さくらんぼのアメリカ日記 幸せな人はどこに?

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸せな人はどこに? 

最近、写真の整理をずっとさぼっていて
これはお正月にお友達がもってきてくれたプリンと
IMG_3963_1.jpg
ケーキ
IMG_3965.jpg
たしか、パリスバゲットのだったかな。

いか、ひとりごと

ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

以前にふと思ったのだけれど、世の中に、偉大な人について書かれた伝記はたくさんあるけれど、幸せな人について書いた記録とか本ってほとんどないんじゃないかと思う。

で、何かの本で、アインシュタインをはじめ、いわゆるすごい発見をした人とかその他の有名な「偉い人」たちのプライベートな生活は、実はあまり幸せではなかった読んだことがある。

じゃあ、幸せな人はいったいどこにいるんだろうか?

冷暖房完備で移動はマイカー、お洗濯は乾燥機で簡単に、スーパーや銀行のATMは24時間使えることが多くて、うまくいけば庭付き一個建てにマイカー二台...と便利このうえない生活をしているアメリカ人は、傍目で見る限りあまり幸せそうにはみえない。

それよりもう少し地に足がついたような暮らしをしているヨーロッパの人たちはもう少し幸せなのかなあ(というか、日々の暮らしを大切にしているように見えるけれど)失業率が高いの税金が高いの若者に仕事がないのという話をよく聞く。

どこにいってもほぼ快適なサービスが提供される日本の暮らしは、ビジターとして短期間、滞在する分には問題ないけれど、あの社会に溶け込んで生活しないといけないと思うと息がつまりそうになると思う。

アジアの一部や中南米の生活は、素朴な幸せがあるかもしれないけれど、日々の生活がとっても不便だと思う。
かなり前になるけれど、マレーシアでヘアサロンにいってシャンプーしてもらったら、お湯が出なくて水でシャンぶーされた!
かなりのお金持ちのクラスに属する階級のおうちにホームステイさせてもらったメキシコは、洗濯機がなくて、お洗濯レディーと呼ばれる人に頼んでやってもらわないといけなかったんだけど、小物まで頼むのがいやで自分で洗ってたなあ。

あ、幸せな人の話だったんだっけ、話がそれちゃった。
幸せの人っていうと、昔話の3年寝たろうだったっけ、ものぐさ太郎だったっけ、そのくらいな気がする。
あとは、「...幸せに暮らしました。めでたしめでたし」の結びの部分くらいしか御伽噺には出てこないし。

あ、聖書の山上の説教(だったっけ)には「幸いなるかな...」っていろいろとあるけれど、あれは宗教上の教えだし...

とはおもうが、少し前のスピリチュアリティとか最近の引き寄せの法則とか、この山上の説教に近いことをといてはいますよね。「柔和な人たちは幸いである。彼らは地をうけつぐであろう」だったっけ、記憶を頼りに書いているから違っているかもしれないけれど。

以前に、安全な食事をとりあげた日本のお料理の本で、とっても素朴な笑顔で写っている、地方に住む大家族の写真が載っていて、「うわっ、この笑顔はすごい!って思ったことがあるけれど、いまだに、「幸せな人の定義」あるいは「幸せの条件」とか「幸せになる方法」とか(ま、そういう方法論はいっぱいあるけど)実際にそれを実践してこんな幸せになりましたって人の伝記というか記録的な本は見たことがない。宗教とか、いろんな方法論を実践して幸せになりましたっていう自己申告的な書き物はいっぱいあるんだけどなあ。

しあわせとは...

香り高いコーヒーをいれて、ラズベリーソースを添えた濃厚なフラワーレスチョコレートケーキにかぶりつく瞬間のさくらんぼ...

やっぱ、このあたりにおさまっちゃうんだけれど???

コメント

ぷりん

なのですね~。
お風呂屋さんのフルーツヨーグルト!
みたいで可愛いですね。

アメリカのそんな恵まれた環境にいても
幸せじゃないみたい?って・・・
不思議ですねえ。
う~~~む。
私ならそんな暮らしぶりだけで毎日幸せかも。

いや、あとは健康とお金だ!(笑)

  • [2014/02/06 00:13]
  • URL |
  • ばーびーちゃん 
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

小さなその時②の幸せでいいんでしゅよ☆
大金持ちの中で生まれた子はきっと幸せ階級だと思う。
何不自由なく、不自由を知らない中で生きて着てる子供の時代はとっても幸せだと思う。
でも幸せも人それぞれで、絶対裏ではご苦労されてるので、その時々の幸せであっしは十分でしゅ☆
それが毎年願う、平凡で生活出来ればいいって事に辿りついてましゅ☆
http://blog.ap.teacup.com/hokkaidou/

ばーびーちゃん様

あはは
アメリカの暮らしは快適なのですけど
アメリカ人は借金して人並みのものを
そろえるのに夢中で、いつも支払いに
脅えているんですよね。
「郵便受けに入っているのは請求書ばかりだよ」
って、みんな、いつも言っています。

鍵コメ様

同感です。

ぽん様

ほんと、その時々の幸せでいいのですね。
経済的に恵まれた家庭に生まれて、飛行機は
ファーストクラスしか乗らなくて...
みたいな人、友人の知り合いの知り合いに
二人ほどいるのですが、彼らの子供時代
お母様が自殺しちゃったりとか、とんでもなく
不幸だったみたいです。
平凡な幸せが一番ですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakulanbo.blog60.fc2.com/tb.php/2986-921cb2e9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。