さくらんぼのアメリカ日記 捏ねないパン・グローバルな生活?

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

捏ねないパン・グローバルな生活? 

というか、正確には「放置パン」
IMG_9753.jpg
夜、粉と水と塩とイーストを混ぜて、菜箸でぐるぐるかき混ぜて、ラップをして一晩放置。
翌朝、キャセロールのバターを塗って、丸めたパン生地を乗っけて、ふたして、冷蔵庫に入れるべきかまよったのだけれど、そんなに暑くもならないでしょうとそのまま放置。
夜家に戻ったら、過発酵で大変なことになっていました。
IMG_9754.jpg
そのままコンベクションオーブンで45分焼いて、ふたを外してもう5分。
まあ、どんな風にしてもそれなりには焼きあがるけれど、フカフカパンにはならないって奴か。
IMG_9757.jpg
サンドイッチと
IMG_9764.jpg
トースト。違いはパンが焼いてあるかどうかだけであと全部一緒ですね。
IMG_9760.jpg
はちみつパンは、やっぱフカフカのチギリパンで作ったほうがおいしかった。

以下、ひとりごとです。

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

日本に帰って立ち読みした雑誌だったか、カリフォルニアの図書館で借りた日本語の雑誌だったかぢっちかに、「将来グローバルな規模で活躍できるように子供を育てる...」っていうのがあった。ああいうのの「グローバルレベルで...」って、世銀とか、国連とか、そういうところで活躍できるような国際エリートを創造しているんじゃないかなあって思ったのだけれど...

単に、「地球規模で..」というのなら、私の生活って、日本にいた頃からそういうこと(に巻き込まれる)ことが多かった。
朝、会社につくとニューヨークの資料が届いていて、日本のビジネスに間に合わせないといけないから、すごい早起きをして会社に言って、昼間は日本で、夕方まだシンガポールがあって、次はロンドンで、飲み会が終るころにはニューヨークで...
お隣に部署は、片端から人が倒れて入院していくんで有名だったんだけど...私のいた部署も全員じゃあなかったけれど...体に悪いよね、こういう生活は。

今の部署も、カリフォルニアとニューヨークと日本とヨーロッパだと、みんながおきている時間に電話会議を設定するのはまず無理!

朝、ヨーロッパと連絡を取らなきゃいけなくって早出をした日の夜は、日本との遅い時間のミーティングは入れたくないのですけれど...

グローバルな生活ねえ。

コメント

グローバルな生活

こんにちは。
「グローバルに活躍できる子供」って、熱帯密林の奥地でも係争地域でも24時間
セールスできるシュワルツネッガーのような子供でしょうか??
そういえば、シュワルツネッガーさん、州知事の時はすごかった!!州議会を相手に
時間無制限に議事進行して、議員たちがばたばた倒れても、知事だけ元気でしゃべり
続けていましたっけ。。。
最低限体力だけは、無限大が必要です。。。

見た目はすごくフカフカパンに見えますよ。ハムや野菜と食べると美味しそうです。子どもには食べやすそうだし。放置しておくだけでちゃんとできるんですね。

それでもサンドイッチとか食べれる出来ではあるからいいじゃないでしゅか☆
過発酵にはわろた(笑www

ほんとに凄い会社でしゅね・・・
ってか、凄い国際的なとこで働いてらっしゃるのでしゅね!
割と誰しものが憧れる国際的な仕事♪
なんか大変でしゅが、やりがいもありそうでって思った次第でしゅ☆
http://blog.ap.teacup.com/hokkaidou/

LaceyBlue様

わあ、さすがシュワちゃんですね。
無限大の体力、必要ですね。
でも、読んだ雑誌の書き手はそんなこと
考えてなかったみたいです。

cookmom様

素朴なフランスパンみたいな焼き上がりなので
焼きたてはフカフカなのですけれど、フランスパン
ほど皮がばりっとしてなくて、かといって食パンの
フワフワさがなくて、ちょっと中途半端なのです。
二次発酵は室温で2時間なのですけれど、10時間
近く放置しちゃいました。でも、パンになるのですね。

ぽん様

あはは、焼きたてはなんとかなります。
焼く前、パン種の前の水種状態でブクブクと
泡だっていたので、オーブンに入れた途端に
しぼんでカチンカチンのパンになるかと
思ったのですけど、なんとか普通に焼けました。
憧れの...なんてとんでもなく、いろんな
人の小間使いに徹しております。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakulanbo.blog60.fc2.com/tb.php/2441-2fcaa31b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。