さくらんぼのアメリカ日記 貸金庫を英語で言うと

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貸金庫を英語で言うと 

Safe Deposit BoxそれともSafety Deposit Box?

どうも、私は英語の会話の内容の細部を日本語で記憶してしまう傾向がある。日本にいた頃はもっとひどくて、英語の会話の内容は自動的に日本語に置き換えられて頭の片隅に記憶されるというシステムだった。一度なんぞ、英語の先生と「都合で授業を休みます」「では、掲示板に何か張り出されるかもしれないからよく注意してみて置くように」という会話を英語でしてから、直後に、はて、「私、掲示板って英語でなんていうのかしらないぞ。あの先生、いったいなんていったんだろう???」といくら考えてもわからなかった。大方、Boardあたりだろうとは思うのだけれど。

今回のもその類...っていうか、今回は少し時差があって、会話の直後は英語で覚えていた気がする。何かの弾みで重要書類は銀行の金庫に預けておくのが安全ということになって、そういえば、私の銀行口座、貸金庫のサービスがついていたんだっけと思って、銀行のカスタマーサポートに電話したときは、なにも心配せずに普通に話した。電話の向こうで私の口座を調べてくれて、「あ、この口座なら使用料は無料だから、口座のある支店にいけばすぐ使えます。」と教えてもらって、いざ、銀行に行ってこようと思った途端に不安になった。

「はて、銀行の貸金庫って、英語でいったいなんて言うんだったっけ?と
だいたい、こういうのは自然に話しちゃえば口をついて出てくるものであって、考え出すとわからない。あれ、Safe deposit boxだったっけか、それともsafety deposit boxだったっけかと急に不安になった。なぜかオンラインの辞書にアクセスできなかったので手元の電子辞書を見ると、Safe deposit box ってなっているのだけれど、気分はsafety deposit box でも、金庫だったらsafeのような気もするし...
とぐぐって見ると...
両方ヒットするんだよなあ、これが。
迷うときはだいたいこう。きっとどっちでもいいんだろうなあって気分になってきた。ちなみに、近くにいたアメリカ人二人に聞いてみると、即答はなかったものの、二人とも、Safety deposit box のほうが自然とのこと。
私もそう思う。ただ、ちょっと不安なだけ。ちなみにGoogle検索ではsafe deposit box のほうがヒットの数はやや多めですが、ヒット件数でこちらが圧倒的に多いってものでもなかったし、そもそもGoogleのヒット件数だけだとあんまり信頼性がないし...
こういう、「どっちでもかまわない」とか「文法的には正しいけれど慣用で。。。」とかあって答えがでないから、子供の頃から英語とか国語は嫌い。どうしていまだにアメリカで苦手な英語で苦労してるんだか。
以下、食事記録
朝ごはん

IMG_2144.jpg

お昼は一昨日の夕食と一緒なので写真なし。
IMG_2146.jpg

セロリの炒め物。ロースとビーフの残りとケイパー、トマト入り。
すごっくおいしかったのだけれど、私、やっぱりセロリにアレルギーがあるみたい。前から疑ってたのだけれど、てきめん、顔が痒い!カーボ食べないと多少は大丈夫なんだけれど、朝からは冷凍花巻と冷凍焼き豚食べてるし...

ちなみに今朝の体重は91.8ポンド。


↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakulanbo.blog60.fc2.com/tb.php/1874-8f00686b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。