さくらんぼのアメリカ日記 また世界が変わった

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また世界が変わった 

例によってひとりごとですが、その前にたまっている食事記録の一部をアップ。

サーモンで作ったパテというかサーモンバーグというか...salieさんのところでおいしいと教えていただいた、確かソッカリー(だったかな)のサーモンの缶詰がコスコに売っていたので買ってきて作りました。缶詰をあけてパン粉と卵とケイパーとレモンお皮のみじん切りをちょっと入れて、あとはまとまるまで小麦粉を入れて、小麦粉をまぶしてオリーブオイルで両面カリッとなるまで焼いたものです。思いつきで入れたケイパーとレモンの組み合わせが大正解で、わしわしと食べてしまいました。
IMG_2611.jpg
完全なありものサンドイッチ。まったく見た目通りです。
IMG_2608.jpg
寒い日の友。圧力鍋で一瞬でできるスープ煮。
IMG_2605.jpg
同じくスープ煮と冷凍庫から発掘した花巻のサンドイッチ
IMG_2599.jpg


↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ


ここからはたわいもない独り言。
今朝、会社まで水辺を歩い行った時に目にしたカナダ雁の形があまりにもすっきりとしていて、「あ、私のすむ世界がまたちょっとシフトしたな」って思った。

よく、臨死体験をした人とか、悟りに近い体験をした人とか、その直後に目にする当たり前の風景が、何もかもみずみずしくて生命力に満ち溢れているのを感じるようになったなんて話を聞く。ヨガの週末ワークショップに行った時も、「あそこにいくとそんな体験ができるのよ」と目を輝かせて語る経験者はいたけれど、素直じゃなくって催眠感受性ゼロの私は、そういう体験は皆無。今回も、へえ、カナダ雁がすっきり見えるってことは、木々の緑が一段とみずみずしく見えるってかと思って見直してみたけれど、いつもと変わらず、ようするにたいした変化はおきていない。

でも、また一皮剥けたような気がするんだよね。多分、先日の同僚とのいざこざがきっかけで、人間の心の奥底にはどろどろしたものが潜んでいるんだって気がついたのが原因だと思う。無意識の奥底に閉じ込めていた何かが出て行ったのでしょう。いろいろなこと(多分、普通の人は普通にできるごく普通の人間関係のやりとり)が、またほんの少し楽にできるようになりました。あれ、またですます調とである調がまざってる。ま、いいか。

いつも思うのだけれど、で、今回は、そんな劇的な変化ではないので、この感覚は以前に感じたものなのだけれど、自分の中のどうしようもない感情を解き放つことができた初めて、この意識化の感情がいままでどれだけ自分を苦しめていたか、そして、苦しんでいることに気がつかずに、ひたすらもがき続けて、そのもがく姿が、見る人から見たらいったいどれだけこっけいであったか、そして、気がつかないうちに身近な人たちにどれほどあたりちらしていたのか、あるいは、あたりちらさないまでも、固い鎧を身にまとって自己防衛に走っていたのかわかるようになる。

こういうことを書くと、真剣にいろいろなことを信じている人達から怒られそうだけれど、所詮、悪魔憑きとか祟りとか因縁とか過去生とかいうものは、こういったいろいろなことの渦中にいて現実が見えない(私も含めた凡人の)ほとんどすべての人に、手っ取り早く真実の一部をわからせるための比喩的な表現なんじゃないかと思う。人間の内面を垣間見た結果、私の中に住む悪霊がまた一匹出て行ったって感じかな。いまままで私に付きまとって好き勝手なことしてたからね..って嘘だけど。

で、世界がかわったからっていつものあなたのまんまだし、何が変わったのって言われそうだけれど。
さっきも書いたけれど、いろいろなことがまたちょっと楽になりました。

コメント

こんにちは。
一言でいうと「気の持ちよう」なのでしょうか。
人によっては、すべては単なる現象で人が介在するから意味を持つ、
なんていう人もいるのだけれど、私はそれこそ人間の傲慢だと思います。
世界は人間なんて関係なく動いていきます。そういう事に気づいた時に、
人間は、なんと小さな事に拘っているのだろうと感じ入ってしまいます。
人間が変わろうがいなくなろうが、世界は人に関心はないのです。

LaceyBlue様

あ、「気の持ちよう」っていう言い方もできますね。
ただ、この言葉の「気」は「気の流れ」みたいな深い
意味があって...なんていう人もいます。
すべての現象は人が介在するから意味を持つ思いませんが
人の目というか頭脳を通してみるものと、別の生物、
あるいは、自分以外の別の人の目から見るのではまったく
違ってくるのかなあなんて時々思います。
人類は滅亡するだろうけれど、地球は惑星の寿命が尽きるまで
は存在するだろうとは言われてますね。最後まで生き残るのが
ゴキブリだなんて話も聞きましたが、真偽のほどは不明です。
いずれにしても遠い将来は存在する生物の形態もまったく異質の
ものになっている可能性はありますし。
人類というか高等生物の滅亡と共に神の概念も消え去るんだろうか
なんて書いたら、それこそこのアメリカでは、火あぶりとは
言わないまでも、つるし上げにあいそうですね。

こんにちは。
あっこれ、いいネタです。いただきます。
「人間の滅亡と共に神も消える・・・」
まあ、人がいなくなっても別の知性がいるかもしれないけど。。。
アメリカでは大丈夫ですね。いままでも日本人が生きていますから。
何せ日本人は世界の8割が信じる神の概念を持たない希少な民族ですからね。。。

LaceyBlue様

あは、これはあくまで時間が直線的に
過去から未来に向かってのみ流れていると
仮定した場合の話ですけれどね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakulanbo.blog60.fc2.com/tb.php/1937-03488141

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。