さくらんぼのアメリカ日記 2012年04月

月別アーカイブ

 2012年04月 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャム・クランブル・クッキー・この感覚は何? 

ジャム・クランブル・クッキーを焼いてみました。ストロベリージャムがたっぷり入った、あま~いアメリカンのお味です。
00IMG_9077.jpg
さっそくお腹の中へ(笑)
00IMG_9091.jpg
作り方はショートブレッドの要領で、粉類とバターをクラム状にして、半量を9x9インチの角型にぎゅっと敷き詰めて、この上に苺ジャム1/2カップ分を塗って、さらに上から残りのクラムを乗せて、手で平らになるようにおさえて、350°Fに余熱したオーブンで45分ほど焼いたものです。

材料は、オールパーパス粉 1 1/4カップ、ブラウンシュガー 1/2カップ弱、ベーキングソーダ 小さじ1/4杯、バター1スティック、カップはアメリカサイズを使いました。苺ジャムは1/2カップ強使っています。少し甘めですので、日本の方向けには、ジャムやお砂糖の量を控えたほうがいいかもしれません。
焼き上がりはこんな感じ。今回は、下にアルミホイルを敷きました。実は9インチ角の焼き型はないので、9 x 13を使って、四角になるようにアルミ箔を折って、9インチ角にしました。
IMG_9056.jpg
焼きあがったら5分くらいおいて、でも、まだ暖かくて柔らかいうちに切り分けます。今回、3角形も作ってみたのですが、16等分して真四角に切るほうがかわいいみたい。

IMG_9057.jpg

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

続きを読む

スポンサーサイト

焼きっぱなしのオレンジコーヒーケーキ 

ただ混ぜて焼くだけとは言え、お菓子がちゃんと焼けるようになったっていうことは復活したってことかな。たくさんあったオレンジを使って、オレンジコーヒーケーキを焼いていました。あ、よく話題になりますが、アメリカのコーヒーケーキはコーヒーのお供にという意味なので、コーヒーは入っていません。
0_IMG_9043.jpg
バターケーキの要領でバターをクリーム状にして、お砂糖、卵、水分、粉類、水分...と順々に加えていって、オイルを塗った型に入れて325°Fのオーブンで40分ほど焼いたものです。カップはアメリカサイズ(=236CC)を使っています。

材料は
バター1スティック(110グラムくらい)
グラニュー糖 3/4カップ
卵2個
オレンジの皮二個分の摩り下ろし
オレンジの果汁二個分と水をあわせて1 1/4カップ
オールパーパス粉 2カップ
ベーキングパウダー小さじ1.5杯
レーズン 1/2カップ(湯通しして水気を切っておく)

0_IMG_9040.jpg
今回は8インチの角型で焼きました。
0_IMG_9048.jpg
小さく切り分けて、コーヒーではなくて緑茶と一緒に


↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

リベンジトマト蒸しパン 

どうも、蒸しパンがマイブームのようです。
これは少し前に作ったハムとケイパー入りのトマト蒸しパン。ちゃんと蒸し器で蒸しました。
でも、レンチンと大差なしかなっと。
IMG_8963.jpg
なので、こちらはレンチン版。
IMG_9015.jpg
トマトの小さいの二個の摺りおろし(果肉のみじん切りを入れて150CCでした)とレンチン煮豚の煮汁の残り20CCとオールパーパス粉1カップ(236CC)とベーキングパウダー小さじ1杯を混ぜて、シラントロのみじん切りを入れてレンジで2分ほど蒸したものです。
今回は煮豚の煮汁が塩辛かったので塩は入れませんでした。
IMG_9020.jpg
さっそくお味見。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ


クッキー失敗!・競争は嫌いです 

いやあ、最初から予想できたいたといえばできていたのですが、まさかね、ここまでひどい失敗をするとはね。違うの、材料を混ぜている途中でね、お友達から電話がかかってきたからちょっとそっちに気をとられちゃってね...
IMG_9007.jpg
って、この砂糖まぶしの状態を見たらなにしたかわかりますよね。
オーブンで焼いている途中で気がつきました。「お砂糖入れ忘れた!」って、

いや、気にすることはない。クッキーにお砂糖を入れ忘れた場合は、熱々のうちに粉砂糖とかグラニュー糖をまぶせばなんとかなる。
厚焼き過ぎて甘みが足りない場合は、砕いてチーズケーキとかの土台にしてしまえばよい。
ケーキにお砂糖を入れ忘れた場合は、焼き上がりに甘いシロップをかければ大丈夫...

って、ごまかしのテクだけは身に着けているSakukanboです。
IMG_9008.jpg
これはゆず茶ならぬマイヤーレモン茶。蜂蜜につけたマイヤーレモンの薄切りをお湯でわってほっこりとしたひとときに。

で、以下は昨日の独り言の続きです。


↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ


続きを読む

レモンポピーシードマフィン・いつものパターン 

例によってひとりごとですが、その前に昨日焼いたマフィンなんぞを。

00_IMG_9001.jpg

材料全部まぜて、350°Fのオーブンで23分ほど焼いたもの。
材料は
オールパーパス粉1.5カップ
塩小さじ1/4杯
ベーキングソーダ小さじ1/2杯
ベーキングパウダー小さじ2杯
砂糖3/4カップ
レモンの皮のすりおろし一個分
レモンジュース大匙1杯くらい
水3/4カップマイナス大匙1杯
卵2個
サラダオイル1/2カップ
ポピーシード大匙2杯くらい(お好みで)
バニラエッセンスとレモンエッセンス少々

で、焼けたとこ。

00_IMG_8987.jpg


いつものパターン

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ


続きを読む

マフィン型でジャムパン 

昨日半分ミニ食パンにしたパンの続きです。
IMG_8956.jpg
こんな風にマフィン型で焼き上げて(って大きさバラバラですが)
IMG_8957.jpg
脇に開いている穴はなんのためかというと
010.jpg
あとからジャムを絞り入れました。
IMG_8984.jpg

あとは、ミニ食パンでサンドイッチを作ってみたのですが、ラップをしちゃったから何がなんだかわかりませんね。ハムカツと卵入りです。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

ミニ食パン・ダウン! 

いえ、いたって頑強な体につき、どこも悪いところはないのですが...
体調不良でとっとと家に帰ってきて、なんかやたら疲れている。
単なる花粉症が悪さの頑強かと思われますが...花粉症はごく軽いのですけれど、春は頭痛と軽い発熱と花粉症に悩まされるので毎年憂鬱です。
なので、まったくやる気のない週末のミニパン。

00MG_8961.jpg

いつものフープロパンの半分を、日本のパウンド型で焼いて身に食パンにして
IMG_8970.jpg


切って
00IMG_8979.jpg


適当サンドイッチのできあがり。
00IMG_8980.jpg


あとはいつもの適当ご飯。ハムカツとマッシュルームフライ。


↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

フライパンで作る塩味スコーン 

もともとのレシピは、グリッドルブレッドという名前で、ホットプレートみたいなので焼きあがるパンってことなんですが、作り方といい味といい、どう考えても薄焼きスコーンです。
IMG_8933.jpg
作り方は、フープロで作るスコーンと一緒。
オールパーパス粉1.5カップ強と重曹小さじ1/4杯、塩小さじ1/4杯、グラニュー糖小さじ1/2杯、バター55グラム(1ステックの半分、角切りにしておく)をフープロのパルス機能を使ってまぜてそぼろ状にして(あ、フープロがなければパイブレンダーでも手で刻んでもなんでも)ここにレモンジュース大匙1杯弱と水をあわせて1/2カップにしてものとオリーブオイル大匙1杯と卵1/2個分をいれてざっとまぜてから、台の上に取り出して、青葱の小口切り大匙2杯くらいと小さめのガーリックひとかけのみじん切りを加えて軽く捏ねて、打ち粉をした台の上に8mm厚さくらいに伸ばして、抜き型で抜いてたっぷり目のオリーブオイルを熱したフライパンで中火で両面こんがりと、中までふわっと火が通るまで、蓋をして焼いたものです。
途中、足りなくなったらオイルを足します。
IMG_8937.jpg
では、焼き上がりをさっそく。やはり、フライパンで焼くので、少し薄めにしたほうが火の通りが均一になるみたいですが、厚めがいいかなあと1cm厚さにして抜いたものもあります。

腹割れさせたい場合は、生地を切って重ねて伸ばす作業を何度か繰り返すと
IMG_8940.jpg
こんな風にお腹が割れてくれます。これは、腹割れ効果を狙ったわけではなくて、一度型で抜いた残り生地をまとめてまた伸ばして...という作業を繰り返した結果ですが。

小さめのビスケット(あ、スコーンて呼んでたっけか)が7個ほどできました。


↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

スプーンブレッド 

スプーンブレッドのレシピ、以前にどこかで見たことがあるのですが、写真も説明もなかったので、イメージがまったくわかず。え、スプーンブレッド、スプーンを型にした焼いたパン?ははは、まさかね...

ってな感じ。
たまたまレシピと説明を見つけたので読んでみたら、南部のお料理で、パンというよりはスフレに近く、夕食時に熱々を型のまま出してスプーンでとりわけるものだそう、

なので、材料をあるものに代えて、手抜きの作り方でちょっと作って見ました。

000IMG_8928.jpg


コーンミール1カップをボールに入れて、そこに熱湯3カップ分を注いでささっとかき混ぜて、これに溶かしバターを大匙4杯、あと、卵黄3個分を少しずつ入れてよくかき混ぜて、胡椒をちょっ多めにふります。
別のボールに卵白3個分と塩小さじ1/2杯を加えたものを、軽く角がたつまであわ立てて、↑のコーンミールのボールに二回に分けてくわえてさっくり混ぜたら、オイルを塗った型に流しいれて、400°Fのオーブンで40分ほど焼いてできあがり。熱々をいただきます。

000IMG_8930.jpg

お味は、スフレというより、ソフトポレンタに近いですね。やっぱ、夕食の付け合せって感じ。味は塩胡椒とバターだけだから、まあ、こんなもんかなあと。


↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ


トマトのシャーベット 

昨日までは朝夕は寒いくらいだったのに、ここ二日だけ夏みたいな陽気の北カリフォルニアです。
昨日、サンノゼに住む同僚が、「冷蔵庫にビールを冷やしておかなきゃ」と言っていたので、それを受けて私も、「冷凍庫にアイスクリームメーカーを入れておかなきゃ」と答えました。
写真、ちょっとぼけぼけなのですが
00IMG_8947.jpg
ちょうどセールで大量に買い込んでいた小さめのヴァイントマトとかいうつる付きのトマトとライムをジューサーでしぼって、スプレンダを少しまぜてからアイスクリームメーカーでシャーベット状にしたものです。昼間は暑くてもあっと言う間に寒くなることが多い北カリフォルニアなので、アイスクリームやシャーベットは食べるタイミングが難しいです。

あとは、そういえば最近全然アップしてなかった食事の写真なんぞを。
といってもろくなもの作っていないのですが(汗)
IMG_8437_1.jpg
ずっと前に作ったロメインレタスのサラダ(だと思う)
IMG_8819.jpg
冷凍庫の冷凍うどんと同じく冷凍庫のアスパラとベーコンをおたふくのお好み焼きソースでいためた適当うどん。

この冷凍うどん、中華スーパーの試食コーナーで食べてそのまま買ってしまったのですけど、冷凍庫に常備しておくとすごく便利です。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ


レモンプディングケーキ・不思議なことに 

この時期、カリフォルニアはオレンジとかレモンと言ったかんきつ類が大量に出回るので嬉しくなってしまいます。

121.jpg
レモンを沢山頂いたので
IMG_8904.jpg
久しぶりにレモンプディングケーキを焼きました。
ただの焼きっぱなしのケーキに見えますが
140.jpg
切り分けるとこんな風に下からカスタードクリームが出てきます。
12切れに切り分けたら一人分がほんのちょっとになっちゃったのですけれど...
141.jpg
レシピはこのあたりをどうぞ。
ちなみに、一番上のレモンは同僚の作品。少ししたら、こんな風になっていました。
123.jpg



↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ


続きを読む

ぱにぽぽさんのぷるるんオレンジ&残り物ワインでジュレ 

もう、一目見た途端にすごっく食べたくなってしまった、ぱにぽぽさんのぷるるんオレンジ&残り物ワインでジュレ、ちょうどオレンジと白ワインがあったので、さっそく作って見ました。

000IMG_8890.jpg

時々、グレープフルーツと白ワインを組み合わせて使うことはあるのですが、オレンジと白ワインを合わせてゼリーにするって発想はありませんでした。
000IMGOrangeJulle.jpg

期待通り、ふるふるのオレンジゼリーにほんのりと白ワインの香りがしてすごっくおいしいです。
ぱにぽぽさん、いつもステキなレシピをどうもありがとうございます。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ


いい加減すぎるトマト蒸しパン・弁解はすまいと思うけれど 

レンチン蒸しパンにするとでこぼこになっちゃうから、ふっくらと仕上がるように蒸し器で蒸したのに、作り方と材料の配合がいい加減すぎて、結局でこぼこになっちゃいました(涙)
00IMG_8882.jpg

作り方は見てのとおり、オールパーパス粉1カップとベーキングパウダー小さじ1杯、あとざく切りトマトとざく切りハムをぐるぐるとかき混ぜて、シリコン型に入れて蒸し器で15分くらい蒸したらできあがり。お好みで塩も入れたほうがいいかな。今回はハムの塩味でちょうどよくなりました。

://blog-imgs-19.fc2.com/s/a/k/sakulanbo/IMG_8876.jpg" target="_blank">IMG_8876.jpg
こちらは冷凍してあったビスケットの朝ごはん。

以下、ひとりごとです。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

続きを読む

パンの続きと、私のデフォルトモード 

昨日アップしたパン、残り1/3の生地はどうしたかというと
0000IMG_8871.jpg
このように丸く焼いて
0000IMG_8878.jpg
レンチン蒸し鶏とキャベツでサンドイッチにしました。
あと、コールスローとハムソテーの組み合わせもあったのですが、これは写真を撮る前にお腹に消えました(笑)
あ、後ろに移っているのはプリン。手を抜きすぎてきれいにできなかったので、オレンジでごまかしました。

以下、ひとりごとです。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

続きを読む

卵乳製品不使用のハムコーンパン・ナードの群れを導くには 

いつものフープロパンですが、バターをサラダオイルに代えて作りました。あとはいつもの通り、卵も入れないし、ミルクも入れないで水だけなので、卵も乳製品も使っていないよなあと。
00IMG_8867.jpg
材料は、(アメリカサイズのカップ=237CCで)ブレッドフラワー 2 1/4カップ、グルテン粉 1/4カップ、グラニュー糖大匙2杯、塩小さじ2/3杯、ドライイースト、小さじ2杯、冷水200CC,サラダオイル大匙2杯。フープロに水とサラダオイル以外の材料を入れて、軽く混ぜてから、フープロをまわしつつ上から冷水を少しずつ入れて、全体にしっとりと馴染んだら、一度蓋をあけて、水分量を確認、しっとりと湿っていたらOK,パサつくようならもう少し水を足します。ここにサラダオイルも加えて、さらに1~’2分くらい、なめらかになるまでフープロをまわします。途中、熱くなりすぎるようならフープロをとめて少し休ませます。これをサラダオイルを薄く塗ったボールに入れて、温かいところ(沸騰した薬缶をいれた大型オーブンの中とか)で45分、2倍にふくらんだら前後を返してもう30分~45分、もとの3倍くらいまで発酵させて、ガス抜きして(できたらちょとベンチタイム)、その後、打ち粉をした台の上でくるくるとのばして(あ、先に1/3はハンバーガーバンズ用に取り分けたのでその残りです。
00IMG_8860.jpg
大きくのばして、ローズマリーハムのみじん切りと水気を切った缶詰のコーンとケイパーをパラパラと負って巻き込んでいって、端からこんな風に切り分けて
00IMG_8865.jpg
切り込みのところで二つに割ってアルミケースに並べます。
00IMG_8866.jpg
また暖かいところで30分くらい二次発酵させて、この間にオーブンを425°Fに余熱、余熱が完了したら375°Fに下げて、こんがりキツネ色になるまで15分くらい焼いたものです。
00IMG_8869.jpg
マヨネーズをしぼったのとそうじゃないのがあるのですが、マヨ入りのほうがおいしかった。あ、あと具材にはパセリのみじん切りも入れました。

追記:
↓のコメントにもありますが、マヨかけちゃったほうは卵なしじゃないですよね。卵なしにする場合はマヨは省略してください。

以下、ひとりごとです。


↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

続きを読む

乳製品不使用のレモンカップケーキ wオレンジアイシング 

カノーラオイルを使って、お砂糖の半分をスプレンダにして焼き上げた、低カロリー、乳製品不使用のカップケーキです。ふんわりとレモンの香りが漂う仕上がりになりました。
でも、アイシングをしっかりかけたらローカロ仕様にした意味なしですが...
000IMG_8847.jpg
レシピは、Liz VaccarielloのFlat Belly Diet Gookbookに載っていたもののアレンジです。
粉類を一つのボールに入れておいて、水分類を別のボールに入れて、ざっと混ぜ合わせて350°F(約175℃のオーブンでうっすらキツネ色になるまで、17分強焼いたものです。
カップはアメリカサイズ(=236CC)ですので、日本の200CCのカップだったら、1カップとあと大匙2杯強くらいでアメリカの1カップになります。
小麦粉はオールパーパス粉を使っていますが、日本の薄力粉でも大丈夫と思います。同じにするのであれば3割くらいを強力粉にかえればかなり近くなるかと。

以下、材料の覚書。マフィン型12個分です。
オールパーパス粉 1 2/3カップ
スプレンダ 1/2カップ強 (同量のグラニュー糖で代用可_
グラニュー糖 1/2カップ弱
ベーキングパウダー 小さじ2杯
ベーキングソーダ 小さじ1/2杯
塩 小さじ 1/4杯
カノーラオイル 1/2カップ
水 1/3カップ
卵2個
レモンジュース 1/4カップ
小さめのレモンの皮の摩り下ろし 1個分
レモンエッセンス小さじ1杯
バニラエッセンス小さじ1/2杯
バニラエッセンスとレモンエッセンスはお好みで。日本のものならば量を減らしたほうがよいと思います。
000IMG_8828.jpg
焼けたとこ。
このまま粉砂糖をふっただけでもよかったみたい。
000IMG_8844.jpg

追記:分量に卵を書き忘れていましたので追加しました。失礼いたしました。今回はジャンボサイズの卵2個を使いましたので、小さめの場合、生地が固いようでしたらオイルか水(またはミルク)を足してください。

オレンジグレーズは、パウダーシュガー1 1/2カップと小さめのオレンジの皮の摩り下ろし1個分、オレンジジュース大匙2.5杯
まあ、こんなもんかなあと思うのですが、グレーズがちょっと甘くて粉砂糖の味がストレートに出ます。もう少オレンジジュースの量を多くして薄く透明な感じにするか、バターとかクリームチーズを使ったアイシングにしたほうが合うかなあという気もしますが、これはこれでおいしいです。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

ガンコ寿司の餃子うどんと近所の風景と 

なんか、相変わらず仕事が忙しいのに加えて、多分慣れない仕事(というか苦手な仕事)をしたせいでちょっとダウン気味。お菓子の写真をダウンロードして乗せる気力がないので、こんなものでお茶を濁してっと...

少し前に食べた餃子うどんです。
え、餃子とうどん?とちょっと不思議だったのですが、ワンタンみたいな感じで関西風のおうどんの中に入っていました。おいしいです。

000007.jpg

こちらは朝、会社に行く途中でみかけた鳥さん。ヘロンちゃんだったっけ?
00000t6.jpg
別のところでみかけた別の鳥さん
085.jpg
ウォーキングの途中のお花
00000079.jpg
このあたりでは珍しく雷がものすごかった嵐の翌日に出てた虹。くっきりと半円になっていてとてもきれいだったのですが、カメラにおさめるとなんだかなあ。
0000006.jpg
まあ、片側ずつ。
000005.jpg



↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

低糖質のチーズケーキ 

数日前にレアーチーズケーキを作った時に、糖質を制限している同僚用に、小さめのチーズケーキを焼きました。粉砂糖を振るの忘れちゃったのですけれど。
IMG_8816.jpg
基本的は、クリームチーズ110gと生クリーム100CCと卵一個、コーンスターチ大匙1/2杯、ステビア大匙4~5杯。これをミキサーか何かでガーッと混ぜて、あとは柑橘類の皮のすりおろしとジュースを少々。それにフルーツを混ぜて、350°Fのオーブンで35分くらい焼きました。今回はオレンジの皮の摩り下ろしとオレンジ、あと、ラムレーズンを入れました。

カロリーは高いのですけれど、糖質は低いです。

↓は、ハムの残りで作った野菜炒めとハムの骨から取ったスープです。
IMG_8809.jpg


↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

レアーチーズケーキ・私の一番大切な仕事 

かなり久しぶりに作ったレアーチーズケーキです。なんとも、古臭いデコレーションで、おまけに真ん中のチェリーが完全に邪魔してるし...でも、忙しすぎてこれ以外の方法でクリームをきれいに絞る心の余裕がなかった。本当は、レモンの輪切りでも飾ればかわいかったんだけどね。
00.jpg


グラハムクラッカーを砕いて、バターき固めた土台にチーズクリームを流し込んで冷蔵庫で冷やし固めるだけなので、前日の夜にちゃちゃっと作っておくと便利です。
生クリームとクリームチーズは買ってあったのですが、ミルクまでは頭が回らなかったのでこれは水で代用。いつものごとくに適当なレシピです。
1) 粉ゼラチン(アメリカだと確か一袋が7グラム)を大匙2杯の水か好みの洋酒(今回はラム酒を使いました)にふやかしておきます。
2) 次にグラハムクラッカーをビニール袋の中で外から手でつぶすようにして砕いて1/2カップ強用意します。(カップはアメリカサイズ =236CCを使っています。)
3) これを9インチ(21cmくらいかなあ)のパイ皿にぶちまけて、溶かしバターを大匙2.5杯ほど混ぜて全体にしっとりとゆきわたらせて、底に敷きこみます。パイ皿全体に伸ばすのが理想なのでしょうけれど、この量でそれをするとかなり薄くなってしまうので、底だけにしました。そのまま冷蔵庫で冷やして台を落ち着かせます。
4) クリームチーズ225g入り一箱は室温で戻しておくか、耐熱ガラスのボールに入れてレンジで数十秒チンしてやわらかくしておきます。
5) ボールに卵黄一個とグラニュー糖80グラムくらいかな(120ccくらいだった気がします)、コーンスターチ大匙1杯、水少々を入れてよくかき混ぜて、ここに一度沸騰させて少し冷ましたお湯を加えてお砂糖を溶かしてから、一度金網で漉して鍋に移して、中火(最初は強火でもいいかも)でカスタードクリームを作る要領で軽く火を通します(カスタードほど硬くなりませんん。アメリカなので、卵黄に火を通すのが目的です)、
6) 火から下ろしてふやかしておいたゼラチンを加えてよくませてとかします。
7) クリームチーズをクリーム状にして、レモンの皮1/2個分の摩り下ろしとレモンジュースを加えてよく混ぜたところに、5)の卵液を少しずつ加えて滑らかになるまで泡だて器でよく混ぜて、ここに生クリーム200CCくらいを少しずつ加えてさらによくかき混ぜて滑らかなクリーム状にします。
8) グラハムクラッカーの皮を敷き詰めた↑のパイ皿にチーズクリームを流しいれて、固まるまで一晩寝かせます。
9) 好みで生クリームを搾り出します。
ラム酒漬けのレーズンとかを入れてもおいしいです。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

続きを読む

私的ホットビスケットとスコーンの違い 

少し前に焼いたホットビスケットです。
000IMG_8775.jpg
ミルクも卵もなしで、基本的にバターと小麦粉と水だけだし、オーブンレンジで焼いたのでちょっと色が悪いのですけど。
000IMG_8779.jpg
焼きたてにジャムとバターをつけてパクッと食べちゃいました。写真、ぼけてますが。

以前にもブログで書いた気がするのですが、ホットビスケットとスコーンお違いっていったいなんだろうと思って、調べれば調べるほどどにつぼはまりました。まあ、英国と米国の違いとか、形の違いとか、塩味にできるかとか、サンドイッチにできるかとか、いろいろあると思うのですけれど、どれひとつとしてぴたっとくるものがなくって、レシピを見る限り似たりよったりのものが多いし...

でも、ふと閃きました。パンみたいにふかっとしているのがホットビスケットで、ざっくりした風合いのものがスコーンじゃないかって。あ、あくまで私の感覚ですけれど。

なので、ベーキングパウダーたっぷりの生地を使って、水分の量を少し多めにして、ふんわり仕上がるように仕上げてみました。

フープロにオールパーパス粉 1 1/3カップと、冷たいバターの角切りを大匙5杯分、塩小さじ1/8杯、ベーキングパウダー大匙1杯、砂糖大匙2杯、を入れてパルス機能を使ってそぼろ状にしたところに、水1/2カップを加えて軽くまぜて、打ち粉をした台の上で軽くこねてから、少しのばしてたたんでまたのばしてという作業を数回繰り返してから、ビスケット型で抜いて425°Fのオーブンで18分前後焼いたものです。
000.jpg
焼き上がり。意図したとおり、ふんわりとした焼き上がりになりました。これだと、ソーセージとかはさんで朝ごはんにできそうです。


↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。


banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

オレンジプリンと心穏やかにやさしく生きたい 

昨日大急ぎで作ったオレンジプリンというか、温かいうちに食べちゃったからオレンジ蔵負ティークラフティとでもいうべきだったのかな。
IMG_8807.jpg

卵と水と砂糖とレモンジュースをぐるぐるとかき混ぜて、オレンジを入れたココット型に入れて蒸し器で蒸したもの。熱々をどうぞ(←って、実際は冷ます時間がなかったので、冷ませばプリンです。
↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

続きを読む

イースターのローストハム 

かーなり久しぶりにちゃんとお料理を作りました。
といっても、オーブンまかせでたいしたことやっていないのですが。
00IMG_8803.jpg
メニューはハムのハニーローストとファラフェルとスモークサーモンと蕪のサラダ、デビルスフードエッグと前日に作ったコーン蒸しパン。あとキャロットサラダ。もう数品作ろうと思っていたのですけど、くじけました。
00IMG_8799.jpg
こちらがお友達に大受けしたハムの塊。写真、ちょっとぼけてますが。
アメリカの「ハム」って、単なる豚の臀部の塩漬け肉だったりするわけで、「ハム」には二種類ある0から気をつけるようにってその昔、英語の授業か何かで教わったような気がします。ブラウンシュガーと蜂蜜1/3カップずつにコーンスターチ小さじ2杯と水少々を加えて、少し煮詰めたものでグレイズを作っておいて、350°Fで一時間焼いたハムに半分塗って30分、上下をひっくり返しても残りのグレイズを塗ってもう一時間。レシピによればこれで焼き上がりのはずだったのですが、内部の温度が160°Fになるまで焼くようにとあったので、合計でかれこれ4時間以上焼いた気がします。途中からアルミ箔をかぶせて何回かグレーズをかけました。焼いてから少なくとも30分以上おいておくこととレシピにありました。あ、クローブもちょっと入れたんだっけか、
00IMG_8805.jpg
で、切ってみたとこ。冬に作ったターキーとか鴨肉はすっかり食べつくしてしまったので、残りは冷凍しておいていろいろ使います。調理済みの食材がたくさん冷凍庫に入っているのって幸せ!
00IMG_8794.jpg
こちらはイースター恒例のデビルスフードエッグ。手抜きなので、黄身にマヨネーズをませてパプリカをフッタだけ。上に乗っているのは人参葉。赤いパプリカをかけるところから悪魔の食べ物って呼ばれているんですってね。え、赤がなんで悪魔なの???地獄の炎の色???
あ、忘れてたけど、ハムにはアップルソースをかけました。フープロ製みじん切りのリンゴとハムの焼き汁を合わせて軽く煮込んだだけ。
00IMG_8800.jpg
パスタサラダには塩もみの蕪とブロッコリーの茎、あとはケイパーとスモークサーモンをあわせました。
00IMG_8806.jpg
あとはお友達が持ってきてくれたデザート。
う~ん、幸せ!


↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

手抜きの花巻とコーン蒸しパン 

アップの手順がぐちゃぐちゃなので読んで下さる皆様にはおわかりにならなかったかもしれませんが、この2週間、イーストパンを焼いていませんでした。いつもは、週末に一週間分のパンを焼いていたのですけどね。さすがに余裕がなかったみたいです。
00_IMG_8791.jpg

なので、3週間ぶりにイーストパンを作りました。と言っても、蒸しパンですけれど。
イーストを使った野菜入りの蒸しパン、コーンとかにんじんやグリンピースが入っていた真っ白いパンのレシピを中学生の頃見たことがあるのですが、当時は、オーブンで焼くパンに夢中で作ることはありませんでした。ふと、ベーキングパウダーを使った蒸しパンではなくて、ちゃんとしたパン生地を使ったおやつ用の蒸しパンが作ってみたくなりました。
といっても手抜きです。本当は、ちゃんとコーンを混ぜ込んで丸くまとめればよいのでしょうけれど、もともと主役は花巻の予定でしたので、このように生地を伸ばして
00_IMG_8783.jpg
1/3くらいに水気を切った缶詰のスイートコーンをひろげて、くるくる巻いて、3~4cm暑さに輪切りにして、シリコンカップに並べて20分くらい二次発酵させてから蒸し器で12分前後蒸したものです。
花巻のほうが大きかったので数が作れず、できたのは4個だけになりました。
00_IMG_8793.jpg
いつもオールパーパス粉を使うのですが、前回、捏ね不足による発酵不足か膨らみがわるかったので、今回は強力粉も入れました。

カップはアメリカサイズ(=236CC)を使っています。フープロにプラスチックの羽をセットして、強力粉1.5カップ、オールパーパス粉1カップ、塩小さじ2/3杯、グラニュー糖大匙1杯、ドライイースト小さじ2杯を入れて軽くまわして粉類を混ぜ合わせたところに、冷水200CCを加えて30秒くらい捏ねて、全体がまとまってきたら、サラダオイル大匙1杯を加えてもう1~2分、全体が滑らかになるまでフープロをまわします。生地の温度が熱くなりすぎるようであれば、フープロをとめて少し休ませてください。
これを、手抜きゆえ、羽だけはずして、フープロの容器にパン生地を丸くまとめて、沸騰したお湯の入ったやかんと一緒にオーブンに入れて、そのまま1時間ちょっと、3倍くらいになるまで発酵させます。あ、これは、手抜きで、こういうことをすると生地が傷むのでやってはいけません。本当は、サラダオイルを塗った容器の底に平らに入れて発酵させます。
一次発酵が終わった生地を(これもほんとうはベンチタイムを取るのですが、これは無視して)ガス抜きした生地を打ち粉を振った台の上で平らに伸ばして、サラダオイルを薄く塗って、端にコーンを敷き詰めて、くるくると巻いていって、適当に切って、花巻用は箸で真ん中をへこませて、小さく切ったオーブンペーパーかワックスペーパーの上にのせ、渦巻状のはシリコンカップに入れて、また薬缶を入れたオーブンで20分くらい二次発酵させて、蒸気のたった蒸し器で12分前後蒸して完成です。
00_IMG_8788.jpg
ただ、これ、あくまでパンです。おかずと一緒ならよいのですが、このまま食べるには甘地も塩味もちょっと不足気味。おやつ用ならグラニュー糖を大匙2杯にしてもう少し甘くするか、蒸す前に表面にあら塩でも振って味にアクセントをつけるべきだったかもしれません。エビチリみたいな、中華風のおかずと合わせて食べるのならこれでOKと思います。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

ちょっと前のカレーランチ・人との会話 

最近、食事にでかけてもカメラを忘れていたり、いつも同じお店だったり、写真をとりづらい雰囲気だったりとほとんどアップしていないのですが...

少し前に行ったベルモント(だと思う)のPeacock's Koriander Indian Cuisineの食事です。
まず、アペタイザーにサモサが出てきました。
DSCN4039.jpg
日本のサモサのレシピって、餃子の皮とか春巻きの皮を使っているのが多い気がするのですが、これはもう少し分厚い感じのフリッターとパンケーキの間くらいのフカッとした生地で包んでありました。インド版のピロシキって感じかな。熱々でおいしいです。
DSCN4041.jpg
私が頼んだのはタンドリーチキン。
DSCN4040.jpg
ランチスペシャルなので、カレーとナンとライスがついてきます。
どれもおいしくって幸せ。
あ、お店の写真は撮り忘れてしまったので、このあたりをどうぞ。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

続きを読む

ジャムサンドクッキー・たらいまわし 

クッキーの残り生地で作ったジャムサンドクッキーです。
IMG_8766.jpg
丸く抜いたクッキーの上の側にはさらに真ん中に穴を開けてこちらに先に粉砂糖をふっておいてから、苺ジャムを塗ったクッキーの上にのせてサンドします。
IMG_8767.jpg
最近、紅茶を飲みすぎているので、緑茶と一緒に。

以前に私だったら、こういうクッキーに緑茶という組み合わせは絶対にしなかったと思います。
チョコレートケーキにはコーヒー、サンドイッチには砂糖を入れた紅茶、クッキーには砂糖を入れない紅茶等々、食べ物と飲み物の関係にはこだわりがあったのです。緑茶とケーキとか緑茶とアンパン以外のパンっていうのは絶対に禁止でした。それが、以前に書いたような気がしますが、とある大会社の社長さんが、緑茶以外は絶対に召し上がらないということで、お取り寄せのケーキをお茶をおいしそうに召し上がってらっしゃるのを見て気が変わりました。そうか、こういう組み合わせもありなのかって。

ちなみにこの方、専用機でアメリカまでかけつけて、一日だけ滞在してまたどっかに行かれてしまって、おとりよせした地元の和食弁当のお刺身にはまったく手をつけられませんでした。それを見ていた別の方、「やっぱり、お忙しい身で生ものなんか食べてあたったら大変っておもわれたんだろうな」って言っていたのですが...
まあ、そんな懸念もあったかもしれませんが、やっぱ、アメリカの大都市から離れた地域の怪しげな日本食レストランのお刺身には食指をそそられなかったというのが正解ではないかと思うのですけれど?
もっとも、おいしそうではないお刺身=あまり新鮮ではない=お腹を壊すかのうせいがある
っていうのは当たっているかもしれませんが。

以下、日記というか、アメリカ事情というか...


↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

続きを読む

ボウタイクッキー 

あ、だめだ、今日もすっかりはまってしまってこんな時間。
残り生地で焼いたクッキー、ちゃんとした写真はまだカメラの中なので、先にアップした最初の一枚だけ。
IMG_8758.jpg
これも、レシピのファイルをパラパラ見ている時に見つけたものです。日本語だと蝶ネクタイクッキーになるのでしょうか。本当は、丸い棒状にしたクッキーを切って、二つ並べて、真ん中を重ねて、上にチェリーを飾って、で、レシピには書いてなかったのですが、写真では、真ん中の部分を少し内側に折りこんで立体感を出していたみたいなのですが、先日のアイシングクッキーの残り生地(冷凍していました)を丸く抜いて、二つ重ねてチェリーを乗っけてやいただけの手抜きクッキーです。やっぱ、真ん中をちゃんと折るべきだった。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

リンゴのコンポートで 

少し前にピンクレディーというリンゴを買ったのですが、
IMG_8735.jpg
あんまりおいしくなかったのでコンポートにして、
IMG_8740.jpg

そのコンポートでゼリーを作りました。

00.jpg

作り方はいつも適当なのです。今回は、丸ごと芯だけくりぬいて、ひたひたのお水と適当な量のスプレンダを入れて、火が通るまで煮てから、皮をむきました。ちょっと煮すぎてやわらかくなりすぎたみたい。あ、確か、白ワインもちょっと入れました。

ゼリーは、リンゴの煮汁400CC強にふやかしておいた粉ゼラチン一袋を入れて溶かして固めたもの。一晩冷蔵庫で寝かせて丁度好みの固さになる配合です。
あくまで私の好みですが。

あとは、ご飯シリーズを少々、
000IMG_8733.jpg
圧力鍋様様のポークとキャベツの煮込み。トマト缶も一缶いれました。
0_IMG_8748.jpg
茹で豚の残りとルッコラのサラダ。じゃなかった、ポークの煮込みか。なんか、今週、毎日こればっか食べてた気がする。


↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

ほぼ焼きっぱなしのスポンジケーキと昭和の思い出と 

ぜ~んぜん高さが出ていませんが...

000IMG_8721.jpg

レシピをファイルしたバインダーをパラパラとめくっていたら、と~っても懐かしいメモ書きが出てきました。よくこんなものを後生大事にアメリカまで持ってきて、今までとっておいたもんだと思うのですが、中学生の時に友人にもらったスポンジケーキのレシピです。これも、文字通り昭和のものですから、ジェノワーゼではなくてスポンジケーキですね。
当時、バターケーキはなんとかなるのに、スポンジケーキは難しいと感じていたのですが、友人の家でみんんあで一緒にお菓子を焼いた時に、「このレシピは画期的なのよ」と言って、別立て法で、泡立てのあとは手で残りの材料を混ぜるという方法を教えてもらいました。結果はものすごっくフワフワに膨れてとっても感動したのを覚えています。当時、「手で混ぜる」がお友達の間でブームになっていたようで、この前後にみんなで焼いたバレンタインデー用のクッキーも、なんと、バターをクリーム状にするところから手で混ぜてもらった(私は成型だけで生地作りは見てただけなので)記憶があります。
なので、古い記憶をたどりながら、あのスポンジケーキの味を再現する予定だったのですが、卵を白身と黄身に分ける手間が面倒になって挫折しました。レシピはそのままで、共立てにして、混ぜるところだけは手でやってみたのですが、最近、ジェノワーゼとか作っていなかったので勘がすっかり狂っていました。ふんわりフワフワにはなったのえすが、この高さが足りないのは、どう考えても泡立て不足です。この泡立て状態はロールケーキにはいいけれど、高さを出すには、泡立てた跡がしっかり残るくらいまで泡立てるべきでした。あと、他のレシピの配合も調べてみたのですが、共立ての場合、小麦粉の量をもう少しふやして、水を足しているものが多いですね。レシピ、改善したらアップします。
000IMG_8725.jpg

生クリームのデコとかカスタードクリームも考えたのですが、なんとなくビクトリア調のローズウォーターで香りつけしたケーキのイメージが浮かんできて、ジャムをはさんで粉砂糖をふったら、ジャムが薄くぬれずに厚塗りになってしまって...ちょっと甘ったるい仕上がりでした。
昭和のスポンジケーキと言えば、子供の頃、母が作るスポンジケーキは失敗することが多かったらしく(というか、失敗作の記憶がないのです)、父のいる日曜日に父が手で白身をあわ立ててくれた日にはとてもフカフカに仕上がったとかで、レーズン入りの香ばしいスポンジケーキを食べたことを思い出しました。
あんな味になるかなあと思ったのですが、やっぱ、別立てと共立ては食感が全然違いますね。

私が教わったお菓子作り、丸型のスポンジケーキは別立て、ロールケーキは共立てという時代だったのですが、今は共立てのジェノワーゼが全盛で、すっかり様変わりしてしまいましたね。とはいえ、時々別立てのレシピも見かけます。お菓子屋さんで売っているようなふわふわのケーキもおいしいけれど、キメの粗いざっくりした香ばしいスポンジケーキと生クリームと苺の組み合わせもなかなか捨てがたいと思うのは、昭和生まれの私だけでしょうか?


↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

イズニーのバター 

先日フェリービルディングで見つけたバターはこちらです。
IMG_8680.jpg
ネットで「おいしい」と評判だったのでかなり期待していたのですが...
IMG_8683.jpg
まず、トーストパンにつけてバターが溶けた状態で味わってしまっては、肝心のバターの味がわからない。
かといって、バターが溶けない冷めたトーストパンは最低!
ということで、この時は、よくわからず...

あとで、焼きたてのソーダブレッドにたっぷりつけて食べたら、確かにおいしいバターでした。
子供の頃、我が家の食卓に並ぶバターで一番好きだったのは小岩井なのですが、これが食卓にのぼることはあまりにも稀すぎて、「おいしかった」という記憶以外には、肝心のお味は覚えていないのです。

次に好きだったのが雪印で、たま~にお歳暮かなにかで頂いたらしい缶入りのバターが大好きでした。これ、その時の缶入りバターの味に近い気がします。って、今は発酵バターが人気ですから、こういうのってきっと昭和の話題ですね。

発酵バターについては日本で正式に食べた記憶はありません。アメリカでそんな優雅なものを手頃な値段で手に入れるのは不可能ですし...

ただ、ごく稀にヨーロッパに旅行するとパンとバターがやたらとおいしくて、あのバターが発酵バターなのかなあと想像をめぐらすのみ。あ、ホイップバターもあったかもしれない。これ、一応ヨーロッパ産なんだけれど、なんとなく、ヨーロッパで食べたバターの味にはやっぱりかなわない気がするのですけれど、これは単に私が、懐かしい味をいとおしんでいるだけ?

焼き菓子に使ったら違いが出るんだろうか。でも、こ~んなに小さくて3ドルちょっとしていたし、もうひとまわり大きいのは5ドルくらいだったかなあ。味がわかる人を選んで試食してもらわないとね。
その前に、レシピ選べが大切か。

でも、この半額で買える、近所のスーパーのEuropean Style Butterとどのくらい違うんだろうか?ってか、これも普通のバターの二倍してるからあんまり買わないんだよね。あ、そういえば、一回買った気がするけれど、やっぱ普通のバターと同じ味だったっけかなあ。

たしかに、バタロールパンとかにバターをたっぷりつけて、バターそのものを食べるようにすれば味の違いはわかると思う。でも、毎日食べるパンには、いつものポンド2.50ドル(←セールです。普段は5ドルくらい)の普通のバターでいいや。つけすぎると太るから。


↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

ポップオーバーちょっと失敗/サンフランシスコで買ったもの 

ちょっと失敗したポップオーバーです。
IMG_8688.jpg
冷凍庫に鴨肉の脂が残っていたので、ヨークシャープディングがロースとビーフのパンドロップでできるのならと、ポップオーバーのバターをこちらの脂に代えて作ってみたのですが、適当に作ったので分量思いっきり間違えました。結果、みごとにしぼみました(泣)
まったく、気がせいている時のベーキングはろくなことにならない。

でもめげずに、紅茶と一緒に朝ごはんに。
IMG_8698.jpg

詳しい作り方はこのあたりをどうぞ。こちらはちゃんと膨らんだときの記録です。

以下、SFで買ってきた戦利品です。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。