さくらんぼのアメリカ日記 市販のケーキとパン・霊的なものって(2)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市販のケーキとパン・霊的なものって(2) 

最近、お菓子焼いてません。

なので、チャイニーズスーパーのただ券で買ったマンゴームースと
IMG_1134.jpg
先日アップしそびれたアンデルセンのクロワッサン。チーズとハム入りです。
IMG_1051.jpg
以下、昨日の続きのひとりごと

ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

昨日はあんなふうに書いたのだけれど、姓名判断とか、手相とか、生まれ変わりの話とか、話を聞くだけならわくわくするし、そういう話って大好き。いつも、なるほどなあ、あたっているよなあって思いながら聞くことが多い。

昨日も書いたけれど、いろいろなかとは科学的に説明が可能だろうとはいえ、変数が多くなればその結果は無限大になってしまうことが多い(んじゃないかな)

だから、「科学的に説明可能」というのは、あくまで「客観的なデータに照らしての科学的な手法にのっとった説明が可能」というだけで、人の一生をこと細かく正確に予測したり、その人の考えていることを正確にあてるなんていうことは不可能だと思う。せいぜいが確率論で終っちゃいそうだし。

不思議なことに、そういうことをやってのける能力があると自他ともの認める人たちがいる。
自称「霊能者」の場合は、精神疾患との見極めをきちんとしたほうがいいかなっていう人もいるけれど、社会的に活躍している人たちの中には、この部分をきちんと乗り越えてきたんだなあと思われる人も多い。

あ、話がそれたからもとに戻そう。

もっと大切なことは、所詮、変数が無限大になってしまった究極の真実なんていうのは、非常に奥深く深遠なものであって、凡人には理解不能だと思われること。よくできた霊能者とか、歴史的に生き残ってきたキリスト教や仏教(イスラム教には無知なのだけれど、話にきくと、これもコーランの教え自体はすばらしいと聞く)の教典なんかのいい点は、このわかりづらい深遠な真実を、凡人にもわかるように解説してくれている点。もちろん、深遠な真実をわかるように解説した段階でそれは単なる解説書になってしまって、真実とは離れてしまうから、それが、肥大化した宗教が形骸化してしまう理由でもあるのだろうけれど。

で、霊能者の話の戻ると、私の家族に対して、「あなたの先祖には昔、お坊さんを殺してしまった代官クラスの人がいて、その人が娘さんにとりついているのですよ」なんてことを言う人がいて、その話が娘にしっかり伝わってしまったりするのだけれど、それを聞いた娘は、なんとなく、「そうだよなあ、お坊さんを殺してしまった織田信長にものすご~く共感できるもん。私って、そういうとこあるよな」といたく納得してしまう。

当時の私は、とにかく理屈がすべて、人の感情なんてまったく理解できなかった。メチャクチャなことを行ってメチャクチャな生活を送っている非理性的な人たち...お砂糖がなkなると聞くとみんなで一斉に買いだめに走って、店頭からお砂糖とかバターがなくなったりとかね...

まったく理解不能だったから、それを、あなたの今の心の状況はね、もう少し感情を解き放ってあげないと大変なことになって、そのためにはまず...と長々と説明するよりも、「お坊さんを殺してしまった悪代官が後ろについていて、だから、反省しなさい」と言ってしまったほうがてっとりばやい。

最近の私の数々のわがままな行動も、これで説明がつくものが多いしね。

もちろん、今はこんな話はまるで信じていないのだけれど、言いえて妙だよなあとは思う。私の奥深くに隠し持っている性格の本性みたいなものを、的確に言い表しているものね。

コメント

あっしも全く信じない。  なんとでも言えるし、本当に力がある人なら別だけど、ほんと全く信じない。
我が道歩く(笑

で、↓と今回、いろいろ食べてましゅねぇ~☆
でも、ちゃんとブロッコリ~とか使ってていい感じでしゅよぉ~
あっしはインスタント麺ばかりに走っちゃって・・・(悲
作りたくない師走でしゅ・・・
http://blog.ap.teacup.com/hokkaidou/

ぽん様

そう、話の種としては楽しいんですけどね。
いろいろ考えていくと矛盾だらけです。
ブロッコリー、手でちぎってレンチンしして
下ごしらえって話がありますが(汗)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakulanbo.blog60.fc2.com/tb.php/2599-9509cf97

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。