さくらんぼのアメリカ日記 トレジョの冷凍ラザニア・結局、霊的な話は...

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トレジョの冷凍ラザニア・結局、霊的な話は... 

ずっと前にブログでちょっとふれたトレジョの冷凍ラザニア、やっと食べてみました。
0_IMG_1113.jpg
レンチンしてすぐに食べられるのでお手軽です。
0_IMG_1126.jpg
あ、食事も普通に作っていて、お野菜もとっていますのでご心配なく。

以下、いつも人の話に水を差すといわれているSakulanboのひとりごとです。わくわくする興味深い内容おtか信じている事柄に水を差してしまうかもしれませんので、ここから先は適当にスルーしてください。

ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

繰り返しますが、よく、「あなたはどうして人の話に水を差すの」とよく言われる。まあ、人の気持ちをまるで理解しない頭の作りであるから、しゃべるのが楽しくて楽しくてたまらないというその気持ちにまったく気がつかずに、な~んだ、それはね...とあっさりと種明かしをしてしまうのがその大きな理由。

これは独り言だから、果たして種明かしになるのかどうかわからないのだけれど...
奇跡とか超自然現象と呼ばれているものの多くは、科学的に解明できるか、それが不可能な場合は、心理学的な頭の中のできごととして解明できるケースが多い。

米軍の実験で、人を確か、電磁波だったかな、このすごく強力なものにさらすと、超自然現象的な体験をすることが多いらしくて、神を見たと思ったり、いろんな幻覚を見たりするらしい。

外的なエネルギーを使うまでもなく、精神疾患の一部も、人間の記憶も、脳の病気も、頭の中の物質構造とたんぱく質の蓄積で説明しようとすれば、ある程度までは説明がつくのではないかと思う。それができない理由は、細胞の数とか、かかわってくる変数が多すぎて、単に、可能性が無限大になってしまうからではないかと思う。で、コンピュータのメモリーだとかスピードだとか、このあたりの神秘はめざましいので、このあたりがかなりの部分解明される日もそう遠くはないんではないかと思う。

先日ちょっと書いた伯母の話は、まあ、考えようのよっては、伯母が私のガーディアン・エンジェルとなって、子供の頃から私を守り導いてくれているから、ここに来て、私がこんなにドイツ語に惹かれているのだと考えることも、不可能ではないと思う。

だけどね、先日、姉とメールのやりとりをしていて思った。
多分なんだけど、伯母と私は、頭の構造の一部、特に、この理屈っぽいところがものすご~くよく似ているのだと思う。もしかしたら、私の特殊な記憶力も、伯母のそれに近いのかもしれない。

で、こういう頭の構造をしている私が、英語の基礎が頭に入った段階で再度とりかかったドイツ語にひかれるのはごく当然の成り行きで、もっと頭のよかった伯母は、この面白さに高校生だか大学生の頃に目覚めたんだろうなあと思う。

伯母と姪だと隔世遺伝とは言わないのかな。所詮はメンデルの法則?
私がかなりの高さの階段からまっさかさまに落ちてもほぼ無傷だったのは、単に寿命がきてなかったからであるし...

そう、私にかかると、すべては味もそっけもなくなっちゃうんだけどね。

コメント

寿命

ところで、その「寿命」、っていうのも、よく考えてみると分からない言葉ですよね。英語ではなんていうんですか?運命で決まっている生存期間?

miyu様

オンライン検索によると、「生命の存続する期間、特にあらかじめ定められたものと考えられる命の長さ」とかなってますけどね。健康法だなんだとやったところで、所詮はお釈迦様の掌の上の孫悟空ってことでしょうか?このあたりは考え方ひとつですよね。
私の場合、子供の頃は切れていた生命線がいつなみかつながりました。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakulanbo.blog60.fc2.com/tb.php/2598-49989440

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。