さくらんぼのアメリカ日記 男嫌いの原因は?

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男嫌いの原因は? 

はっきり言っていまだに謎ですが...

例によってこっ恥ずかしい独り言なので、まず食事記録から。
キャベツとリンゴのサラダの朝ごはん
IMG_1949.jpg
残り物のお昼とスナック。
IMG_1952.jpg
エコ野菜とツナnドライカレーのサンドイッチ
IMG_1954.jpg
以下は実にくだらないひとりごと。でも、ちょっと何かを発見した気分なので。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

今の私は、人から「気が長いわねえ」とか「よく怒らないわねえ」と言われることがほとんどなのだけれど、ごくまれに、ひとりでカッカと怒り出して席を立ってしまうことがある。それは決まって、「女性なんだから...しなさい」とか「...のほうが似合っているわよ」とか言われる時。なぜだかわからないけれど、いきなり腹が立って、「ほっといてけれ、髪なんて生えてればいいんだよ。洋服は何か来てればいいだろう。何を着ようとおいらの買ってじゃねえか。穴のあいた服くらい大目にみろよ」(だいたい、最初の二文で終わりますが)と捨て台詞を残して席を立ってしまうことがあります。

原因は不明。男性嫌い同然、前世からの因縁とでも思わない限り説明がつかないのだけれど、といつも思っていた。

少し前なのだけれど、ビジネス絡みの電話で、3者通話というのをやった。電話の向こうで男性二人が話し合っている声が聞こえる。この二人、多分、とっても相性が悪いのではないかと思うのだけれど、どちらも自分の仕事は熟知していて、この分野のことは任せておけというタイプ。

で、忘れていたことを思い出した。私、実は頼りがいのある男性にものすご~く弱くて、そういう男性がいるとすぐに好きになってしまうタイプだったっていうことを。すっかり忘れていたってことは、ここしばらく頼りがいのある男性にまったく出会わなかったのね、きっと。

惚れやすいのだけれど、だいたい一週間もつきあうと、相手の頼りないところが見えてくるので、あっと言う間に熱が冷める。高校生の頃からデートが苦手だった理由はこれ。うきうきするのは一回目だけなんだもの。あとは頼りがいのない男性なんてうんざり。

なんてことをボォーと考えていたら、大学生の頃の私の問題を思い出した。私、口先では、「女性は自立しなきゃ」みたいなことを言っているけれど、基本的には人に頼るのが好き。自分の力で何かやって御覧なさいなんていわれるととたんにパニックになる。

まあ、留学資金も含めて、アメリカに来てからは経済的にはずっと独立してたでしょうがって言われちゃうとそれもそうなんだけれど、なんか綱渡りしている気分で落ち着かないんだよね。

そう。男女は同権だ!私を女扱いするのはやめてよね!とずっと思いつつ、その実、男性は女性を守るものっていう古~い考えを無意識のうちに持ち続けていたのですね。男女が同権であるならば、自分の身は自分で守ってしかるべきなのに。

私が社会の中で生きるグループとしての「男性」に理不尽な怒りをぶつけていたのは、あるいは、私が一番助けを必要としていた(で、助けてもらえるものと信じ込んでいた)時に手を差し伸べてもらえなかったことへの逆恨みなのかもしれません。自分の身を守るのは自分しかいないということに気づかずに。

まだよくわからないけれど、前世からの怒り(?)の原因のひとつが見えてきたような気もします。
そんなことを考えていたら、昨日不思議な夢を見ました。「あ、パターンが変わった」とは思ったのですが、内容書き留めておかなかったので詳細は忘れちゃいました。いつものパターンの出口を探して逃げ回る代わりに、入ってはいけないところに入っちゃってはらはらどきどきいたずらをしている夢だったような気がするんだけれど...

コメント

男性的?

なぜかわからないけれど、どういうわけか…という自分だけ? と思う傾向がありますね。

先日からアップしようと思っていて、しそびれているんですが、長崎大学の先生が指の長さを見れば、男性的か女性的かわかるというのを聞いて、自分が男性ホルモンを多く浴びて生まれてきたので、ものごとの考え方が男性的なのだということを知りました。
どうりで「女性らしくて繊細」などと言われると、激怒しちゃうんだろうなあと納得(笑) 同調されるより、違いを認めてほしいと思う点など、ちょっとだけすっきりしました。

反応の条件?

こんにちは。
個人の価値観は、育った環境の刷り込みなんでしょうね。
宗教と同じです。宗教なら、自分で再選択する事もできますけど、
価値観は反応している自分を認知した時に修正する以外ありません。
オーバーライドも報い改めもできないです。
しかも、それができるのは、かなり理知的な人ですね。
男性的女性的という事も価値観に依存しているので、ホルモンには
関係ありません。
前世というのも・・・世界の80%の人には、ないものですからね。。。
でも、Sakulanboさんの場合はアメリカの職場の方が仕事しやすい
のではないでしょうか。。。日本では、とても大変そうです。。。

レイコ様

指の長さと男性ホルモンの関係ですか?
興味深いですね。
↓のコメントにもありあますように、何が男性的で
何が女性的かは社会によって変わってくると思いますし
男女差よりも個人差のほうが大きいのも事実ですが
一般的に、男性は空間把握能力に優れていて、女性は
言語能力に優れている傾向があると言われてますよね。
小学校入学以前の男女の遊び方の違いがこれに影響している
なんて学説もあるようですが、ホルモンバランスの違いが
特定の器官の発達に関与しているという考え方でしょうか?

LaceyBlue様

そうなんです。大学生の頃に、私もすっかり
擦り込まれちゃっているんだなあって真剣に
悩んだのですが、すっかり忘れてました。
日本では、男性ばかりの中になぜか一人だけ
放り込まれるケースが多くて、そういう時は
居心地がよかったです。うっかり女性ばかりの
グループに紛れ込んじゃうともう大変でした。
おっしゃる通り、アメリカの生活はかなり気軽
ですが、これも、女性ばかりのグループに属して
しまうとちょっと息がつまります。
前世なんて本気で信じているわけではありませんが
ものの例えとして、日本人通しだと
話が通じやすいですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakulanbo.blog60.fc2.com/tb.php/1856-55863dcd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。