さくらんぼのアメリカ日記 落ち着いた心

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

落ち着いた心 

あれ、本当はストロベリーシャーベットをメインにして、あと独り言を追加する予定だったのだけど、写真をまだダウンロードしてなかった。
なので、出来立てにちょっとお味見した写真だけ。
IMG_4366.jpg
で、以下、ひとりごとです。

ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

ずっと書こうと思いつつ、なんか誤解されそうで書かなかったのだけれど、今の心の状態については記録にあたいすると思うので、ちょっと独り言日記として加えておきます。
世間でいろいろと麻薬とか覚せい剤とか…最近は向精神薬とか呼ばれているのか…いろいろ取り沙汰されているけれど、こと、覚せい剤については、手を出す人の気持ちがわからなかった。法外なお金がかかるし、中毒になってしまえままずやめられない。最終的に脳と体が蝕まれていく…

麻薬については、幻覚とかにはちょっとあこがれるから、麻薬ではないけれど、「山で取ってきたマジックマッシュルームがあるんだ0」なんていわれると、へえええって気分にはなる。マリファナに関してはかなり気軽に手に入るし…

といいつつ、小心者のSakulanboはそういうものに手を出したことはございません。

幻覚や幻聴については脳内の機能なので、薬は超音波、光等で外部から刺激を与えれば、人工的に幻覚状態を作り出して、人によっては神を見たりすることが可能だという話はよく聞くし、前にブログでちょっと触れた気もする。

薬の力で何か見た人ときちんと修行をつんで、あるいは、なんらかの理由があって、そういった人工的な刺激なして神秘体験をした人との違いは、後者がその状況にたいしてある程度のコントロールがきくのにたいして、前者の場合は、天国に行くのか地獄に行くのか、悪魔を見るのか神をみるのかやってみるまでわからない(←まあ、実際にはその人の精神状態が関係しているのでしょうが)という問題がある。この話は、こういうことに詳しい、中学校の聖書の先生がアメリカのヒッピーちゃんたちの間に遊びに行った日本人の女の子の悲劇の話としてちょっと教えてくれた。

あ、話がそれた。
まんなかすっとばすけれど、私は、ごく普通の、肉親との死別などにともなう精神的などん底からの回復過程として、俗に言う神秘体験もどき(←あくまでもどきです)を二回したことがあると書いたと思う。
一度目は夢の中。とにかく幸せな気分だった。二回目は現実に、やっぱり光に包まれたような至福感を味わった。
その後、意識してあの精神状態を作り出したたいとは思うのだけれど、非常に落ち着いた醒めた心の状態を作り出すことはできても、それとあの至福感を一体化させた、全身が光につつまれたような状態に自分を持っていくことはもちろんできない。

ただ…

最近、無理したそういった精神状態にもっていかなくても、心が醒めている…というより覚めているような状態の自分をみつけることが多い。これ、ぶっちゃけ、ものすご~~~~~~~~~~~~く楽な状態で、この心の状態を維持することができれば、たいていのことはうまくいく。前にも書いたと思うけれど、この心の状態になってはじめて、いままでの自分が、自分では気がついていなかった様々な不安感にどれだけ苦しめられていたのかがわかった。
同時に、他の人々の癇癪やヒステリー、我儘、理不尽をあるていど許容できるようになった。私を駆り立てていたあの恐怖と同じようなものがこの人たちを駆り立てているのだとしたら、仕方ないなあと。

こういう心の状態を発見する前に、うっかり覚せい剤とかに手を出していたら、絶対にはまっていたと思う。一時しのぎとはいえ、こんなに落ち着いた心の状態が薬の力で作り出せるとしたら、それってすごいことだもの。
あ、試したことがないので、効果のほどは知りませんが。

コメント

薬問屋のぽんとしてはやはり薬はダメでしゅ・・・
出来れば薬断ちしてた方がいいでしゅ(経験者。
あっしも自律神経失調症で向精神薬出ましたが、睡眠薬の様に凄く薬効くぽんは体がど~~んと重くなり、寝れるんだけど、起きる時交感神経が切り替わらず大変だったでしゅ・・・
でも、今は薬断ちして大丈夫になった気になってるので、お守りの様に持ってるだけでしゅ☆
いざ、って時用☆
ガンとか重い病気以外は神経物の薬は少しづつ断った方がいいでしゅ。
体も慣れちゃって利かなくなるので強めの薬欲しがるんでしゅよ・・・
結局麻薬並み・・・
http://blog.ap.teacup.com/hokkaidou/

ぽん様

わ、ぽんさん、薬問屋さんだったのですね。
そうですよね、やっぱり薬はだめですよね。
向精神薬って、私、ちょっと日本語を
間違えたかもしれません。
メタアンフェタミンとかその他の非合法に
合成できる人工合成ドラッグのことだったの
ですけど、でも、病院でもらうお薬でも友人が
原因不明の痛みに緩和にとんでもなく強い薬を
長期間処方されていて、離脱症状でかなり
苦しんでいました。お薬はこわいですね。
あっと、その昔、気管支炎と遠が切れなかった
私は、抗生物質がないと冬が越せませんでしたが。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakulanbo.blog60.fc2.com/tb.php/3082-a7418037

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。