さくらんぼのアメリカ日記 恐怖心と現実逃避と...

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐怖心と現実逃避と... 

昨日、アップしようとおもいつつ結局書かなかった独り言部分。

現実逃避は必要悪ではあるが...

悪しき習慣でもある。

現実逃避が必要悪な理由は、人は、それに対処する準備ができていないときに難しい問題に立ち向かおうとすると逆に混乱するから、準備ができるまでは逃げまくっていたほうがいいってこともある。

だけど、これが度をすぎると、「あ~あ、今日もまたやらなかった、自己嫌悪」という気分になって、あんまり建設的ではない。

今、ものすごい恐怖心と戦っている(←はずだ)

はずだというのは、頭で考えるとこわくてこわくてたまらないはずなのに、感情とか感覚がついていっていないから。

どうしよう!
こんなはずではなかった!
すべては私のはったりがいけないんだ!
5行のサマリーを、いったいどうやって1時間分のセッションにつなげるんだってか?
そんなの、無理に決まっているじゃない。
あんたにそんなことはできるわけないだろうが。
無理無理、いつものごとく投げ出しちゃいな。
きっと誰かがやってくれるから(←だれもやってくれない)

はあ

ということで、こわくてこわくてたまらなくて、どうしようもないと頭の中でぐるぐると思いが堂々巡りしているのですが、とりあえず、正攻法で、できるとこからとっかかるしかないもたいですね。
前回のペーパーもとりあえず書き出したら仕上がったし、今回のはあれよりはずっと楽な内容のはず。

ただねえ、私、無から有を作り出すみたいな、考えまとめて形にしていく作業って、やっちゃえばなんとなかるとは頭ではわかっているし、できないってわけではないんだけれど...

作文は自由研究は小学校の頃から大嫌い。
私、ほんとうは、数字の計算とか経理処理とか、言われたことだけやっていてきっちり答えがでる作業が好きなんだけどなあ。

しゃあない。とっとととりかかろうっと。(←さて、「と」はいくつあるでしょうか)

ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ


コメント

こんにちは。現実逃避って人間の専売特許ね。
現実逃避している猫って見ないものね。。。
でもね、このケースは取り掛かるまで、時間がかかるってだけ。。
受験生になったら、突然聖書を読み出した感じ。
ちゃっちゃとかたずけて、ケーキ焼きましょうね。
その方がずっと、らしくみえますよ。。。

あっしと一緒じゃ!!
あっしも一つの答えがある物の理数系なぽんなんでしゅ。
国語社会はめっきりダメ・・・しかもそんな自由研究だなんて!!
わかるわ~~ でもなんとかしなくちゃならない時も出てくるんでしゅよねぇ~
その逃げたい怖いって気持ち、わかるわ~
あっしはなんでも病気的不安症なので、なんでもそうなんでしゅ・・・
どこ行くにも何するにも最初はもぉ~~それはそれは不安症で神経高ぶって吐き気しちゃいましゅもの・・・
でもやらなくちゃならない物を突破したらなんとか納まり・・・
あっしもそうゆうの避けて逃げたい不安症人間なんでしゅ・・・
http://blog.ap.teacup.com/hokkaidou/
 

スポーツを通して学んだこと

気合とか、努力の大切さとか、根性とか、言うと思うでしょう?でも違うんだな。「嫌なことでも始めれば終わる。」これだけです。楽しいことはあっという間ですが、嫌なこともいずれは終わるのです。なぐさめになりましたか?

LsceyBlue様

あはは、受験生になったとたんに聖書ですか。
なんか、わかる気がします。
ほんと、早く終らせればいいのですけどね。
物理的に時間がなくって当分かかりそうです。
レシピ本読むのなら細切れ時間でもできるので
ちょっと時間があくと眺めてますが。

ぽん様

ね、ね、そうでしょ。やっぱり答えは一つでないとね。
私の場合、「どうにかこうにか普通に社会生活が送れる」
という最低限の基準を満たしていたので、日本では
病気には入らないらしいです。
でも、外の世界にひとりで出て行くのは不安で不安で
そんな私がいったいなんでまた、ひとりでぽーんと
日本を飛び出して、アメリカで暮らし始めたのか...
謎ではありますが、それだけ追い詰められていたのでしょう。
以前、100ドルか200ドルのディナーがただで
食べられるというのにつられて、レセプション付きの
ディナーのご招待を受けてのこのこ出かけていったのですが
レセプションの30分がもたずに、車に飛び乗って
一目散に家まで逃げ帰ったことがあります(笑)。
一年後、あんまり悔しかったので、もう一度、同じディナー
ただで食べに行きました。この時は知り合いがいたので
なんとかなったのですが、結論、アメリカの高額のディナー
なんて、場所代だけでとっていることが多くて、固くて
巨大なステーキと格闘するだけです(笑)

miyu 様

あは、スポーツのトレーニングなら、嫌なことはやれば終りますね。
これはね、やらなくても時間さえ経てば終るのですけれど、
やらないと周りの人たちに多大な迷惑をかけますね。
あ~、はやくなんとかしないと...

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakulanbo.blog60.fc2.com/tb.php/2502-d09433fe

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。