さくらんぼのアメリカ日記 チョコレートファウンテン・マニュアル通りの英文を書いたら...

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チョコレートファウンテン・マニュアル通りの英文を書いたら... 

そろそろ終らせなくてはと思いつつ、相変わらずだらだらと続いているサンディエゴネタです。
今回は、食べ物の写真とかほとんど取れなかったのですが、この日だけは人のいないお菓子コーナーを見つけて、おまけにこの日は特別にチョコレートファウンテンなどがあったのでぱちりぱちりと。

DSCN5091.jpg
チョコレート噴水の部分をちょっとだけアップで
DSCN5092.jpg
こんな風に串が用意してあるので、これにマシュマロとかケーキとかを突き刺して、チョコレートをかけて食べます。あ、チョコレート禁止の私はチョコレート抜きでシュークリームとかフルーツとかそのままいただきましたが。
DSCN5093.jpg

マシュマロとかもありました。
こういうのって話題性はあるし、アメリカ人には受けるのかもしれませんが、上掛けチョコレートは固まりかけてからのほうがずっとおいしいと思うのは私だけでしょうか?

以下、英語がらみの話です。

ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

この詳細はあとでアップしようと思っているのですが、先日、「正しい英文の書き方」みたいなクラスを受講しました。まあ、文法のブラッシュアップ...って日本語だと「復習?」的な意味も兼ねて、機会があれば数年(あ、5年ぶりくらいかな)に一回くらい受講するようにしているのですが、で、今回は、文法的なことや具体的な作文力はそれほど期待していなかったので、案の定、「英語の書き方」ではなくって、「ビジネスライティングのこつ」的な内容。

で、表題の、「マニュアル通りの英文を書いたら...」の続きは...

仕事が増えた!

たぶん、付け焼刃の知識で掻き揚げた書いた英文メールの結果というよりは、サンディエゴでお話をした方からの指示があったのでしょう。早い話、ちょっと面白そうな話で、条件があえば押したいプロジェクトがあって、オンラインでデモをしてもらったのだけれど、ボスがまるで興味を示さなかった。なのに、サンディエゴにいくついでに、相手方の会社の上の人も行くから、そこで是非会って直接話しをしてくれと相手方の営業担当から頼まれていた。肝心の相手方のお偉いさんのほうは、あんまり興味がなかった...というよりは、正確にはこの方が今回のコンベンションの主催者なのでメチャクチャ忙しく、私みたいなペーペーにわざわざ時間を割いている時間があるはずもなく、「時間のある時に立ち寄りますので...」的な連絡でごまかしておいたのだけれど...

困ったなあ、相手方はやる気まんまんなのに、ボスは全然乗り気じゃないし...

これも正確には、「いいねえ、だけど、肝心のところがないんだよね」というボスのコメントだったので、ええいままよと、こういう時の米国のビジネスルール、Do not burn the bridge 的な、当たり障りのない返答をしておこうと思いつつ...

「すばらしい会議ですね。こんな会議を主催していただいてありがとうございます」と話を切り出した後、「申し訳ないのですけれど、うちのほうで話を進めるためには○○の情報が不可欠なんですよね。これがないと先に進められなくって...」と、さりげなく答えがNoであることを匂わせておいた。

で、今日、相手方の営業担当からフォローのメールが入っていたので、クラスで教わったとおりの、マニュアル通りの返信メールを書いた。

結果...

どういうわけか、ボスが乗り気になるようなメールが返って来ちゃった。
ライティングのクラスで教わった書き方っていうのは、スタバのサービスが悪かった時に、ビジネスライクにきちんとご報告って感じでクレームメールを書いたら、クーポンを沢山もらっちゃったというものだったんだけど、なんかそれに近いかな。

まあねえ、いいお返事がもらえるっていうのは嬉しいことなんだけれど、この先どうなるかまったくくわからないのに、余計な仕事が増えちゃったじゃないかあ。

コメント

チョコフォンデュ、チョコが食べれませんでしたかぁ~・・・ 残念でしゅね・・・
しかし、用意されてるシュ~が凄い大量!!(笑
そっちに驚いちゃった(笑 アメリカ~ン(笑

仕事増えちゃったんでしゅかぁ~☆
でもそれって任されたって事でしょぉ~ いい結果だったのではないかな?って単純に思っちゃいました☆
頑張ってください☆
http://blog.ap.teacup.com/hokkaidou/

ぽん様

あはは、シューの量で驚かれました?
結構大人数だったので、たっぷり用意したのでしょう。
小さめのトレーで何度も取り替えてくれることも
あるのですけれど、ここは展示会場だったので
一度にどさっとって感じだったみたいです。
シュークリーム、チョコなしでも十分満足できました。
仕事は、任されたのだかなんだか、なんだか
いつも無茶苦茶でよくわからないのです。

チョコレートファウンテンって...こういうホテルのバフェやイベント会場ならまだわかるんですが、こちらにはホームパーティ用のものもありますよね。
Costcoで見かけて “どんな人が買うんだろう~~!”って思ってたら、なんと、ポットラックパーティに意気揚々と持参した知人が...。
う~~ん。
人の価値観って...ほんと、様々です。

toguki様

きゃあ、チョコレートファウンテンをホームパーティーに持参ですか!
きっと自慢したかったのでしょうね。とけかかったチョコレートが大好きなアメリカ人だったら、きっとみんなが大喜びすると思ったのでしょうね。
チョコレートもココアも好きなのですが、で、甘党なのでチョコレートフォンデューも食べられますが、わざわざ溶かす意味がわかりません。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakulanbo.blog60.fc2.com/tb.php/2564-9388e365

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。