さくらんぼのアメリカ日記 パラタ作りました

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パラタ作りました 

英語のスペルはParathaとなっているのですが、日本語はパラタ、それともパラサでしょうか?
フレーキーフラットブレッドとなっていますので、発酵させない層になったパンってことでしょうか?

IMG_2916.jpg

本当は全粒粉を入れたりギーを入れたりいろいろみたいんですが、手元の材料で作っちゃいました。
IMG_2920.jpg

適当に作ったチキン入りのレッドカレーにあわせてみたのですが、手前のパラタ、焼きが足りませんでした。

作り方は普通のクレープとか餃子の皮みたいに材料を混ぜてよく捏ねた(今回はフープロのプラスチックの羽でガー)後、ちょっと休ませてから打ち粉を振った台の上で丸く伸ばして、表面に溶かしバターを刷毛で塗って二つに折って、折った面にまた溶かしバターを塗って半分に折って(要するに最初の丸の1/4の形になっている)これを3mm厚さくらいに伸ばして、フライパンで両面3分くらいずつ、焦げ目がつくまで焼きます。裏面を焼いているときに表面にもう一度溶かしバターを塗ったもの。焼くときはヘラかなにかで押さえて焼きます。

材料は...確か
オールパーパス粉 3 1/4カップ
水 3/4カップ (適宜調整してください)
卵 1個
ビネガー 小さじ1杯
クリームオブタータ 小さじ1/4杯
ベーキングソーダ 小さじ 1/4杯
砂糖小さじ1杯
塩 小さじ1杯
(クリームオブタータがなければ、ベーキングソーダとクリームオブタータの代わりにベーキングパウダー小さじ1/2くらいで大丈夫かと)
水の量は適当に加減してください。
溶かしバター 大匙3杯強

8枚焼いたところでくじけました。溶かしバターが足りなくなったので。残りは、丸く伸ばしてフラワートルティーヤ風にしようかと思ったのですが、実に伸びのよい生地だったのでふと気が向いて、くず野菜で作ったドライカレーをアンにして肉まん風にしてフライパンで蒸し焼きにしてみました。
IMG_2924.jpg

う~ん、おいしいんだけれど、やっぱ皮が固い。やっぱ、平らに伸ばして焼くべきだった。

下は朝ごはん。久しぶりにパンの朝食。レンチンの手抜きゆで卵のマヨネーズ和えを添えて。
IMG_2911.jpg

夕食はカレーの残り(もともとスープ風のすごい薄味)にキャベツと水を足してスープ風にしたのだけれど、写真、アップしてないや。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

コメント

こんにちは。
これ、ナマステ~ですね。
日本語だと「パラタ」と書かれているものが多いようです。
マニアックなインド家庭料理ということですが、アメリカだと
冷凍パラタもあるようです。ポテトやカリフラワー、人によっては
大根のパラタも食べているようです。
お店のものは、私には「チヂミ」に見えましたけどね。

LaceyBlue様

はい、ナマステ~です。
お野菜入りのパラタは知りませんでした。
これにポテトやカリフラワーを入れたら、
ほんと、チヂミに近くなりますね。
少し層になっているので、チヂミと葱餅の
中間くらいでしょうか。
私が作ったバージョンはバターたっぷりなので
香ばしいです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakulanbo.blog60.fc2.com/tb.php/1958-ac9ba052

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。