さくらんぼのアメリカ日記 フラワートルティーヤとマンダリンパンケーキの違いは?

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フラワートルティーヤとマンダリンパンケーキの違いは? 

膨張剤の有無と焼き方でしょうか?あとは名前???
餃子の皮の成功に気をよくして、うす~く伸ばした粉物も、生地をしっかり休ませれば簡単にできることを覚えて以来、いろいろなものが作りたくてたまらないSakulanboです。以前は、伸ばしても伸ばしても縮んでしまって薄くのびてくれない生地に嫌気がさしてあきらめたのですが、あれは、休ませ方と水分の量が足りなかったのですね、きっと。
で、最近作りたいなあと思っていたのはフラワートルティーヤとマンダリンパンケーキ。フラワートルティーヤはお店で買ってくればよいのですが、以前に似たようなものを買ったらカビていたことがあって、それ以来、買う気にならないのです。

IMG_7976.jpg

レシピを比べてみたのですが、マンダリンパンケーキは間にセサミオイルかベジタブルオイルを塗って二枚サンドイッチにして片面だけ焼くという以外は、小麦粉と水の配合も似たようなものだし、同じ作り方で代用できそう・・・と乱暴に一つの生地で両方作っちゃいました。分量にして小麦粉2に水1の割合です(小麦粉2カップなら水1カップ)。上はフラワートルティーヤ(もどき?)を使ったスモークサーモンのラップサンド。ラップサンドの作り方はマウジィさんのレシピを参考にさせていただきました。でもって、リンクを貼ろうと思って今また見に行ったら、ディルを入れていないことに気がつきました(汗)。でもとってもおいしかったです。マウジィさん、ご馳走様でした。
IMG_7969.jpg

で、こちらが焼きあがったマンダリンパンケーキ。正確には、フラワートルティーヤのレシピはベーキングパウダーが入っていて、マンダリンパンケーキは入っていないみたいですが、これだけ薄いとあんまり差はないはずと勝手に思い込んで、ラップサンド用には一枚ずつ、マンダリンパンケーキ用には、間にカノーラオイルを刷毛で塗ってサンドイッッチにしてから薄く伸ばしてそのままオイルを敷いていないフライパンでさっと焼いて、焼けたらすぐに二枚をはがしたものです。つまり、オイルを塗った内側の部分は直接はフライパンにふれてないのでつるっとした感じになっています。
IMG_7967.jpg

で、ありあわせ野菜で作ったムッシュ・ポークもどき。
IMG_7992.jpg

本当は、キャベツか白菜を使うらしいのですが、なかったのでセロリで代用。
IMG_7991.jpg

千切り野菜、たけのこの水煮缶、豚肉としょうが、干ししいたけ、卵焼きの千切りを炒めて、お醤油とお酒とホイズンソース(海鮮醤)で味付けて、海鮮醤を塗ったパンケーキで巻いてできあがり。今回は水溶き片栗粉を少し加えました。


↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

コメント

春餅

あ、これはほとんど春餅と同じですよね? フラワートルティーヤとマンダリンパンケーキのどちらもなじみがないんですが、生地と焼き方を拝見していると、春餅そのものだなあと。
中華が得意だった母が、小さいころに春餅をよく作って、たくさんの具を用意しておいて、好みの具を取って巻いていただくというのを何かのお祝いごとのときにやっていました。懐かしいです。
Sakulanboさんのは具がたっぷりで、とてもおいしそうですねー♪

Sakulanboさん、こんばんは!
先日はコメントをありがとうございました。
で、私はまたPCの前でため息をついてしまいましたよ。ほんと、色々なお料理を作られていて、すごいですわ、Sakulanboさん。
今年に入って、私は3回ぐらい餃子の皮を作ってみましたが、なかなか大変だったので、もういいや、ということになったのですが... フラワートルティーヤとマンダリンパンケーキなら、餃子の皮より大きいし、時間もそんなにかかりませんよね?ムッシュポークもどきというものがとっても美味しそうなので、ちょいとトライしてみようかと。
Sakulanboさん、CTの家のアパートに越して来ないかなぁ~~i-235 (←お裾分け狙い)

レイコ様

あ、マンダリンパンケーキのほうは、日本語にしたら春餅ですね、きっと。
お母様、本当にいろいろなお料理を作られたのですね。
春餅にいろいろな具を巻いて食べるなんてとってもおしゃれです。
ムシューポークって、以前によく行っていた中華料理のお店でよく
べたのです。最近みかけないので食べたくなって作ってみました。
海鮮醤が味の決め手みたいで、これはビン入りのが売ってるので楽です。

kiki様

ありがとうございます。
下ごしらえが必要なお料理は苦手なのですが、粉混ぜるだけの
粉もので遊ぶのは好きなのです。
餃子、私も以前に作ったときすご~く大変って思って長く作って
なかったのですが、「簡単ですよ」といわれて復活しました。
水分を気持ち多目にして、こねてから十分寝かすのと、あと、
打ち粉に片栗粉を使うのが鍵みたいです。
kikiさんがお隣さんだったら、毎日いろいろ食べてもらうのですけど…
で、わたしもおいしそうなkikiさんのおやつのおこぼれに...

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakulanbo.blog60.fc2.com/tb.php/1627-abdb3c39

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。