さくらんぼのアメリカ日記 カップケーキ・リアルな夢

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カップケーキ・リアルな夢 

中学校の時に教わったカトルカールと同じ生地で、私の原点的なカップケーキを作る予定だったんだけれど、レシピを確認するのが面倒で、途中で蜂蜜を追加して、バニラエッセンスを入れ忘れて...
ちょっと別物になっちゃったかな。蜂蜜の分、ちょっと甘すぎたかも。
IMG_0018.jpg
卵3個にグラニュー糖おコメのカップに半分強を入れてマヨネーズ状になるまであわ立てて、この間にバターの1スティックの2/3をレンチンして溶かして、ここに大匙を漬け込んでオイルコーティングして、そのまま蜂蜜大匙2杯を計って溶かしバターに混ぜておいて、先ほどのおコメのカップにオールパーパス粉を山盛り一杯入れて、泡だった卵の仲にまずバターを加えて、手早く小麦粉も加えてへらでさっくりとかき混ぜて、大きめの銀紙カップに流しいれて350°Fのオーブンで25分ほど焼きました。
IMG_0011.jpg
アイシングをかけずに焼きたてをパクッと。
IMG_0016.jpg
カップケーキにほうじ茶を合わせるなんて、私もババアになったもんだ。
ってか、単に紅茶を入れるのが面倒くさかっただけなんだけど。

以下、今朝の夢がこれまたあまりにもリアルだったので。

ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

まあ、リアルな夢を見た理由は、変な時間に二度寝をしたからでしょう。以前は11時過ぎに寝る習慣だったのですが、もともと宵っ張りの朝寝坊、一度パターンが崩れると元に戻らずに、寝る時間がどんどん遅くなります。6月に日本から戻って以来、パターンがくるってしまって、寝るのは早くても12時半、遅いと2時半くらいでした。
昨日は10時過ぎにドイツ語のテキストをかかえてベッドに入ったのですが、まさか眠くなるとは思わず、久々にドイツ語の勉強でもしようかとお行儀悪くベッドで寝ながら読もうとしたのです。


がっ


あっという間に眠りに落ちました。さすがはドイツ語の本。
で、今朝、目が覚めたのが4時過ぎ。まだ寝たりない気分だったので、もう一度寝ようとあがいたのですが、おなかが空いてしまって眠れず、6時くらいに一度あきらめてラップサンドを食べました。

でも、その後も頭がだるだるって感じでベッドに逆戻り。
次に現実に戻ったのは9時過ぎ。

これは、9時過ぎに我に返る前の夢というか、あたかも現実で体験したかのような感覚でした。現実に見た写真とかいろんなできごととかみなさんのブログの内容とかがかなり交錯しています

まず、夢ならではの背景ですが...
出張でヨーロッパのどこか、多分、フランスの地中海沿岸のリゾートホテルに泊まっています。で、窓から海が見えて海水浴やボート遊びをしている人たちが見えて、すごくいいお天気ですごくステキな景色。さっそくブログにのせなくっちゃと写真を数枚とっています。

次に、これから会う予定の人がなぜか偶然地元のローカルニュースで取り上げられていて、すごくステキなシロっぽいおうちに30代半ばって感じのご夫婦とかわいいお子さんが映っています。あれ~偶然なんて思ってみていたのですが。

次はミーティングの場面で、これは現実にあった火曜日のミーティングよろしく、いつものメンバー、ただし、場所はステキなリゾートホテルの会議室。初対面のはずの人(でも、さっきテレビで見た)とはじめてあって、問題が二つあったのですが、二つ目のほうが先に解決してしまったので、明日の会議はキャンセルしようかなんて話をしていて、そのうちにあれって感じでみんながどこかに消えてしまった。

ちなみに、この取引先の人は私の大好きな目を持ったプレイボーイタイプのハンサム!

夢の中で我に返って、明日の予定をキャンセルしちゃったら、一つ目の問題が話せないじゃないか。担当者が帰る前にボス達をさがさなきゃ。それにしても、夜ご飯は一緒に食べるはずなのに、その時間も場所も約束してなくって、いったいどこに消えてしまったんだって探しまくっています。

で、いきなり日本の温泉みたいなバスルールがあわられて、あれ~、温泉で休憩しちゃってるのかなあ。私もあとで入ろう、なんて思いながら探しているのですが、どこにもいません。

仕方なく部屋に帰ろうとするのですが、今度はB&Bみたいな作りになっていて、来た道を逆戻りして部屋に戻ろうとするのですが、結構複雑な作りになっていて、途中で外に出てしまいます。で、すごくステキなお庭があってお花がたくさんさいていて、これも、さっき写真を撮ったっけ、撮ってないよな。暗くなる前にとらなきゃとあわててパシャパシャと数枚写真をとって、やっと部屋に戻って、落ち着いて、ああ、いろいろぐちゃぐちゃで大変だなあ。取引先の人、もっと年配だと思っていたのにあんなに若くてハンサムだったんだ...

と思っているところで、目が覚めたというよりも、我に返ったという感覚がぴったりで、普段の思考と記憶が戻りました。

ちょっと待ってよ。私はあの人に前に会ったことがあって顔も年齢も全然違っているじゃないの。ってことは、これは夢だったに違いないわね。

と。
どの時点で目が覚めたのかは不明です。

あ、一応夢だから、で、夢記録だから、夢の中で私がその30代っぽい遊びなれたプレーボーイに一目ぼれしたってことも書いておきましょうか。夢だからね。でも、現実でも、私は遊びなれた遊び人が好みなのです(笑)。好みなだけで実生活ではまったく無縁ですけどね。

コメント

(笑www  凄いすさまじい展開の夢でしたね~  さすが夢(笑
あっしもぐちゃぐちゃな夢良く観ましゅねぇ~

お茶とケ~キ、おやつタ~~イム♪って感じで観てる方もホッとしましゅ☆
http://blog.ap.teacup.com/hokkaidou/

Re: タイトルなし

どうもありがとうございます。
あの温泉の場面は、ぽんさんのブログの
印象が強かったからでしょう。
あれで実際に入ってたらどんなことに
なっていたんでしょうかね?

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakulanbo.blog60.fc2.com/tb.php/2465-c276cccb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。