さくらんぼのアメリカ日記 サイゼリアでごはん

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイゼリアでごはん 

ちょっと気楽にすませたいときに便利ですね。
IMG_1730.jpg
サラダと
IMG_1731.jpg
パスタとガーリックトーストを頼みました。
おいしかったです。

以下、ひとりごとというか、夢記録


ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

もう数日前に見た夢なので、内容はよく覚えていないのだけれど、日本にいて、日本の家族と一緒に、なんらかの理由で避難所に移動するんだか、移動したんだか、そんな想定の夢。うっすらとした記憶で、姉が一緒だった気がする。
避難するパターンの夢は、20歳の頃に見たことがある、
実に最悪の夢で、避難しなければいけない一番大切な時に、大事に大事にもっていたお守りのマリア像(←私はカトリック教徒ではないのですが、なぜか夢に出てきました)が、「ここでは生きていけない」みたいなメッセージを残してネックレスのチェーンみたいなものに姿を変えてそのままさらさらと手のひらからこぼれおちてしまったというもの。

おそらく、この夢の直接の引き金は、その少し前の、私を溺愛してくれていた祖母の死なのだけれど、大学4年生から就職とその後の生活は最悪だった。最悪の状態は、就職2年目に一応終わったのだけれど、その後もジッタバッタした日々が続いて、結局そのまま(自分を狸と呼んでいる本人の感覚としては)ほぼ夜逃げ状態でアメリカまで来てしまって、しっかりそのまんま居座ってしまったんだが、この間に父が亡くなり、心理的に大きな浮き沈みを経験した。多分、父の死後半年くらいたった時だったと思う。

それに続く5年間は、この精神的な(上記の日本での経験はもっと物理的などんぞこ)からの回復期で、約5年後、幻覚こそみていないものの、神秘体験ともいうべき不思議な経験をした。なんのことはない、全身が光で包まれたような幸福感を味わったってだけの話であるが、こういうのってドラッグでよくなれるんだってね。私は薬とは無縁の生活だったんだが。

あっと、次期が前後しちゃいましたが、最初のどんぞこの時は、回復の少し前に、夢の中で光につつまれる経験をしたのだけれど、これはあくまで夢だし、まあ、心理学でその昔ききかじったヌミノース(この言葉、正しいスペルの確認がとれないのです)体験のひとつだろうととらえていた。

で、また避難の夢。
ただ、今回の夢が、前回と徹底的に違っていることは、避難自体がうきうきとした心躍る楽しいものであって、おまけに、この避難も何か形式的なもので、実は避難の必要もなくてすぐに戻れるか、この先に安心できる何ががまっているという、安堵感に満ち溢れたものだったっていうこと。

ただ、細部は違っているんだけど、なんか、避難の状況が、20歳の頃に見た夢に酷似しているなあと思って、つい、昔話を書いてしまいました。

最近、以前と同じテーマの夢をよく見るのだけれど、パターンが真逆になっていることが多い。

私、実は、最近の、「歳は重ねるもの」という言い方が嫌いです。歳は「重ね」ようと「とろう」と、重ねるという動詞にも「とる」という動詞にも、何ら、ネガティブな意味はない。

私が嫌い抜いている世間様とか社会の概念が「歳をとる」という言葉にネガティブな意味をつけすぎてしまったから、「歳を重ねる」ということばが流行っているけれど、重ねたって、とったって、ネガティブなイメージがあれば結果は同じ。

としを重ねたってババアになることにはかわりがない。だいいち、ティーンからみたら、大学4年生はすでにババアであって、これは大学1年生のときに先輩の男性から聞かされた。「まったくさ、4年生にもなるとさ、目じりにしわっぽいとこにおしろいぬりこんでもやっぱ歳はかくせなくてさ…」みたいないじわるなことば。

だから、思う。ばばあがばばあでいったいどこが悪い。そりゃあさ、私にはきれいに花咲いた女性の部分はないよ。みんなにいうが、私の心は少女のまんまか老成したばばあかどっちかだよ。

だからね、「おいらって、がきがばばあになっちゃったがきばばあなの」
この言葉で、いったい何人の良識ある大人のふりをした自称お友達が去って行ったことか。

あ、こんなこと書くつもりはなかったんだ。
書きたかったのは。

毎日毎日、生きていくのが楽になるし、それは夢のパターンの変化に如実にあらわれてるし、やっぱ、歳はとるもんだねって最後に一行かきたかっただけなんだけどね。あ、二行か。

コメント

年を重ねて歳月が経ち、いろんな事が毎日何かしら吸収してるんだと思うので、いろいろ納まり始めてるのかもしれませんね。。。
友人さん達とも大人だからこそ分かり合える時期でもあるし、あっしにはまだ未経験だけど両親が無くなった事もいろいろ影響して変わると言われてましゅよね・・・
人一倍先にいろいろ経験されてると思われましゅので、是非毎日平凡にそしてそれを活かした心の毎日にであればと願いましゅ☆
http://blog.ap.teacup.com/hokkaidou/

ぽん様

毎日平凡にそしてそれを活かした心の毎日に
って本当にそうです。
そんな風にして、心穏やかに、でも、楽しく
わくわくと暮らせればと思います。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakulanbo.blog60.fc2.com/tb.php/2999-592354e9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。