さくらんぼのアメリカ日記 気持ちはわかるが...

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気持ちはわかるが... 

いつものぼやきです。
その前に、少し前に夕食の写真。
IMG_3084.jpg
レンチン鶏ハムと生野菜、あとチキンとお野菜のスープ。写真はなにがなんだかわからないのですが、疲れていたので野菜のスープがおいしかった!

以下ひとりごと。

ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

ソフトのサポートとかを二社以上の会社に依頼すると、どうしても責任の所存が不明確になるから、できたら避けたいのだけれど、今回は避けられないケースで、業界最大手のソフトとヨーロッパの某(中)小企業のソフトを連携して使っている。これ、プロジェクトの初期には何度も3社でミーティングをして、内容によってはうちの会社抜きで二社で詳細を詰めてもらったはずなんだが...

ヨーロッパのE社は少数精鋭で、問題には(普通は)すぐに見つけて的確に対処してくれる。業界最大手のO社は、担当者はそれぞれすごく優秀なんだけれど、分業が進んでいて、小回りが利かない。

前回のバグが見つかったのはたしか4月くらい。で、バグフィックスのリリース予定が6月だったかな。

この時は
E社ー>S(akulanbo)
O社のバグです。O社に連絡してください。

O社ー>Sakulanbo
E社からデータをもらってください。

O社:E社の間違いです。
E社:そうではありません。こうこうしかじかなのでO社のバグです。

O社:ためしてみました。この部分ではなくてあそこが違うのでやっぱりE社の間違いです。
E社:そうではありません。こうこうしかじかなのでO社のバグです。

というやりとりを、ほとんどの場合Sakulanbo経由で数回繰り返して(って、み~んなCCリストに入っているんだけどね)やっとO社のバグと認めてもらったのが4月のこと。

そのあと6月までは同じ問題が頻発しても何もできず、6月のリリース以降も問題が出るので確認してもらったら、3件のバグ(そんなにあったのか!)のうちの1件がまだなおってなかったとのこと。

なので、少数精鋭のE社の担当者がO社に対して若干フラストレーションをためているのはよくわかる。

しかし...

別の問題で、O社に報告するようにと連絡してきたのは間違いなくE社のRだ。
このときもやっとO社をせっついて、やっとO社の担当者が詳しい情報を送ってくれといったんだが、この時点ではE社がすでに一時的な回避措置を実施していたので問題が再現できなかった。ただ、これは、あくまでその場しのぎなので、また問題が起きるだろうと思っていたら、さっそく起きた!

んで、E社にバグ報告の正規ルートで連絡したのだけれど、まったく取り合ってくれる気配なし。
しかたないのでO社を含めた全員にメールしたら

E社:それはO社のバグなのでO社に連絡してください。
Sakulanbo:(その前のメールの下についていた)O社のメールをコピペして、ほら、O社から(あなたを名指しで)依頼しててる件です。データを送ってください。

O社:問題は全部一緒です。データはもう全部送ってあるでしょう。
Sakulanbo:データが全部送ってあるのは別件で、これは、かくかくしかじかのエラーだから別データが必要なんです。お願いします。時間がたつとまたデータがとれなくなっちゃいますので。

E社:...(ヨーロッパの夜中に連絡が途絶えるケース。だいたい、こっちのいうことが正しい場合にこういう反応になる)

翌日、E社のRから簡単な情報が送られてきた。メールでしつこくしつこく、「これはO社のバグであって、わが社の側にはなんの問題もありません」と入っている。

どうでもいいけどさ、バグ見つけるのに必要なデータくらいさっさと送ってよね。ああ疲れた。



コメント

こんにちは。

>E社:...(ヨーロッパの夜中に連絡が途絶えるケース。
だいたい、こっちのいうことが正しい場合にこういう反応になる)

↑に爆笑!東と西でもこうなりますね(笑)。
特に今の季節は、突然バケーションに出かけてしまったり・・・・
まぁ、いいんだけどね。うちは知らないんだから、って!!

LaceyBlue様

あはは、そうなんですよ。
笑ってやってくださいな。
どうも夜中に不貞寝しちゃう
みたいです。
ほんと、ヨーロッパは今
バケーションですものね。
なにもすすみません。

あ~わかる~~
うちも本社とのオンラインで、機械のメ~カ~各々違うので、オンラインで不都合あると、互いにそちらでは・・・とか言って特に、本社側の○芝が強気過ぎで、こと進まなかった事もあり、でも結局本社側にゴミがあったのを消してくれないとこちら進まない・・・って事は大まかに見えてきてもやってくれず、なんか負けを認めない状態で闘ってたのを思い出しました。
なんだろね・・・
http://blog.ap.teacup.com/hokkaidou/

ぽん様

ああ、それそれ、ミスを認めない大手の会社って
すごっく大変です。日本とかに多いですよね。
今回のケースは、ミスはあっさりと認めて
くれるのですが...だって、初回のリリースは
バグだらけで有名な会社だし...
担当者と連絡相手が違うのですべてが遅いのです。
で、E社の担当者がずばぬけて頭の良い人たちだから。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakulanbo.blog60.fc2.com/tb.php/2823-45de19d8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。