さくらんぼのアメリカ日記 てきとうご飯・どうせ私が...続き

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

てきとうご飯・どうせ私が...続き 

基本的に私が残業するのは、エンジンがかからなくてのろのろやっていた後始末か、あとは基本的に好きなこと、何かが学べる新しいこと...それ以外は強行に仕事をつき返す...というのあアメリカで長年暮らしている私のスタイルで、締め切りその他の理由で「どうしてもお願い!」と頼まれた場合は、あとで暇なときに早く帰っちゃうとか、そういうのが普通なんだけれど...

昨日は、朝からずっと目を三角にして格闘していて、それでも終んなくって、家に帰りついた時は疲れ果てていた。で、どうしよう、明日(今日)の準備、な~んにもしてない!と青くなったんだけれど、ブログアップをしている頃には心の整理はできていた。だってね、「なんだ、延期しちゃえばいいんじゃん」って気がついたから。

なので、今日は早く帰ってきたのだけれど(←って起きる時間をなぜか間違えたために7時出社したって話はあるが)やっぱ、疲れ果てていて何もやる気になれない(←単に早起きをすると体調が悪くなるといういつものやつ)

なので、言い訳が長くなりましたが、いつもの適当ご飯。
ゆで時間二分の生パスタで作った適当パスタ。缶詰のチキンとオリーブとエアルームトマト入り。2分はお手軽って考えたのだけれど、お湯が沸くまでの時間って結構長いですね。
IMG_0505.jpg
グリーンオニオンでも刻めばいいのに何もしなかったから訳がわかりませんが、茹でこぼした大根を市販のビーフスープのストックで煮たコムタン風のスープ。この、蓋の閉まる牛乳パックみたいなケースに入ったスープストックはすごく便利で時々使います。
IMG_0502.jpg
で、この怪しげな食べ物はいったいなんだったんだっけ?と思ったら、インスタントのメキシカンライスでした。ロンググレインライスでもアレルギーが出るかどうか、少量で試してみたくてかったのですが...
IMG_0503.jpg
お米ってもともと週に一度くらいだったら症状が軽いのでたいしたことはないのです。今回も食べた数日後にかすかに背中がかゆくなって、肩になぜかみみずばれができているという不思議な症状。あんまり変化なしか。ま、月に二回くらいなら大丈夫そうなので、ご飯、解禁にしましょうか。

以下、ひとりごとです。

ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

続きって書いておきながら、あんまり続きになってないんじゃないかと思うのだけれど...

みんなわ私がいけないんです...みたく思ってブログに書き出したもう一つの理由は、人間関係でちょっと悩んでいたから。で、ふと気がついた。人の欠点がやたら目につくってことは、それって、ほかならぬ私の欠点を大写しにしているだけなんだなって。

別に気がつくも何も、古来から言われていることだし、過去に何度も書いてはいるんだけれど、それと気づきの部分はまた別。

ふと、3歳くらいの時の記憶がよみがえった。あの頃の母親っていうのはものすご~く特別の存在で、絶対に他の人ではダメ。お留守番ねとか言われて置いていかれるとさびしくてさびしくてしょうがない。祖母や父だと絶対に代わりにはならない...4歳くらいの記憶だと、母の姿がもう少し客観的に見えているけれど、やっぱり特別な存在だった記憶がある。

私が人並に素直な心を持っていたのは、きっと2~3歳の初めにかけて。4歳に近くなった頃には、屁理屈をこねるガキになっていた記憶がある。幼稚園の入園検査の時の記憶があるから多分4歳になる少し前。

あの頃の無垢な私には、女親の欠点なんてまるで見えなかったわけで、ようするに、大きくなるに連れて、私の欠点を母に重ねて(別に、母に限らなくて、周りの大人全員にあてはまるけれど)見るようになったのかなあ...と思った。

そしたら、もやもやしていた人間関係の悩みが、ちょっとだけすっきりした気がした。
「あれえ、この人のこの行為がすごっく気にさわるっていうことは、そうか、これは私が隠し持っているわ私の欠点の大写しにすぎないのか。私って、そんな人が悪い奴だったっけ、ま、仕方がないよね、へへへ、人間だもの」と明るく自分が許せる時は、とたんに相手の欠点も気にならなくなる。

なんか、聖書にありがたぞうな教えは一杯あるけれど、現実は実行不可能なんだけれどね。

コメント

こんにちは。
最近、最初をギリシャ語で読み出したら、今まで読んだ聖書がいかに
脚色されていたのかが、見えてきた。面白いですね。ありがたい教え
なんてものはないのです。多分、宗教になったら皆同じ。
で、最近思うのは、人間関係って、一般的によく使われていますが、
実在するのだろうか?という事なのです。ひょっとしたら、人間関係は
「無い」実在しないのでは?・・・と思ってしまう事があります。
そもそも「無い」ものならば、解決もできない。。。。と。

LaceyBlue様

あは、「ありがたい教え」っていうのは
言葉がはしょりすぎですね。
聖書、ギリシャ語で読めたらいいでしょうね。
以前にやろうとしたのですが、くじけました。
ただ、誤訳その他、本当にいろいろありますし
だいたいキリスト教自体の教えが、いったい
聖書のどこを根拠にしてるんだ。その教えは
イエス・キリストが批判的だった旧約聖書の
教えじゃないかっていうのが多いですね。
ローマ・カトリック教会が作った制度化した
システムだったり、その後の改革派が作った
教えだったり...
書きたかった部分は、「人をさばくな、
自分がさばかれないためである」とか、大臣だったか
王様だったか上の人に不正がばれないように、
自分より下の人たちの負債を低額に書き換えて
彼らに恩を売ろうとした代官がおりこうだと
褒められたとか、そのあたりが、今回の感覚に
近いかなあと思いました。
まだかなりはしょってますが。

ご飯がまた食べるの難しいんでしゅね・・・
でも、こうしてあっしみたいに出来合いと言ってもお互いちゃんと食べて生きてるからよしとしましょう(笑
その人間関係の付き合い方の気持ちの切り替えっていいでしゅねぇ~
あっしは一度嫌なとこ見えたら、もぉ~ダメ・・・
別に友達でも無いしで、仕事さえきちんとしてくれたらそれだけでいい☆的な見方になるんdなけど、その仕事で嫌な部分見たら・・・とことんイライラするんでしゅよねぇ~
今のバカババの様にいつまでたっても出来ない・・・同じ何度も同じミス・・・ 言っても言っても忘れてまたミス・・・
どうしても楽な方楽な方へ省く・・・ ちゃんと仕事普通に出来る様になってからして欲しい物ばかり・・・
だからもぉ~~大っ嫌いで喋ってません。
でもまず自分が隙を作らず仕事する緊張感は大いに出ますが・・・(苦笑
http://blog.ap.teacup.com/hokkaidou/

ぽん様

はい、なんとか生きています。
ご飯は、時々食べたくなるのですけど
基本的にパンがあれば生きて生けるのです。
ご飯を食べて体調が悪くなった記憶が
そうさせているのかもしれません。
以前の会社に、バカババ的な人がいて
ちょっと大変でした。
ただ、私の場合、思いっきりドジなので
自分の仕事を完璧にできないのですよね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakulanbo.blog60.fc2.com/tb.php/2529-264b032e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。