまいました。これ、日本のお菓子屋さんで普通に出てくるバタークリームの味です。逆に、フルーツと合わせてフルーツサンドにしたら合いそう。
なので、中にはさむクリームはお好みのレシピのものをお使いください。マシュマロを軽くとかしたものでも大丈夫です。
クッキー生地は、↑にあるようにバター、砂糖、卵、水(または牛乳)、小麦粉の順に混ぜる作り方です。配合は、バター1スティック(約110グラム)、グラニュー糖1/3カップ(アメリカサイズ=236CCのカップ)、レモンの皮のすりおろし大1/4個分、レモンジュース小さじ2杯、卵1個、水(牛乳でも) 1/2カップ、オールパーパス粉2カップ(アメリカサイズ=236CC使用)、塩ひとつまみ、重曹小さじ1/2杯です。大匙2杯弱くらいずつ天板に落として、350℃で表面がかわいた感じになるまで15分ほど焼きました。焼き時間は天板の種類やオーブンの癖によって変わってきますので調整してください。今回は平らにしたんくても横にびよ~んと広がりました。う~ん、もう少しこんもりと盛り上がってほしかったんだけどな。
今回はバタークリームとイチゴジャムをはさみました。
子供の頃食べさせられたおいしくないバタークリームのデコレーションケーキ、あのクリームの正体はショートニングだったのですね。本物のバターを使ったバタークリームはとってもおいしいもの。もっとも、こういう駄菓子屋さんのスィーツ的なクリームも嫌いではありませんが。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

続きを読む

ケークサレ再びー私の悩みは... 

先日作ったマッシュルーム入りのケークサレの味が気に入ったので、また作ってみました。

00IMG_7229.jpg

まるでチヂミか厚焼き玉子だって言われそうですが、ケーキサレです。
00IMG_7221.jpg

卵をあわ立てるのが面倒だったので、ボールに大きな卵を2個割りいれて、泡だて器でぐるぐるしたところに、砂糖大匙1杯、塩ひとつまみ、マヨネーズを目分量で大匙3杯くらい、オールパーパス粉1カップ(=236cc)、ベーキングパウダー小さじ1.5杯、パセリ少々、瓶詰めのレッドパプリカ、レバーソーセージ2枚、玉ねぎの薄切りとキノコとアスパラを炒めて荒熱をとったものを加えて、キノコが多すぎたので、また小麦粉を適当に足して、生地が固かったのでお水を少々くわえてホットケーキの種くらいの型さにして、8インチのシリコンの角型に入れて400°Fのオーブンで20分くらい焼いたものです。

↓はちょっとだけ残り物を並べただけご飯。ちぎりパンの残りをトーストしたものとレバーソーセージの残りとエンダイブの残り。トーストパンが大好きなのでおいしいです。
0IMG_7210.jpg


で、以下、私の悩みは悩みがないことかなあなんていう実にくだらないひとりごとです。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

続きを読む

ミストラルでランチ 

少し前に食べに行ったランチです。
ここは、ちょっとお洒落な感じのお店でお料理もおいしいのですが、いつも食べ物が出てくるのが遅くて、おまけに前前回はサービスがものすごく悪かったので、ブログにすら載せず、しばらく行っていなかったのです。

久しぶりに行ったらすっかりサービスがよくなっていてびっくりしました。
いつものお決まりのフォッカチャとオリーブオイルにバルサミコビネガー。お腹が空いていたのでいっぱい食べちゃいました。
DSCN34614198.jpg
今回頼んだのはタイビーフサラダ。キャベツとピーマンとトマト、さやえんどうと細かくしたビーフにシラントロ。お野菜がたっぷり食べられてうれしいです。今度自分で作ってみようかな。
DSCN34634200.jpg
今回は、8人で予約を入れてみたのですが、人数がどうなるかはっきりしなくて、当日の朝、連絡させてひしいと予約のときに伝えてあったのです。で、蓋をあけてみたら6人しか参加できないことが判明。あ~、この泡ただし仲、お店お番号探してまた電話しなくちゃと思っていたら、ちょうど頃合いのタイミングで向こうから確認の電話がかかってきました。初回の予約のときに、お誕生日とかなにか、何か特別な依頼があるのかと言われたので、1時間で切り上げたいとの旨を伝えると、プレオーダーはできないけれど、先にオーダーするものを決めておいてくれればお料理はスムースに出てくるとのこと。実際、パンが出てくるのがほんの少し遅かったほかは、お料理もすぐ出てきて、予定よりもずっと手早く食べ終わりました。

ちなみに、このお店はビジネスランチとか接待風のお客さんが多いので、普段着で飛び込みでいくとあまりいい席には案内してくれないみたいです。事前に予約を入れておくと、普段着で行ってもちゃんとパティオ席(希望した場合)に案内してくれるので、数人のランチでも予約してから行ったほうが安心です。

でないと、「こんな席に案内されるなんて、やっぱ見た目とか人種で差別されたの?」っていらぬ勘繰りのもとになりますので。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

子供の頃読んだ小説と人のキャパと 

子供の頃、風邪を引いて寝込むと、退屈しのぎに本棚にあった古い小説を片っ端から読んでいた時期があった。ポーター作の「森の乙女」もそんな小説のひとつ。食べ物や手作りの洋服、レースといった私の大好きな話題が沢山出てくるので、かなり長いこと繰り返し愛読していたのだけれど、かなり不自然な訳語(男性言葉と女性言葉の取り違えとか)つじつまの合わない筋書きがちょっと気になっていた。たとえば、お母さんが最初に作ってくれたサンドイッチはブナの実ではないのに、翌日食べたサンドイッチの記載には、「味見をすると昨日のブナの実のよりもずっとおいしい」となっていたりとか...

で、少し前にひょんなことから、英語版「A Girl of the Limberlost」が電子ファイルでネットで無料で読めることが判明、夢中になって読んでみた。

いやあ、この本、昔昔の少女向け小説だけあって、道徳の教科書に使えそうな模範生を主人項にした道徳的な小説ですね。

っとそんなことはほっておいて、長年の謎だったいろいろなことは、日本語版が少し編集されていて細部がはしょられていたのが原因と判明。呼んでいて、???だった部分の謎がとけました。ブナの実のサンドイッチは、最初にお隣の小母さんが作ってくれたものだったのですね。

閑話休題、道徳的な話に戻りますが、主人公のエルノラが恋敵(?)のイディス・カーに、「全能の神様が皆ご存知ですわ。恥じなければならないようなことは何もしていませんから」というシーンがあった。まあ、「全能の神様」の部分は、それぞれ何を信仰しているかによって信ずるものに置き換えてもらえばよいと思うのだけれど...

続きを読む

バニララズベリーウーピーパイ失敗! 

まあ、マシュマロのクッキーサンドと思えば食べられなくはないのですが...

IMG_7200.jpg

ベーキングソーダの独特の匂いをさけたくて、ベーキングパウダーの変えたことと、水分の量が少なすぎたのと、焼きすぎたのが敗因でした。
IMG_7205.jpg

粉砂糖を振るとシュークリームみたくみえますが
IMG_7207.jpg

ただのクッキーのマシュマロサンドです。
外側のピンク色はラズベリーソース。
マシュマロサンドよといってお友達に押し付けました。
レシピはうまくいってから後日アップします。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

捏ねないパン 

ちょっと時間はかかるのですが、まったく捏ねないでこの出来上がりは感動ものです!

00IMG_7233.jpg

アメリカの捏ねないパン(No-knead bread)のレシピは時々見かけるのですが、全粒粉をつかってどっしりした感じに仕上がっているものが多くて、あまり食指を誘われませんでした。これは、レシピを見てすぐ、バゲットとかリュスティックの作り方に似ているなあと思ったのですが、なにしろもとのレシピだと小麦粉を5カップ使っていて、失敗した時に目もあてられないので、量を半分にして、耐熱ガラスの9インチくらいのキャセロール型で焼きました。
0000IMG_7236.jpg

イーストを少し多めにしたせいか、お手本お写真よりフワフワの仕上がりになりました。甘めの焼き上がりなので、焼きたてでないと皮のバリバリ感がなくなってしまうのがちょっと残念です。
作り方はこちらのAbsolutely No-Knead Crusty-Chewy Breaddを参考にしました。
カップはアメリカサイズのカップ(=236CCを使っています。
まず、大きなボールにブレッドフラワー2.5カップとドライイースト小さじ1/4杯弱(1/8杯でいいみたいなのですが、我が家のキッチンだと室温が低すぎるらしくてあまり膨れてくれないので、倍とはいかないまでも少し多めにしました。)塩、小さじ1杯、水1 1/4カップ強を入れて、水分が全体にいきわたるように菜ばしでぐるぐるとよくかき混ぜます。パン作りの最初の中だねのスポンジみたいな状態で、普通のパン生地よりは水分が若干多め、手にべたべたつくくらいの感じです。これをそのまま涼しいところ(華氏で68~70°Fのところに10時間ほどおいて一次発酵させます。用意はあっという間にできますので、土曜日の9時くらいにここまでしておくと、日曜日の浅い10時くらいに焼きあがる計算です。(一次発酵10時間+二次発酵2時間、焼成時間45分)
繰り返しますが、我が家の室温はこれよりも低いので、途中、火をつけていないオーブンの中に入れておいて、ここにお湯とかおいてちょっとだけ温度を上げたら、9時間くらいでぶくぶくと発酵していました。
これをさっとガス抜きして表面を滑らかにして、バターをたっぷり塗ったキャセロール型かダッチオーブン、ルクのお鍋などにいれて、また室温で約2時間、2倍くらいになるまで発酵せせて、450°F(230℃くらい?)に余熱したオーブンでキャセロールの蓋をしたまま40分くらい焼いて、蓋をとってあと5分なのですが、今回は途中で別のケーキを焼きたかったので、20分くらい焼いた時点で温度を400℃に下げました。

焼き上がりはこちら。
10時間、オーブンの中に放置したら表面が若干乾いていましたので、ラップか濡れ布巾をかけておいたほうがいいかもしれません。

フープロがあれば捏ねは2分ですみますので、10時間まつよりもフープロで捏ねたほうが早くできるかなあという気はするのですが、手個ねで作ることを考えると、このパンはすご~~~~~~~~く楽です。
捏ねていない上に油脂が入っていないので劣化が早いです。翌日以降に食べる場合は、オーブンで軽く焼き直すか、トーストして食べたほうがいいみたいです。


↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

大家で韓国ご飯 

煮込み料理がおいしいという韓国レストランに連れて行ってもらいました。
いつも、ローレンスエクスプレスウェイで101を降りてなんたらこうたらっていう辺りしか覚えられなくて、場所もお店の名前も怪しい!

DSCN34514166.jpg

お決まりのキムチセットは大根と
000_DSCN34454160.jpg

キュウリと白菜。すごくおいしいです。
00_DSCN34454160.jpg

全体写真を撮り忘れたので、自分のお皿にとった分。なのでぼけぼけですが。冷麺かな?冷たい麺に唐辛子とごま油の風味が効いています。
00_DSCN34504165.jpg

カルビタンと
DSCN34474162.jpg

コムタンと
DSCN34484163.jpg

コラーゲンたっぷりのお鍋
0DSCN34494164.jpg

お腹が一杯になって幸せです。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

レンチン洋ナシマフィン - 人との距離 

ノンシュガーのダイエットスィーツです。
ま、自分用のおやつですが。
IMG_7181.jpg
食べ残した洋ナシが一つだけあまっていたので、飾り用に5切れくらい取り残してあとはダイス切りにして
ボールに卵を一個割りいれて、スプレンダを大匙3杯入れて泡だて器でぐるぐる。ここにサラダオイル大匙1/2杯とビネガー大匙1/2杯を入れて、ベーキングソーダ小さじ1/2杯とオールパーパス粉を大匙山盛り3杯くらい入れたら、ちょっとタネがゆるかったのでもう大匙1杯ほど足して、洋ナシも入れて、シリコンカップ5個か6個に流しいれてレンジで2分ほど加熱したものです。

下の写真は残り物チキンサラダと柿。
IMG_7186.jpg

以下、ど~でもいいひとりごとです。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

続きを読む

私が最後に女だった時 

え、女を捨てているSakulanboにそんな時があったのかって?
はい、私にもそんな時代はありました。
でも、その前に食事記録から

レンチンサーモンと残り物野菜

IMG_7092.jpg

チキンとトマトのバジル炒め、アスパラ入り。適当に作ったのですが、この取り合わせ、気に入りました。オリーブオイルとガーリック、塩の味付けだったかな。
IMG_7114.jpg

残り物朝ごはん
IMG_7172.jpg

投げやりなサンドイッチ
IMG_7118.jpg

で、ひとりごとでしたっけ。
その前に...
私があまりにもしょっちゅう、「男性嫌い0だのなんだのと書いているので、あるいは男性の方がこのブログを読んで心苦しい思いをなさるかもしれませんので、誤解のないように書いておきますが...

私が、「嫌い」と言っているのは、男女に分けた場合、日本の社会(ま、アメリカでもいいのですが)で割に優遇されている「男」という種族であって、個々人はそれぞれ、「○○さん」であり、「友人」「親戚」「男友達」「知人」それぞれのカテゴリに入るので、割に大丈夫だし、男友達だっていないわけではないのです。まあ、それ以上の関係は無理ですけどね。

そして、そういう意味では、女性、特に、私を女性の殻に閉じ込めようとする女性も嫌いですね。
Sakulanboに向かって、「髪の毛をとかしなさい」なんていうのはもってのほか。これでも毎朝毎晩3回くらいずつとかしてはいるのです。生乾きの際に完全に乾くまでブローしないとくしゃくしゃになる髪質だからとかしていないように見えるだけです。

あっと、それでひとりごとか。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

続きを読む

ラバケーキ - 走る私 

直訳すると溶岩ケーキですが、日本だとフォンダンショコラと呼ばれているケーキに近い気がします。
本当は、焼きたてを二つに割ると中からチョコレートが溶岩みたくに流れ出すはずなのですが...

まあ、会社の電子レンジで温めなおした場合、このくらいが関の山ですかね。

0LavaDSCN34384153.jpg

「僕のお誕生日ケーキはね、ラズベリーソースのかかったラバケーキがいいなあ」などというとんでもない注文をつける奴がいて、まあ、向こうも本気ではないし、あれは焼きたてではないと無理だし、普通のアメリカのレシピで作るとサルモネラ菌の心配があるからダメだと一度は断ったのですが...
0Lava1.gif

平日のこととて、まったく心をこめずにいい加減に作りました。このレシピ、チョコレートケーキを短時間で焼いて中を生焼け状態にする(つまりアメリカではサルモネラの心配がある)タイプと、真ん中にチョコレートトリュフを埋め込んで焼くタイプがあります。チョコレートトリュフなんて買ったら高いし、そうね、私が何かの金賞でも受賞したら作ってあげるはとっておいて、金賞なんぞ受賞する確率はほとんどないのですけれど、残り物整理の簡略版でも作ってあげましょうかという気になりました。

まず、生クリームを使った時にあまったクリームを、レンチンしたチョコレートチップと適当な量混ぜ合わせて、トリュフ用の型で固めたものを作って冷凍しておきました。

次に、セールの時にラズベリーを買いこんで(ってか、これが先日のラズベリータルト)お砂糖で煮込んで裏ごししたラズベリーソースをこれまた冷凍しておいて...
IMG_7170.jpg

同じくセールで買ったデビルスフードケーキのミックスを混ぜ合わせて、真ん中に冷凍してあったインスタントトリュフを押し込んで、375°Fのオーブンで18分ほど焼いたものです。
IMG_7171.jpg

余った分はカスタードカップで。一つはトリュフなしのはずれケーキです(笑)

以下、ひとりごとというか、日記です。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

続きを読む

ハンターズ・シチュー 

ちぎりパンとケークサレを焼いた日は例の「友人を太らせよう」ディナーの日でした。もっとも、もうこれ以上は太らなくてよいとのことでしたので、今回は揚げ物はやめて野菜中心のローカロリーメニューです。
白パンにバターをたっぷりつけなければね。サラダはルッコラにパルメジャーノレジェーノをたっぷりふりかけただけの手抜きです。

000IMG_7154.jpg

写真が小さくて何がなんだかわからなくなってしまったのですが...
中央の左に移っているのが、黄桃の生ハム巻きと、エンダイブにカニサラダを乗せたもの。サラダの中身は缶詰のカニとレモン、グリーンオニオン、マヨネーズです。で、手前に茶色っぽいものがハンターズ・パイのつもり。
000IMG_7153.jpg

先週、お昼の立ち寄ったポーランド料理のお店で食べたシチューがとってもおいしかったので、レシピを検索して適当に作ってみました。ポーリッシュソーセージと適当な骨のついていないお肉、あとはザワークラウトとキャベツ、玉ねぎ、赤ワイン、月桂樹あたりが主材料のようなのですが、ポーリッシュ・ソーセージが見つからず、他のソーセージを買い忘れたので、缶詰のウィンナソーセージで代用。これだとまるで食感が違っちゃうのですが(汗)。あとは、野菜とお肉をいためて、スープを加えてちょっと煮込んでできあがり。トマトピューレも入れました。
000IMG_7156.jpg

こちらは例によってお友達が持ってきてくれたスィーツ。ついうっかり写真を撮る前に二つに切ってしまったので半分ずつですが。洋ナシのタルトとチーズケーキ、おいしくて幸せです。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

続きを読む

ケークサレ 

これもぱにぽぽさんのレシピで焼いたものです。

00IMG_7144.jpg

栗はアレルギーで食べられないので省略、キノコもブラウンマッシュルーム一種類だけの手抜きなのですけれど、おいしくできました。ぱにぽぽさん、またまたステキなレシピをご馳走様でした。
00IMG_7158_1.jpg

お友達とのディナー用に焼いたのですが、これは残った一切れにこれも残り物のサラダを添えて。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

ちぎりパン 

最近よく焼いているちぎりパンです。簡単だし、失敗がないし...と思っていたらしっかり焦がしました(涙)

IMG_7128.jpg

作り方はいつもの通りです。
フープロにプラスチックのパン用の羽をセットして、強力粉 2 1/4カップ、グルテン粉1/4カップ、塩小さじ1杯、ドライイースト大匙1杯弱、グラニュー糖大匙3杯を入れて、冷水200CCを少しずつ加えながら1分くらいまわし、この時点で生地の温度が高くなっていたら少しやすませて、その後、バター大匙2杯を少しずつくわえてまた1分くらい回して、生地の一部を伸ばしてみて、薄く指が透けて見えるくらいになったら個あがりです。
これを薄くオイルを塗った容器に入れて、沸騰したお湯の入った薬缶か鍋を入れた大型オーブンに入れて薬40分、2倍くらいにふくらんだら一度、上下を返して、もう30分から40分くらい、もとの量の2.5倍から3杯になるまで発酵させます。これを16等分して丸めて、バターを塗った容器(8インチ角か9インチ角の金属製の型が理想ですが、丸型でもシリコン型でもなんとかなります)に入れて30分くらい二次発酵、400°Fのオーブンで5分、350°Fで20分ほど焼いたものです。途中、焼き色がついたら焦げないようにアルミ箔をかぶせます。
IMG_7135.jpg

焼き上がり。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

クリームサンドクッキーと私の嫌いなことと 

新しいクッキーガンがいまいちうまく使いこなせていないのですが、かぼちゃ型に搾り出して作ったクリームサンドクッキーです。

IMG_7119.jpg

クッキー生地はいつものフロランタン生地に小麦粉を1/2カップほど足して少し固めにしたもの。二枚一組のセットにして、クリームを搾り出して
IMG_7122.jpg

合体させたらできあがり。クリームはバターかマーガリン1/4ポンドに粉砂糖2カップくらい、バニラエッセンスとレモンエッセンスで作りました。ハロウィンの残りのオレンジアイシングも少し加えたのでオレンジ色になっています。
IMG_7123.jpg

以下、ひとりごとです。
↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

続きを読む

私が変わると世界が変わる? 

んなわけないな。毎日見慣れた同じ風景だし...

独り言の前に最近アップしてなかった食事の写真を...と思ったら、唯一ちゃんと並べた写真がどっかに消えてしまって、あとはか~なり適当なのしかありませんでした。最近、友人を読んだ時用にたくさんつくって、あとは残り物で済ませているのが理由かも。

とりあえず、やる気のなさ丸出しの写真、アップだけしておきます。
最近のマイブーム、グリルドフラワートルティーヤ、ってか正確には適当にいためた具材をトルティーヤにつつんでフライパンでさっと焼いたもの。

IMG_6961.jpg
ラップサンド
IMG_6960.jpg
チキンサラダ
IMG_7030.jpg
チキンとブロッコリーのいためもの。
IMG_7034.jpg

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

続きを読む

キャラメルスコーンと立ち入り禁止! 

ぱにぽぽさんのレシピで作ったキャラメルスコーンです。

IMG_7106.jpg

レシピはキャラメルピーカンのおいしいスコーンから。ずっとイーストを使ったスコーンを作ってみたかったのです。期待通りのやさしいお味。ぱにぽぽさん、ステキなレシピをどうもありがとうございました。
IMG_7098.jpg

ハロウィンで余ったキャラメルを小さく切っていれました。

以下、日記というかひとりごとです。
↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

続きを読む

洋ナシのパンケーキ - 私、怒ってたんだ! 

平日の朝に急いで作ったので写真も味も適当ですが...

IMG_7096.jpg
小さめのフライパンにバターを大匙1杯分くらい溶かして、フライパン全体に馴染ませたら残りはボールに移して、そこに卵一個とお砂糖適当(先日のシナモンシュガーの残り)、小麦粉1カップ(236CC)とベーキングパウダー小さじ1.5杯、塩少々、水適宜(200CCくらいだったかな)、バニラエッセンスを入れてぐるぐるっとかき回して、フライパンには軽くブラウンシュガーをふったところに洋ナシの薄切りを並べて、ホットケーキの生地を流し込んで蓋をして中火~弱火で15分くらい、全体に火が通るまで焼いたもの...ってか、今回は途中で待ちきれなくなって、ある程度火が通ったのをみはからってお皿に裏返しに乗せてレンジで2分ほどチンしました。仕上がりにメープルシロップをたっぷりとかけて。
IMG_7089.jpg

あとは、心がささくれだっていてお弁当を作る気にならなかった日に家に戻って食べたサンドイッチ、冷蔵庫の引き出しから残り物のチキンのから揚げを見つけた時はうれしかったなあ。ガーリック味のチキンのから揚げ、めったに作らないのですけど大好物なのです。サンドイッチにはレタスと薄焼き卵とマヨネーズをはさみました。薄焼き卵とマヨネーズの組み合わせ、高校生か大学生の頃に学校の近くの喫茶店(死語?)で覚えた味です。ゆで卵よりも手軽ですよね。


以下、ひとりごとです。
↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

続きを読む

発想の転換 

例によってひとりごとです。

以前、別の時に、二つの別々な思いに気がつきました。
ひとつは、私の中のひそかな恐れ。(←なんか日本語の響きが変ですがあえてこのままで)

なにを恐れているかというと、無意識のうちに、「ものごとはうまくいかない」とか「何か悪いことが怒るに違いない」って思い込んでいるのですね。真っ白いブラウスを着たら絶対にトマトソースのパスタを食べてしみを漬けるに違いないとか、そんな類が多いのですが、車を運転したらぶつけるに違いないとか、外に出ればなにか失敗して大恥をかくに違いないとか...
それも根拠はないのですが、恐怖心が強いものほど現実になる確率が高いきがします。

で、もう一つもテーマ的には同じなに逆の見方をしているのだけれど...
私のやるこは、正しくなければいけないし、ごく当たり前のことはそつなく普通にやり遂げるのが当然で、社会一般の人たちも当然にさらっとこなしていることなんだという考え方。
要するに(ドジなSakulanboにとってなかなかむつかしい)、道を歩くときは人並みにまっすぐ歩かないといけなくて、日本の道でいい年して電信柱にぶつかったりブロック塀で手をすりむくkなんていうのはとんでもないことで、いい年した大人がそんなことをするのは大変みっともないとか、同じく電車の中で転ぶのはみっともないとか、ま、当たり前といえば当たり前のことなのですが、ドジでそこつもののSakulanboにはちとむつかしいことばかりです。

ようするに、「物事はこうあるべきだ」、とか、「こうしなければいけない」っていう考えて自分のことをがんじがらめにしておいて、同時に、「そんなことできっこないっ」って思い込んでいるから、普通の人がごく普通にこなすことが怖くてなにひとつ(ってことないか、8割り方)まともにはできないのですね。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。