さくらんぼのアメリカ日記 食べたものいろいろと姉と妹の違い

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食べたものいろいろと姉と妹の違い 

予約投稿です。

コメントのお返事と前後するかと思いますがご了承ください。

近くの和食ファミレスで食べたとんかつ定食。ま、こんなもんでしょう。久しぶりのとんかつなのでおいしいです。
00111 058
近所のベーカリーで買ったクロワッサンサンドと
DSCN4349.jpg
すごく食べたかったふつうのサンドイッチ
DSCN4347.jpg
日本のパンはやっぱりおいしい。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

某家の姉君から、「もしも老子に出会ったら」という本を貸してもらいました。
もともと、ものごとに感銘を受けたり感動したりということがかなり希薄なSakulanboです。この本も、漠然と感じていたことをきちんと活字で表現してくれているのでわかり易いし、いろいろな事柄を再認識させてくれるという点で、興味深い本でしたが、新たな感動とか学びという点では、新鮮さに欠ける印象を受けました。

老子の本文からの引用の部分はすっとばしました。このような古典を自分で紐解いたことも、読み込む技量も持ち合わせていません。結果、作者の解説がそのまま私の理解する老子の教えになります。なので、本来の老子の言わんとしていることと、この本の作者が言わんとしていることがどこまで一致しているのかで議論の余地はありますが…

感動しなかった理由は、この本の一環したテーマ。「なにごとも肩のちからを抜いてほどほどに...かんばらず、無理をせず…」というのが、ずっと甘やかされて育った某妹の生き方そのものだからでしょう。

そして、この本が某方に、少なくとも「妹にいいかも」と思わせた理由は、某方はいつも真面目に努力しているタイプだったからでしょう。

私は、子供の頃からずっと、「あなたでも、勉強さえすれば...」と言われて育ちました。そして、子供心に、「実はバカであることを周囲にばらさない唯一の方法は、決して勉強をしないこと」と思っていました。

大学生の時に自分を被験者として診断したロールシャッハテストの結果によると、かなり特殊な反応をしている部分があり、「そのような見方は、実力に対してそれ相応の努力をせず、実力を出し切っていないタイプの人間の典型的な反応」とかかれたくだりに、かなりショックを受けたことがあります。

「もしかしたら、その通りかもしれないけれど、私に努力とか勉強とか何かをがんばるなんてことができるわけないじゃない」と。

楽しても入れる適当な学部に進学した頃には、まわりから頭のよかったクラスメートがごっぞりと消えていき、私のコンプレックスは、「勉強ができない(=頭が悪い)」から、「勉強をしないんじゃあなくて、もともと私には努力して勉強をするなんていう能力がないんだ!」に変わっていきました。

このコンプレックスを解消したいというのもひとつの原因で(ま、8割方の理由は現実逃避ですが)米国に留学したのに、アメリカに来てまでも、「私に勉強なんかできっこない」という恐怖心に駆られて、例によって必要最小限の勉強以外はまったくせず、落ちる予定の卒業試験に諸般の事情により、どさくさにまぎれて受かってしまった時、卒業証書は手に入れたものの、コンプレックスは救いようのないレベルに達していました。

「必要最小限の努力で、高望みなんぞせず、水が低いほうへ低いほうへ流れるように、楽なほうに楽なほうに流れて暮らす…というには、私の生き方そのものなんですよね。

そういう生き方でかまわないんだと肯定してくれる本があるのは嬉しい限りですが。

あ、前に書いたと思いますが、「勉強ができない」というコンプレックスは、他力本願的な理由によって一応解決しました。まあ、むなしさだけが残ったような気分は今も抱えていますが。

余談ですが、新しい感動はない本でしたが、老子の考え方とか言葉の一部と、子供の頃に教わった聖句との類似点にかなりびっくりしたことは事実です。これは、詳しく書くと火あぶりになりそうなので、今回は省略しますが。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメ様

あ、そうだったのですか。
この本、テーマが一環していて奥行きがないという印象をうけました。
本当に知りたい部分についてはあたりさわりのことしか書かれていなくて
詳しい説明は結局いつも同じテーマに収束してしまう...みたいな。
ま、自分で古典を読める力があればいいのでしょうけれど。

あっし、こんなにもパンの種類があるのに、クロワッサンに何か挟まったパンは食べた事にゃいんでしゅよぉ~・・・

あ~とんかつ食べたくなった!!
なんか、キャベツをある程度先に食べると、お肉が重たく感じず食べれるそうでしゅよぉ~ 幕が出来るからだそうな☆
http://blog.ap.teacup.com/hokkaidou/ 

ぽん様

クロワッサンサンド、おいしいのですけれど
カロリーとか食感を考えると、フランスパンとか
コッペパンとかのほうがサンドイッチには
合うかなって気がします。
でも、見るとついほしくなっちゃうんですよね。
悪い癖です。

とんかつ食べる前にキャベツですね。
今度試してます。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakulanbo.blog60.fc2.com/tb.php/2416-0f3963d3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。