さくらんぼのアメリカ日記 フライパンでイングリッシュマフィン

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フライパンでイングリッシュマフィン 

最近、すぐになくなる小麦粉とかお砂糖の買出しがとみに面倒になっていて、えいやっとコスコの大袋入りのオールパーパス粉を買ってしまいました。
そうなると、パンにもオールパーパス粉が使いたくなって、イングリッシュマフィン。
IMG_1802.jpg
本当は、キングアーサーのサイトで見つけた、ブレッドフラワーを使ったイングリッシュマフィンの予定だったのですけれどね。
で、レシピ探すの面倒だったので、いつものフープロパンを100%オールパーパス粉に変えて、水分を気持ち多めにして、一時発酵したものをマフィンの大きさに小分けして、そのまま焼けるフライパンの上に軽くセモリナ粉(コーンミールか、なければ小麦粉、省略してもきっと大丈夫です)を振る予定が、棚から出すのが面倒だったので、出ていたデュラム粉を振った上に平らにして並べて、二次発酵、40分くらい置いたところで、そのまま弱火~中火にかけて蓋をして、両面、キツネ色になるまで焼きました。イングリッシュマフィンは9個にして、
残りは蒸しパンにしたので、これはまた後日。
分量は、確か、オールパーパス粉2 1/2カップ、砂糖大匙1杯、ドライイースト小さじ2杯、塩、小さじ2/3肺、サラダオイル大匙2杯、水200CC強だったかな。

ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

コメント

ほ~~今回はなんだか手間暇かかってる気がしましたが・・・
ふと思いましたが、アレルギ~、小麦粉系の粉は大丈夫なんでしゅね☆
http://blog.ap.teacup.com/hokkaidou/

こんにちは。
100%オールパーパス粉でできるんでうね!
綺麗に焼き目が入って、美味しそうです。。
フライパンで焼けるのは、手軽でいいです。。。

ぷぷぷっ。
わたしも、久しぶりにベーキングを再開したら小麦粉のあまりの消費の早さについにCostcoの大袋に手を出したんですが、ここ数ヶ月は、柑橘類の加工に使うお砂糖の量が半端じゃなく、来年のこの季節はお砂糖もCostcoの大袋かな...と、かなり真剣に考えてます。

ぽん様

今回も手抜きです。
イングリッシュマフィンは、あまり
捏ねずにキメが粗い感じに仕上がるので
ふだんのパンよりもさらに手抜きかと。
アレルギー、私、体質からして天邪鬼
なのです。
世間で体にいいといわれているものは
すべてだめで、精製した真っ白い小麦粉
は大丈夫なのです。

LaceyBlue様

はい、イングリッシュマフィンは
普通は100%オールパーパス粉で
大丈夫です。キングアーサーのレシピが
ブレッドフラワーを使うという変った
バージョンだったので、そのうちに
試してみようかと思いますが。
フライパンで少し焼く分には手軽なのですが
一度に焼ける量が限られるので、
大量に作る時はオーブンで焼くパンのほうが
楽です。ただ、これは、フライパンにのせて
二次発酵させて、そのまま火にかけられる
のですごく楽ですけど。

tuguki様

本当に、アメリカのレシピって量が
半端じゃないですものね。
私、ブレッドフラワーも大袋で
買いたいと思いつつ、まだ買い置きが
あるのでこらえました。
キッチンに、小麦粉の大袋二つと
お砂糖の大袋一つ並べたら、なんか
アメリカのその昔の雑貨屋さんの
風景そのままになりそうな気がします。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakulanbo.blog60.fc2.com/tb.php/2669-d3bb2a1b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。