さくらんぼのアメリカ日記 2012年02月

月別アーカイブ

 2012年02月 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

切符の手配・Sakulanboが行方不明! 

まだしつこくドイツ旅行記が続いています。「まとめて...」なんて書いたのに全然まとまってないですね。

今回の出張は3週間半と長かったので荷物をどうしようか迷ったのですが、なんとなく、電車で移動しそうな予感があったので、小さめのスーツケースにしました。実際、出発前にルクセンブルグ観光ができるかなと調べてみたのですが、電車でフランクフルトから片道4時間、しかも乗り換え二回ということで、一泊しないと無理。週末観光でも行って帰ってくるだけだし、この寒空の下...と、この件はあきらめていたのです。仕事絡みの話はスケジュール的に無理そうでしたし。

そしたら、急にフランクフルトでほぼ一日時間が空くことになり、この日の用事(多分1時間もかからない)は別の日に回せそうということになって、その前日がベルリンからフランクフルトへの移動日ということを考えると、もしかしたらルクセンブルグに行けるのではという感じになってきました。

上司から費用の概算を教えてほしいとの依頼があったのですが、ネットで調べる情報はどうもよくわかりません。

ホテルのフロントでBahn.deで調べられるとのことだったのですが、最初は英語に変更する方法がわからず、まあ、あてずっぽうで情報を入力するとスケジュールは出てくるのですが、肝心の料金が記載されず、フロントに聞くと、ルクセンブルグの路線が入るので価格表示はできないとのこと。チケットオフィスに行くようにと言われたのですが、仕事の後に片道30分かけて大きな駅はで行くのは気が重く、一日伸ばしにしていました。

鉄道に詳しい仕事仲間に、英語での見方を教えてもらったのですが、価格については出てきたり出てこなかったり。本当は、みんなでベルリンの市街に飲みに行く機会があればその時にと思ったのですが、毎日寒くてそれどころではなかったので、時間切れで、「一人で行ってきます」と宣言したら、例の鉄道に詳しい方が心配して一緒についてきてくれました。

写真は駅に停まっていた電車。
Picture 627

とりあえず、チケットセンターでスケジュールを教えてもらったのですが、細かいことがさっぱりわからず、鉄男君のアドバイスがすごく役に立ちました。

結局、わかったことは、大体の値段と大体のスケジュール、あと、予約はいらないとのこと。
というか、予約できればそれにこしたことはないし、変更がきかないけれどすご~く割安のチケットなんかもあったのですが、当日の飛行機のスケジュールが遅れる可能性があることを考えると、予約を入れてしまうのは危険です。一応、飛行機の到着後2時間後に中央駅を出る列車のスケジュールを教えてもらって、あとはフランクフルトについてから考えればいいさということに。
この後、ベルリンから直接、ルクセンブルグへ行けるフライトも調べてみたのですが、割に気楽に買える値段のチケットだと、乗り継ぎ便でルクセンブルグ到着が夕方の5時過ぎとか...電車のほうが速いです。

何か軽く夕食を食べて帰ろうとフードコートに飛び込んだのですが、サンドイッチを選んだら、これはお持ち帰り専用だったみたいなので、紅茶は立ち飲みして、サンドイッチはお持ち帰りしてホテルで食べました。
Picture 639

とりあえず、上司の許可をもらって、ルクセンブルグの先方の予定も確認して一安心と思ったところで事件は起きました。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

続きを読む

スポンサーサイト

お呼ばれディナーとひとりごとと 

ドイツ旅行記は中断していきなりベイエリアの話題です。
帰ってきた翌々日、「ご飯を食べにいらっしゃらない?」とお誘いいただいたので、ありがたくご馳走になってきました。まだ、冷蔵庫の中、レタスとニンジンしかなかったし。

チキンカツとアサリのお味噌汁
0_DSCN39504457.jpg
お野菜もたっぷりと
DSCN39534460.jpg
ご飯があまり食べられない私に気をつかってわざわざパンをご用意してくださいました。おいしいおいしいトーストパン、大好きなんです♪
照り焼きチキンにキムチつき。どれもおいしい!
0_.jpg
デザートは差し入れのシュークリーム。お腹が一杯になって幸せです。
0_DSCN39584465.jpg
いったいいつになったらダイエットを開始するのだろうか?

以下、ひとりごとです。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

続きを読む

ポツダム観光 

ベルリンで二回目の週末、例によってお昼近くまでホテルでぐだぐだしていたのですが、ちょっと足を延ばしてポツダム市まで行ってみることにしました。ベルリン市内から電車で40分くらいとのことですが、一度だけ乗り換えればあとは終着駅まで乗っていればよいので気楽です。

Picture 650

最初の二枚は電車からの風景。
Picture 653

ポツダムの駅につくと、例によってとっても寒くて、ショッピングモールで一日過ごしたい誘惑にかられますが、がんばってインフォメーションに行って、ポツダム宣言の舞台になったとかいうツェツィリエーンホフ宮殿への行き方を教えてもらいます。トラムに乗って、途中でバスに乗り換えるようにということで、小さな紙切れを渡されました。さっそくトラムを見つけて乗り込んで、駅の表示とにらめっこしていると、途中から乗ってきた女性が私の紙切れを眺めて、ツェツィリエーンホフ宮殿に行きたいのと聞くので、そうだと答えると、ドイツ語で何か行っています。どうも、戻れと言っている様子。うっかり逆方向に乗ってしまったようです(汗)。ま、トラムの逆方向って、前回もフランクフルトでやっているしね。あ、この時は案内してくれた方が間違えたのだけれど。とりあえず、無事に戻って、次のバス停で行き先と時間を確認して...
ここで中国からという一人旅の女性にバスの乗り場を聞かれて、そのまま一緒に行くことに。
Picture 655

最初に目についた建物はこんな感じ。
英国のチェダー調風に作られた素朴な建物と豪華な調度が対照的とかガイドブックに書いてあったような...あのポツダム宣言の舞台となった場所だそうです。
Picture 672

一部はホテルになっているとかで、古城ホテルでゆっくりなんていうのもロマンチックなんでしょうけど、私はやっぱり水まわりの新しい近代的なホテルのほうが好みです。前にイギリスでマナーハウスを改造したとかいうホテルにとまって、雪の降る日にバスルームの窓が閉まらずにえらい目にあったしね。
閑話休題。
Picture 664

今回も撮影は許可が必要とのことだったので、外の写真だけです。
Picture 673
これはいったいなんだったのだろう???
Picture 676

あれ、庭の奥が湖になっていたのはどっちの宮殿だったんだっけ。とにかく、観光どころか、凍りついた湖でみんなアイススケートを楽しんでいます。
これは確か新しいほうの宮殿。
Picture 682

どちらも、時間指定のガイドツアーになっていました。
この後、バスに乗って、サンスーシー宮殿に行って、またガイドツアー。もう、どれも同じように見えてきて、どれがどれやら記憶になし。猫に小判、Sakulanboに名所旧跡見物。
Picture 683

集合場所が中庭って寒すぎる!
Picture 686

中国茶館と新宮殿は冬季閉鎖中。
Picture 687

写真は順番不明。
Picture 688

このあたりでカメラのバッテリーがなくなった。っていうか、手袋外さないと上手にシャッターが押せないのだけれど、あまりにも寒くて写真を撮る気力なかったからいいんだけれど。
帰りに駅で食べたグーラッシュの写真が撮れなかったのは残念(←観光よりも食べ物に興味があるやつ)

バスでポツダム駅に戻って、ベルリンに戻って、アレキサンダープラッツでガレリアに寄って、お買い物をしてからホテルに戻りました。日曜日はきっと一日中寝てます。


↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

ベルリンのホテルの食事 

本当は、「アレキサンダープラッツ辺りに飲みに行こうね」と行っていたのですが、帰りがちょっと遅かったり、寒すぎたり、とホテルのレストランで食べたり、バーで軽食を食べてビールを飲んで...ということが多かったです。

写真は撮らなかったものも結構あって、ほんの一部ですが。

Picture 497

つきだし(?)のビーンサラダ。スプーンを持ってパクっと一口で食べるそうな。
Picture 501

チキンサラダ。チキンがジューシーでおいしいです。
Picture 632

これは大正解だったお魚のムニエル(かな)。トマト味のクスクスにクリームソースが添えられていて、すごくおいしいです。お魚は黒鯛みたいなものでしょうか。皮がかりっとなっていて絶品!
Picture 633

デザートの時に頼んだ紅茶。ドイツではこういう出し方が多いですね。私としては、熱々のお湯に先に紅茶を入れておいてほしいのですけれど。

ちなみに、一緒にご飯を食べた英国人に言わせると、ミルクティーだったら濃くなっても大丈夫だから気にせずに紅茶を入れられるのだけれど、レモンティーにする場合は、濃すぎると苦くなるので加減が難しいんだとか。へえ、そういうものなですかい? 最近、何も考えずにお砂糖入りの濃い目のストレートを飲んでいた気がする。日本にいた頃はレモンティーが定番だったんだけどなあ。
Picture 634
デザート。可もなく不可もなく。クリームブリュレにすればよかった。
Picture 727

これはちょっと失敗のパンサラダ。お野菜が食べたくてサラダを頼んだのに、野菜と言えるのはグリーンの切れ端が少々とサンドライドトマトとオリーブだけ。パンは揚げてあります。まあ、サラダと思わなければ大丈夫なのですが。
反対側に見えているのはポークシュニッツェル。写真にはないのですが、この後、別皿でサラダがついてきました。あっちにすればよかった。
Picture 725

別の日のお通しサラダ。今回はドライトマトがベースでおいしいです。ってか、前回のもおいしかったのですが、基本的に豆類はアレルギーがあって食べられないので。
Picture 644

バーで飲んだときに頼んだクラブサンドイッチ。分厚いので食べるのが大変。でも、これ全部にポテト全部にビール三杯飲んだらお腹がはちきれそう。
Picture 776

バーで出されたおつまみ。
ちなみに、滞在中に途中で一度お会計をすませたのですが、バーでの食事がものすご~く高くついていて、???な状態。え、ここに22ユーロあって、同じ日に18ユーロのがあるってことは、確か、あの日はビールを3杯(うち2杯はアルコールフリー)だから、ビール一杯が6ユーロってこと、でシーザーサラダが22ユーロ、だって、あれ、レタスだけだったし?いくらホテルのバーは高いっていってもこれはあんまりな。おまけに、ルームチャージにしておいてくれって言ってサインした時の金額と違うぞ!と思って、翌日、恐る恐るフロントに問い合わせたら、別の部屋の人のチャージが私のにつけられていたもよう。そう。ビール3杯とシーザーサラダ(写真なし)は18ユーロでした。

あ、レストランで飲み物とメインディッシュにデザートと紅茶まで頼むともっとしますけれど。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

シャルロッテンブルグ宮殿へ 

ひっきーの私としては、一日暖かいホテルの部屋でぬくぬくしているのもかなり魅力だったのですが、昼間のホテルってお掃除が入ったりとかいろいろ、居心地が悪いのですよね。

お昼くらいまでぐずぐずしていたのですが、がんばってちょっとだけ観光してきました。

ガイドブックではツォーの駅からバスとか書いてあったのですが、バスは面倒そうだし。近くの駅から歩けそうだったので、ホテルでWestend駅までの行き方を教わってから出発しました。途中で乗り換える手もあるのですが、Westend行きに乗ればそのまま行けるはずと思ったら、乗り換え駅でみんなぞろぞろ降ります。ボーっとしていたら、乗り換えないとダメだよと教えてもらって、次の電車を待ちました。ここで、昨日不明だったリンクという電車の意味が判明。これ、山の手線のように右回りと左回りでぐるぐるまわっているのですね。41番と42番で方向が逆なんだ。

駅を降りると観光客と思しき人たちがぞろぞろと歩いているのでみんなの歩く方向へ。

周囲の建物はこんな感じです。

0_Picture 607
宮殿に到着。
1_Picture 600
あいにく中の写真は許可がないと取れないので外側の写真だけ。
2_Picture 602
夏に訪れた戦略目的のお城と違って、ここは本当のちゃんとした宮殿でした。
3_Picture 615
こちらも寒々とした風景。ガイドブックの素敵なお庭の写真とは別世界です。
4_Picture 612
寒々とした写真が続きます。
5_Picture 617
P6_icture 619
白鳥さんも寒そう。もっとも、今考えれば、この日はまだまだ暖かだったのですね。水が完全には凍っていませんでしたので。
P7_icture 620
こちらは冬季休館中?
8_Picture 624

そのまま少し北側まで歩くとSバーンの駅がありました。本当は、夕食を済ませて帰りたかったのですが、めぼしいお店がなかったので、そのまま例のリンクおtかいう環状線に乗って、昨日と同じオステクロイツとかいう駅で乗り換えて戻りました。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

ドイツで食べたアイスバイン・だって、英語のメニューがそうなってたんだもん 

ラットハウスとかいうレストランで夕食を食べた時の写真です。
00_Picture 775
食事の写真は撮らないつもりだったのですが、豚の足のアイスバイン、スモーク版を見たら、是非撮らなきゃと思って、許可をもらってとりました。
0_Picture 630

付け合せは温かいザワークラウト。これ、煮込んであるのか油で炒めてあるのかよくわからないのですが、初めて食べました。おいしいです。

アイスバインは、ローストしたものとダークビールソースでスモークにしたものと両方あって、教えてくれた方はローストの方が好みだと言ってらしたのですが、付け合せの黄色豆(ドイツ語―>英訳―>日本語直訳)のマッシュが食べられなかったのでこちらにしました。

この付け合せ、英語のメニューをそのまま読み上げていいものかどうか迷ったのですが、教えてくれた方に失礼になってもと思って、「この黄色豆のマッシュが食べられないのでこちらにするわ」と言ったら、案の定、英国人がくすくす笑い出しました。

だってさ、メニューにそう書いてあったんだもの。ほかになんて言うんだよ。
そりゃあさ、豆はピーって書いてあったし、すごく微妙な表現だとは思うけどさ。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

ホテルの朝食(2)-乗り換えは大変! 

ベルリンのホテルの朝食の続きです。
00_Picture 597
レストランはこんな感じで素敵なのですが、あいにく外はベルリン市内とはいえ中心部からはかなり離れており、殺風景な建物と車と灰色の空だったのですが...
0_Picture 710
ある日の朝食。このパイみたいなのは一口食べたらとってもおいしかったのですが、おいしかった理由はクッキー生地みたいなのにヘーゼルナッツがたっぷりと入っていたから。ナッツアレルギーの身としては、泣く泣く一口であきらめました。こちらはフルーツの盛り合わせ。可も無く不可もなく。例によってお代わりの写真はありません。
3_Picture 718
別の日の朝食。このケーキもココナッツ入りだったので食べられず(泣)。
Picture 594
別の日の朝食。
あれ、写真があまっている。ということは、おかわりですね。
4_Picture 714
パンと温野菜。トーストパンはいつも一回目を食べている間に焼いているので写真がないですね。
朝から温野菜がたっぷり食べられて嬉しかったです。
5_Picture 713
レバーペーストとかスモークサーモンとかの塩味がきついのと、朝は喉がかわいているので、紅茶とジュースをがぶ飲みしていると気がつかないうちにお腹がはちきれそうになってしまって...

休日しかホテルの朝食を食べなかった一番大きな理由です。もう少し、自制がきけばいいのですけどね。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

続きを読む

迷った時のちぎりパン・オーブンの癖 

アップが遅くなりましたが、週末に焼いたちぎりパンです。今回はシリコン型で焼きました。

IMG_8281.jpg

フランスパンやフォッカッチャは別ですが、普段焼く基本のフープロパンの配合はいつも一緒。
ブレッドフラワー 2 1/4カップ
グルテン粉    1/4カップ
水         200CC (気候によって水分量は調整)
ドライイースト   小さじ2杯強
塩          小さじ1/2杯(あ、気分で小さじ1杯入れてるかも)
グラニュー糖    大匙1~3杯(これも気分で)
バター      10グラム~40グラム (時々、バターじゃなくてサラダオイル)
あたりでしょうか。お惣菜パンにしたい時はお砂糖控えめ、食べたときにほんのり甘くしたい時は多めにしています。大体の気分でパン生地に材料をフープロに入れてガーット捏ねた後、ふっとうしたお湯の入った容器を中に入れたオーブンの中で一時発酵。

おかずパンやクリームパンにしたい時はこの間に大急ぎで具材を用意します。今回は久しぶりにバターロールパンでもと思ったのですが、つい、成型が面倒で、おかずパンもクリームパンも具材を作る気力がなく...食パンも成型が簡単で楽なのですが、その後お薄切りがうまく行かないのでなんか気が重く、結局いつものちぎりパンになりました。これ、焼きたてをちぎってバターをつけて食べてもいいし、薄切りにすればサンドイッチやトーストもお手の物。四角くして中身をくりぬいて何か詰めれば、即席のおかずパンやクリームパンもすぐできるのでとっても便利です...といいつつ、やっぱり何も作る気になれずにそのまま食べてますが。       
IMG_8306.jpg

ちょっと写真がわかりづらいのですが、二つくっつけたまま薄切りにして、圧力鍋で水煮にした鯖とマヨネーズを乗っけてオープントーストにしました。

ちぎりパンに限らず、この配合で焼く時は、オーブンを高温に余熱しておいたほうがふわっと膨れてくれるみたいです。なので、このオーブンになってからもずっと余熱の温度を高くして、それと、シリコン型よりも金属性の型のほうがよく膨れてくれた過去の経験から、別の型を使っていたのですが、このオーブンにしてから、少し底の部分に焦げ目がつきすぎるようになりました。

なので、シリコン型に変えて見たのですが、やっぱ、このオーブンはこちらが正解。
IMG_8286.jpg

こんな風にしっかり焼き色がつきました。このオーブンはやっぱり下火が強いのですね。道理でいろんなものがよく焦げるわけだ。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

ベルリン市内観光 

本当は、別の博物館に行く予定だったのですが、あまりの寒さに、最初に見つけたところに飛び込んでしまいました。確か、歴史博物館。ってとこまで書いたんでしたっけね。
ささっと見て次に行く予定が以外に時間がかかって、結局ここだけに。


0_Picture 561

いろいろあるみたいですが、やっぱり食器に目が言ってしまいます。1_Picture 557
こういうの、大好き!
0_Picture 575
2_Picture 564
3_Picture 565
4_Picture 566
一応、洋服なんぞも。
6_Picture 568
7_Picture 578
男女の中はいつの時代も一緒?
8_Picture 579
その他いろいろ。
10_Picture 573
11_Picture 576
冠?あんまり興味なし。
12_Picture 581
このままホテルに戻って夕食にしようかとも考えたのですが、温かいものが飲みたくて適当なカフェに飛び込んでクロワッサンサンドイッチの晩御飯。朝、食べ過ぎたのでお腹があまりすきません。
14_Picture 588
これが失敗のもと。
15_Picture 590

帰る頃には雪がひどくなって、おまけに、この乗換駅は屋根がない!
う~寒っ!
実は、この乗換駅に着く前にちょっとしたハプニングがあったのですが、これはまたあとで。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

ちょっとだけベルリン市内観光(1) 

寒いし、疲れてるし、一日ホテルのお部屋でぬくぬくとしているというのもかなり魅力的だったのですが、せっかくベルリンまで来ているのだしと、ちょっとお出かけしてきました。ホテルでSバーンの乗り方を教わってとりあえず無事に到着。
行った先はベルリンの壁の一部が残っているというポツダム広場。あまりの寒さに、そのままショッピングモールに飛び込んで一日過ごしたい気分だったのですがとりあえず、外に出ました。

さて壁は?と思ったらこの寒空の下、観光客がぞろぞろと歩いていくのでついていったらありました。
Picture 534
これも何かのモニュメントらしいのだけれど、私のガイドブックには乗っていなかったのでよくわからない。
Picture 538
そのままみんなの後をついていったらブランデンブルグ門につきました。おっと、これは後ろ側から。
Picture 541
前から見たとこ
Picture 545
なんだかわからないけれど、モニュメントがあった。
Picture 552
そのままウンター・デン・リンデン通りを歩けば博物館島に着くはずだと歩き出して、本当は別のところに行きたかったのですが、あまりの寒さに最初のところに飛び込んだのが歴史博物館だったかな。
Picture 546
長くなるので続きはこの後で。
↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

おやつとかスナックとか'片言のドイツ語 

相変わらずドイツ旅行記の続きです。
私、実は観光よりもスーパーマーケットとかデパートの食料品売り場をうろつくのが大好き!
今回は、朝ごはんやお昼をしっかり食べてしまうとお夜はあまりお腹が空かないので、誰かとでかけたりホテルのレストランやバーで食べた以外は、サンドイッチを買ってきたりとか結構適当でした。で、お菓子やパンはアレルギーのあるもの(ほとんど)を除いて片端から試したい願望に駆られている私、実際はアレルギーがあるので試せるのはほんの少しですし、アレルギーよりもなによりもそんなに食べられないのが問題。
以下、その一部です。

近くのスーパーのベーカリーで買ったジャム入りのドーナッツ、まあ、こんなもんですかね。可もなく不可もなくって味。

Picture 489
別のベーカリーで買ったドーナッツ。う~ん、ちょっと期待はずれだったかな。
Picture 716
ガレリアデパートの地下で見つけたリンゴのゼリー。上に乗っているのは生クリーム。あと、量り売りのクッキー。なんか、なつかしい日本のケーキ屋さんの手作りクッキーの味がする。
Picture 694
スコットランドのおみやげ。
Picture 728
中身はこちら。結構塩味が聞いています。で、あんまり甘くない。
Picture 738
スーパーで普通に買えるマドレーヌ。これ、日本で子供の頃に食べていた味にそっくりでおいしい!
Picture 490
レバーかなにかのペースト。↓のパンと↓↓のサラダとあわせてサンドイッチにしたらおいしかった!
Picture 491
近くのスーパーのパンなのですが、まだ焼きたてみたいで温かくて、皮がバリっとしていてすごくおいしいです。アメリカでもこういうパンが普通に売っていたら、毎週自分でパンを焼かなくても済むのになあ。
Picture 492
スーパーのサラダ。
Picture 493
で、合体させるとこうなります。と思ったら、なんかパンが違う。これは、サブウェイで買ったサンドイッチの写真ですね。
Picture 517

これは、食べたことなかったのですが、よく考えたらアメリカでも普通に売っているクッキーですね。
Picture 514
甘党の私には十分おいしいのですが、ヨーロッパ土産という味ではないですね。
Picture 519
バタークリームをはさんだクッキーというか、正確にはパイ。
Picture 518
こんな風に袋で売られています。外側のお砂糖が飴上になっていて、まあ、それなりにおいしいのだけれど、パイ皮よりもクッキーサンドのほうがおいしいかな。あればパクパクと食べちゃうお菓子だけれど。
Picture 515

なんか、クッキーとかマドレーヌを買うと二日くらいでなくなっちゃって、ウエスト周りにお肉(脂肪?)がたっぷりついてきた気がする(汗)


↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

続きを読む

ドイツのお砂糖でベルギーワッフル 

ずっと前にアメリカの友人が作ってくれた、ベルギーのお砂糖を使ったイースト入りの本格的なベルギーワッフル、溶けたお砂糖がしゃりっとしていてとてもおいしかったのです。同じお砂糖がアメリカでは手に入らないということで、ざらめみたいなものを使って作ってみたのですが、いまひとつうまくいきませんでした。ヨーロッパなら似たようなお砂糖が手に入るかと思ってそれっぽいのを買ってきたので、さっそく作って見ました。

0_IMG_8261.jpg

イーストを使って発酵させるタイプです。
ボールにオールパーパス粉1カップ(約236CC)と、ブレッドフラワー1/3カップ、塩小さじ1/4杯、ドライイースト小さじ1杯、グラニュー糖大匙2杯に水50CC、卵1個を加えてざっと混ぜ合わせてから軽く捏ねて、、ここにバター33グラムくらいを少しずつ加えてさらに捏ねて滑らかにする予定が...
グルテンを十分に引き出す前にバターを入れてしまったのでざらざらしたきめのまんま。
なので、手抜きをしてプラスチックの羽をセットしたフープロで1分間ほど捏ねたらあっという間になめらかになりました。今回もフープロさまさまです。
IMG_8255.jpg

1時間ほど一時発酵させてからガス抜きして、こちらのお砂糖を大匙2杯ほど加えてから12等分して、もう20分ほど二次発酵。あ、お砂糖の写真、ぼけぼけですね。
0_IMG_8269.jpg

ワッフルベーカリーで普通に焼き上げたものがこちらです。小さめのが12個ほどできました。(って、12等分したんだからあたりまえか)

期待通り、お砂糖がとけてしゃりっとした仕上がりになってくれました。このお砂糖、大事に使おうっと。
あ、日本の金平糖とかでもいいのかもしれませんが、アメリカで金平糖は高そうだしね。
あ、ワッフルメーカーに溶けたお砂糖がこびりつきますので、熱いうちにお湯を注いできれいにしたほうがいいみたいです。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

寒かった! 

来る前から、ベルリンは寒いと聞いていたのですが、WEBで見る限り最低気温がマイナス1℃くらいだったので、これなら北カリフォルニアの寒い日の最低気温と変わらないなあと思っていたのですけれど...

ベルリンの場合、昼間になっても気温が上がらないのですね。用意してきたフードつきのダウンジャケットが大活躍です。着いてからの数日は、暖冬とかで、寒い寒いといいながらもこんな感じだったのですが...この日はマイナス1℃くらいだったので、風が冷たい点を除けば、ベイエリアの寒い日と大差なかったのですね。

0_Picture 503

最低気温がマイナス10℃を下回るようになると川に氷が浮かび始めて...
0_Picture 643

夜間に小雪がちらついた翌日なんぞは
0_Picture 648

こんな感じになっていました。
0_Picture 647

カリフォルニアで冬用の防寒具を買う場合、注意して買わないと、ファッション性だけを重視して本格的な冬の気候では役に立たないことがあります。今回は、そういうことがないように、ペラペラのものが避けて、ちゃんとした厚手のジャケットを買ったのですが、敗因は手袋。雪の降る土地で使っていたファー着きの皮の手袋はぬれてぼろぼろになってしまっていたので、同じようなものを買ったつもりだったのですが、まったく役に立たないと思って中をみてみたら、裏地がカリフォルニア仕様でした(泣)
次回、万が一またベルリンに来ることがあったら、スキー用のミトンを用意してこようっと。

ちなみに、マイナス18℃を記録した翌日は、完全に凍り付いていました。時々、砕氷船が通っていたそうです。
00Kotta.jpg
私がベルリンを発って数日後にはまた気温が上がったみたいですけれど...

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

ドイツで食べたお昼いろいろ・握手 

今回は、外食をあまりしなかったことに加えて、外食しても写真を撮らなかったことが多かったのですが...

近くの大学と近場の会社の人たち兼用のカフェテリアで食べたランチをいくつか。

ブロッコリーとポテトのキッシュというかキャセロールというか、ふわふわの卵がおいしいです!
Picture 636
思いっきりデカダンスにデザートだけのお昼。やわらかめに焼いたパンケーキみたいなのにプラムの甘煮のソースとたっぷりとかけて。う~ん、幸せ!
Picture 640
なんだろう、見ての通りのお味でそれなりにおいしいのだけれど、名前がわからない。グーラッシュかな???
Picture 495
お隣さんが頼んでいたアップルストルードル。カスタードクリームがたっぷりでおいしそう!
Picture 496
カレーワースト(ソーセージ)とフライドポテト、コールスローの組合せ。
ちなみに、このポテト、ほんのちょっとだけとドイツ語で言ったらこの量だったので、通じなかったのかと思ってドイツ人の人に、「a little ってドイツ語でなんていうの?」と聞いたら、「君のさっきの言い方でいいんだよ」との答え。あれ、私が言ったの聞いていたんだ。ってことは、これでも少なめなのですね、きっと。
Picture 507
ポレンタ入りのクリームコロッケをハムかチキンでまいて丸くしてフライにしたみたいなもの。つけあわせは何種類かあるのですが、お野菜が不足気味だったのでブロッコリーをどっちゃりととっちゃいました。
Picture 520
私、ごくたま~に行かせてもらう日本出張って、大好きなのですが、唯一大変なのがお昼の社食の食事。小学校の給食もどうしても食べられなかったのですが、プラスチックの器にさめた揚げ物とかってどうもダメみたい。
山小屋一週間とかでもトーストパンとコーヒーがほしいと禁断症状が出るのだけれど、こういうドイツの食事なら何日いても大丈夫そうです。多分、子供の頃から和食に軽いアレルギーがあったというか、和食が苦手な体質だったのでしょうね。私の体、きっと、小麦粉とお砂糖とバターでできています(笑)。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

続きを読む

フライパンで簡単蒸しケーキ 

ダークブラウンシュガーを使って、黒糖蒸しケーキにしたかったのですが、(で、多分、ダークブラウンシュガーって日本でいう黒糖と大差ないはずなんですが)お砂糖の量が少なかったのか、ふんわりきいろっぽい仕上がりになりました。なので、春を呼ぶイースター風のXXXとか命名すればよかったのかな???
和のアレンジにしようと思ったのに、小さなフォークはこれしかないからフォークだけ浮いてるし(汗)
シリコン型を使って、お湯を張ったフライパンで直接蒸しました。
IMG_8253.jpg
すみません、手を抜きすぎていて、小麦粉の量が大匙5杯だったか6杯だったか、よく覚えていません。
まず、フライパンに2cm弱くらい水を張って、火にかけて沸騰させます。この間に、ボールに卵を一つ割りいれて、ダークブラウンシュガーをたしか大匙2杯入れて、泡だて器でぐるぐるとかき混ぜて、ここに水大匙1杯を加えてさらにまぜ、セルフライジングフラワー大匙5~6杯とサラダオイル小さじ1杯くらいを入れて、またぐるぐるとかき混ぜて、なめらかになったらシリコン型に6分目くらいまで入れて、お湯が沸騰している状態のフライパンにそのまま入れて、蓋をして中火で10分強、表面に弾力が出て、楊枝をさしてなにみついてこなくなるまで蒸したものです。あ、今回は、蒸す前に上にパラパラとクリスタライズドブラウンシュガーとかいうざらめみたいなものをふりかけした。
IMG_8251.jpg
3個分できました。肝心の上からふりかけたクリスタルシュガー、しゃりっとした食感を期待したのですが、ほとんど溶けちゃったらしくて、かすかにカリッとすることがある程度でした。量を増やせばいいのかなあ?

セルフライジングフラワーがない時は、普通の小麦粉にベーキングパウダーで大丈夫なのですが、分量がどのくらいかな???多分、小さじ1/4くらいでいいと思うのですが、このあたり、いい加減です。小麦粉と水の量は、だいたいホットケーキの生地くらいを目安にして、固すぎたら水を足して、ゆるすぎたら小麦個を足して調整してください。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

ホテルの朝食 

今回は、朝が早かったこともあって週末以外はほとんど食べなかったのですが...
前回のホテルとはまったく別なのですが、メニューは似たりよったりですね。

フルーツ盛り合わせとお野菜、右はなにかな。ヨーグルトとヨーグルトに入れるソースでしょうか?
0Picture 522
ジャムとバター一式。
0Picture 523
スクランブルエッグと、あれ、これはソーセージだったかな。
0Picture 525
ポテトとベーコンとゆで卵。
0Picture 526
パン各種
0Picture 527
チーズ、コールドミート、スモークサーモンその他。
0Picture 524
マフィンとかワッフルとかいろいろ
0Picture 521
で、とりあえず、一回目。二皿目以降は写真撮り忘れました。
Picture 529
日本とかアメリカのホテルの朝食は自制が働くのですが、大好きなパンやスィーツ、ソーセージが並んでいるドイツの朝食はついついお腹がはちきれそうになるほど食べてしまいます。2週目以降は朝食の時間はあったのですが、これを全部食べたらとても仕事にならないのであきらめました。
今度のホテルは紅茶の葉っぱが用意されていたので、ポットでたっぷり飲めてうれしかったです。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

小さな毛布が一枚だけ! 

ホテルの部屋は、ちょっとそっけないくらいにシンプルなビジネスホテルって感じですが、デスクスペースが広くて使いやすいです。
0Picture 483

バスタブはついていなくてシャワーだけですが、最近のドイツのホテルの作りはバスタブがないのが普通だとか。
Picture 478
で、この写真からだとよくわからないのですが、↓の写真だとおわかりになりますでしょうか?
Picture 508
薄い毛布を二つ折にしたものがカバーでくるまれているので、この毛布、ベッドの下半分しか覆っていないのです。仕方がない、じゃあ暖房の温度を上げて...と思ったら、暖房の設定温度は最高24℃まで。25℃以上になると冷房に切り替わるのだそうです。

24℃なら十分暖かいはずなのですが、温風の吹き出し口が机の上(ちょっと横)なので、それよりも低い位置になるベッドの温度は24℃以下のような気がします。

とりあえず、その夜はそのまま休んで、翌日、別の人に、「ね、みんな、あの毛布で大丈夫なの?」と聞いてみました。回答は、「いやあ、これがドイツなんだよねえ。ドイツ人は真冬でも薄い毛布で大丈夫なんだよ。僕は寒いから隣のベッドから引き剥がしてつかったよ。君の部屋もベッドが二つあるんでしょ?」とのこと。私の部屋が写真にあるようにダブルベッドが一つですので、毛布は一枚しかありません、仕方がないので、夕方、フロントの人に頼んでおいたのですが、そのまますっかり忘れられてしまったらしくて持ってきてくれる気配がありません。こういうのはハウスキーピングの人の仕事だから、夜頼んだのが悪かったのかと翌日の夕方まで待ったのですが、やっぱり持ってきてくれないので、もう一度お願いしました。

単に、フロントの人が忘れてしまったのが原因だったみたいで、「今すぐに持って行きますから。」とマスターキーを持って私の部屋までついてきて、ささっとお隣の部屋のドア(!)をあけてそこから毛布を引き剥がして持ってきてくれました。ま、余分の毛布が手に入れば、出所はどこでもいいのだけれど、今度はお隣の部屋から「毛布がない!」なんてクレームが出ないといいのだけれど。



↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

ホテルに着かない! 

写真は飛行機の中で出されたマッシュルームストロガノフラップ。
ビーフストロガノフのビーフの代わりにマッシュルームをたっぷり入れて、フラワートルティーヤでラップして温めたもの(多分)。これ、おいしいから、今度、家でまねして作ってみたいのと思います。

Picture 476

ヒースロー空港ではトランジットということで入国手続きはなかったので、荷物も預けたまま、セキュリティーゲートを一回通り抜けるだけですみました。心配していたゲート探しも案ずるほどのことはなく、すんなりとベルリンに到着。空港ビルに入る前に急に列の動きが止まって、「隙間風が入ってきて寒いよ~、どうしてこんなところで止まるんだ!」と思っていたら、空港ビルに入ったとたんにいきなりパスポートコントロールがありました。前回ドイツに来たときは、「ドイツ語を話せますか」以外は何も聞かれず、なぜか出国の時に、「ドイツに来た目的はなんですか?」と聞かれて不思議な気分になったのですが、今回は、入国時に「旅行の目的はなんですか」と聞かれました。今回はすべて英語。型どおりの受け答えですんなり完了してふと後を見ると、もうそこがバッゲージクレームエリア。小さな飛行機と小さな飛行機なので何もかもが早いです。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

続きを読む

旅初日―ゲートの変更+`ヒースロー空港で 

更新モードが完全に数週間ずれてしまっていますが、やっとアメリカに戻ってきました。
なので、ドイツの旅行記というか日記というか、少しまとめてアップしたいと思います。

前日に遅い時間のフライトだったことを思い出したので、早起きしなくても余裕でお昼過ぎの家を出れば間に合う時間。早めにお昼を済ませてシャトルを待っていたのだけれど、こういう日に限って(朝早いときは早くなるのに)シャトルの送迎時刻はどんどん遅くなって...ぜんぜんこないのだけれど、まあ、3時間前につく必要なんてぜんぜんないんだしと思っていたら、予定時刻よりも30分送れで到着。ま、間に合うからいいんだけどね。

ゲートでコンピュータ広げて遊んでいたら、ゲート変更のアナウンスメントが入った。近くのゲートだし、コンピュータをしまってまた立ち上げるのも面倒だったので動かなかったのだけれど、周りの人も動く気配なし。しばらくしてから、時々フライトのことを話していた近くに座っている女性と男性がまた話し出した。女性曰く、「ゲートに行ったら誰もいなくて、フライトが変更になったらしいわ」、とのこと。男性はその件を知らなかったみたいで、「え、フライトが変更、本当?」という反応のなで、そのお隣の私が会話に割って入った。「さっき放送してましたよ。知りませんでした?」と。で、この件は一件落着したのだけれど、おの20分後にもう一度(二回目)の放送が入って、この時点でやっと周りお人たちがぞろぞろ動き出したみたい。どうも、一回目の放送はほとんどの人が聞いてなかったみたい。そうだよねえ、普通さ、ゲートの変更ってもっと頻繁にアナウンスするものなのに、今回はやけに少なかったもんね。
よく、書いているけれど、日本人の方で英語が聞き取れない、こういう空港の放送とかがまるでだめでって嘆いてらっしゃる方が多いけれど、現実問題、こういう一回こっきりの案内(正確には大分時間をおいてから2回目が入ったけれど)ほとんどの人が聞いていないか聞こえていないんじゃないかと思う。

Picture 475

いつものごとく、私の乗った飛行機は遅れる気配もなく定刻通りに経由地のヒースロー空港に到着。さあ、次のゲートはと思ったら、ゲートは出発の30~40分前にならないとわからないとのこと。仕方がないので、しばらくボーっと座っていたのだけれど、それにも飽きたところでHarrodsのお店が目についた。せっかくイギリス経由なのだから、何かイギリスっぽいものでも買いたいなあとひやかしに入ったら素敵なものがたくさんあって...あ~あ、帰りもヒースロー経由だったらここでたくさんたくさんお買い物ができるのにと思いつつ、今回も結局小さめのスーツケースにまとめたので、荷物をあまり増やしたくなくて、紅茶のティーバッグを買うにとどめました。写真、ぼけてますが。
Picture 488


↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

否定するものの中には真実が隠れている? 

予約投稿です。
コメントのお返事は当分先になると思いますのでご了承ください。

写真は白滝とえのきを使ったダイエットメニュー。イタリア風のトマトソースを添えてパスタ風に。
IMG_8106.jpg

以下、変わりばえ映えのしないいつものひとりごとです。
最近、同じテーマが多いです。

続きを読む

私ってもしかしたら? 

予約投稿です。
コメントのお返事はしばらく先になると思いますのでご容赦ください。

あれ、お料理の写真もなにもなくなっちゃった。
仕方がないので、去年、アップしなかったと思われる、あたたか~いというか、とっても暑かった夏のドイツの写真なんぞを。
ライン川沿いをドライブした時にみたレストラン(?)の写真です。お城の写真で一杯になっちゃったので載せなかった気がする(ってか、サイズが大きいままなので、多分載せてないはず)
多分、8月の写真です。
000Picture 096


で、以下、例によって写真とまったく関係ないひとりごとですが...

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

続きを読む

私の人生の課題は 

予約投稿です。
コメントのお返事はしばらく先になると思いますのでご容赦ください。

写真は旅行前に作った鮭の幽庵焼きとルッコラのサラダ。鮭の幽庵焼きはLaceyBlueさんのアイデアをいただきました。ご馳走様でした。
0_IMG_8214.jpg

で、以下、例によって写真とまったく関係ないひとりごとですが...

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

続きを読む

大丈夫だから(2) 

予約投稿です。
コメントのお返事は先になると思いますのでご了承ください。

多分、まだアップしていなかったつもりになっている、残り物のマリネードサラダ。大量に買ってしまったレタスの消費にあけくれる日々。
IMG_7930.jpg

で、以下、例によって写真とまったく関係ないひとりごとですが...

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

続きを読む

大丈夫だから (1) 

予約投稿です。
コメントのお返事は先になると思いますのでご了承ください。

写真は、これもずっと前に作ったチキンと水菜の適当サラダ。水菜は日系スーパーに行くと必ず買ってしまうのだけれど、すぐ使わないとそのまま冷蔵庫で忘れられてしまってかわいそうなことになるので、あわてて使ったもの。チキンは、多分、加熱して冷凍していたものをレンチンして、適当ドレッシングとゴマで。
IMG_7761.jpg
で、以下、例によって写真とまったく関係ないひとりごとですが...

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

続きを読む

仕事が好きな人たち 

予約投稿です。
コメントのお返事は先になると思いますのでご了承ください。

これもずっとアップしていなかったスタンフォード大学の写真。どっから見ても絵になる大学ですね。
Stanford2.jpg

で、以下、例によって写真とまったく関係ないひとりごとですが...

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

続きを読む

オンラインの無料ドイツ語講座 

予約投稿です。コメントのお返しは少し先になると思いますのでご了承ください。

語学の勉強に詳しい友人に、どんなソフトウェアを買ったらよいかと質問したら、ソフトウェアを薦めていたのは以前の話で、いまはいろいろな教材がオンラインんでほぼ無料で入手できるとのこと。

あ、写真は、前にアップしたのと同じ時のスタンフォード大学の写真。アップしてなかったお料理も種がつきかけていて、そういえば、この写真はアップしていなかったななと。学校の中にチャペルがあって、学校そのものが観光名所になっちゃう大学なんてすごいですね。お隣だんがスタンフォード大学を卒業しているので、そのハウスウォーミングパーティーでスタンフォードの学生さんや卒業生とたくさんたくさんお話したのだけれど、彼らの話は、学生寮の仕組みがいかにめちゃくちゃかとかそんな話で、あまり、この素敵な環境に気がついていないんじゃないかってふしがあるけれど、高校生の頃から寄宿制の学校育ちの比較的恵まれた(でも、かなり制約された寮生活)を送っている彼らにそれをわかれっていうのも無理か。
ちなみに、日本語を勉強していますっていう学生が多くって、母国語が日本人日本語ってわかると、みんなが喜んでお話ししてくれて楽しかったなあ。

で、以下、写真と関係ない内容です。

Stanford3.jpg

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

続きを読む

私が幸せだということは... 

予約投稿です。
コメントのお返事はしばらく先になると思いますのでご容赦ください。

最近、このテーマのひとりごとシリーズ、書き出したらとまらないですね。
その前に、少し前の食事をちょっとだけアップ。
ものすご~く忙しくって、でもポトフも食べつくしてしまった日の缶詰ディナー。
コーン缶とトマト缶とニンジンの水煮間とソーセージでスープ風に。
IMG_7822.jpg
で、以下、例によって写真とまったく関係ないひとりごとですが...

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

続きを読む

それでも生きて行こうと思う。私の人生を 

予約投稿です。
コメントのお返事はしばらく先になると思いますのでご容赦ください。

この写真、確かまだアップしてませんでしたよね。花巻とスモーキーチキンのサンドイッチに白菜スープを沿えて。花巻は、まとめて作って冷凍しておいたもの。レンチンするとすぐふかふかになってくれるので便利です。
IMG_7940.jpg

で、以下、例によって写真とまったく関係ないひとりごとですが...


↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

続きを読む

私が生きていくっていうことは 

予約投稿です。
コメントのお返事はしばらく先になると思いますのでご容赦ください。

これも結構前の写真。同僚が差し入れてくれたオーストリーのお土産のチョコレート。
チョコレートは禁止なんだけれど、ついつい、抵抗できずに食べちゃいました。

DSCN35064243.jpg

アメリカでおいしいヨーロッパのチョコレートを食べられるチャンスはあまりないから。
DSCN35074244.jpg

期待通りにおいしい!
ご馳走様でした。

で、以下、例によって写真とまったく関係ないひとりごとですが...


↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

続きを読む

人の言うことは 

予約投稿です。
コメントのお返事はしばらく先になると思いますのでご容赦ください。

「人の言うことなんか気にしたり、人からどう思われるかなんてことを気にしてはだめよ。そんなことをそいたらとてもじゃないけれど身がもたないんだから」
と、女中さんとコックさんつきの家に生まれた超美人で仕事ができて性格がよくて人気者のブラジル人の元同僚にアドバイスされたってことは、前に書いたと思う。

あ、写真はかなり前の朝ごはん。多分、まだアップしてなかったと思います。重曹を使ったので濃い目の焼き色がつきました。メープルシロップをたっぷりと添えて。

IMG_7756.jpg
で、以下、例によって写真とまったく関係ないひとりごとですが...


↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。