さくらんぼのアメリカ日記 人は何故...

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人は何故... 

人の不幸を笑ったり、喜んだり、人に意地悪したりするんだろうか???

完全な独り言です。適当にスルーしてください。

前に、いろいろなものが倍倍くらいのスピードで理解できるようになってきて、納得することが多くなってきたって書いたのだけれど、最近は、テレビとか漫画の世界にしかないと思っていたいろいろなことが、程度の差こそあれ、本当に世の中では起こっているんだなあ...って思うようになった。

だからなんなのって話もあるが...

私、人から、お高くとまっているとかいい子ぶっているとか思われるかもしれないけれど、嫉妬とかやっかみとかいう感情がかなり希薄である。ま~あ、心の奥底を探ればきっとゼロではないのだろうけれど。

逆に、人から向けられる嫉妬ややっかみの感情にはひどく敏感で、とても耐えがたく思う。
本人曰く

そりゃあさあ、私が美人で頭がよくってなんでもできるお金持ちのお嬢さんとか奥さんとか、仕事がバリバリにできるキャリアウーマンとかだったら話は別だよ。こ~んなに何一つできないで、ひたすら誰にも見つけられずに、世の中の片隅でひっそりと生きることを願っている私のことなんてねたんだりやっかんだりしていったいどうするの?あなた、ねたむ相手を間違えていない???と。

まあ、人からのやっかみがつらいなっていったって、実にくだらないことなんだけどさ。
たとえば、むかしむかし、大学卒業してすぐの4週間の研修期間中の週末、友人の結婚式でとんぼ返りで富山まで行って、輪島観光したあとでついでに(?)結婚式にも出て、おみやげ買って帰ってきた。で、研修仲間におみやげくばって、てっきり喜んで食べてもらえると思ったら、あとで私の陰口を言っているのが聞こえた。「あの子、この忙しいテスト勉強の最中にのんきに富山まで言ってきたんですって。それで、どうしてちゃんとテストで点数がだせるのよ!」「大方、自習時間に必死で勉強してるに違いないわよ!」ってね。(あ、テストってね、算数が得意なSakulanboには割りに簡単な内容だったの。100の15%は10とかね。あ、違うか。こういう暗算まちがえるからいつも成績は悪いんだけど、テスト運はあるらしい)

人をねたまない理由は単純。
私は、世の中で一番おバカ(たぶん、学校の成績的に「頭が悪い」っていうのと、私が自分のことを「おバカ」というのは微妙にニュアンスが違うと思うけれど)で、愚図で、なんにもできないのはしごく当たり前のことだから、他の人はみんな、私より頭がよくって、美人でなんでもできるのはあたりまえ。うらやんだりやっかむ理由はひとつもない。
というのが理由。だから、「心の奥底をさぐればあるはず」と書いたのは、私にもし、人並みの能力(性格っていうほうが正確かもしれないが0)があって、普通に人と競争したりしていろいろと生きていたら、競争相手に対して嫉妬ややっかみの感情を持つようになるのかもしれないなあってぼんやりと考えるから。

恋愛的な意味での「嫉妬」の感情も↑に近いけれど、それに加えて、人からの束縛が耐えられないっていうのが加わる。高校生の頃から、淡い恋心を抱いたことはある。でも、相手が自分に同じ感情を抱いているということがわかると、一週間で醒めた。だから、その1週間の間に他の人を嫉妬する機会がなかった可能性はあるが、私自身が束縛されたくないから、相手が私のいないところで誰とデートしようがなにしようが、まあ、衛生上の問題さいなければあんまり気にしない。その代わり、私も同じことをするよというのが絶対条件。

実際はね、すご~く奥手で臆病で、高校を卒業して以来、ろくな夜遊びもせず、大学時代や日本で働いていた頃、付き合いで飲みに行ったって、10時には家に帰っていることがほとんどだったから、私が派手に浮気をする可能性は皆無なのだけれど、でもね、束縛が嫌いっていうのは、「ふとなにかしたくなったらその時にそれができる自由がある」っていうことがとっても大切なの。特定のボーイフレンドを作ったらそれができないと考えるとすご~く気が重い。

なので、テレビとか漫画の世界の話はとっても不思議だった。あげく、「あれはさ、作者が頭の仲で筋考えて、視聴者が喜ぶように創作してるんでしょ???」と言ってしらけてた。

でも、ひどくうがったいいかたをしてしまえば、私も含めて、世間一般の人達というのは、気がつかないうちに人の不幸を喜んじゃったり、人の悪口を要ってみたり、意地悪してみたり...

でも、それが人間ってものなのですね。

いえね、みんな、「無意識のうちに」やっているわけで、やっている本人にはその意識はないのだから、同じ理屈で私がまったく同じことをやっていても不思議ではないのだけれど...

なんだかなあ...

ただ、いままで耐えがたかった、私に向けられる、人の嫉妬ややっかみの感情があまり気にならなくなった。(ってか、これ、過去形で書いたほうがいいのかな?今は、「ああ、あの、いつもお気楽な生活を送っているsakulanboさんね」とか、せいぜい、「カリフォルニアでお暮らしなんていいわね」程度で、ひとからうらやまれる生活とはほど遠いけどね。)

また、ひとつ薄皮がむけたのかなと思う。
って、何をいいたかったんだかさっぱりわからないまとまりのないエントリー、ま、これも過渡期の私の感情故に...

コメント

コメントしようとして拍手してしまった。

不器量で不器用な私は、誰からもねたまれたり、うらやましがられたりした覚えはないけど、単に鈍感なだけ?

miyu様

「普通の人がやると腹が立つのだけれど、あの人なら
許せちゃうのよねえ」っていう得な性格の人って
いるみたいですね。人徳でしょうか?
もっとも、
「あの人にはいくらあてこすりを言ってもまったく
気がついてくれないのよ~」と言うケースも
あるみたいですが???
投影という考え方をするのなら、人をねたむ感情が
皆無だったら、人のねたみややっかみとは無縁
でしょう。私が、「私の心の奥底にはあるらしい」
と書く理由はそのあたりにあります。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakulanbo.blog60.fc2.com/tb.php/1778-44f34e6b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。