さくらんぼのアメリカ日記 耳慣れない言葉

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

耳慣れない言葉 

最近、日本語もすっかり怪しくなっているので、あれ、「聞きなれない言葉かな」いや、「耳慣れない表現に違いない!」と確認もせずに書いているので、決して人のことは言えないのですが...

実は、アメリカに来てから覚えた日本語ってたくさんある。少し日本語ができるアメリカ人から、「これってどういう意味?」と聞かれて、「え、そんな言葉聞いたこともないや」と思いつつちょっと調べてみるとごく普通に使われている表現だったり、最近流行りの言い回しだったりして...

なので、(今の職場ではないのだけれど)日本人同士で、「やだあ、あなたの日本語ちょっと変よ。それってあなたの出身地だけで使っている表現なんじゃないの?」なんて会話になるとちょっとしらっとする。

もちろん、ハイフンのことを「ボッコ」と呼んでいた北海道出身の方に、「ね、『ぼっこ』っていうのは北海道独特の表現だからね、多分、本土の人には通じないと思うよ。それ、「棒」って言いたいんでしょ」と正した同じく北海道出身の人の言葉とかは正しいと思うけれど

「え、そんなの、日本語じゃあないですよ。だって、私、一度も聞いたことないもの」と決め付けるのは嫌い。」だって、私だってそう言いたい表現に何度も出会ったけれど、結局は私の無知故に知らなかっただけって経験をたくさんたくさんしているから。

でも、同じことって英語にもあてはまると思う。ちょっとした業界用語なんて、最初はしっくりこなくて「なにそれ?」って思うんだけれど、毎日聞いているうちに当たり前になってしまう。

ひとつの会社の現場で当たり前に使っていた表現が、他の会社のオフィス部門の人には繭を潜められて、急に不安になって使わなくなると、実はしばらくたって現場に近い筋から、私が使うのをやめたほうの表現が正しかったなんて情報が入ることがある。

なので、ネイティブスピーカーにそういう表現を確認したいときは、「どうせ英語が第二言語のSakulanboの質問だから...」と先入観を持たせないように、「以前の職場ではよく使っていた表現ですが...」と前置きをしてから聞くと、真剣にネットで調べてくれたりする。

でもさあ、ネイティブの英語が必ずしも正しい英語とは限らないんだよねえ。先日聞いた「???」の表現は、Window Person=窓口担当者という表現。

日本語の窓口(担当者)を、英語をよく知らない日本人がWindow Personと間違えて訳したのならわかる。でも、かつて誰かがしでかしたのであろう誤訳をそのまま使って、英語で、「アメリカサイドのWindow Personを決めないといけない」なんてアメリカ人同士で話しているのを聞いた。とっても不思議だなあとは思いつつしばらく忘れていて、ふと思い出して、周りのアメリカ人に聞いてみた。「ねえ、この間、○○さんが使っていた表現なんだけれど、英語で、窓口のこと、Window Personって呼ぶの?」と。その場にいた全員、声をそろえて「絶対に言わない」。そうだよね、そうだよね、やっぱ変だよね!

先日は、「船頭多くして船、山に登る」と言いたくて、(われながらよく覚えていたと思うのだけれど)Too many cooks spoil the broth.と言ってから、「それにしても古めかしい表現よねえ。私だったらbrothじゃなくてsuopって言うけどなあ」と言ったら、「え、スープが正しいんだろう」との返事。「あらそうなの。日本で無理やり覚えさせられた時はbrothだったんだけどねえ」と言ったら、別の人がネット検索してくれて、「ヒット数はbrothのほうが圧倒的に多いんだけれど、Soupは有名な歌の歌詞になっているみたいだ」とのこと。ってことは、その歌を聞いて育った世代にとってはSoupのほうが自然に聞こえるのか。

で、この間は、電話とかについている#サインのことを英語で言いたくって何気に、「パウンドサインでいいと思う?」って聞いたら、「え~、パウンドサイン、それは変だよ。なにかなあ、えっと、そうだ、ナンバーサインはどう」との返事。確かに、日本語のNoは英語では#になるから、まあ、納得のいかない表現ではないんだけれど、だって、パウンドサインって言わなかったっけ???

で、5分後、電話会議に出席したら、多分、AT&Tのミーティングシステムだと思うんだけれど、アクセスコードを必要としない場合には最後にパウンドサインを入力してください。。。」みたいなことを言っている。そうだろ、そうだろ、これ、私、毎週聞いてるんだもの。やっぱ、電話の操作の話をしている時は少なくともこの会社はパウンドサインって表現使ってるじゃあないかあ」って思った。

その翌週、実はこの同じ音声は日本語ではどう流れているのか忘れちゃったのだけれど、もしかしたらパウンドサインってそのまま言ってたのかな。日本人の方が会議にアクセスできないって話になって、別の日本人の人が、「これ、日本語ではシャープなのに、パウンドサインって言ってるから通じないんですよ、きっと。」って話になった。

言葉って難しい!

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

コメント

知らないことばっかり

#って、英語でもシャープっていうんだと信じてた。それと、関係ないけど、チャレンジを動詞で使うとき、目的語は人間しかとれないってことも、最近まで知らなかった。

miyu様

へえ、チャレンジの目的語は人しかとれないなんて知りませんでした。
もっとも、人以外で使うケースってあんまり考えられなけれど
文法の知識は皆無です。

訂正

目的語を人以外とれないというのは誤りでした。his statementというのは、人ではないですものね。私の言いたかったのは、よく、日本語で言う、「ことしこそ英会話にチャレンジ」とか、「ケーキ作りにチャレンジ、」というのが和製英語だということです。ごめんなさい。

miyu様

わざわざどうも。
カタカナはどこまでが英語で、どこからが和製英語か
わからないのでむつかしいです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakulanbo.blog60.fc2.com/tb.php/1672-3de048c4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。