さくらんぼのアメリカ日記 やっぱり気になる日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱり気になる日記 

まずはアップしてなかった写真。桃、この倍は食べたけど。
IMG_4941.jpg
ターキーハムとサラダ菜
IMG_4943.jpg
ボケボケ写真の冷蔵庫の野菜一掃煮物。
IMG_4945.jpg
コスコで買ってきたすでにベーコンが巻いてあるお肉、パッケージの指示通りに焼きました。
IMG_4948.jpg
コスコの試食コーナーで食べたときはやや甘めの味だった気がしたんだけど、これはタレに酸味があるような…
違うのを買っちゃったのか、試食用には別の味付けがしてあったのか…ま、これはこれでおいしいけど。お手軽だし。
IMG_4952.jpg
で、なぜか私のところに届いた日記帳がとっても気になっています。
引き寄せの法則によれば、こういうのは私が引き寄せたことになるらしいんだけど、なんでまたこんなものを引き寄せちゃったんだろうか?

ほんと、最初の数ページしか書いてないのに装丁とかが結構ぼろぼろになっているから、家においてあった古い日記帳をベビー用に使ったんじゃないかと思うのだけれど。

最初のエントリーは2013年の5月。この3ヶ月前にCreatedとなっているから、妊娠が発覚したときのものらしい。で、次は2013年11月に、お誕生日のきっかり1週間後。次のエントリーは2月。いろいろ大変で間が開いてしまったわという書き出し。次は4月に二回エントリーがある。最後のものは、Things are toughと書いてあって、愛しているわ、100年後も幸せにね…みたいなことが書いてあって、そこで終わっている。
その前の4月の最初のエントリーは、もう少し大きくなったらいろいろなところを旅行しましょうね。NYはすばらしいところよ。エスパーニャにも行ってあなたのスペイン語に磨きをかけなければね。アジアも行きましょうね。あ、もちろんディズニーも行くけどね。となっている。途中に、今あなたはパパと一緒だから、ここにはあなたのお姉さんしかいないけど、みたいなことも書いてある。

んで、その後はかなり分厚い日記がすべて白紙。引越しとかだったら日記一冊だけ送るわけはないし、離婚して、子供は父親のもとだから、いらなくなった日記を父親あてに送ったのか、あるいはベビーかお母さんになにかあったのか、だいたい、忙しくて日記を書く時間がないんだったら、手元においておいて、また半年か一年後に続ければいいんだし、どうしてこんな中途半端な日記をしかも一冊だけ送っているんだと、ちょっと想像力をたくましくしてしまった次第。

コメント

こんにちは。
現実は小説より奇なり・・・ってところでしょうか。
不思議なことですね。。。

LaceyBlue様

本当に、ちょっと不思議で
想像力をたくましくしてしまいました。
現実は小説より奇なり・・・って
いつもあたっていると思います。

お食事、相変わらず美味しそうに出来上がってて、食べたいでしゅ・・・
日記帳・・・ そうゆうのを送ったり移動したりするって事は・・・
持ち主がお亡くなりになってお父さんに送ったとか、もぉ~思い出したくないわって事で送り付けたか、いろいろ考えちゃうから、局に戻したらどうでしょうか・・・
http://blog.ap.teacup.com/hokkaidou/

ぽん様

どうもありがとうございます。
日記帳、日本の常識だったら局に返しますよね。
アメリカの場合、今回は、差出人もあて先もあってるので
うっかり返しちゃうと、頭が固くて融通が利かないこちらの
郵便局のこと、次回から、私宛の正しい郵便すらとどかなく
なりかねないのです。ほんと、とんでもないのですけど。
なので、ガレージお奥深くにでも封印する予定です(笑)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakulanbo.blog60.fc2.com/tb.php/3128-2d226b38

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。