さくらんぼのアメリカ日記 大丈夫だから(2)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大丈夫だから(2) 

予約投稿です。
コメントのお返事は先になると思いますのでご了承ください。

多分、まだアップしていなかったつもりになっている、残り物のマリネードサラダ。大量に買ってしまったレタスの消費にあけくれる日々。
IMG_7930.jpg

で、以下、例によって写真とまったく関係ないひとりごとですが...

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

前回の続きを書こうと長々と書き出したら、突然ネットの接続が切れて、コピペしようと思った内容もなぜか違ったものになっていて、結局全部消えてしまったので...

長々と書いた事情ははしょるのだけれど、アメリカで、私のような立場で勤務先からグリーンカードをとってもらうためには、準備期間とか申請期間その他、グリーンカードを取得してもすぐにはやめづらいことなどを考えると、最低でも5年くらいは同じ会社で働く必要がある。

退屈したり人間関係のトラブルに巻き込まれるとすぐに、「ええ、どうせ、私が邪魔なんでしょう。いいですよ。私が消えます」とやめてしまう傾向がある私としては、5年間、同じ土地で働く必要があったので、で、仕事はかなり退屈であろうと予想されたので、退屈しのぎに近くの学校のクラスを取り出した。前にちらっと書いたけれど、他力本願によって、「勉強できない!」という強迫観念のようなものが消えたので、生まれて初めて、ちゃんと宿題をこなして、順調に、あと数単位で卒業というところまできて、ここで私の中の4歳児が暴れだした。

で、泣きながら友人に電話をした。。

さ「私、やっぱり卒業できないと思う」
友「いったいどうしたの。いままでストレートA(←田舎の学校だったので)を維持してきたんだろう」
さ「特別授業のレポートが書けないの。何を書いていいのかさっぱりわからないし、それに、やっぱ、私に卒業は無理に決まっている。絶対にダメ!」

すったもんだのあげく、友人になだめすかされて、レポートのテーマ選びも手伝ってもらって、なんとか事なきを得たのですが、この時ほど友人に感謝したことはありません。

今思うに、この時の私に必要だったのは、「大丈夫、できるから」という励ましだったのですね。
健全で理想的な発達段階を遂げた子供の場合、普通は、乳幼児期から成長していく過程で、自分の世界を少しずつ広げて新しいことに朝鮮していって、その都度、周囲の大人から、励まされて少しずつ世界を広げて自信をつけていくものらしいですね。それが、何かの理由でうまくいかなくなると、私のように引込み思案というか、うっかりすると回避型の性格特性を示すようになりかねない...

もっとも、健全な発達を遂げることが望ましいとはいっても、このように健康的に苦労せずに育って、ひとなつこい人好きのする性格に育ったような場合、人生で避けることのできない難しい局面(なんらかの挫折とか身近な人との死別とか)に直面した場合にあっけなくくじけてしまうことが多いらしくて、どちらもどっちなのかもしれませんが。

あ、話がまたそれた。
で、最近、よく感じるのです。
「大丈夫。失敗しないから」とか「できるから」という無意識の励ましって本当に、とってもとっても大切ですね。これがあると、今まで怖くて怖くてたまらなかったことが、恐怖心なしでこなせるようになる。そうすると、以前のように、やるたんびにドジをして失敗したり、泣き叫んでいたり、こわごわやって、「ああ、やっぱりダメだった」っていう結果に終わる悪循環に陥らなくなって、実にラッキーにいろんなことがスムーズに行く。

大嫌いな旅行用のスーツケースのパッキングも徹夜で(いやだから真夜中過ぎまでやらないのが原因)なんてことがなくて、10時に始めてもちゃんと12時には終わる。まあ、当たり前っていえば当たり前のことなのですけど、私にはできないことだったので。

何かをするときに、隣に誰かがいてくれるとなんとかこなせたのは、お隣にだれかがいてくれるだけで安心するから。
「大丈夫、うまくいくから。心配しないで」って、今の私が一番必要としている言葉です。

コメント

私は妹に、「大丈夫だから」と言われて結構救われていた気がする。そのときは血液型でA型の人間は、O型の人間の、精神的なおもりをするんだって、という説明で納得しちゃったけど、考えてみれば自分は大丈夫って言ってもらうだけで、妹には言ってあげなかったんだから、ひどい話です。

miyu様

血液型の相性とかおもり関係って、なんとなく当たっているような気がしますよね。
相談する側とされる側の関係っていうのも一回出来上がっちゃうとそのまま逆になることはないような肝するのですけれど。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakulanbo.blog60.fc2.com/tb.php/2287-9bc75da5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。