さくらんぼのアメリカ日記 オーブントースターでミニキッシュ、あとひとりごと

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーブントースターでミニキッシュ、あとひとりごと 

春は卵の季節なのでしょうか?最近、あちこちの雑誌とかお料理サイトその他でオムレツとかキッシュのレシピをよく目にします。極めつけは、ベターホームのサイトで見つけたマフィン型で焼くオムレツ。卵6個で12個できていたので、卵1っ個なら二つできるなあと思いつつ、材料をキッシュ風に変えてありあわせの材料でオーブントースターで作りました。
IMG_4182.jpg
赤い色がないなあと思いつつ、人参刻むのも冷凍ベーコン解凍するのも面倒だったので、卵一個のチキンスープ(液体)大匙2杯とマヨネーズ大匙一杯、レンチン30秒のマッシュルームの薄切りとグリーンオニオン一つかみ、あと塩コショウしてオーブントースターで卵に火が通って指で押して弾力が出るくらいになるまで(多分15分くらいかなあ)焼いたものです。
IMG_4183.jpg
こちらはちぎっただけレタスのサラダと残り物を一まとめにしてトマトジュースで煮込んだミネストローネもどき。
IMG_4156.jpg
残り物に冷凍してあった芽キャベツを足しただけのお弁当。
IMG_4142.jpg
はあ、今年の抱負、丁寧な生活だったんだっけ???
手を抜ける限り抜きたいこの性格、なんとかせねば...

以下、ひとりごとです。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

最近、本当に昨日の続きは今日で今日の続きは明日なのかな???
と、突拍子もないことを考えるようになった。

基本的に子供の頃から、「やりたい」よりも「知りたい」という性格。人が何か言ったりやったりすれば、かならず「何故?」と問うてしまう。一般的にはかなり不愉快と思われる内容でも、「何故」の答えがわかると納得してしまうのであまり気にならない。「人がいいねえ」とよく言われる所以。逆に心地良いことでも、「何故」の答えがないと表向き、嫌うことが多い。「面倒だよ、そんなの。やる必要ないじゃん」と。知りたいことの探求にはやっきになるし、行動も伴うのだけれど、いったん答えがわかってしまうととたんにやる気をなくす。できるってわかりきったことわざわざやってもつまらないじゃないって。

で、理屈あわせとつじつまあわせのために常識的な部分を覆した発想って大好き。数式の深い部分まではとうてい理解不能だけれど、等式の右と左を合わせるために時間の概念を変えてしまった(って単純化しすぎてますが)アインシュタインの特殊相対性理論には夢中になった。

同じ理屈で、今回まとめて読んだ、「引き寄せの法則」と「ザ・シークレット」にも惹かれた。「ザ・シークレット」は一般論としてはすごいけれど、現実問題、凡人には実行不可能、「引き寄せの法則」はハウツー本みたくなりすぎていて、細部でつじつまがあわないけれど、この理屈をあてはめると、過去の「???」の部分がかなり解決する。

いつも書いているけれど、いわゆる「宇宙の真理」みたいな究極の真理は深遠すぎて、凡人には理解不能だから、その一部だけでも紹介するために実に多種多様な説明が存在するのではないかと思っている。生まれ変わりにしたって、実際そんなものは信じていないし、たとえ生まれ変わったところで、現在の記憶をすべて忘れ去ってゼロから出発するのなら、魂がつながっていたところでなんの意味もないんじゃないかと思うけれど、過去生を見てもらったなんていう人の話を聞くと、過去生がその人の現在の性格とか特徴、人生過大なんかを実に簡潔に表現していて、実に興味深いと思う。

あ、でも、「ザ・シークレット」について書くんじゃなかったんだ。時間がつながっているかどうかでしたね。私、時々突拍子もないことをする性格らしくて、過去の私と今の私の生活があんまりつながっていない。まあ、以前、同じ学校に通っていた10年間はかなりつながっているんだけれど、就職したらもちろん今までとはまったく違った世界だったのだけれど、これは誰でも経験することなんじゃないかと思う。

な~んとなく、当時の風習で、お嫁に行くまでその会社のお世話になるのではないかと思っていたのだけれど、景気が思いっきり悪くなって雲行きが怪しくなってきて、気がつけば「や~めた」って言って、アメリカに来てしまった。それまで忙しかったから2~3年に休暇のつもりで、休暇が終ったらまた日本に戻る予定だったんだけどねえ。

普段は、明日は今日の続きって考えているのだけれど、割りに面白そうな話には飛びつくタイプなので、一本の電話で翌日以降の毎日がガラッと変わってしまったことも何度かあった。ときどき、「ここはどこ?私は誰?」って気分になる。

で、最近、思う。毎日、夜寝て、朝起きて、この朝が昨日の続きだって保証はいったいどこにあるんだろうかって?仏教で言うところの「いっさいが空である」というのが正しいとすれば、この世は私の自我だかなんだかよくわからないけれど、なにかが作り出している一瞬のまぼろし...そのまぼろしが連続してなくって、毎朝新たに作り直されていても実は不思議じゃないんじゃないかな...なんて突拍子もない考えにはまっているみたい。すぐおさまると思うけれどね。

コメント

こんばんわ、Sakulanboさん。

私もシークレットと引き寄せの法則読みました。
実は元々こういうタイプの本がすごく好きなんですけど、
引き寄せの法則はまさに真実だって確信しています!(すぐ影響される私です)

ポジティブ思考が私の基本理念なんですが、もともと心配性なので、
ちょっとネガティブになった時なんかに、
そうじゃないよって、自分に言い聞かせるのにも役立ってます。

ご無沙汰しました。
Sakulanboさんのお料理は相変わらず、お野菜たっぷりで、とてもおいしそうですね。
春先は卵料理がなんだかおいしそうですよね。先日から、レンジでお手軽温泉卵作りにハマっていました。

私も昨日の続きが今日だなんて、絶対ではないんじゃないかとよく思います。

猫子様

ポジティブ思考が基本理念で、でも心配性って
すごくよくわかります。
引き寄せの法則、ああ、あたってるなって
思うところはたくさんありますね。

Re: タイトルなし

レイコ様
お久しぶりです。
こちらだとイースターと卵の連想で
あと、デコレーションとかも黄色が
多くなって、卵やレモンをテーマに
したものが多くなるのですが、
日本も春はやっぱり卵なのでしょうか。
レンジで作る温泉卵、いいですね。

こんにちは。
昨日の続きが今日で今日の続きが明日・・という保障はないです。

人には知りえない事が常にすぐそばにある、という事で納得して
います(笑)って、納得になりませんね。。。

今日拝見していて、メカニックの人たちを思い出しました。
こういう人たちは往々にして、故障した原因特定に膨大な時間を費やし、
ほとんど完璧と思える対策を立てると、その処置に満足してよく眠れる
そうなのですが、肝心の故障はまだ直していなかったりするのです。
原因と対策が見つかると、まだ解いていない答えも見つかったと
錯覚するようです。

「何故」の答えを得てしまうと、その事象がなんら解決されていなくとも、
人は安心できるものなのですね。。。

LaceyBlue様

時間のつながり、流れだけではなくて、子供の頃読んだSF小説みたいな、もしかしたらこの世には無限の数の網の目状の小宇宙があって、なにかの拍子にとなりの宇宙にシフトしちゃっている、そんな朝もあるんじゃないかなあなんて思っている今日この頃です。
答えがわかると興味をなくすって、やっぱ、エンジニア系の人の考え方に近いですね。そのタイプの人とは話が合うのです。逆に、ものごとを感覚的に受け止めるタイプは、ものごとの本質は見ない代わりに、きっちりとすべて最後まで完成させてくれるような気がします。彼ら自体が、その状態まで持っていかないと落ち着かないらしくて。コンピュータも、私にはシステムの設計はできるけれど、根気を要するプログラミングは無理だなあとあきらめました。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakulanbo.blog60.fc2.com/tb.php/1997-412606e0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。