さくらんぼのアメリカ日記 スコーン

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スコーン 

朝食用に焼いたスコーンです。
IMG_1777.jpg
いつもの手抜きスコーンですが、今回は切り目だけ入れて、そのまま切り離さずに焼いたので、しっとりした焼き上がりです。
IMG_1779.jpg
外側だけサクッ、中はカリッフワッととした仕上がりにしたい時はこの焼き方が便利です。
アメリカサイズのカップでオールパーパス粉 1 1/4カップと塩少々、ベーキングパウダー大匙1杯、砂糖大匙2杯、バター1/2スティック(50グラム強)(角切りにしておく)をフープロに入れて、パルス機能でガッガッガッとソボロ状にして、ここに水(本当はミルクか生クリーム)1/2カップと溶き卵1個分を少しずつ加えて、全体がまとまったら、(本当は台の上で捏ねるのですが)、写真に写っているオーブンレンジ用の天板に粉を少し敷いて、丸くまとめて、8等分にしっかり切れ目を入れて、400°Fのオーブンで20分くらい、うっすら焦げ目がつくまで焼いてから、焼き上がりをナイフで切り分けました。

ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

コメント

こんにちわ。

スコーンに卵を入れるんですねっ。
心なしか色味が付いていて美味しそうっ!
あっそして、卵を入れるから 生クリームの量が少なくて済むからいいかもしれない!
…次回焼くときは、私も試させてもらいますね。
お写真のスコーン、ほっこリしていて見ていると可愛いです。

本場のスコ~ンって凄く手間暇かかって大変あおやつと聞いてたんでしゅが、そちらのも手間暇かかってるんでしゅよね?・・・
なのにしっとり大成功なんてすごいでしゅ☆
それか、応用編としてご自分なりの作り方でちゃっちゃと作っちゃったのでしょうか☆
それも凄いんでしゅが~~~~!!!
http://blog.ap.teacup.com/hokkaidou/

cocorin 様

どうもありがとうございます。
卵入りのと卵なしの、どちらも作りますけど
卵入りのほうがリッチな仕上がりになるみたいです。

ぽん様

スコーンって、フードプロセッサーがあれば
あっと言う間にできるのですよ。
日本のレシピは手順が複雑すぎる気がします。
スコーンは、離して焼くとかりっとなって
くっつけて焼くとしっとりとなると、何かで
読んだことがあるのです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakulanbo.blog60.fc2.com/tb.php/2668-c7a65bdc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。