さくらんぼのアメリカ日記 ノンオイルのセサミクッキーとポロ葱とカリカリパンチェッタパルミジャーノ風味

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノンオイルのセサミクッキーとポロ葱とカリカリパンチェッタパルミジャーノ風味 

ダイエット用に、バターの入らない軽いお菓子をと考えていて、中学生の頃に愛読していたお菓子の本に、和風クッキーが載っていたことを思い出しました。このお菓子の本、前半が洋菓子、後半が和菓子の作り方で、これは和菓子の部類に入っていたのですが、中学生の私には材料も作り方も洋菓子そのもの。なぜ、これが和菓子になるのだろうと不思議に思ったことを覚えています。

0_IMG_3287.jpg

詳細の分量は覚えていないのですが、洋菓子のほうにはたしかブッセと呼ばれていた、ビスキュイ種を固めに焼いたクッキー風の作り方が乗っていて、和菓子のほうが、ここから油脂を差し引いてけしの実を仕上げにふっていました。
なので、適当に作ってしまえと焼いてみたのがこちら。↑の手前三つは苺ジャムをはさんでいます。
IMG_3256.jpg

卵二個にグラニュー糖1/3カップ(約80CC)を加えて、マヨネーズ状になるまでしっかりあわ立てたところに、ジンジャーパウダー小さじ1/4杯とオールパーパス粉1/2カップ(約120CC)を加えてさっくりと混ぜ合わせたものを絞り出し袋に入れて丸く搾り出して、上からパラパラと胡麻をふって350°Fのオーブンで12分前後焼きました。生姜風味を出したかったのですが、小さじ1/4杯くらいだと全然足りなかったみたいで、生姜風味はとんじゃいました。卵とあとは上にふりかけた胡麻の味がする素朴な仕上がりになりました。カロリー低めなのですが、軽くて食べだすととまらないのが難点。
IMG_3265.jpg

実は、天板を二種類使ってまして、焦げやすい天板のものは340°Fで、焦げ目がつきづらいほうは375°Fで焼いていますが、普通の天板だったら350°Fくらいかと、このあたりはオーブンと相談して調整してください。

こちらは、ポロ葱蒸しとカリカリパンチェッタパルミジャーノ風味。ポロ葱のお料理はRyuji_s1さんのレシピです。
レシピを拝見してすご~く食べたくなってしまって、トレジョに行ったついでに材料を全部買い揃えてきました。パンチェッタはもともとダイス切りになっているので便利です。チーズもめずらしくちゃんと買ってきたのですが、写真はチーズふり忘れています。一口食べてから気がついてあわてて摩り下ろしました。
0_IMG_3329.jpg

これ、パン粉がカリカリでバターとパルミジャーノチーズとパンチェッタの味がマッチしてすごくおいしいです。リピ決定!
Ryuji_s1さん、ステキなレシピをご馳走様でした。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

コメント

さくらんぼさん
ポロ葱とカリカリパンチェッタパルミジャーノ風味
お作り頂き有り難うございます
嬉しいです
綺麗にお作りに最高です

ryuji_s1様

とってもおいしかったです。
ご馳走様でした。

こんにちは。
ポワロ、美味しそうです。
これだけディナーで満足できたら・・・
いいんですけどねぇ(笑)。
最近特に努力不足を感じます。。。

LaceyBlue様

どうもありがとうございます。
私の場合、基本的に一人なので
献立もなにもなく、その時の
気分で食べたいものを作って
食べてるって感じです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakulanbo.blog60.fc2.com/tb.php/1971-a81b7275

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。