さくらんぼのアメリカ日記 アヒルと鴨と、雁とガチョウと

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アヒルと鴨と、雁とガチョウと 

先日、遠くにこんな鳥さんをみかけて

ll5 017
わあ、白鳥が来ている!
ll5 018
と思ってカメラに収めたら、ガチョウさんでした。
ll5 019
時々、カナダ雁とガチョウの混血じゃないかと思われる子を見かけるのですが、こちらは3羽で仲良く泳いでいた姿。今はお相手探しというところでしょうか?それとも親子?
gachou.jpg
お相手といえば、こちらも毎年見かけるつがい。白いと鴨じゃなくてアヒルに見えてしまうのは私だけでしょうか?
ll5 056

雄の鴨はもう少し羽の色合いが派手ですので、白いほうが雄ですね。時々、このカップルの子供と思われる、胸のところだけに白い羽の生えた雄の鴨とか、茶色にうっすらと白い羽がまざったメスの鴨とかもみかけます。

で、こちらは今朝みかけた白鳥さん。
ll5 060

地震のニュースを知る前に能天気に撮った写真です。

白鳥の写真は、今朝のもの。
どうして人は何千年もの歴史の中で、いつもいつも同じようなことを繰り返しているんだか...
自然界の中で人間だけが寿命をどんどん延ばしていって、でも人間性とかそういう点ではここ数千年でほとんど成長してなくて、小さいよなあ...幸せにとっぷり使っちゃうとその幸せに気がつかないし...だからって不幸が必要だなって口がさけても言わないけれど...
ひたむきに生きる動物の姿はやっぱりいいなあ...
なんてボォッと考えながら撮りました。
そしたらあの地震のニュースで...
なんだかいたたまれない気分でおります。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakulanbo.blog60.fc2.com/tb.php/1941-c4b9be26

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。