さくらんぼのアメリカ日記 スタバのラズベリーケーキ・上司への接し方様々

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタバのラズベリーケーキ・上司への接し方様々 

コーヒーを控えるようになってから、スタバにはほとんどいかないのですが、これはかなり前、ラッシュを見越して早めにでかけたら予定よりも一時間も早くついてしまったので、朝のひと時をスタバで過ごしました。
IMG_0199.jpg
フィナンシュ風のお味だったので、もしかしたらアーモンドも入っていたのかもしれない(汗)
IMG_0200.jpg
で、以下は写真とは関係ないひとりごと。

ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

先日、社外の人も交えたオンライン・ミーティングの席で、いつもと違うパターンの上司の反応を見た。
この上司、こういうミーティングでは、たいていのことは「よきにはからえ」的な態度なのだけれど、時々、話が間違えた方向に進みそうになると、電話線のこちら側でこっそりと口をはさむ。「それはちょっと違うんじゃないかい」と。
例の同僚の対応は、こういう場合、「まことにその通りでございます」とすぐに路線変更する。
私の場合、「え、そうですか、でも...」といったん抵抗する。んで、「もごもご」という回答がかえってきた場合は、そのまま進める。あからさまに駄目な場合はもう一押しあるからね。
で、先日見た新しいパターン。
「上司の言っていることをまったく理解せずに(あるいは、聞こえなかったふりをして)そのままミーティングを進める」
「鈍感力」って本を読んだことがあるけれど、気がつかない能力っていうのも一種のパワーかもしれない。
上司はあっけにとられた風の顔をしていたけれど...

これはミーティングの時のパターン。

普段の仕事でも、例の同僚は、上司に意見することは決してしない。それはそれでいい。だったら黙っていろと思う。彼、上司のいないところとか、私と二人っきりになったときに、盛大に、「僕、本当はこっちのほうがいいと思うんだ」と言う。で、私が切れかかる。「なによ、あなた、それ、この前、上司の前で私が言ったとき、しらんぷりしてたじゃない。で、上司が、『その意見を持っているのは君だけで他の人は僕になにも言ったことはないから問題ないんじゃないのかい』ってみんなの前で言った時、あなたもだまっていたから結局却下されたんじゃないの」と。

でも、何度言ってもむだ。彼、自分の意見を私の口から言わせようとする。。

もう一人、だれにでもはっきりと意見を言う(ように見える)女性がいるんだが、彼女と上司と3人でミーティングをして驚いた。彼女、上司の前だところっと態度がかわる。

時々、彼女から、かなりきつい口調でメールが入ることがある。ま、きつい口調というのは私の印象で、本人、他意はないみたいだし、基本的に、職場では、「人はいいけれど仕事はできない人」よりも「人は悪いが仕事が出来る人」のほうが重宝するから、細かいことは気にしないんだが...

曰く、「これ、こんなひどいことになってますけれど、どうしてですか?」と

で、私の返事は、「私のもそう思うのですけれど、実は...なので○○さんの直接言っていただけますか」というパターンが多い。

この○○さんんが上司だったりすると、話はここで完全にストップする。あ~あ、ここで彼女がもう一押ししてくれれば、○○さんも気をかえるかもしれないのに、と思いつつ。

まあ、たまに、そんなメールが上司にCCで入ることもあるから、その場合は、やった本人がカミングアウトして、めでたしめでたしになるんだけどねえ。

あ、もう一件、ちょっと確認したい内容があって、出張中の別の同僚に連絡したら、タイムリーな回答が返ってこなかった。彼女にしては珍しいことだけれど、まあ、回答が遅れたことからいろいろなことが推察できる。その9割はあたっていたのだけれど、慣れない出張で彼女が疲れ果てていることまでは気がまわらなかった。

それを理由に回答を詫びてきた同僚のことがちょっと気になって、上司に何気に、「なんか、大変そう、大丈夫かしら?」といったら、上司曰く「え、いったいなんのこと?楽しい日々を過ごしているってメールが入ってきたよ」とまるで私が間違えたことを言っているかのような口調。さらに、「そのメールを転送してくれたら信じるけど」だって。冗談じゃない。上司に話をしたのは彼女のメールのほんの一部。自分の書いたメールが上司に転送されるなんてわかっていたら決して書かないであろうこと(あ、上司とはまったく関係ない内容だけど)とかも書いてある。なので、あたりさわりのないことを言ってごまかした。別に、私の情報が不正確なことになろうがどうしようが、上司に知られたくないないであろう(っていうのは、上司あてと私あてで内容が違ってたから)内容のメールを転送するよりはいい。

しかし、上司にはこういう態度で接する方法もあるんだな。大変なときは「たいへんなの!」と言って助けてもらっちゃったほうが楽だと思うのはお気楽なSakulanboだけってわけか。

コメント

いや、その人はその人、SakulanboさんはSakulanboさんの接し方があるからいいの☆
長い年月で築いてきたいろんな物があるから、そのままでしいでしゅ。
人によって態度変える人やあとからもごもご言う人って嫌い・・・
あっしもはっきりしたい派なので、切れるな
ってか、あっしがいらいらしない為に策を取って置くずる賢いぽんでしゅが・・・(笑
そうゆうのが駆け引きってやつでしゅよねぇ~。
http://blog.ap.teacup.com/hokkaidou/

ぽん様

ほんと、人それぞれですね。
と思いつつ、相手によって態度が
かわるの、やっぱすごくいらいらします。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakulanbo.blog60.fc2.com/tb.php/2773-6152e07a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。