さくらんぼのアメリカ日記 ニューイングランド旅行記2

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニューイングランド旅行記2 

って。1がないけど...
昨日の続きです。
あ、ちょっと時間を逆戻り。サンフランシスコまではいつものようにエアポートシャトルで行って、カーブサイドで荷物をチェックイン(機内持ち込みできるぎりぎりの大きさだったのですがシェーバーとか持っていきたかったので)。チェックインは事前にすませてあったのですが、チケットのプリントアウトはここでお願いしました。

前回はここでいんぎんにチップを要求されたのですが、今回はそんなものなしだったので払いませんでした。おまけに、前回はプリントアウトがあったのに、これはつかえないからと勝手に印刷されて...ま、いいけど。

ところが、セッキュリティのところで、コードが印刷されていないのでこのチケットは使えないとのこと。もう一度印刷してもらってくるように、戻ったら、短い列に並べばよいからと言われて、またすぐ印刷してもらったのですが、入り口のお姉さんが、ショートラインに入れてくれません。まあ、12時近くに出発の便で、人も少なめだったのでもう一度並びなおして、普通に通貨しました。やれやれ。

で、Lake Chaplainに戻ります。
NEng_DSCN71214847.jpg
ボートに乗ってすぐの船着場のあたり。
2_4NEngDSCN71274853.jpg
船からの眺め。どの建物がどれって説明してくれていたような気がするが、この建物については記憶が無い。昨日の茶色い建物が商工会議所だったかなあ、軍隊か海関係の司令塔だったのかしらん、覚えていない!
2_3NEngDSCN71264852.jpg
緑がきれいです。
2_2NEng_DSCN71244850.jpg
灯台が見えるでしょう、この役割はねえ...とか説明してたから、これがそうかな?
2_5NEng_DSCN71294855.jpg
こんな島がところどころにあって、松島観光の遊覧船を思い出しました。入り組んだ島の形とかは松島のほうがはるかにきれいですが、これはこれで、きれいで興味深い内容でした。
2_12NEng_DSCN71534877.jpg
湖ができるずっと前、一番古いものはおよそ4億5千年前の3層の地層。これ、耳で聞いた時は350ミリオンだった気がしたのですが、あとでオンラインで見たら450百万となっていました。ええっと、100万+450だから、4億だよね...と頭で計算しているうちに3と4が入れ替わったのか、あるいは、3層あるのでこの3層が全部形成された時期を話していたので1億年ずれているのかは不明。たしか、一番下の層が一番あたらしいとか言っていた気がするけれど、もしかしたら、隆起してこうなったのが3億5千年前なのかなあ???
2_10NEngNEng_DSCN71484872.jpg
このあたりは、初期の頃に上陸したヨーロッパ系の人たちとインディアンとの争いとか、独立戦争の舞台になった場所のようですね。Mr.Chaplainの生い立ちと武勇伝について説明していましたが、歴史に詳しくない私、この当たり、聞いてもなんのことやらさっぱり。1550年頃に生まれて1630(?)年くらいに跡取りを残さずに亡くなったとか。
この岩は、独立戦争の頃に軍艦と間違えて砲撃したのだけれど、よく見たら岩だったというもの(笑)
2_7NEng_DSCN71364862.jpg
左右にうっすらと見えるニューイングランドの山並みがきれいでした。
2_8NEngNEng_DSCN71434867.jpg
冬はスキーリゾートになるんだとか。
2_9NEngNEng_DSCN71444868.jpg
このあたりは野生のブルーベリーやラズベリーが豊富なのだそうですが、Poison Oakもあるので注意が必要とのこと。あれ、Poison Oak って入ってたっけ、それともアイビーだったかな? 場所柄からするとアイビーっていっていたのをまた、私が、あたまの中で入れ違えた可能性あり。なんとなく、うるしかぶれのことを思い浮かべながら聞いていたので。
2_13NEng_DSCN71574881.jpg
後半は、説明も少なく、同じような風景のところを戻るのでちょっと退屈。1時間半は長かったな。もっとも、12時に車を停めて、一時間半に一回のクルーズが12時5分に出航っていうのはものすごいラッキーだった気がする。
船内で食事ができると聞いていたのですが、あまり食指をそそられるメニューがなかったので、頼んだのはレモネードのみ。
んで、下船。
2_14NEng_DSCN71624886.jpg
こちらのエコセンターもなかなかいいから是非寄ってねと言っていましたが、興味なかったのですっとばし...
2_14NEng_DSCN71644888.jpg
茶色い建物が立ち並ぶ街中へ
2_16NEng_DSCN71664890.jpg
さて、お昼は...とぶらぶら歩いていたら、目の前の家族連れが
「ねえ、水族館に行くんでしょ」
「行くけど、まずお昼が先だ。あ、ここだ、あった」とレストランに入っていくので、評判のよいお店なのかなあと思って、そのあとに続いて入って行きました。
2_21NEng_DSCN71724896 - Copy
フラットブレッドと自家醸造(ビール?)のお店。
2_21NEng_DSCN71714895 - Copy
知らない人が真ん中に入っちゃったけど。
ちなみに、このあたりはこんな雰囲気の白人女性をよく見かけました。色が抜けるように白くて、少し濃い目のブロンド、背が高い大柄の体つきでこんなファッション。健康的な肉付きです。「カリフォルニアのティーンはみんな拒食症だ」と、他州の人が言う理由がよくわかります。
2_20NEng_DSCN71704894 - Copy
お店の中はこんな感じ。↑はキャロットスープ、カレー風味。このグリーンの色はハーブだと思うのですが、よくわからなかった。でも、キャロットとカレーの組み合わせは今度ためしてみようっと。
2_18NEng_DSCN71684892.jpg
サラダとスープにしようかとも思ったのですが、ここに来てフラットブレッドを食べない手はないでしょうとMedicin Wheel(名前うろおぼえ)とかいうのを頼みました。薄焼きピザって感じですが、すごっくおいしい!
DSCN71674891.png
石釜部分をアップで。
お腹がはちきれそうになったところで、ハノーバーに向けて出発。
今回、いつもすぐ使えなくなる頼りないカーナビを持ってきたのですが、予想通り、カーナビが動かなくなるのは充電不足が原因で、ハイウェーを1時間以上走る今回の旅では、少なくとも画像が消える問題はありませんでした。
つづきます。

コメント

ほんと松島や~に似てるね☆
景色もいいし、海外なんだおなぁ~って思いながら見させて頂きました☆
地層も凄いね! さすが海外♪
ピザ、とっても美味しそうだけど食べ切れた?
でも案外、ペロっと食べれそうでしゅね☆
しかし、外国はほんとチケットやらすんなりいかないもんでしゅよねぇ~・・・
http://blog.ap.teacup.com/hokkaidou/

ぽん様

あ、やっぱり松島に似てますよね。
こちらのほうが、湖が大きくて、ちょっと間延びした
感じになっちゃうのですが、これはこれで楽しめました。
あとはおいしいお食事があったら最高だったのですが。
フラットブレッド、思ったより軽くてたくさん食べられ
そうだったのですが、スープと両方は無理でした。
アメリカなので、アルミホイルに包んでもらって
お持ち帰りにしました。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakulanbo.blog60.fc2.com/tb.php/3164-f9058ad6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。