さくらんぼのアメリカ日記 2015年09月

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうせ私が悪いんです(続き) 

例によってしょうもない独り言ですが、その前に、お隣の米系スーパーで買ってきた巻き寿司。
IMG_6246.jpg
一応お皿に並べてっと
IMG_6247.jpg
んで、ひとりごと

続きを読む

スポンサーサイト

お金が~~~ 

ないんじゃなくって、いつも使っている銀行のチェッキングアカウントの残高がここのところ、ずっと低め安定。

でもその前に、7月に作ったチョコレートソルベの写真なんぞを。
IMG_6270.jpg

なぜかっていうと2月か3月にローンの組み換えをしてから、支払い方法を月初の一回に変えたら(だって、銀行さんの言いなりになって月に二回の分けて払うのは、前払いのしすぎで利息がもったいない気がしたから)私のお給料の振込みが2週間に一回の関係で、小切手口座のほうにどのくらい残しておけばいいのかの目算がやりづらくなった。前は、2週間に一度入ってくる額と出て行く額がほぼ一緒だったから、あとはその他の支払いを勘案すればよかったんだけどね。

ま、どうせどんぶり勘定だから大勢に影響はないんだが、そこまでせこく利息を節約するのなら、どうせ口座振替なんだから、必要な額は一度全部セービングアカウントのほうに振り込んで、どっから直接引き落とせば良い(←悲しくなるくらいの低金利だから、このあたりもどうせ大勢にはま~~~ったく影響はないんだけどね、気分的に遊んでみただけ)と気がついて、これで出て行く額と入ってくる額が一緒とご満悦だったんだけど、結果、お給料日になってもチェッキングアカウントの残高がほとんど増えない!

なぜかっていうと、ローン支払い分の定額は直接セービングアカウントに入っていくから、従って、口座残高も少なくっていいんだけど、以前の金額(くりかえすが、どんぶり勘定なので、か~~~~なりアバウトな余裕余裕の金額なんだえど)よりも少ないと心もとない。

んで、どうしてこんなに少ないんだっけってよく考えてみたら、数百ドルのお金をもらいたいばっかりに、別の銀行に口座を作って、お給料の一部をそちらに振り込んでいたことを思い出した。ほうっておいた理由は、この微々たる額は、固定資産税の支払いにまわそうとおもっていたから。だけど、今の銀行の口座でも固定資産税用には月々、セービングアカウントに入れてるから、二重に溜め込んでいることになる。

ではさっそく…と思ったら、メールの山を探してみてもきてたはずのキャッシュカードが見つからない!
本日、思い腰をあげてメールを整理したら、やっと一番下から出てきたんだけど今度は暗証番号がわかんないや!

でも大丈夫。オンラインで振込みできるから、チェックブックはあったので、今までのいつものメインバンクに振り込んでおきました。こんな、お義理の銀行振り込みしかやらなくて、振り込んだ分を定期的にもとの銀行に振込み戻しちゃうSakulanboさんが、給与の自動引き落としの設定のRewardで3万円近くもらっちゃっていいのかしらねえ。

大手の銀行二行間で顧客の取り合いをしているらしくって、私のメインバンクの口座もってるお客さんをターゲットにしてキャンペーンをしているらしい。口座を作ってくれたお姉さんがうっかり口をすべらしたもの。身分証明書一枚と、あとは、あ、○○銀行のクレジットカードがあれば十分よって。

私のパターンとキッチンのお片づけと 

これ、5月の日付になってたけど、多分まだアップしていなかったと思うんだが…あっとアップしてた。
s_IMG_6176 - Copy
なので、こっち。
IMG_6214_2015092312532588d.jpg
それでも駄目ならお花の写真。
IMG_6218_20150923125322cdc.jpg




最近、またお片づけモードに入っていて、ずっと気になっていたキッチンの引き出しと戸棚を整理して、キッチンのカーペットを玄関に移して、玄関の部屋の内側においてあった古いピンクのカーペットはバルコニーに。キッチンの冷蔵庫の前にはずっと行き場がなうてベッドルームのドアのとこにあいてあった布製のマットをおいたら、すべてがしっくりと収まった。
んで、ぬいぐるみはリビングに移して…

あっと、キッチンを片付けた理由は、ずっと長いこと、お湯飲みと急須が出しっぱなしになっていて指定席がなかったから。んで、先日絵の写真を撮った時に、キッチンの丸テーブルには何もおかないとすごくすっきりするということが判明(←今頃気づくなって)、なので、ランチョンマットは食後にキッチンに移動させるとして、ちょっとした調味料やお湯のみや…と全部戸棚にしまおうとすると大変なので、まずはバルコニーの戸棚にあった空き瓶を少し捨てて、空き箱はガレージに移して、クロゼットにおいてあった空き箱をバルコニーの戸棚に移して…といろいろ移動させたらキッチンの戸棚に余裕がでいたので、食卓の上に出しっぱなしになっていたものをすべて片付けて…
その勢いで玄関の掃除をしたついでに玄関前の外灯もきれいにしたら…
外灯の内側になんかすごっく変な土の塊もたいなものがついていて、それが、ちょっと目骸骨というかムンクの叫びにそっくりの顔だったので、で、乾いていて、虫もなにもいなかったので棒の先でつついておとしたんだけど…
ああ、怖かった。
あとでいろいろ調べたら、ドロバチの巣(羽化した抜け殻)だったみたいです。

あっとパターンの話だったんだっけ

続きを読む

パターンは変えられないのかなあ… 

夢とひとりごとの続きです。
その前に、やっぱり7月に作ったパンケーキ。
IMG_6264.jpg
ドーナッツピーチを乗せたバージョン
IMG_6265_20150920103020488.jpg
以下、ひとりごと

続きを読む

へいへい、みんなわたしが悪いんです 

本日もひとりごとですが、その前に7月に食べたドーナッツピーチの写真を
IMG_6255.jpg
カリフォルニアだと白桃も普通に食べられるのですが、おいしい白桃がない地域に住んでいた時によく食べていました。
チャイニーズのお店でよく見かけるんだよね。
IMG_6256_20150919151825831.jpg

続きを読む

先が読めない夢 

まったく、夢なんていうのは、気にしだして夢日記なんぞをつけたりしようものなら気が狂いそうになると、例の、昔々のセミナー仲間が言っていたけれど、こういうものは気にしだして書きとめているとどんどん奥が深くなってくる。

その前に、7月のフォルダに入っていた4月の写真。
IMG_6121_2015091813221353b.jpg

多分、まだアップしてないはずなんだけど。


どんなに奥が深くなっても、わかりやすい夢を見るのが私の取り柄だったんだが…

ここに来て、まるで先が読めない。
それもそのはず、夢の暗示が、「変化の予兆」から始まって、「周囲に予想外の大きな変化が起こる」ってなっているんだもの。先が読めないこと自体が夢のお告げか…

まだ気になっていろいろ調べていたら、空から人が降りてくるというのは、見てはいけない危険な夢なんだそうですね。もっとも、私がみた夢は、空から多分知っている人とよく似ているけれど、顔は見えなかった人が、ぼぅっと降ってきた感じで、横向きに下りリフトにのっているみたいな感じでどっかにみえなくなっちゃったから、親戚や家族が自分たちの、あるいは私の来るべ事故や死などをつげに来てくれたっていうパターンの夢とはちょっと違っている気がするんだけれど…

落下傘の夢にしても、しぼんだ落下傘が背中に見えただけで、パラシュートで下降してるイメージでもなかったし…

と思っていたら、今までにも増して不可解な夢を見た。
道をあるいていたら、ずっと以前の職場の女性のディレクターに会って、遊びにおいでと言われて、そのディレクタの住むコンドミニアムにお邪魔したら、そこの間取りがうちとまったく同じで…
ベッドルームでくつろいでいたんだが…
壁の具合がねえ…
どうも、祖母の家の二階のベッドルームに似ていた気もするんだが…

こういう夢は、予知夢であることが多くて、近いうちにその人に会うことが多いんだそうだけれど、そりゃあそうだ。そのディレクターも数年前にこちらに引っ越してきて、そのあと、アイルランドかどこかに行っていたはずだけど、戻ってこられたとかで、業界の集まりとかで偶然何度も会っていて、来月も同じイベントに参加しそうだから、今度こそ、「あら久しぶり、元気だった?」じゃなくって、同じ日に同じ場所に行くのなら、他の人も読んで女子会(同窓会?)やろうよ…とメールを入れようかどうか迷っていたのだから。いや、ディレクター相手に女子会は失礼だが、のりから言うと女子会の性格だし、「またみんなで会う計画立てなきゃね」といっていたのはあちらのほうだし…

だから、この予知夢の件は当たり前すぎてパス…

あとはねえ…

まあ、ピースをつなげれば、パズルは一応解けるが…

予測不可能な展開という部分が変わっていない。そういう夢のお告げあんだから仕方がないか。
それとも、別口の解釈を使えば、私が今のマンネリ化した現状にあきあきしてるってこと?

上司がかわって、キューブもお引越しして、マンネリとはほど遠い生活なんだが、まあ、6月からこっち出張がないし、この先も当分なさそうだから、退屈してんのかね。

あ、少々お疲れで、リラックスか休暇が必要っていうのはあたっているかもしれない。
休暇なんて、ここ数年とってないよなあっておもってよく考えてみたら、去年の今頃はイーストコースとに遊びにいっていたんだっけか。

苦手だけどなんとかなっちゃうこと 

はあ、思いっきり疲れ果てているので、本日もひとりごとのオンパレード。
その前に、古い写真をいくつか

まず、にんじんジュース
IMG_6448.jpg
7月のおにぎり弁当
IMG_6242_201509171313559e6.jpg
これ、多分、市販品を買ってきて並べただえの夕食

以下、ひとりごと
IMG_6248.jpg

続きを読む

不思議な夢(s) 

普段、英語を使っていると、複数形や冠しのない日本語がとても不便に感じることがある。一晩に別々の夢を見たときに、夢ズと複数形にできないと、二つの夢のニュアンスがでない。ま、「二種類の夢を見た」と書けばいいんだろうけれど、まどろっこしい。
で、例によって夢記録なのだけれど、その前に8月23日(と写真がなってた)に焼いた山形パン。
PanIMG_6453.png
型から出したところ。
Pan_IMG_6455.png

んで、以下、夢記録
なんか、最近、飛行機の写真とかよく撮っていたし、少し前に、すぐ近くに小型飛行機が墜落(幸い、パイロットの方は無傷だったそうです)するなんてことがあって、昨日もその飛行場から飛び立つ飛行機を眺めていたという前提があっての夢なんだが…

続きを読む

7月に焼いたバンズパン・追記のひとりごと 

ここしばらく、「月日(つきひ)がぶっ飛んで行く!」というイメージがあったのだけれど、それがまた一段と加速化している気がする。
アップしてなかったはずのパンやお菓子の写真を見ていて愕然としてしまった。

なので、これも多分、まだアップしていないと思われるパン。たしか、バターを使わずにサラダオイルを使って、ジャンボマフィンの型に入れて焼きました。
P_IMG_6272 - Copy
上にスタッフドオリーブの薄切りなんぞを飾って…
型から出したとこ。
P_111 - Copy
適当サンドイッチ。
P_123_ - Copy
以下、追記です。

続きを読む

香りの記憶とオフィス事情 

どうでも良いひとりごと日記ですが…
その前に数日前に作った残り物のり巻き。
青ジソとたくあんを混ぜると色が悪くなるということを発見。
norimakiIMG_6486.jpg
友人と、コロンやポマードの匂いの話をしていて、友人が「ものの本で読んだのだけれど」と言って、無意識に嗅いでいる香りや匂いというのが微妙にその人の心理的な状態に影響するらしいという話をしてくれた。実際、女性は、男性を好きになる時に、嗅覚で自分の将来の子供にとって相性がよいお父さんになる(というか、よい子が生まれるであろう)遺伝子を持った男性を本能的に嗅ぎ分けると聞くし、その昔昔読んだ、社会学だったか心理学だったかの本では、中世かもう少し後(くらいだったと思う)のヨーロッパの村の風習として、ダンスを踊る際に男性が自分のハンカチを女性の顔に近づけるか女性の顔を拭くかして匂いを嗅がせるなんていう、あんまり聞きたくない話も同じような例として乗せていた気がする。

この前ちょっと書いたけれど、先週末にオフィスを引越しした。で、今、ものすごっく幸せである。
なぜかっていうとね、今のオフィスはね、嫌なにおいを発しているひとがいないの。

前のところはね、差しさわりがあるからいわなかったけれど、前の男性が時々靴脱いでると、なんか、変な臭いが漂っていたり、誰かの汗臭い匂いがしてたり、別の男性と例の靴下の男性の襟元かから、「これって加齢臭」と思わせるような匂いがときどき漂っていたの。もっとも、私の大嫌いな加齢臭かと思っていた匂いは、どうも男性が使うポマードの匂いらしいということが最近判明したが…

基本的に、子供の頃から男性は嫌いである。電車の中で出会う男性はほとんどがくさいから嫌い…
と思っていた私の嫌いな匂いは、ポマードの匂いだったのですね。高校の時の担任は、この匂いゆえに私から嫌われまくっていた。

ただ、中学生の頃だったかな、電車の中に、(というか、正確には電車を待つ駅のホームと、乗り込む電車の両方だが)ひとりだけ、ステキな大人の男性がいた。かなりお洒落な伊達男っていう感じで、グリーンや夏だとオフホワイトのスーツを着ていてることが多かったのだけれど、この男性にひかれた理由は、ふわっと漂ってくる香りがステキだったから。私が惹かれる男性は、すべて、私の好きなコロンかアフターシェーブのローションの匂いがするんだよね。好きな香りだと、男性用を承知でパスソルトとかでこのフレーバー(香り?)のを自分用に買うことがあるくらい。

これは、男性だけに限らない。仕事で出会う女性から、何かのはずみにシャネルの香水の匂いとかがしてくると、それだけで印象ががらっと変わる。

今のオフィス、周りに私の嫌いなポマードをつけている人がいないんだよね。幸せ。

ちなみに、最近、「恋の予兆」的な夢を良く見る。いくら私の夢がよくあたるからと言って、この歳で恋はありえないのだが、なぜ、ここにきてこんな夢を…とよくたどっていったら…

はあ、中学生の時の電車の人とおんなじ匂いがするんだよねえ。

そうだ、ニューヨークに行こう! 

いや、旅行の予定なんぞまったく入っておりません。
IMG_6499.jpg
姉から送ってもらった古い油絵を眺めていたら、ふとそんな気分になっただけ。
IMG_6474.jpg
1958年作って書いてあったかな。年はうろ覚えです。ま、大昔ってことになりますが、5番街のビル群の感じは9・11前辺りと大差ないのではないでしょうか。イメージ的にね。
IMG_6494.jpg
まったりと、緑茶でグリーンティーパウダー入りのカップケーキなんぞを食べていたら、そんな気分になりました。

絵を眺めていて、大昔、一度だけたずねたことがあるニューヨークを思い出しました。友人と二人で、ホテルと飛行機以外はほぼ自由行動のツアーだったのですが、奥に見えているビルの感じがその時に訪ねた友人の友人のアパートの入っていた建物によく似ています。その友人の友人がニューヨークの一等地のビルのアパートの家賃の高さとコンサルジュがいるアパートでも隣近所が信用できない治安の悪さを嘆いていたのを覚えていますが、まさか5番街だった筈はない(と思う)ので、ここから少し入った場所だったような気がします。

当時のニューヨークは、当時私が日本で働いていた街の雰囲気にそっくりで、人々が大またで街を闊歩していて、「あ、ここには、私の大好きな都会の人間の冷たさがある。ここに居れば、誰も私の存在に気がつかない。私は都会の人ごみの中に隠れることができる。東京と一緒!この親近感はいったいどこから?」と思ったのを覚えています。9.11のあとは、人々の無関心な態度はすっかり様変わりしたとは聞いていますが。

そう、アメリカでの田舎暮らしの長かった私も前世では都会で働くなんていうことをしていたんでしたっけねえ(←遠い目)
今となっては、とてもあんな生活に戻れるとは思わないけれど、ふと、戻ってみたいなって思いが心をよぎりました。場所は東京ではなくてニューヨークね、もちろん。

実に不思議なことなのですが、私の人生で、こんな風に「ふと」心によぎったことはたいてい実現しています(特になりたかったとか夢だったとかいうわけでもないのに)

なので、将来への覚書として、なんにもない可能性のほうが高いことは知りつつ、一応ブログに書いておくことにします。

三連休はまったりと… 

予定がいくつかキャンセルになったり、用事があると思っていたのが実は一ヶ月先だったりだったから、それほど忙しかった訳ではないと思うのだけれど、この3連休がすっかりお疲れモードのため、ゆっくりすることにしました。
IMG_6482.jpg
土曜日の朝、サンカルロスのダウンタウンで買って来たケーキとコーヒーで。
IMG_6483.jpg
ラズベリーホワイトチョコレート味です。
IMG_6491.jpg

まあね、なんでこんなにお疲れなのかとよく考えてみれば、先週末は、自業自得とはいえ、週末、ずっと仕事絡みのプレゼン資料作りに没頭していたんだった。で、今週はそんなに忙しくはなかったのだけれど、木曜日はオフィスの私のデスク(ま、アメリカだからキュービクルですが)の引越しが入っていて、その前に水曜日の夜に机の中とか棚の中の書類その他を箱詰めして、そのついでに古い紙類の整理もして、その後、きれいにお掃除して…木曜日は突然のトラブルの対応をしていたら、お昼を家に食べに帰る時間がなくなっちゃって、おやつ用のスコーンを一個食べたまま仕事を続けて、ようやく目処が立った時はお引越しの時間で、その後、片付け物を続けて、でも、新しい机の引き出しと棚の鍵がかかったままで…夕方遅くに机の引き出しだけやっと開けてもらったら、古い文房具とか紙類がどっちゃりで、また埃まみれになって片付けを続けて…
金曜日に今上司とミーティングするまでに手がけておきたい仕事があったのだけれど、月曜日から言われているのにほとんど手つかずの状態で...
なので、お片づけの後で少しやってたらすごい遅い時間になっちゃって...
金曜日はオンラインの2時間のトレーニング(私にとっては復習だから全部聞いている必要はない)に参加して、耳はトレーニングを聞きながら、昨日のトラブル対応の続きをやっていて大慌てのメールを何本かおくって、その後に時間ができたのでその次の上司とのミーティング用の資料作りの内職をして、なんとかやっと間に合わせて、でも、トレーニングのノートも取って...

金曜日の午後は連休前だから早く帰りなとは言われたんだが、午後になったら棚の鍵が開いていたので、また古い書類がどっちゃりで、これも全部処分して、自分の書類その他を並べて...
土曜日は野暮用で10時に遠くの銀行(←嘘、歩いて3分のお隣ではなく、車で10分のダウンタウンに行かなければならなかったから、街中の運転で疲れたの)に行かないといけなくって、土曜日の午後には完全ダウンしてしまったというのが実情。
なので、↑の写真は、土曜日に書類のプリントアウトを待っている間に、お向かいのお店で買って来たケーキ。
甘いです。
これは紅茶では無理と禁断のコーヒーを入れました。
コーヒー禁止ってことになっているから、壊れちゃったコーヒーメーカー、買いなおしていないの。
フレンチプレス風で。

スフレホットケーキを作りたかったんだが 

オンラインでレシピを調べて適当に作ってみたのだけれど…
IMG_6464.jpg
レシピみながら半信半疑だったんだよね。。卵白あわ立てるのはいいけど、小麦粉とかホットケーキミックスの量を極端に少なくすると、目指している星野のスフレホットケーキとは別物のただのスフレになっちゃうんじゃないかと。
んで、予想したどおり、しゅわしゅわの頼りない味になりました。ま、これはこれでおいしいのだえれど、半熟ホットケーキと言ったほうが近い食感だと思う。
星野のホットケーキの食感出すんだったら、カッテージチーズとか入れたほうがよさそう。

以下、どうでもよいひとりごと

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。