さくらんぼのアメリカ日記 セントパトリックスデーのコーンビーフ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セントパトリックスデーのコーンビーフ 

アップが遅くなりましたが、3月17日、セントパトリックスデーに食べたコーンビーフです。
IMG_2822.jpg
この時期、どこのスーパーでも牛肉を塩漬けにしたコーンビーフとキャベツが特売になるので、たいてい、コーンビーフについてきたスパイスを使ってキャベツと好みの野菜と一緒に適当に煮込みます。

今回は、ベターホームでちらっと見たレシピを参考に、圧力鍋でコーンビーフと薄切りの玉ねぎを50分程煮込んでから、キャベツを加えて数分、キャベツの色と歯ざわりが残るように仕上げました。

アメリカのコーンビーフと、日本の缶詰のコーンビーフは別物っていう気がします。多分、素材は一緒なので、このコーンビーフ(それも、もう少し脂身の多そうな奴)を、圧力をかけてもう一時間くらい煮込めば、あの缶詰のコーンビーフの食感になりそうですが、今回、50分蒸し煮にした程度では、お肉の歯ざわりが十分残っています。

セントパトリックスデーは、何か緑のものを身につける日。髪に緑のリボンのついたバレットをつけていったのですが、今年は心なしか緑の服を着ている人が少なかったような...

あ、これは職場だけで、仕事からまっすぐ家に帰っちゃったからスーパーのレジとか銀行のテラーの人たちがどんな格好をしていたかは不明。

毎日、今日こそは車で会社に行って帰りに遠くのスーパーに行ってお買い物を...と考えるのですが、私、やっぱり車の運転が大嫌い...というか、正確には、車庫入れとパーキングが大嫌い。まっすぐ走らせることはできるのですが、停められないのです。普通の人とは逆かと思うのですが、つい楽なほうへ楽なほうへと流れる身なので、多少曇っていようが雨がふっていようが、かまわず毎日徒歩で通勤していて、結局終末までまとまったお買い物にいかない今日この頃です。あ、あるいて3分のところにスーパーがあるので、野菜とかは補充してますが。

徒歩だと18分とちょっと時間がかかるのですが、水辺をボォッと歩けるし、信号機とか他の車とか歩行者とかまったく考えずに、今晩のおかずとか考えながら歩けるので、で、車の運転中にこれをやるとうっかり止まれのサインとか見落とす癖があるので(汗)、やっぱり歩くのが正解ですかね。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

コメント

ブログを見るのをとっても楽しみにしています。

上越市の美容院で働く… 様

どうもありがとうございます。
こういうコメント頂くととっても嬉しいです。
また遊びにいらしてくださいね。

こんにちは。出ました!コーンドビーフ。。
こちらのより、おいしそうです。キャベツが緑色しているからですね。
トマトもあるし。。
ニューイングランドは、なぜか毎週木曜日のメニューなんです。
で、金曜日には、残りで煮込みを食べるという・・・アメリカ国内の
各地の習慣も面白いものです。ちなみに、アイルランドには、
コーンドビーフはなかったそうです。

LaceyBlue様

どうもありがとうございます。
え、ニューイングランドでは木曜日なのですか。
知りませんでした。ところ変わればって奴ですね。
コーンビーフ、てっきりアイルランドの食べ物かと
思いましたがアメリカの開拓時代のものでしょうか。
そういえば、セントパトリックスデーのレシピを
検索したら、アイルランドのレシピはラムを
使うけれどビーフで代用できるなんていうのが
いっぱいありました。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakulanbo.blog60.fc2.com/tb.php/1949-b6bac036

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。