さくらんぼのアメリカ日記 ホテルの朝食(2)-乗り換えは大変!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホテルの朝食(2)-乗り換えは大変! 

ベルリンのホテルの朝食の続きです。
00_Picture 597
レストランはこんな感じで素敵なのですが、あいにく外はベルリン市内とはいえ中心部からはかなり離れており、殺風景な建物と車と灰色の空だったのですが...
0_Picture 710
ある日の朝食。このパイみたいなのは一口食べたらとってもおいしかったのですが、おいしかった理由はクッキー生地みたいなのにヘーゼルナッツがたっぷりと入っていたから。ナッツアレルギーの身としては、泣く泣く一口であきらめました。こちらはフルーツの盛り合わせ。可も無く不可もなく。例によってお代わりの写真はありません。
3_Picture 718
別の日の朝食。このケーキもココナッツ入りだったので食べられず(泣)。
Picture 594
別の日の朝食。
あれ、写真があまっている。ということは、おかわりですね。
4_Picture 714
パンと温野菜。トーストパンはいつも一回目を食べている間に焼いているので写真がないですね。
朝から温野菜がたっぷり食べられて嬉しかったです。
5_Picture 713
レバーペーストとかスモークサーモンとかの塩味がきついのと、朝は喉がかわいているので、紅茶とジュースをがぶ飲みしていると気がつかないうちにお腹がはちきれそうになってしまって...

休日しかホテルの朝食を食べなかった一番大きな理由です。もう少し、自制がきけばいいのですけどね。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

ベルリン市内まで地下鉄で出たとき、行きの行き方と乗り換え駅はホテルで聞いていたのですが、帰りは足をのばしてアレキサンダープラットまで歩きました。なにしろポツダムの駅から観光客がぞろぞろでしたので、この駅でも地下鉄の路線図片手に頭を悩ませているお登りさんがたくさんたくさん。で、もちろん、私もその一人。

一人、片言の英語で地下鉄の説明をしている親切そうな男性がいたので、私も便乗して聞いてみました。路線図と大体の道順は頭に入っているので、私の知りたかったのは、どっちの電車が東方面でどっちが西方面なのかということだけなのですが、私のガイドブックの路線図を眺めて、この電車に乗って3つ目で乗り換えればいいからと説明してくれて一緒に電車に乗ってくれました。この時は説明は英語だったのですが、英語を話しづらそうにしていたので、片言のドイツ語で、「3つ目で乗換えね、ありがとう。」くらいは言った記憶があります。

この方、二つ目の駅で一度降りたのですが、発車直前に大慌てでもう一度乗り込んできて、ドイツ語で何かまくしたてて、わかったね!って言ってまたあわてて降りていきました。

あいにくと乗り換えの駅名は聞き取れなかったのですが、「3つ目じゃない、4つ目だよ。Only XXX駅だからね」と言っていたので、乗り換え駅は3つ目ではなくて4つ目だけだと言いたかったのでしょう。実は、私のガイドブックの路線図がわかりずらくて、3つ目でも4つ目でも乗り換えられるように見えるのですが、この部分が不明だったので降りてから路線図で確認して、あわてて戻ってきてくださったのでしょう。4つ目の駅は大きな乗換え駅なので納得です。

それが、昨日アップした、乗り換えたがわは屋根のない寒々とした駅ですが。
ちなみに、ベルリンの地下鉄はこんな感じでした。
社内放送は全部ドイツ語ですが、新しい車体だと、次の駅名が表示されるので、慣れると(見方を覚えれば)なんとかなります。
放送も、何番の路線は乗り換えとか、出口は右とか左とかを無視して、次の停車駅は...の次だけ聞けばいいので、駅名のドイツ語発音がわかっていればなんとかなりそうですが。

16_Picture 592

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakulanbo.blog60.fc2.com/tb.php/2297-e9a75c74

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。