さくらんぼのアメリカ日記 コンドミニアムを衝動買いするまで(6)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンドミニアムを衝動買いするまで(6) 

予約投稿です。もし、日本に行っているようであれば、コメントのお返事は、申し訳ありませんが来週以降になると思います。ご了承ください。

銀行の融資担当者に電話したのと時期を同じくして、割りに最近家を買ったという人に、「いいリアルターだったら紹介してね」とお願いしておいたら、「高いところばっかり紹介する人だけれど、時間をかけてゆっくりいろいろと紹介してもらうのはいいかもよ」と名刺をもらった。銀行の人もリアルターには予算より低めの金額を伝えるようにってことだったし、まあ、あとでゆっくりと電話でもしてみようとそのままに。

本当は、アポの電話だけのつもりだったのだけれど、電話口でささっと試算してくれて、君のDebt to Income ratio だったら、多分、このくらいの金額の物件がかえて、それだと月々のローンの返済金額がいくらくらいで、税金その他の支払いがいくらくらい...」と教えてもらったので、さっそくオンラインで金額を入力していろいろ検索してみた。

ほんと、いろいろあるのですね。
わかったことは、場所とか条件を選ばなければかなり安いものがあるということ。あくまで「選らばななければ」の話ですが、安いところだと、今払っている家賃よりもローンの返済金額のほうがずっと安くなります。ただ、こういうところって、きっといわくつきなのですよね。場所が悪くて安全な地域じゃないとか、古いとか、修理が大変とか、いろいろありそうだし、安いところは見かけもそれなり...

とりあえず、「ベッドルーム一室か2室のコンドミニアムで、会社から車で30分以内、できたら比較的新しい物件でキッチンが使いやすそうなところ」と言う条件で選ぶと、対象になる物件は意外に少ない。ぱっと目よさそうなところに、「詳しい情報を教えてください」との連絡を入れて、あとは、ちょうど週末だったので近場のオープンハウスを3件見つけて住所をメモ、地図を印刷しておいた。土曜日に2件見に行って、日曜日に一件見てみよう。まだリアルターもいないけれど、急ぐ買い物ではないし、とりあえず見るだけだからと。

最初に見たのは2009年に建てられたコンドミニアムで、一目みて気に入ってしまった。ダウンタウンの真ん中にあって、周囲にはおしゃれなカフェとかが一杯。コートヤードもすごっくお洒落に作ってあって、ここに住んだらヤッピー(死語?)生活そのまんまっていう感じ。てっきり、入居したはいいけれど、手放したくなった人が売りに出しているのかと思ったら、実はまだ新居の入居者を募集中のもよう。

モデルルームは2ベッドルーム用しかないということだったのだけれど、キッチンがものすごくステキで、「うわ~、いいなあ!」と思った。ただ、この2ベッドルームは融資担当者が、「もしかしたらこのくらいまでは融資できるかもしれない」と言っていたぎりぎりの線。私のクレジットスコア、悪くないはずだから、多分融資はしてもらえると思うけれど、こんなものを買ってしまったら月々の返済で破産してしまう。もしここのコンドを買うのなら、ワンベッドルームしか手が出ないだろうなあと思って、ワンベッドルームを見せてもらった。

4階のペントハウスということで、ぱっと見、悪くはないのだけれど、キッチンのカウンターがモデルルームのものよりも一ランク劣る。まあ、これは頼めばアップグレードしてくれるらしいけれど。キッチンの広さはそこそこなんだけれど、収納スペースが少ない。おまけに北向きでバルコニーがないのがかなりネック。でも、すご~くステキだから買いたい気分に変わりはない。

だ・け・ど...

階下を見下ろすと、交通量の多いメインストリートに面していて、道の向こう側にはなんとカルトレインが走っている。それを考慮して窓ガラスが厚くなっているってことなんだけれど、なんだかなあ。ストーレージがほしければ別料金で購入できるよってことだったのだけれど、セールスの担当者がいないとこうことで値段がわからない。

とりあえず、ファイナンスの担当者が受付をしてくれたので、「ローンの申請はどうしたらよいの?
と聞くと、申請用紙を渡してくれて、これに必要事項を記入してあとは2年分のW2フォームと銀行の残高計算書のコピーをFaxすればすぐにローンが下りるかどうか連絡してくれるとのこと。電子フォームがよければ、月曜日の朝にメールで送りますとも言われた。とりあえず資料をもらっていったん帰ることにする。

ここのモデルルーム、本当にステキだったのですが写真撮りそびれました。
写真と本文は関係ありません。
ie2.jpg
(続きます)


↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakulanbo.blog60.fc2.com/tb.php/1893-f11aeb63

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。