さくらんぼのアメリカ日記 あとで後悔しそうなことは...

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あとで後悔しそうなことは... 

昨日はネットの調子が悪くてアップできず。
これは昨日か一昨日にアップしようと思っていた内容ですが...
とりあえず、土曜日のお昼のお持ち帰りのチャイニーズランチの一部を最初に。
IMG_4875.jpg
アントレ3種類とお饅頭の組み合わせだったのですが、お饅頭は小さなお野菜入りのを頼んだので二つついてきました。この他にお魚のフライもあったのですが、これは多かったので後にまわしました。スープはサービスです。あとはトマトとアメリカンチェリーを添えて。
最近、食べすぎとの声が聞こえてくるので、半分はお弁当にしましたが、もちろんお代わりはしました。

以下、ひとりごとです。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていたけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

いつも書いているけれど、私、かなり小さな子供の頃から醒めているガキだった。で、見た目そんな風には決して見えない(←つまり子供っぽい)のだけれど、じつはものすご~く老成していた。ほとんどのことは大人から教えられる前に、「うるせえよ~、そんなこといちいちいわれなくったってわかってるよ。そんな当たり前のこと、なんでやってみる必要があるんだよ。え、結果、わかりきってるじゃないか。つまんねえよ」というタイプだった。で、かなりいろんなことをわかったつもりになっていた。というか、いまでも、わかったつもりになっている。

これを究極まで引き伸ばしてしまうと、人生なんて面倒くさいよ~。大人になってよ~。その辺の姉ちゃんみたいにちゃらちゃらと化粧しておしゃれしてよ、その辺のくだらない男ひっかけて結婚して子供生んで同じく子供みたいな亭主の世話するなんてわざわざ苦労しょいこむみたいなもんじゃないか。で、70年かそこら生きて結局死ぬんだろう。なんでそんなわかりきった人生送らなきゃいけないんだろう。でもさ、こういう性格だから、どうせ、「おもしろくえね、つまんねえ、めんどくせえ」って言っている間にとしとってよ~、あっと言う間に80歳くらいのおばあさんになっちゃうんだよなあ。で、死ぬときに、「結局、私って面倒っていってなにひとつやってこなくて、8○年の人生を無駄にしちゃったわ」って後悔して死んでいくんだよなあ、あ、先行き暗いわ」とそこまで考えちゃうタイプ。ま、さすがに4歳の子供の頃はここまで考えてなくて、これは18歳くらいのときの考えだと思う。18歳にしてきれいな姉ちゃんのおしゃれがきらいと思ってたあたり、私の女性としての性格がいかに発達未熟かが垣間見えているけれど、その後、こと女性性に関しては成熟が進んだ気配なし。一応、「世間の常識」として、「人様に不愉快な思いはさせない程度」の身だしなみは、覚えている限りは気をつかっているけれど、よく忘れるんだなあ、これが。

閑話休題

いまからわかりきっている、死ぬ間際の後悔をしないためになんとかせねばと考えたんだっけ。もっとも、死を自覚するということは、○○短き恋せよ乙女...じゃなくて、人生短し食せよSakulanbo...になっちゃうあたりが困ったことなのだけれど。

私の場合、「わかりきったことはつまらないからやらない」というのに加えて、「怖そうなこと、恥ずかしいこと、みっともないことは絶対にしない!というのがある。

で、ほとんどのことは怖くてできない...
(いえね、昔に比べるとかなり恐怖心はかなり薄れてきたというか、消えているといっていいんだけどさ、やっぱね)

このままいったら死ぬとき後悔するのは目に見えている。

一度しかない人生、何か得たいの知れない怪物を恐れて、ホビッツの住む洞窟の奥深くに隠れ住むことにあこがれてひたすら逃げ回って暮らすかわりに、自分の人生を歩んでおくんだったと。

だから、何か迷ったときは、とりあえずやってみようと思う。怖いものがあったら、逃げずに前に、前に進んでみようと思う。なにかうまくいかないことがあったら、状況や人のせいにするのはやめようと思う。そして、いろいろな人は物事を色眼鏡で見るのはやめようと思う。「ああいう人は嫌い」とか「ああいうことはいけないことなのよ」とか、「ものごとはこうあるべきだ」っていう色眼鏡、外そうと思う。

で、おいしそうなものがあったら...とりあえず食べておこうと思う。
あれ、なんでこうなるの???

コメント

ませていた・・・

こんにちは。
「ませた」子供。普通に見られる子供の行動ですよね(笑)。
でもそれはやっぱり、子供の思考・行動に過ぎなかった
のではないでしょうか。試したいけど勇気がない事を
いろいろな理由でごまかしているだけですね。
賢い動物ほど好奇心が強いのが自然です。

なんにせよ、味わって見ない事には、美味しいか不味いか
分からないですからね。眺めているだけで、後から「あの時
食べてみればよかった」と後悔しないようにしたいものです。

LaceyBlue様

ほんとうにその通りですね。
所詮はませた「子供」にすぎないのです。
今更の感はありますが、食べず嫌いをせずに、
いろいろなものを味わってみたいと思います。

久しぶりにおじゃましました

私も、できないと思ったら手を出さないタイプです。できなくてもやっているのは仕事だけ。(関係者の皆様、ごめんなさい。)だって、失敗してみじめな思いするより、もともと関心がないからやらないのよ、って顔していたいんだもの。

miyu様

まあ、仕事以外で苦手なこととかできそうもないことに手を出すってことはまずないですけどね。
私の場合、できなそうなことはやらないのに加えて、できるとわかりきっていることもやらないのです。なので、結局な~んにもやらずにお昼寝して、お腹が空いたら起きてご飯食べるだけの生活っていうのが結構好みだったりして、ほうっておくと、とんでもなく怠惰になっちゃうんですよね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakulanbo.blog60.fc2.com/tb.php/2044-3c042244

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。