さくらんぼのアメリカ日記 モンキーブレッド・レディーメイド万歳

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンキーブレッド・レディーメイド万歳 

例の「友人を太らせよう」ディナーの後、友人が持ってきてくれたお料理雑誌をパラパラと眺めていたら急に作りたくなったので、その場でちゃちゃっと作った超手抜きのモンキーブレッドです。どのくらいの手抜きかと言うと、新しいレシピなのに、写真の指示だけ読んで、レシピの分量読みませんでした(汗)

IMG_7077.jpg

ビスケット種の代わりにイーストを使った手作りのパン生地でもできるようですが、今回は市販の一番小さなサイズの筒状の容器に入ったビスケット種を使いました。ビスケット一つ分を手で3つくらいにちぎって、2cmくらいのボール状にまるめて、ブラウンシュガーとシナモン(間違えてグラニュー糖もいれました)を混ぜたものをまわりにコーティングします。バターを耐熱容器に入れて電子レンジでチンしておいて(レシピは多分少しミルクがはいっていたようですが、私は省略)、シュガーコーティングしたビスケット種をバターにくぐらせて、薄くオイルを塗ったクグロフ型に並べていきます。全部入ったら350°Fに余熱したオーブンで約25分、お砂糖がとけてキャラメル状になるまで焼いたら完了です。お好みでアイシングをかけても。
IMG_7064.jpg

こちらは同じく市販品のドウを使ったビスケット。朝ごはんに食べました。
IMG_7066.jpg

目玉焼きとバジルとトマトをはさんで
IMG_7067.jpg

二つに切るとはいこの通り。塩少々と胡椒をきかせて食べるとたまりません。マヨネーズやオーロラソースも合うと思います。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

よく、市販のケーキミックスやパイシートを使うことを「主婦失格」みたいに考えてらっしゃる方にお会いすることがありますが、私は忙しい時は市販品をよく使います。特に、冷凍の折込パイシートやフィロの生地なんかは、時間をかけて手作りするよりも、はるかに手軽で使い勝手がよいかと。パイ皿に敷きこんである形のパイ皮は、最近は時間があるので手作りすることがほとんどですが、以前、忙しい時にパーティーに及ばれしてデザート係りを任命された時などのために、冷凍庫に市販のパイ皮1セットと、フィリングに使える黄桃か何かの缶詰を常備していました。パイ焼いて、時間があればカスタードでも作って、フルーツを乗っければできあがり。時間のない時は、パイ皮の上にパン粉を敷いて、フルーツをのせて、生クリームと卵とお砂糖を混ぜ合わせたものを流し込んで焼けばできあがり。すごく便利です。

市販のホットケーキミックスはほとんど使わないとどこかで書いたかもしれませんが、あれは、人工のバニラの香りがちょっと鼻につくからです。で、その理由は、子供の頃、実家で食べていたホットケーキがこの味ではなかったから。ただ、以前に読んだ、Food & Scienceによれば、市販品のお菓子の90%は本物ではなくこちらの人工バニラを使っているとか。

子供の頃大好きだった神田精養軒のマドレーヌには人工バニラの味はしませんでしたが、同じくよく食べていた、スーパーの袋入りのカップケーキは人工バニラの香りでした。これはこれですごくなつかしくて時々食べたくなります。

市販のケーキミックスがふわっと柔らかく仕上がり日持ちするのは、BPの種類が少し違う(多分、アルミ化合物入りのタイプ;でも、人体に影響がないことは実証済み)こと以外は、砂糖と油脂の含有量が多いことと、グルテンの少ない小麦粉を使っているのが原因ではないかと思います。「ああいうのは体に悪い人工的なものばかり入っている」という批判は好きではありません。もちろん、お砂糖たっぷりですから、体によくないことは事実ですが、そういう批判をするかたが、お砂糖抜き、ローかーボ、ローファット、外食を含めてすべてオーガニックしか食べないといったダイエットをしていれば、そいうう批判も理にかなっているかなあという程度。個人的には、「おいしければなんでもいいや」
あ、乳化剤(だったかな)にレシチンかなにかを入れているケースもありますが、これ、ローファットダイエットのレシピだと手作りレシピにも使うように薦めてますね。

味の素その他の化学調味料もよく批判の対象になりますね。ごく稀に、化学薬品にアレルギー反応を起こす人がいますので、あと、グルタミン酸ソーダは過敏症の人がいますので、そういう方は避けたほうが無難というのはわかりますが...

実は、以前に、鶏のガラと野菜たっぷりの手作りスープストックを作って、余ったのでいろいろな材料を入れて、また煮直してと、かなり複雑な味になったのです。最後に、余った海老の殻を入れて煮直した後に、卵を入れてかき玉スープにしたら、いわゆる「化学調味料たっぷり」の市販のインスタントスープの味になりました(!)誓って書きますが、100%手作りのスープストックです。あれは、「うまみ調味料」というだけあって、人間の舌においしく感じる味が気楽に再現できるように作り出した味なのですね。毛嫌いする必要はないんだなあと思いました。

で、長々と言い訳した後ですが
はい、もう書きましたように、↑のビスケットとモンキーブレッドは市販品使用です。
焼成時間も含めて、思い立ったら30分で作れるのが魅力です。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakulanbo.blog60.fc2.com/tb.php/2179-4429660c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。