さくらんぼのアメリカ日記 雑な暮らし

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑な暮らし 

相変わらず忙しいとはいえ、お菓子やパンを焼く時間くらいはあるはずなのに、な~んにも焼く気になれなかった一週間プラス土曜日。まあね、暇があったらドイツ語のほうが興味があるっていうのもあるが。
お料理は、週初めにチキンと冷蔵庫野菜で残り物ポトフを作って2日分、その次の日はトマトとコーンを足してトマトスープにして、最後にはポテトとカレー粉とケチャップでカレーになって、カレーうどんになって一週間をしのいだって話があって、ほとんど写真もとっていないし。

なので、日系スーパーで買ったクッキー(すごいなつかしい!)と

009 048

ぼけぼけで何がなんだかわからない自販機のジャムサンドクッキー。
割に好みの味なのです。
009 040


以下、ぼやきというか、完全な毒吐きです。

ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ


つくづく、情けないとは思いつつ、売られた喧嘩は買ってしまう性格。
まあ、今回の件は私が気にしすぎているだけで、まだ喧嘩にもなっていないし、多分、表面上は穏やかにすぎていくはずで、すべては私の妄想であって、事実無根の筈(と思いたい)

以下、私の妄想の世界で...
子供の頃からのんびりと育てられて、オールBの成績を、「上等なもんだよ!」と言われて育った私は、勤務評定でも、その程度がついていれば自己満足してしまう。

なので、勤務評定に満足しない同僚の成績が私よりもいいのか悪いのかはまったく不明であるからして、思うに、同僚は、単に完璧主義なので、ストレートAじゃないからそれを気にしているのではないかと思うのだけれど...

以前から、ずぅっとずぅっと、いつもいつも、私が何か上司を喜ばすようなことをすると、(前にも書いたと思うけれど)例の同僚から、「いや、すごいね、よくやったよ。僕も同じことをやりたくって、あと一歩までは完成してたんだけど、最後の一歩ができなかったんだよ」と言われた。

私に言わせれば、「最後の一歩だったら私が見かねて手をだしたりしないわよ。あなたは、ソフトウェアのExportプログラムを走らせて、やってみたらアライメントがうまくいかずにできませんでした。ソフトのバグです」ってレポートしてベンダーに直すように言って終ってたでしょうが。あれはね、フィールドに空欄があると、対処できないプログラムだったから、初めから空欄がないデータを作り直して、ソフトにインポートし直して、それをエクスポートして直したの。あなたの頭ではまったく思いつかなかったことなのに、最後の一歩だけの違いって、ちょっと失礼じゃない」と生意気に思っていた。

先日の「僕もあと一歩だったんだよ」は、処理する画面まではつきとめたけれど、そこにコードが一行もかけなかったというもの。「別に書けなくてもいいからさ、書けそうな人に頼んで作ってもらってよね。」と思ったのだけれど、いつまで立ってもやる気配がないから私が別の人に頼んで作ってもらってしまったというもの。

一時が万事この調子なので、勤務評定の面接がある度に、「僕のやりたいことを君が全部やってしまって...」的な嫌味を言われる。こんなことでは業務上問題があると、ボスに仕事の区分けを決めてもらったはずなんだけれど、例によって彼のやりたいことは全部私がやってしまっているらしいので、なにかとこちらの側に越境してくる。ボスに状況を話して嘆いたら、「別に仕事が片付くんなら誰がやったってかまわないはずなんだがねえ」という返事。

今回の勤務評定は9月末まで。で、10月になったら、それまでほぼ私一人でやっていた仕事に、彼がものすご~く積極的に参加しだした。たしかに、いつもの話なんだけれど、誰かが一度道を作ってしまえば、その猿真似というか、同じことをやるのはすご~く簡単。「Sakulanboはあんな簡単なことをやっていてボスに喜ばれている(←かどうかは不明ですが、同僚はそう思っている)のなら、僕にもできるよ。あんな簡単なこと」ということで、評価期間が終ってしまった今となって、必死にやり出したらしい。君ねえ、前もそうだったけれど、一生懸命やるタイミングがずれてるんじゃないの? 今期の目標設定はまだやっていないでしょうが。あ~あ、でも、これが今期の彼の目標になるっていうことは、私は、また何か別のことをしないといけないってことね。どうして、段取り作ってなんとか簡単にこなせるようにした仕事っていうのはいつも体よく別の人に持っていかれるんだろうか???

んで、ちょっと腹が立ったので、彼が横取りしようとした私の仕事の一部、横取りされないうちに終らせちゃった。彼が知ったら怒るだろうなあ。

でもね、上司は言ったものね。仕事が終るんなら誰がやっても気にしないよって。
たまにはいいよね。

姓名判断によると、「人の恨みを買わないようにしましょう」ってあるんだけどさ、だめだねえ。

コメント

え~どんどんアレンジしてって作ってるじゃないでしゅかぁ~
そうゆうのが出けない・・・ってかお互い似たり寄ったりでそれなりに食べて生きてましゅよねぇ~(笑
そのあと一歩とか言うやつ、アメリカ~ンって感じでしゅ。
日本じゃ全く通じませんもの。
そうゆう話し方のセンス、アメリカ~ンだおねぇ~
なんでも何かに例えて上手く言いまわすの、仕事では勘弁だなぁ~
普通の会話ならいいけど、そうゆうのは日本人ダメで受け入れれないんじゃない?
アメリカンジョ~クの様にわかんないんだよ。
そうゆう環境だから、それに人種が違う育ちが違うからもぉ~根本的にしょうがないかなぁ~・・・
評価ってのもアメリカらしい~  日本じゃ差別だ!ってうるさいでしょうに・・・
そんな中、頑張ってると思うおぉ~~~☆
http://blog.ap.teacup.com/hokkaidou/

Re: タイトルなし

お料理、大きな圧力鍋で大きな飯煮込んで...
すごい手抜きでした。でも、なんとか生きてます(笑)
ほんと、口先だけで...というアメリカ~ンな
仕事ぶり、私もかなり身につけまくってますが(汗)
とりあえず、周りが安心することを言っておかないと
ダメみたいです。日本人は最悪の場合を考えて備える
のでしょうけれど、アメリカ風は、最善を期待して、
結局締め切りが守れず...って、よくあります。
とりあえず、にっこり笑って、「大丈夫です」って
言うのが癖になりました。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakulanbo.blog60.fc2.com/tb.php/2530-59e9ad36

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。