さくらんぼのアメリカ日記 スコーンのこつ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スコーンのこつ 

すみません。分量の配合忘れちゃったから、正確にはレシピじゃないのですが、配合はごく普通のもので大丈夫と思います。

IMG_4019.jpg
で、著者の名前も本の名前も忘れちゃったのですが(汗)
スコーンのこつというのは、いろいろな人がいろいろなことを書いていて、
ーよくこねる
ー型抜きしてから生地を冷凍する
ー生地を薄く延ばしてから切って重ねてまた伸ばして…を数回繰り返す
ー捏ねない
あたりがよく見かけるものでしょうか。
生地を冷凍するのは、実は、腹割れを成功させるためというよりも、外はかりっとさせて、中をふわっとさせたいスコーンにするこつみたいです。よくこねるのと、捏ねないは正反対ですね。「ある程度こねる」のほうが多数派ですけど。
生地を切ったり折りたたんだりして重ねれば、インスタントの折りパイと同じ要領で層になるのはわかります。
ここまで頭でっかちになっておきながら、どうして、とあるフランス料理の本に書かれていたこつに気が付かなかったのか...

この本の著者が、スコーンを作る場合のこつとして、できたら、パイブレンダーなんぞは使わずに、手でバターと粉を混ぜ合わせてそぼろ状にして、ある程度塊が残っていてバターの塊の大きさがまだ均一でないうちに水分を加えて軽く捏ねて焼くようにと書いていました。練パイというか、インスタントの折りパイを成功させるこつとまったく一緒ですね。

その通りに作ったら、ものすごっく勢いよく膨れてくれました。やっぱ、手抜きをしてフードプロセッサーで5秒というのは、本当においしいスコーンは作れないようです。
反省!
これからは5秒ではなく、5分かけてちゃんと小麦粉とバターを混ぜ合わせます。あ、3分くらいかな。

IMG_4013.jpg
あ、で、最後のこつ。焼きあがったら、即、このようにすぐ食卓に出せる籠なり容器にうつして温かいうちに食べてしまいます。

ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

コメント

温かいスコ~ン♪  美味しそう~~☆
コ~ヒ~やお紅茶と合わせたいわ~~☆
あっしが作った「風」はホットケ~キミックス使用なので、必然的にスコ~ン的になっちゃいましゅ。
なんせイ~スト発酵させてませんから(笑
これから、オ~ブンで出来る物、めんどっちぃくなければ真似て作ろうかと思ってます☆
http://blog.ap.teacup.com/hokkaidou/

ぽん様

ありがとうございます。
これは、コーヒーとか紅茶とよく合います。
ホットケーキミックス、便利ですよね。
イースト発酵はなれるまで結構面倒です。
オーブンを使ったお菓子、楽しんでくださいね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakulanbo.blog60.fc2.com/tb.php/2977-ed4e97a8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。