さくらんぼのアメリカ日記 氷結させてしまった心

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷結させてしまった心 

凍結と書こうと思ったのですが、氷結のほうがなんか、雪の女王だったっけのエルザのイメージがあっていいかなあと。
別に、私がエルザってわけじゃないんだけれど、魔法を使いこなす鍵が恐怖ではなくて愛っていう説明を思い出しました。

その前に、まったくやる気のない食事記録。
きっと、まとめて洗って冷蔵しておいたレタスで作ったサラダと
IMG_5055.jpg
同じく冷蔵庫の残り物。
IMG_5058.jpg

以下、ひとりごとです。

ここ数日、ふとしたことから、過去のことを思い出していました。
アメリカに来てからもしばらくは、「思い出し泣き」とか「思い出し怒り」とかいうのをよくやっていたのですが、それがまったくなくなったのはここ7年くらいでしょうか。
過去の感情の整理は完全についたものと思い込んでいました。

いえいえ、過去の抑圧していた感情は、ときどき表面に出して、解き放してあげないとおけませんね。整理がついただなってとんでもない、すっかり忘れていました。

確かに、思い出したからと言って、強い感情を伴って泣き叫ぶことはなくなりました。ただ、うっすらと涙が出てきただけです。過去のとっても悲しかった一連の出来事を思い出してしまったので。

私の記憶にある限り、この一連の悲しいできごとは、3歳の時からはじまっています。私の記憶をさかのぼれる一番古い時期が2歳半から3歳くらいですので、多分、原体験とも結びついてしまっているような気がします。

そんな悲しい思いをするたびに、「もう、人にたいして、決して心を開くことはしない。期待をすることも、ぬか喜びをすることも絶対にしない。二度と、がっかりしたり悲しい思いをするのはいやだから」と心に誓ってきました。この誓いは、一週間で敗れて、また悲しい出来事の繰り返し。この誓いは、20歳を超えても続けていたのか、18歳くらいでやめてしまったのか(ま、大差ないですが)よく覚えていません。

大人にたいして完全に心を閉ざしていた私が、「学校の先生」というものに、ほんの少しだけ心を開いたのは中学3年生の時。
あ、これはまた別の話題になるのでおいておいて…

Viktor E. FrankelのMan's Search for Meaningをオーディオブックで聞いていたのだけれど。。。で、生きることの意味とかいろいろと、考えさせるものがあったのだけれど、最後にロゴセラピーのさわりについての紹介がある。で、人を愛することの大切さを説いていた。聞き流したからよく覚えていないのだけれど、愛する人を通してのみ、他の人の内面に触れることが可能だからとかそんな内容だったかな。

私、「男性とつきあって一週間で飽きるっていうのは、まだ本当に愛する人に会ったことがないからよ」と10代後半からいろんな人に言われ続けつつ、ここに来て、愛する人なんて一生出会わないんじゃないかって年齢と気分になっている。

人も愛せない冷たいやつ…

でも、当然だよね。毎日毎日、心に誓っていたのだもの。私の感情を解き放つことは決してするまいって。
j人の感情はパンドラの箱、一度解き放ってしまったら、そこから恐ろしい怪物や怪獣が飛び出してくる。こんな恐ろしいものは、心の奥深くに封印してしまおうと。

そして、ヨガのクラスその他で、いろいろな人に言われてきた。あなた、エモーションの部分をもう少し発達させないとね、と。

そんなこと言われたってねえ…

そして、気がついた。
私が自分の心臓を凍結させて、氷のかけらにしてしまったことで、いったいこれまで、気がつかないうちに、どれほど多くの人を傷つけてきたことかと。私の心ない言葉は、理性と理屈に基づいて出てきた冷たい言葉。感性のかけらもない。

そして、この、するどい氷の破片が一番傷つけてきたものは、他ならない私自身なのですね。
私という人間を、ひいては私の人生を、心の奥底で、完全に否定した人生を生きてきていた(←あんた、そんなわがままかってな人生を送ってきていまさらなにを…と言われることは百も承知ですが。

なので、これからは、私の人生を生きてゆきたい…
そんな気持ちになりました。

コメント

ある程度、開き直りの精神で。

私も小学校まではあまり他人の気持ちを理解できない変わりものでした。

中学、高校の寮生活で最初は苦労の連続でしたが、2年ぐらいしたらあんまり考えすぎるより、まず繋がりを持とうと思うように。

まあ、裏切られることもあったし、傷ついたりもしましたが、結果を恐れないようになりました。
さくらんぼさんは、どうしても先を考えすぎるかなと思います。
まあ、恋愛も年齢とともに90%以上理想的な異性はまず見つからないかなと思います。恋愛というのも、熱病みたいな勘違いや勢いでというのが大半ですから。
じっくり話したり、とにかく気を使わない相手が1番かなと。
若い時はファーストインプレッションが6割ぐらい占めるかなと。

と、いつも同じ意味の意見ですみませんです。

お食事テケト~でもちゃんとお野菜食べてるので偉いと思いました☆
だって~あっしは密かに・・・お菓子ばかり食べてるぽんなんでしゅものぉ~・・・
勿論ご自分の人生生きるってのは何物でもないのでそれが一番でしゅよ☆
10代の若い頃と違って段々と社会にもまれ、いろんな事を学び、そして心を自由自在開け閉めすればいいんでしゅ☆
あっしもあまり開かない方なのでわかります。
探って探って・・・心全開で人に接すると損する事多々だったので・・・
すぐ信じ切る、すぐ馴染む・・・これはあまり良くない事かなぁ~って学びました・・・
裏切られるので・・・(悲
http://blog.ap.teacup.com/hokkaidou/

MIB様

どうもありがとうございます。
開き直り、そうですね、やっとそんな気分になれた気がします。
先を考えすぎ…ですか。そうかもしれないですね。

ぽん様

あはは、密かにお菓子ばかりって
少し前までの私です。
なので、お菓子は制限するようになりました。
もっとも、ここにきて、少し解放したら、また
歯止めが利かなくなりそうなので、ちょっと
締めようかと思っています。
心を自由に開け閉め…やってみたいです。
でも、このブログの記事の内容に気がついて
ものすごっく楽になりました。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakulanbo.blog60.fc2.com/tb.php/3150-eae347da

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。