さくらんぼのアメリカ日記 クランベリーのアップサイドダウンケーキ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クランベリーのアップサイドダウンケーキ 

サンクスギビングの残りのクランベリーソース、使い切りました。
0_IMG_1030.jpg
なんか、また夜の写真なので色が悪いのですが...
8インチ角のシリコン型に薄く溶かしバターを塗って、一面にクランベリーソースを敷き詰めて、上からカトルカールの生地を流し込んで30分くらい焼いたものです。
0_IMG_1002.jpg
んで、少し冷ましてからひっくりかえすとこうなります。
0_IMG_1009.jpg
ほんなら、晩ご飯代わりに大きなのを一人で...
I0_MG_1037.jpg
と思えば軽く食べられちゃう私ですが、お味見は、かろうじてちっこい一切れにとどめました。
材料はバター半スティック(55グラムくらい)とグラニュー糖をアメリカサイズのカップで1/3カップ、オールパーパス粉を2/3カップ弱、ベーキングパウダー小さじ1/2杯、卵3個です。今回はレモンエッセンスとバニラエッセンスを少し多めに入れました。レモンとクランベリーの風味がよく合うみたいです。

以下、ひとりごとです。

ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ


はて、いったい何をかくつもりなんだか...

昨日は、ちょっと落ち込んでいた。まあ、ケーキを焼くことにしたらご機嫌になる程度の落ち込み方。なので、ケーキの材料を出した時点で、いったんご機嫌に戻って、ケーキはおいしく焼けたんだが...

ケーキをオーブンに放り込んで洗い物をしているあたりで、また珍しく子供の頃のことなんぞを思い出して思い出し泣きをしてしまった。過去の感情のお洗濯ってやつかな。

かつての消化不良気味だった、いくら泣いても泣きたりないような不完全燃焼的な怒りや悲しみを思い出してなく...というパターンはここ10年くらいすっかりしなくなってしまったのだけれど...

なので、突然泣き出した自分にはちょっとびっくりしたのだけれど、思い出したのは小学生の一年生くらいの頃の、寒い朝の暖かい思い出。

私、アメリカに来て朝シャワーが習慣になるまで、低血圧でもないのに寝起きがものすご~く悪くて猛烈に機嫌が悪かった。私に機嫌の悪さに釣られて、家族もみんなぎくしゃくして、朝はむっつりとして(喧嘩して泣かなければの話だが)家を出ることが多かった。で、いつもの通りに一緒に小学校に通うJちゃんの家にいくと、あら、Sakulanboちゃんもう来たの。まだ早すぎるわよ。あがってゆっくりしていきなさい。と朝ごはん中のJちゃんの家にお邪魔して、時々は二度目の朝ごはんまでご馳走になった。そこの家族の温かさがものすご~く羨ましいくっていつもいいなあって思ってたんだっけって思い出したら、なんだかぽろぽろと涙が出てきてしまったというもの。

そうか、小学生の頃の不機嫌だった私は、子供心に、寂しい思いを抱えていたんだなあって改めて思った。

コメント

まあ!

そんな不幸な過去があったのですね。

私も子どもの頃、
自分の家のなんだか微妙な違和感があって、
友達の家を羨ましく思っていたことを思い出します。

今思えば、私の愛情不足感というか、
親と私の思いの行き違いとかがあって、

その後の人格形成に影響を与えているなぁと思います。

「感情の洗濯」とても大切ですね!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

miyu様

アハハハハハ
基本的に、これはおいしいご飯をご馳走になった楽しい思い出なのです。
ただ、寒い冬の朝に小学校に行くのはつらかったですね。

建岳様

とても幸せそうに見えるご家族にも、それなりの悩みはあるようですが、外部からは見えませんものね。実にのびのびと育てられた、育ちの良い人懐こい性格の方にお会いすると、とてもうらやましくなります。そういった方々が現実に抱えている問題を聞かされるまでは。
感情の洗濯、時々すると楽になります。

鍵コメ様

ご依頼の件、どうもありがとうございます。
まったく問題ありませんので
ご自由になさってくださいませ。

大人になってからあの頃がわかる時ってありましゅよねぇ~☆
凄くピュアな方なんでしゅね。 あっしは過ぎ去った事はたまに思い出しはしましゅが、別に・・・的に変にク~ルなぽんであった・・・
あっし冷酷だからねぇ~(笑

とっても美味しそうにちゃちゃちゃって出来ちゃってるケ~キ、やはり流石でしゅ☆
http://blog.ap.teacup.com/hokkaidou/

ぽん様

あはは、ピュアですか?
単に歳食っているだけって気がしますが。
私、実はとっても冷酷なのです。
これは、くっきり見えている人と、まったく
見えていない人に分かれるみたいですが。
お菓子がちゃちゃっと焼けるのは、スタンドタイプの
ミキサーのお陰です。卵とお砂糖ボールに入れて
スイッチオンにして洗い物でもしている間に、
卵がしっかり泡だってくれるのです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメ様

コメントどうもありがとうございました。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakulanbo.blog60.fc2.com/tb.php/2582-df3e6cc8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。